OSORA カラダのミカタ

み~んなが心からの笑顔で
キラキラと輝いている世界を目指しています

~ヒーリングとリンパ~ 江別市にて

幼い人を育むって

2022-04-01 | 分類なし

皆さま こんにちは

新年度のスタートですね

 

縄文人のエネルギーから

子育てについても いろいろ気づきをもらいました

 

ちなみに私は 30歳の娘と28歳の息子がいますが

けっして良い母だったとは 言えません

「よくぞ 私の所に生まれてきてくれたな~」と

感謝するばかりです

 

柴谷さんの縄文のお話を聞いていて

子供と大人の関係が頭に浮かんできました

 

特にルールのない日常

小さな子供たちは 元気に楽しそうに走り回り

大人は 各自 好きなように過ごしている

寝ている人もいて その周りで子供が騒ぐと

ちょっとムッとして「あっちに行け」

みたいに追い払っている

 

そんな光景が見えたとき

「そっか!平和だからと言って

怒らないとか なんの問題もないってわけではないんだ

ま~ 当たり前なんですけど

一瞬 そう思ってしまいました

 

ただ その怒り方が

「止めなさい」ではなく「場所を選びなさい」

寝ている時に騒がれると 私は嫌なんだよって

意思表示みたいな感じで

言われた方も 寝ている人のそばでは

騒がない方がいいんだなって学習をする

とても 納得がいく光景でした

 

ルールのない社会でも

「人の嫌がることをしない!」

これだけで 平和に楽しくが実現できる

いや ルールが無いからこそ

これだけで 良いのかも

人は ルールを作り過ぎたように感じますね~

 

縄文のお母さんが 子供に手をかけるのは

しっかり歩けるようになるくらいまでに感じました

自転車でいえば 自分でペダルをこいで

一人で乗れるようになるまで

一人で自転車に乗ってる人に

あーだこーだ言う人いないと思うんです

それと同じ感覚

あとは子供同士で 遊びながら成長していく

子供を信じているんでしょうね~

 

もう一つ 感じたのは

あまり褒めないイメージでした

きっと 成長と共に次々にできることが増えても

それは 当然のことだからのようです

でも何もリアクションしないわけではなく

一緒に 喜んでいました 

 

今もですが 私の子育て時期も

褒めて育てましょうという教えがありました

でも褒めるよりも 叱る方が多くなってしまって

自己嫌悪に落ちいってしまい

悩み多き子育てだったことを思い出します

 

褒めなくてもいい!

これって 私にとっては大きな気づきでした

 

褒められて育った子供は

褒められるような 凄いことをしなくては! と

ちょっとプレッシャーになってしまいそう

だって大きくなってくると

そんなに褒められるような凄いことって

そうそう無いと思うんです

それに 親も 褒めなきゃってね

 

 

人間は本来 人の笑顔が大好きで

笑顔になってもらうと とっても嬉しいんです

親が褒めてくれる時は 笑顔だから

その親の笑顔が見たくて がんばっちゃう

 

親は 子供と一緒に 笑って喜んであげる

ただ それだけで 良いんじゃないかな~

せっかくの笑顔を 「褒める」に置き換えたら

もったいないな~って感じちゃいました

 

だから私は  これからの子育ては

「褒める育児」から「一緒に喜ぶ育児」へと

シフトして行って欲しいと願います

 

親の笑顔は 子供にとって です

笑って 照らしてあげてくださ~い

 

 

おそらびとより 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

縄文と現代の違い

2022-02-28 | 分類なし

皆さま こんにちは

いかがお過ごしでしたか?

私は 除雪などに追われて あっという間に

2月の最終日となってしまいました

ボーっとしていられませんね~

 

昨年・今年と 土偶を作っていらっしゃる

柴谷浩二さんとお会いする機会に恵まれました

柴谷さんの空気感やお話ししてくれる内容から

私の中で 腑に落ちたことを 聞いてください

 

私は 縄文文化よりも 縄文人に興味があります

平和に長く続いた時代を暮らしていた人々

どんな人達だったんだろうって

 

以前 人の波動をコップの水に例えましたが

今回も 水に例えてお話しします

 

縄文の暮らしは 暖かく適度な湿度に包まれ

ほんわかしたエネルギーに感じとれました 

 

頑張らず 比べず 我慢なんて無い

好きな事を好きな時に

眠くなったら寝て 目が覚めたら動き出す

所有の概念が無いので

取った取られたなどの 小競り合いも無い

人の好き嫌いも考えないのかも

だって 気の合う人とは多く接するけど

気の合わない人とは 無理に

嫌いになるまで接しないからね~

 

それを踏まえ 今の社会を感じてみると

デッカイ氷の塊のようでした   

 

自由に軽く浮遊していた水分が

冷やされ水滴になり 大きな氷の塊になった

そんな感じ

 

自分がとても生き辛く感じていたのも

「そっか!私のエナルギー凍ってたんだ」

周りにあわせて凍ってなきゃいけないと思ってた

「どうして凍ったんだろう?」

そう考えたとき 

氷の塊 = ピラミッド社会

と納得してしまいました

 

それはそれは長い時間をかけて

支配したい人達が築き上げてきた社会

支配したい人達は 人々のエネルギーを冷やし

氷に取り込み 大きな大きな氷の塊に成長を遂げた

末端の庶民までもが 凍てつくような環境

そりゃ~辛いですよね~

映画「八甲田山」を思い出します

 

さて じゃあどうやって

人々のエネルギーを冷やし固めたのか?

