福島被災動物レスキュー(NPO法人SORAアニマルシェルター)

東日本大震災等で行き場を失ってしまった動物達の保護活動をしています。
「世界一楽しいシェルターにしよう」を合言葉に…。

福島被災動物レスキュー

2012年03月27日 | 活動報告
ここ3日で6時間も寝てないくらい、色んな事に切羽詰ってるカンノです(>▽<;;

さとぅーんさんが念願の4ヶ月ぶりのお休みなのも重なって、ブログの更新が滞ってしまい申し訳ありません。

休みの間だけでも、私が!と気合入れてたはずなのですが、なんとも次々に予定が入って夜にはコタコタに疲れてしまい、今日の日記は密かに3日かけて書いてます(;´▽`A`` 

厳しい雪の季節もボランティアさんがお手伝いに来て下さるおかげで、乗り越える事が出来ました。

物資のご飯、オヤツ、うん〇袋、ボランティアさんのおやつ、布団乾燥機、リード、首輪、おもちゃ、医療道具、そして、最近お願いしたばかりの、秋田犬用のカラーも届きましたヾ(≧▽≦)ノ

せっかく新人スタッフのとみぃさんが綺麗に並べて写真を撮ってくれたのに、私のパソコンがカードを読み込んでくれなくて…、後日アップしますね!

そして、皆様の金銭的ご支援のおかげで今月はなんとか乗り越える事が出来そうです。

本当に皆様のご支援に心から感謝しています、ありがとうございますm(_ _)m

来月、再来月…、みんなが元気におうちに帰れるまで、1匹でも多くの命を救うために…、元気で幸せに生きていけるように…、どうかどうかこれからも皆様のあたたかいご支援をよろしくお願い致しますm(_ _)m

話は変わるのですが…
12月以来、久々に20キロ圏内の被災動物レスキューに行ってきました。



(12月の時は牧草も隠れて持っていったので、牛さんにあげてきました)



(久しぶりの新鮮な牧草だったのか凄い喜んで、すっごいニコニコしながら食べてました、牛って笑うんですね)



シェルターはすでに定員オーバーで、依頼はほぼ断ってきたのですが、最近相双保健所から相談を受けて南相馬から5匹の猫を引き取ったり、にゃんこはうすのアリコさんとまおまみーさんとで、大熊町や浪江を中心に猫の捕獲、給餌などをしてきました。







(きっとテレビなどで見慣れた画像… 奥に東電の煙突?が見えます)



(捕獲依頼の御宅に捕獲器をしかけてます)



(まおまみーさんが給餌に行く華麗な後ろ姿)



猫はまだ沢山居て、犬もどこからか声は聞こえるんだけど、姿は見えない…って感じです。


猫は法律では強行的に行政が駆除するという可能性は確率的に低いので余程の事がない限り行政が安楽死目的で捕獲するということは無いのではないかな…(餓死や病死はあるので、完全封鎖可能性のある地区はすごくヤバイけれども…)、と思いますが、犬は狂犬病予防法があるので、今半野良化してるような犬たちは捕獲出来なかったら、たぶん餌に毒を撒いて毒殺されると思います。

普通に考えて今時そんなことがあるのか!って思ってしまいますよね。
ちょうど現在「野犬掃討」を行なってるところがあったのでリンクしときますね。
このリンク先を見て頂ければ一目瞭然…。

現在行政でも捕獲をやってますが、野犬はどうやっても捕まらない事が多いのと、元々福島でも譲渡に向かないガウガウカミカミ犬はすでに殺処分を行なっているので、これから帰宅が始まる地区も出てくることから、狂犬病の観点からも、咬傷の危険性を考えても、犬はすべて排除される可能性はたぶんというより100%です、出来る限り犬は捕獲したいですね…。

アリコさんやまおまみーさんと、咬まれても目と首さえ咬まれなければ、あたしたちは生きていけるから~とか言ってはいますが、正直ちょぴっと怖い(T▽T)

ブログには書いてなかったけれど、捕獲時に一度ガッツリ噛まれてしまった事がありました…。

おやつを見せたら寄ってきて、首輪をしてなかったので、まず首輪を付けてグイッと引っ張る作戦をしようと思ったら、首輪を見た途端にガップリされてしまいました…(´;ω;`)

きっと必死に必死に首輪抜けをして、ご飯を探しに歩いてたのに、首輪を見せられてビックリして怖くて噛んでしまったのだと…

あたしを噛んだあと、走り去ってしまって結局オヤツを食べることさえ出来ないで遠くに行ってしまいました…。
なんかあたしのせいで可哀想なことをしてしまった…と思いつつも、その犬を仲間内では「原町の加藤浩次」と呼んでます((>д<))



