見出し画像

信楽タヌキにみる自由の世界

街に生息する信楽タヌキの図鑑が作りたい 信楽タヌキ分類計画#1

こんにちは、けいおうタヌキ研究所です。


こちらはタヌキタヌキタヌキタヌキタヌキタヌキタヌキタヌキ(処理落ち)



突然ですが、街に生息する信楽タヌキの図鑑が作りたい。


散歩中見かけた花やキノコを図鑑で探した経験

生息地や習性が詳しく解説された図鑑を一日中眺めていた経験

図鑑に載っていた生き物を町中探し回った経験


皆さんきっとあるのではないでしょうか。
信楽タヌキでも、そんな図鑑が作りたい。


信楽タヌキにリエーションが豊富なことは意外と知られていない。

が、そもそも街でタヌキに注目する人が少ないため、
信楽タヌキの扱われ方が幅広いことはもっと知られていないはず。

例えば、同じ縁起物でも招き猫やダルマを雑に扱う人は少ない。

一方、



お店の前に看板代わりに置かれることはもちろん


コスプレをさせられたり


お寺でお賽銭を集めたりすることも


信楽タヌキの扱われ方は本当に幅広い。

唯の置物として置かれることも、縁起物として飾られることも、
園芸品として花壇に並べられることも、ご神体として神社に祀られることも…。

そんな、場所によって、人によって扱われ方の変わる=生態の異なるタヌキ達


図鑑でまとめられたら面白んじゃないかな

と思った次第。


ということで、



信楽タヌキ分類表Ver0.1を作成しました。

横軸、縦軸はまだまだ検討の余地があるが、今回は下記のように定めてみた。

■横軸 外⇔内
こちらは言葉通り、家やお店の中にあるものは「内」、そこから離れていくほど「外」になる。

まだ定義はあいまいだが、

民家・店⇒公共施設⇒神社⇒山道
といった具合に、「外」に近づくほど所有者の建物から離れた場所になる。

山道まで行けば、もはや誰の所有するタヌキかもわからない。
ある意味横軸は「所有者とのつながりがどれほど強く可視化されているか」ともいえるのか?

■縦軸 そのまま⇔独創
こちらはタヌキを置いた人の関与具合を表している。

例えば「そのまま」側の例としては、タヌキをただ置くだけ。
飾りつけをするわけでもなく、庭や店頭に置くのみ。
いわばその場所自体が主役なのである。

一方で「独創」によるほど、所有者のタヌキに対する関与が大きくなる。

福を着せる⇒専用スペースに飾る⇒タヌキのための場所を作り上げる

といった具合に、「独創」によれば寄るほど、
タヌキの主張が激しくなっていくイメージ。
(これ書いていて思いましたが、「独創」より「関与」の方が適切ですね…)



つづけて、ここに実際のタヌキたちを主観的に当てはめてみた。



それぞれのタヌキの特徴は後述するとして、こうして当てはめてみると、
なんとなくグループ分けができる気がした。



こんな具合に。

言葉だけだとイメージが湧かないと思うので、順に解説していこう。


■タヌキをアピール



こちらは北海道で見かけたタヌキ。

【内】と【独創】に寄ったタヌキは、「タヌキをアピール」グループ。

お店や民家がその場所であることを前提としつつ、
お店を目立たせるため、インパクトを与えるため、
あるいはタヌキへの愛を表現するために、
タヌキの存在を強くアピールする。

例としてはタヌキにコスプレをさせる、タヌキを飾る専用スペースを用意する、
タヌキを建物の壁に埋める、などなど…。


■タヌキは脇役



【内】かつ【そのまま】の傾向にあるタヌキは「タヌキは脇役」に分類。

このグループのタヌキはかなり幅広い。

基本的にコスプレや専用スペースのような所有者の関与はなく、
ただ置かれているだけのタヌキ、という点は共通しているが、
お店の看板的な役割として、家族として大切に飾られることもあれば、
野ざらしにされたり、放置され風化するばかりだったりすることもある。

■タヌキが主役


こちらは有楽町駅地下連絡通路にあるのぽん太の広場。

【外】かつ【独創】寄りのタヌキは、「タヌキが主役」グループに分類される。

このグループの特徴としては、
お店を目立たせるためにタヌキを置く、商売繁盛のためタヌキを置く、
といった目的とは反対に、
タヌキのために場所を用意する=タヌキが場所の主役になっている。

タヌキをご神体にしている神社もこのグループに該当するかも。

■タヌキが存在


こちらは高水山へ向かう道中で見かけたタヌキ。

【外】かつ【そのまま】に寄ったタヌキは「タヌキが存在」に分類される。

このグループには、
山道や路地裏といった人目につかないような場所で、
なぜ置かれているか、誰が置いたかわからないようなタヌキが多い。

ただただ、そこに生息している、存在しているタヌキなのだ。



といった具合に、
まずはver.0.1として分類図とグループ分けを行ってみた。

が、こうして記事にしている中で
やはりまだまだ検討が不十分であることに気づかされる。

例えば、横軸【外⇔内】という定義はかなりあいまいで、
路地裏、公園、駅構内、電車の中といった場所があるとき
どういった順番で【外】に寄るのか、判断が難しい。

また、縦軸【そのまま⇔独創】では、グループの複雑化が必要だと気づかされる。
タヌキにゴムホースを巻き付ける、タヌキを土に埋める
園芸品として花壇に並べるなどは現状【独創】に分類されるが、
こうした扱い方は「タヌキをアピール」グループに該当するものとは考えにくい。

ということで、今後は縦軸横軸の再検討と、グループの複雑化によって
より詳細な分類図を作成していきたい。

そして…


こんな感じのタヌキ図鑑を完成させてやるのだ。

タヌキ分類図、タヌキ図鑑に興味のある方、
ぜひけいおうタヌキ研究所へ!

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

最新の画像もっと見る

最近の「日記」カテゴリーもっと見る