身体の痛みは心の悲鳴
ストレスがどのように心と身体に影響を与えているのか、臨床経験の中で得られた解決のヒントを公開します。
 



痛みはいずれにしても体身体のどこかに異常が発生 しているというアラームなわけです。 そのアラームはリセットボタンを押せばその痛みと してのアラームは消えてしまいます。 痛みがあるということは異常があるからですが問題は その異常の認識をどこまでとらえられるかにかかって きます。 人間の身体を自動車に例えて考えてみるとわかりやすい と思います。 エンジンや駆動系はプラグ一つが正常に機能しなけれ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




自転車が同じ行動をしていたとしても相手が自動車では なく歩行者になった瞬間状況は変わってしまうわけです。 同じ事故でも相手が車両であるのか歩行者であるのかに よって立場が変わってくることになる訳です。 同じ行動をとったとしても相手次第で対応が違ってくる ように法律とはわからないものです。 例えば、殺人を犯したとしても平和な世の中であれば 裁かれることになりますが、戦争になるとどうなるので し . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




道路を自転車で走行していると交通弱者ゆえに事故が 起きても擁護されますから悪いことをしているとか 交通法規を守っていないという意識が希薄なのかも しれません。 弱者は被害者として扱われ強者は加害者として扱われて いるようにさえ感じます。 歩行者がわざと自動車にぶつかる当たり屋はドライブ レコーダーがなければなかなか証明することができません。 わざと自動車にぶつかって痛い、痛いといっていれば . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




車両と定義すると自転車等が最も弱い立場の車両となり ますから道路では我物顔になって走っている人もいる わけです。 自転車の運転には免許がありませんから意識している人は あまりいないと思いますが道路交通法が適応されるわけです。 道路交通法を知らなくても道路交通法が適応されることに なる訳です。 自転車を運転している子供が道路交通法を理解して運転して いると思いますか? 道路交通法を知っていよ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




法律自体はその内容が必ずしも平等であるとは限り ません。 交通法規が典型的なものかもしれません。 例えば、交通事故を起こしたとしても過失の大小も 考慮されるものの弱者の方が考慮されているわけです。 歩行者が信号無視で飛び出したりしたとしてもはねた 自動車の責任の方が大きいわけです。 交通弱者の方がある意味保護されることになっている わけです。 歩行者>自転車>バイク>自動車>大型車 とい . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




国レベルのルールといえば憲法ということになりますが その憲法に基づいてできているのが法律や条例ということ になります。 国のルールの基本的な考えが憲法ということですから すべての法律は憲法に影響されることになっています。 憲法はどちらからといえば国家の法律であり、国民一人に 対するルールというよりはその国を司る制約や制限であったり、 目指す方向性であったりするわけです。 そして一般国民に関係 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




自分自身の価値観を踏まえたうえでルールを見直して いくということが最も効率的な方法ということになり ます。 運命学によって自らの価値観を紐解いて自らの憲法改正 をする時期なのかもしれません。 自分自身の価値観にない法律やルールができたとしたら どうでしょうか? おそらく日常的にルール違反をしてトラブルになる可能性が 高くなるわけです。 日常的にトラブルを起こさないようにするためには自分の . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




好き嫌い、損得のルールに偏ってしまうことによって ストレスがかかってくることになります。 好きなものでしかも得になるものを探し出す必要があり ますがそれはなかなか難しいことです。 好き嫌いや損得という切り口は一般的な価値観ではあり まずか人間の価値観はそんなに簡単なものではありません。 最終的には生まれ持った自分自身の価値観に沿って生き ない限り問題が出てくることになる訳です。 運命学が必 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




簡単に稼げるというのは良いことでしょうか悪いこと でしょうか? それは良くも悪くもないわけですがどちらか一方に偏って しまうとそれはルールになってしまうわけです。 良し悪しや好き嫌いがルールになってしまうわけです。 感情的な人のルールは損か得かというよりも好きか嫌いか で決まってしまうわけです。 それがもしも論理的な人であったとしても今度は全ての ルールは損か得かということで決まってくるわ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




人間はある意味学習によって新たなルールができて しまいます。 それがもし偶然出会ったとしてもです 。 ギャンブルがそうなのかもしれませんがもしギャンブル によって少ない投資で多額のお金を得ることができたと したらギャンブルは安易な収入源として記憶されるかも しれません。 そうなるとお金に困っるとギャンブルに走ることになって しまうかもしれません。 理屈で考えればギャンブルで蔵は立たないわけで . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