(原町の加藤浩次)


なんて…、話がそれてしまってゴメンナサイ(>▽<;;

こんな感じで、いつも綱渡り状態ですが、ボランティアさん達と悲惨な状態の中でも明るくめーいっぱいの力で活動を続けてます。

しつこいようですが、これも皆様のご協力がなければ続けて行くことが出来ません。

一緒に顔を合わせて活動することが出来ない方もいらっしゃいますが、遠くからでもご支援などのご協力をして下さってる方と一体になって活動をしているつもりです。

どうかどうかご協力をお願い致します。

三菱東京UFJ銀行 立川支店
普通 0085844
一般社団法人 SORA (シャダンホウジン ソラ)
代表理事 菅野利枝(カンノリエ




(シェルターのイケメンわんこのクマゴロウ、後ろのベリーちゃんはいつも自分が住んでた浜の方を見ています)




(暖かい日は日向ぼっこをしてる、老犬のタロウとゴンちゃん、ゴンちゃんは余命3ヶ月ということです( ノω-、))

3月18日のニュース

2012年03月18日 | シェルターニュース
こんにちは シェルターニュースの時間です。


ご無沙汰です。

支援物資たくさん届きました。

アマゾンの欲しいものリストに入れてある商品や ブログでお願いした商品が

たくさん届きました。

ありがとうございます。

このシェルターは 皆様方の支援で成り立っていることを改めて認識しました。

全て 大切に使わせていただきます。



やっと来ました。

何が??

春です。

今日の午前中は暖かく 春を感じました。

小鳥がさえずり、土からは緑色の新芽が顔を出し

犬たちの アンダーコートが抜け出し

春到来って感じです。

まだ 気が早く これからも寒い日 雪の日があるかと思いますが

今朝感じた空気が 去年 私が福島に来たとき感じた 匂い に似ていて
 
冬を乗り切ったって実感できたんです。

これだけ春を待ちわびたことは 今までなかったです。

春 待ってたぞーーー。



先日 ボランティアさんを緊急募集しましたが 車を運転できる方が居なかったので

もう一度 募集させていただきます。

日にちが決まったら ブログで報告します。

実は 自動車免許の更新をしなくてはならないんです。

そして 4ヶ月休んでないんです。

休ませてーー


さて これから 雪かき改め 氷除去をします。

雪が踏み固められ 氷となり 道を覆っています。

それを ツルハシで砕き 捨てる作業。

どうです? ツルハシを振るってみないかい?


以上 春の足音に心躍る さとぅーんでした。







冬のSORAシェルターその2

2012年03月14日 | 活動報告
冬のSORAシェルターその2



珍しく連チャンのカンノです。

いつもご支援ありがとうございます、ありがとうございます。

今日も沢山の物資がシェルターに届きました。
クロネコヤマトさん、佐川急便さん、郵便配達屋さんの車が来るとワクワクします(●´ω`●)



ケージはめっちゃめちゃ暴れてすぐに壊して、自分まで怪我してしまう子が居るので、すっごい助かります(*^o^*)



そして、こぉぉぉーんなに沢山の高級フードを戴きましたヾ(≧▽≦)ノ

SORAシェルターの子の殆どはフィラリア持ちやじいちゃんばあちゃん犬なので、本当にありがたく使わせて頂きます。

そして今日は東京芸大の学生さんで、夏にボランティアに来てくれたMくんが、アトリエで使わなくなった木材などを集めてくれて、それを、横須賀の友人高岡さんが福島まで軽トラックに積んで運んでくれてシェルターで色々と手伝っていってくれました。



それと、今日はフルコースで、神奈川からトリマーさんも来てくださって、全員の爪きりもしていただきました。

ありがとうございます!((*´▽`o)o゛



SORAシェルターは吹雪だったと思えばいきなり青空になって、みんな顔が真っ赤になるくらい日差しが強いーと思ってたら、また吹雪になって・・・
かいてもかいても雪が積もる中、必死にみんなで雪かきしたり、



(富山から駆けつけてくれたOさん、ダンプ並みに雪かいてくれます。初日は雪の下で固く固まってる部分が多すぎて、右手首を痛めてしまいました(奧)、手前はEさん、すっごくパワフルなのに天然でそれでいて、めちゃめちゃ可愛いのに仕事が早いです)



(Eさんは雪かきしてても可愛い(*^o^*))



(埼玉から来てくださった綺麗なお姉さん達とEさん、みんな次の日は筋肉痛)


SORAの犬のシェルターの水は一度川の水を井戸に入れてから組み上げてるので、本業鯉屋さんの高岡さんに水周りを直してもらいました。

さとーぅんさんとまるで兄弟のようにはしゃいで、谷底に川がある雪の斜面を転がり落ちていきました。





(楽しそうです)
















