福島被災動物レスキュー(NPO法人SORAアニマルシェルター)

東日本大震災等で行き場を失ってしまった動物達の保護活動をしています。
「世界一楽しいシェルターにしよう」を合言葉に…。

第12回チャリティコンサートのご報告

2018年03月17日 | 活動報告
こんにちは!
今日は、3月3日(土)に東京で開催して頂いた、野澤啓子さん主催「第12回チャリテーコンサート」のご報告をさせて頂きます!

今回は、ピアノ・野澤さん、バイオリニスト・工藤美穂さんの演奏でした。





これまで11回のチャリティーコンサートを主催してくださっている野澤さんを始め、毎回プロの音楽家の方々がチャリティで出演してくださっています。

クラシック音楽というと敷居が高いと感じる方もいるかもしれませんが、野澤さんが曲の解説や作曲の背景などを話して下さり、クラシックに馴染みのない方でも楽しんで頂ける、大変興味深い構成になっています。

毎回、コンサートの半ばで、『カノン』のピアノの調べとともにSORAのスライドを上映しています。

コンサートの合間には、ボランティアさんから現在のSORAの様子をお話ししていただきました。
ほとんどのお客様がSORAには来たことがないということでしたので、雪の日のボランティアの1日を紹介したり、去年の夏に家族との生活を再開したモコちゃんの話などをさせていただきました。



休憩時間やコンサートの後には、SORAのパネルを熱心に見て、犬や猫が普段どのように過ごしているかを質問してくる方やSORAへ行ってみたいという方も。



第13回チャリティコンサートも企画中とのことですので、東京周辺の方、次回はぜひ足を運んでみてください。



最後に、主催の野澤さんから、コンサートの収益金のご報告とメッセージを頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

ご報告

桜の季節もすぐそこまで来ています。

さて、去る3月3日、東京コンサーツ・ラボに於いて、「ふくしま被災どうぶつ支援第12回チャリティーコンサート」を無事、終了することができました。

当日は、沢山のお客様に御来場頂き、ありがとうございました。

ヴァイオリニスト工藤美穂さんの熱演、SORAの軌跡を綴ったスライドショーと生ピアノのコラボも、新しい会場で再演出来ました。

ボランティアの関川さんのお話で、今のSORAについて、理解を深めて頂けた事と存じます。

この一年、チャリティーコンサートの継続について、悩み続けておりましたが、皆様の笑顔に支えられて、気持ち新たに再開する事が出来ました。

また、当日御来場頂けなかった方々からも、多大な賛同の募金をお寄せ頂き、最終的な収益金は¥158,550となりました。ありがとうございました。

今回から民間の会場をお借りしたので、付帯設備を含めた使用料は、私が事前に支払っております。

収益金全額を、3月15日NPO法人SORA福島被災動物レスキュー宛てに振込みました事を、御報告申し上げます。

これからもコンサートによる支援活動を行って参ります。

次回の日時につきましては、未定ではありますが、決まり次第、ご案内させて下さい。

今後共、皆様のお知恵とお力を拝借いたしたく、心より御協力をお願い申し上げます。

そして、お手数をおかけいたしますが、お誘い合わせ下さった御友人方、その他、私が連絡先を存じ上げず、御挨拶出来なかった方々に、
くれぐれも宜しくお伝え頂きますよう、重ねてお願い申し上げます。

動物達が、元気に、福島の野山を満喫し、そして家族との新しい生活のために、笑顔でSORAを卒業出来ますように、祈りたいとおもいます。

皆様も御自愛下さいませ。

また早稲田でお待ちしていますね!

2018年3月 野澤 啓子

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« わんにゃん報告Blog -3/4~3/10 | トップ | 久々の再会! »
最近の画像もっと見る

活動報告」カテゴリの最新記事