恐怖です

怖い時に 冷やっとすると言いますが

そう 恐怖心を抱くと エネルギーが冷えます

(それは波動が下がること)

 

支配したい人達は 恐怖心をあおぐために

神・お金・病気・災害 など

上手に利用してきました

急速冷凍ではなく

じわじわとゆっくり時間をかけて恐怖を植付けられ

気づけば凍ってたってみたいな感じかな~

 

私は これを読んだ方に

怖っ!て思わせたいわけではありません

 

氷が溶けていって 縄文のような

暖かいエネルギーになったらいいなぁ

みんなの心が 笑顔になるといいなぁ

と思っています

 

それで 氷ってどのように溶けていくか?

お分かりのとおり 表面(外側)からです

じゃあ 氷の社会の外側とは?

そう! 庶民ですよね

溶けるとは

氷にしがみ付くのをやめて 離れればいいだけ

 

一つの会社を 一つの氷に例えましょう

中心は社長です

次に責任の重い役の方々

中間管理職 平社員 て感じでしょうね

 

社長はもちろん氷を溶かしたくない

中間管理職の方がもう溶けたいなぁと思っても

中心からは冷気が流され

平社員氷に囲まれているので水にはなれない

中間の氷が溶けるには

平社員が水になって隙間ができてから

凍っていたい社長は

凍っていたい社員と 小さくて強固な氷を

作り直すのもよいですね

伝わりました?

 

中間の方々は なかなか身動きが難しい

惰性で凍っているか

何とか力を振り絞り 一瞬水になって

隙間から外に流れでるしかない

それは かなりのパワーと勇気があればですけど

 

今 時代が変わり 水になりやすくなっています

外側の庶民は 簡単に 氷から水になれます

氷が好きな人は そのままでいることもできます

 

中心の人達は 溶けさせたくないので

人々の行動を制限するような

ドライアイスを外側にボコボコ置いてくるんで

庶民も一瞬ビックリして固まりますが

ドライアイスだって いずれ気化します

庶民は いつだって水になれますよ~

 

溶けた水は ポタっと塊を離れ

他の水と一緒になって 川となり 

サラサラと 行き着くところは大海です

怖いことなんて ありません

社会の変化は 庶民しだいと言ってもいいくらい

 

特に庶民が 子供たちをどう育てていくか

今 一番考えるべき事ではないかと

私は 思っています

近々 子育てについても

シェアさせてもらいますね~

 

私は もちろん大海に行きたい派です

皆さんは どちらでしょうか?

 

 

長いものに巻かれるな

能ある鷹は爪を出せ

出る釘は ほっときましょう

お客様は(神様ではなく)仲間です

歩調は合わせなくていい

自分は自分

 

「縄文に いい子も悪い子もいなかった」

え?って思った方

なぜ え?って思ったか考えてみて~

 

 

ありがとうござうました

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022年スタートです

2022-01-12 | 分類なし

皆さま こんにちは

本年も どうぞよろしくお願いいたします

 

2022年 どんなスタートをきりましたか 

江別は雪がいっぱいのお正月で・・

体動かしましたよ~

 

 

年の始めに なんだか嬉しい体験しましたー

 

ちょっと町外れの畑(今は雪原)に囲まれた道を

車で走っていたんですね

他に走っている車がいなくて

天気も良く 気持ちのいいドライブって感じ

すると 運転をしていた主人が

「あれ、なんだろ?」って車の右側を指さしました

みると 鳥のような・・・

白い体・長い足・クリーム色の嘴 

雪原の真っ白な空間に浮いていて

車窓の高さを保ち 車と同じスピードで

体と足はぶれることなく 棒のようにまっすぐ

羽だけが 同じリズムでゆっくり動いていました

 

主人は「誰かが飛ばしてる?」と

私も「模型なのかなぁ?」と思うほど

とっても 軽やかで 綺麗で

糸トンボみたいに 重さが無いような

 

白い風景に 白い鳥で

距離感がよく分からなかったんですが

手を伸ばせば 触れることができそうにも見える

とっても不思議で 目が離せずにいると

少しして 上にフワッと消えていきました

 

見えなくなってから

ドキドキワクワクが込み上げてきて

何? 今の何? なんで? 