犬達ももう少しでお別れの雪を楽しでます。



(ゴロゴロゴロゴロ)



(雪玉チャッチ! ちゃんと飲み込まないで出しますよ~)



(日光浴)





(アキタは海水浴 ・・・って冗談で、自分で足を噛んでしまうときはこの頂きもののわっかをつけてます)





(犬たちは朝外に出して貰えると、みんな雪上に寝転がったり喜んでます)


みんなとても優しい犬です、SORAシェルターに来てくれるボランティアさん達はみんなとっても犬たちの表情を幸せそうだと褒めてくれます。

うちは貧乏だし、きれいなシェルターじゃないし、ボランティアさんも少ないけれど、日本一楽しいシェルターを作ろうね!と、シェルターを始めた時から合い言葉のように言ってました。

ボランティアさん、スタッフさん、そして、動物達には苦労をかけてしまうかもしれないけれど、必ずどこよりもボランティアさん、スタッフさん、動物達が楽しいシェルターにしていきたいと思います。

そして、いつもいつもお願いばかりでほんとに心苦しいのですが、
どうかシェルター存続のご支援をよろしくお願い致しますm(_ _)m

||| ご支援 口座番号 |||

三菱東京UFJ銀行 立川支店
普通 0085844
一般社団法人 SORA (シャダンホウジン ソラ)
代表理事 菅野利枝(カンノリエ)




冬のSORAシェルター

2012年03月11日 | 活動報告
冬のSORAシェルター


またまた久々のカンノです。

もう震災から1年なんですね。

でも、福島に住んでシェルターをしていると、なぁんにぃもぉぉ変わってないんです。

うちで預かってる子の殆どは飯館村でも線量が高い地区、タロウ、ココ、マリン。




浪江町の子もホットスポット的に日本で一番線量が高かった地区で、津島や赤宇木のラッキー、チビ太、コロ、チビ。












川俣地区の一部で避難地区では、ゴン、チョコビ、ナナ。









他にも預かってる子は沢山いるのですが、元々ひっきりなしに電話での預かり依頼が多い中で、
私が福島県民だからか、
問題が難航しそうな地区の方や吠え過ぎて避難所や仮設や借り上げ住宅で飼うのは苦労するだろうな…と、
あまり他の愛護団体さんのシェルターの方が喜ばないような感じの動物達を引き取っていたので、
思った通り、1年経っても何も変わらなかったです(>▽<;;

だけど、1年でガラッと変わったのが、支援が現在は殆どありません。

物資やボランティアさんはスタッフのさとぅーんさんが呼びかけてくれているので、ギリギリの状態でもなんとかなっていますが、金銭的にはもう夏から赤字続きだったので、昨年末には3月までもたせるのは厳しいかなって感じで、3月いっぱいで辞めるしかないか・・・とまで考えました。

だけど、うちに居る動物達や飼い主さんの気持ちを思うと、やっぱりまだ続けていきたいんです。

17歳のゴンちゃんがもうあまり長く無いと、獣医さんに告知されてしまい、飼い主さんに来て頂きました。
うちでも一生懸命やれることはすべてしてることを伝えると「うちに居たら死んでたな」と飼い主のおじさんがニッコリしながら言ってくれました。
この言葉だけを聞くとこの飼い主は一体どんな飼い方してやがったんだい!とか思うかもしれませんが、



ゴンちゃんは冬の間は家の中で飼われてたそうです。

まだ川俣の誰も居ない自宅にその時は3匹の犬が居て、毎日雪の中通って大変だと言ってました。



でも、シェルターにご主人と奥さんが来た数日後に鼻声で声を震わせながら奥さんから私のところに電話をかけてきて「あのね・・・、家においたセッターが死んじゃったんだって・・・、今、お父さんがご飯をあげに行ったら死んでたって電話をくれたの、本当は行きたいんだけど、今じいちゃんも危ないって言われてて病院から出れないから、ここで一人で泣いてるしかなくて・・・、菅野さんに電話しちゃったの・・・ ごめんなさい、ごめんなさい」

私もゴンの家には何度か行って、残ってる犬たちのご飯を持って行ったりしてたので、セッターとは仲良しでした。
とても人懐こい可愛いわんこでした。



(近づくとさわってさわってーと手を出して愛想をふりまいてくれてました)

どう何度も何度も考えても、このシェルターをやめたくない…。

どうかどうか、金銭的なご支援のご協力をお願いします。


三菱東京UFJ銀行 立川支店
普通 0085844
一般社団法人 SORA (シャダンホウジン ソラ)
代表理事 菅野利枝(カンノリエ)



コメント (2)