もう 興奮しまくりでした 

 

家に帰って 時計を見ながら再現してみると

30秒くらいの事だったと思いますが

でも 30秒って結構長いですよね~

 

この辺にいる長い足の鳥といえば

サギくらいかなと ネットでも調べました

真横からの 飛んでいる映像は

なかなか ありませんでしたが

近い感じの短い動画から

間違いなくサギだったと確信

かっこよかった~

 

高い所を飛んでいるのを

下から何度か見たことはありましたが

今回のような事は 初めてでした~

 

 

ここからは 私の世界です

 

龍の時代から 鳳凰の時代 に変わったと言われ

雲も鳥に見えるものが増えてきたような

気はしていましたが

自分で 解るわけではないので

「そうなんだろうなぁ~」って感じでいました

 

しかし 今回の体験で

「本当に 鳥の時代に変わったんだ」と

私の中で 何かが変わりました

 

それにあの 飛んでいる姿

余分な力は使わず 体幹がピシッとしていて

優雅にゆっくり羽だけを動かしている姿

 

こう飛びなさい

こう生きなさい

 

そう言われ 見せられた気がしました

力まず ブレず しなやかに

鳳凰は 女性のエネルギーのようですよ

 

これから 長~く続く 鳳凰の時代

軽~く 柔らか~く 生きた方が

生きやすくなりそうですね~

 

 

おそらびとより

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ワキの匂い

2021-12-21 | カラダのこと

皆さま こんにちは

明日は冬至  カボチャの準備はOKですか?

 

2021年 私の2大発見 2つ目です~

 

汗っかきの私は 脇の匂いも気になるわけです

周りの方からは  匂い感じたことないと

言ってはもらえるのですが

とくに夏は 自分で鼻を近づけ クンクン嗅いで

匂っている ってね

 

今までいろんなものを試しましたが

制汗・消臭 どれも痒みがでることが多く

効果も それほど感じないような

 

ある時 またふとヒラメキまして

そうだ!「にがり」をつけてみよう

 

脇に 「にがり」をワンプッシュ 塗ってみました

「にがり」は サラッとして 無臭なので

付けた時のストレスは 全くなく

その後の 痒みや ベタつきも無くって 好感

 

そして肝心の ‟匂い” ですが

どんなに 鼻を近づけても 無臭

朝に一度塗っただけで 夜になっても 無臭

もう 気にせず 安心に過ごせます~ 

 

脇の匂いが 気になっている方は

ぜひ 試していただきたいです

「にがり」は スーパーで数百円で手に入ります

 

現代人は マグネシウム不足の方が多いようで

私も普段 にがりを食べ物に数滴かけて 食べたり

手に塗ったり 化粧水に混ぜたりして

経皮吸収を心がけていました

それが更に 消臭もできるということは

雑菌を繁殖させないということです

体を守るということです 

 

な~んて ありがたいんでしょう

 

今回のことも 私にとっては 大発見

気の無駄遣いが 減りました~

 

実験していただけると 幸いです

 

 

おそらびとより

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

食後の汗

2021-12-18 | カラダのこと

皆さまこんにちは

カラダオタクの登帆です

 

今年も残りわずかということで

2021年 私の2大発見  を発表~~

 

今日は 1つ目「食後の汗」について

 

私 ここ数年 食べた後に

体が熱くなって 汗が出るようになり

体も不快だし 外食の時は 恥ずかしくって

とても それがストレスになっていたんです 

 

若いころから 血糖値が乱高下する体質で

低血糖で意識が遠のくことも よくあり

だから その関係のせいかなぁ~と

あと 更年期もなぁ~とかで

半ば 諦めていました 

 

でも ある時 ふと

少し前に見たドラマのシーンが頭に浮かびました

それは薬の使い方のシーンだったんですが

私は 体を誘導する方法として

こんな方法もあるんだ~と受け取っていました

 

その直後  試してみたい事が 浮かびました

 

とっても簡単ですよ

食事の前(一緒でもOK)に

梅干しを一つ 食べるんです

 

やってみたら なんと

それだけで 食後の 体がほてったり

汗が噴き出ることが なくなりました

マジですか って

何度も 食べたり 食べなかったりを

試してみましたが 

確実に 梅干しの効果ありでした

 

全然 たいしたことではないですよね~

でも 今まで誰からも 聞いたことがなかった

梅干しは体に良いとは 知っていたけど

有効な 活用法を知らなかった

 

だから 私にとっては 大発見だったんです~

 

もし 私のように 食後のストレスを

感じている方が いらっしゃいましたら

ぜひぜひ 実験してみてください

 

体は 各々 いろんな個性があり

み~んなに 効果があるとは 限りません

だからこそ 実験実験

 

もし効果があったら

ラッキーです おめでとうです

 

では 近いうちに 2つ目も

シェアしたいと思います

 

 

おそらびとより

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする