福島被災動物レスキュー(NPO法人SORAアニマルシェルター)

東日本大震災等で行き場を失ってしまった動物達の保護活動をしています。
「世界一楽しいシェルターにしよう」を合言葉に…。

緊急!福島被災猫白血病発病のブーちゃんの為にご協力をお願いします

2011年12月09日 | 保護動物達
ブログ・ツイッター・ミクシー・フェイスブックなどで拡散をお願いします!

4月12日に福島県南相馬市の金房小学校付近で捕獲して、現在SORAシェルターに居る仮名ぶーちゃんの本当の飼い主さんをめーいっぱい探すお手伝いをお願いします。
保護してから数ヶ月間はとても元気だったのですが、ストレスのせいか猫エイズ、猫白血病が発病してしまいました( ノω-、)



一時は自分の力では白血球が作れなくなり、入院をして生死の境をさまよいましたが、頑張って、頑張って、イチかバチかの輸血も目前に自力で白血球をつくれるようになりました。
無事に退院して、すっかり痩せちゃったけれど、今も頑張って生きててくれています。

でも、病院の先生にはそうは長くは生きられないとのことです。




今回、色々と検査をしたら、ぶーちゃんのレントゲン写真に骨折を治した跡がありました。

左足の付け根部分にL型の金具が入っています。
先生のお話ではたぶん交通事故にあって骨折したのでは…ということでした。



骨折を治してくれるような優しい飼い主さんですから、きっと探していらっしゃることと思います。
もしも、現時点でペット不可の借り上げ住宅やアパートや仮設住宅等に住んでいて、飼える状況では無いとしても、お願いです、ぶーちゃんに逢いに来て下さい。

(保護場所)福島県南相馬市小高区(金房小学校付近)
(保護日時)4月12日
(毛色)キジ白
(性別)女の子
(年齢)不明
(避妊去勢手術)未手術 (SORAシェルターにて手術させて頂きました)




ですが…、本当の飼い主さんが見つかり、最後までブーちゃんと一緒に居てくれる事が一番だとは思うのですが、現実問題として、飼い主さんが現れる可能性は低いです…。

ブーちゃんはとても人間が大好きでとても人懐こくとっても可愛いです。
出来れば残り少ない命をブーちゃんの為だけに捧げて下さる方も同時に探させて下さい。
シェルターでケージに入れられてまま最後を迎えてしまうのはあまりにもブーちゃんが可哀想過ぎです( ノω-、)



最後くらいゆっくり落ち着ける環境で過させてあげたい。


ただ、ぶーちゃんは急に本気噛み(噛まれた人は流血~ってくらい)をしてしまいます。
ボランティアさんや獣医さんに被害者多数…といった感じです(;´▽`A``。

それに、点滴をしたり、ステロイドを打ったり、通院や入院もあります。

病気の猫を引き取ることは精神的にも金銭的にも大変なことですが、様々な覚悟で迎えてくださる家族を切実に早急に募集します。

||| ぶーちゃんの新しい家族募集要項 |||

ぶーちゃんは人間は好きですが、他の猫はあまり好きではないらしく、他の猫にかまわれるのを嫌います。ですので、できれば先住猫がいないお宅を希望しています。

■先住猫・犬・小さなお子さんのいない家庭
■白血病を発症していますので、病院に通院・入院させてあげられる余裕のある方
(ぶーちゃんの搬送や金銭面など)
■当然ですが、他の家族が賛成していること、アレルギーなどの問題、飼育できる住まいなどをクリアしている家庭
■完全室内飼育ができる環境の家庭
■病気の猫の介護をしたことがある方
■噛み癖があるので、理解し対応できる方

なにより、ぶーちゃんを大切に可愛がってくださる方
最後まで諦めず介護してくださる方

以上の条件で、ぶーちゃんの最後を温かく穏やかに過ごさせてくださる方をお待ちしております。
希望してくださる方は、先に失礼ですがお宅を訪問させていただき面接をさせてください。
福島近郊の方は、ぶーちゃんとお見合いもできますのでお申し出ください。
かなり遠方の方はお断りさせていただくかもしれません、予めご了承ください。

問い合わせ先
090-5185-0088 (カンノ)

ふうくん

2011年07月09日 | 保護動物達
計画避難地区の飯館村から預りのふうくんです。



「ブログなどに感情的な事を書くと支援者が減ってしまうから書かない方がいいよ」と周りの仲間などに助言を頂くのですが、どーしてもうし〇さんのことは書きたかったんです…。

預かり依頼の電話をくれたのは、90才くらいのおじいちゃんのうし〇さん(本名)。
飯館村役場に救済本部の助成金の申請を提出するのに、飯館村役場から意見書を貰いに行く時(貰えなかったけど( ノω-、))に家に電話を忘れたら、主人がうし〇さんの電話に出てくれて、2時間近く話した(;´▽`A``と言ってました。

とても気さくなおじいさんで、預かり依頼を受けてから引き取りに飯館村に行くまでに、朝の6時前から何度も電話をくれて(>▽<;;、満州戦争に行った話を沢山聞かせて下さいました。
普通お年寄りだと、同じ話を何度もするのですが、うし〇さんは同じ満洲戦争時代の話でもいつも違う体験談をしてくれるんです。

でも、お年寄りだから携帯電話を持って居ないし、携帯電話には履歴が残るから1回掛けてくれれば掛け直す事が出来るって知らないようで、朝からずーっと電話が鳴りっ放しの時もありました。

「おじいちゃんは何が好き?、おじいちゃんの家に行くときに持って行きますよ」と私が言うと
「コーラ」と言ってました。

預りの数日前に、嬉しかったのか「一時避難先が飯坂温泉に決まった」と電話をくれました。
おじいちゃんだし、温泉旅館なら健康になって良かったねぇと思ってました。

忘れないようにコーラを預かり日の数日前から用意をして、当日も途中のコンビニで冷えたコーラを買って持っていくと、とっても可愛い小さなおじいちゃんのうし〇さんがお出迎えをしてくれて、娘さんにコーラを貰ったと報告すると「お父さんが言ったからでしょ」と、いつもうし〇さんの定位置なんだろうなぁ…と思うコタツにトプっと入りながら怒られてる姿もとても可愛かったんです。

ふうちゃんはすでにキャリーケースに入れててくれて、出して~出して~と騒いでたので、すぐに連れて帰ろうと思ったのですが、娘さんがコーヒーを大きなマグカップに入れて下さったので、また満洲戦争の話を猫舌の上に特大のマグカップに入ったコーヒーを飲みながらゆっくりと聞いて、楽しい時間を過ごさせて頂いて、その話最中に、うし〇さんの居間を見渡して

ここにあるものの殆どはここに置いて、避難するんだろうな…。
うし〇さんはここに戻ってこれるのだろうか…。

先が何も見えない中で、すべてに置いて希望だけは捨てたくないと私は思えるけれど、正直お年寄りにその時間はあるのだろうか…。
慣れない土地で体調を崩したりしないのだろうか…。

だけど、飯坂温泉だったら、老人会とかでよくお年寄りが年に2回くらいの旅行で喜んで行くし、毎日温泉に入れるんだからいいのかな…。

でも、なんとなくキャリーケースの中で相変わらず騒いでるふうちゃんを出して、うし〇さんに「またね、福島なんだから近いんだから会いに来てね」と言って、ふうちゃんを抱っこしてもらってから、うし〇さんの家を出ました。

本当にとても笑顔がチャーミングで可愛いかったので、写真を撮らせて下さいと頼んだけど「おり(おれ)は写真はダメなの」と言うので、ずっと見えなくなるまで見送ってくれてたうし〇さんをバックミラーで隠し撮りをしてしまいました。



ふうちゃんを預かってからも何度か電話を頂いて、今度はゲートボールの話で、私はゲートボールなんて遠目でお年寄りががんばってるなーって位でしか見たことが無いくらい何も知らなかったのが、色々とゲートボール大会や資格の裏事情まで教えてくれてすっかりゲートボールに詳しくなりました。

そんな日が続いて、数日、うし〇さんからいつものように電話が来ていつもの声のトーンと違う声で
「明日避難します」と。
うし〇さんは携帯電話を持っていないので、いつも家の電話からだったし、もうこれで最後の電話ということです。

「飯坂温泉ですか?」と聞くと
「いや…、競馬場です」

一瞬声が詰まりました。
胸からギシギシ音が聞こえてきそうで苦しくなります。

競馬場って…、人間が住めるような場所なのですか…
しかも戦争にまで行ってる90才すぎのおじいちゃんが住めるような場所なの?

言葉が中々見つからず、なんて言ったらいいのかわかりませんでした。
色々と調べてるうちにわかったのですが、たぶん競馬場と言っても、宿舎がありそこだとは思います。

私は動物愛護団体の代表で動物の為に活動をするのが役目なのは十二分にわかってはいるのですが、今の福島の状況は人間の扱いもあまりにも酷すぎます。

福島県で一番大きな避難所の郡山のビックパレットに5月に行きましたが、避難してる方達のそこでの生活を見てあまりにもショックで泣きそうになり、でもここで泣いたら、避難してる方にかえって失礼になってしまうことになるので、涙をこぼさないように建物の中を必死に出ました…

私が住んでる福島市も線量は高い方なのですが、まだ家に住める状態だし、避難所生活や家に帰りたくても帰れない方達の事を思うとこのくらいの放射能浴びてるくらいどーってこと無いや…って感じです(息子のことは別ですが(-_-;))



(ふうくんはうし〇さんにそっくりです)

うし〇さんは中学生のお孫さんのことをとても可愛がってて、ふうくんのことが大好きなお孫さんがいつでも会えるように福島にあるSORAを選んでくれたようです。

数日前にお孫さんとうし〇さんと娘さんでふうちゃんに会いに来てくれました。
突然のことだったので、コーラを用意出来なかったのが残念だったけど、ふうちゃんに会えて喜んでるお孫さんを見てうし〇さんはとても嬉しそうでした。



(ケージから自由に出れてもちゃんと自分のケージの中に入って寝てます)

うし〇さんが、娘さんとお孫さんとふうくんを迎えに来てくれる日が早く来るといいなぁと思います。
だから、うし〇さんもいつまでも元気で居てくださいね。

ふうくんは月曜日に去勢手術の予定です。
ふうくんも頑張ってね!



(ふうくんの手術はとても優しくて本当に動物好きで栃木県の先生がお忙しい中に時間をとって手術をしてくれることになりました、先生ありがとうございます( ^ω^ ))

長々と書いてて、どう締めくくっていいのかわからなくなっちゃいましたが…、福島の人達、動物達、みんな頑張ってます。
だんだん、あちこちで福島の事も忘れられてってる…って話を耳にするようになり、とても寂しいです。
まだまだ福島は復興から程遠い生活です。

どうか福島のこの現実を忘れないで応援してくださいm(_ _)m



(福島の空)



コメント (8)

保護犬⑤

2011年04月28日 | 保護動物達




【保護日時】 2011/04/10
【保護場所】 福島県南相馬市小高区飯崎
【種別】 ラブラドール 黒
【年齢】 2歳~5歳
【性別】 男の子
【動物の特長】 銀色の鎖の首輪 写真の黄色いロープが付いていて茂みにロープが絡まって立ち往生していたのを保護
やんちゃだけどとても可愛い性格
【一時預かり先】 神奈川県の一時預かりさん 問い合わせTEL 09051850088

なぜか浜の方には黒ラブが多いです・・・
黒ラブの問い合わせが後を絶たないのですが、写真だけじゃよくわからないと思います(;´▽`A``
コメント (6)

保護犬④

2011年04月28日 | 保護動物達






【保護日時】 2011/04/8
【保護場所】 福島県南相馬市小高区飯崎
【種別】 コーギー雑種
【年齢】 7歳くらい
【性別】 女の子
【動物の特長】 Oさんから保護以来を受けて保護 ペット不可物件に避難中の為、預かってほしいとの事です
【一時預かり先】  福島県福島市(社)SORAシェルター 問い合わせTEL 09051850088

名前はハナちゃん、女の子同士ドックランに放そうとしたら他の犬と喧嘩しまくるので断念しました
だけど性格はとても可愛いくて人間には温厚です
コメント (1)

保護犬②

2011年04月28日 | 保護動物達



(またね、今度は綺麗な時に写真をとってね♪ byわんこ)

【保護日時】 2011/04/05
【保護場所】 福島県南相馬市原町区萱浜
【種別】 犬 アイリッシュセッター
【年齢】 10歳くらい
【性別】 女の子
【動物の特長】 首輪無し 津波に巻き込まれたのか体中泥だらけで顔や尻尾付近に外傷多数あり
衰弱も酷かったので、ちょうど福島県に居た(財)神奈川県動物愛護協会の方達に飯館市に来て戴いて、
神奈川県に連れて行って貰いました。
大人しくてとても良い子、ご飯をあげてくれてた方が避難で東京に行ってしまい、わんこを気にして何度も電話を戴きました
【一時預かり先】 (財)神奈川県動物愛護協会  問い合わせTEL 0454215592


(あ、まだダメ、写真は綺麗にしてからって言ったじゃない byわんこ)

保護犬① 飼い主さんが見つかって帰宅しましたo(^▽^)o

2011年04月28日 | 保護動物達



(自宅の庭でまったりしてます 昔からうちに居るような感じです)

【保護日時】 2011/03/30
【保護場所】 福島県南相馬市原町区高見町
【種別】 犬 ビーグル雑種
【年齢】 5歳くらい
【性別】 女の子
【動物の特長】 赤い(色が抜けててよくわからない)布製の首輪 放浪していて、家を探したけど見つからないのと、近くに車通りの激しい6号線があるので保護
めちゃめちゃ吠えます
【一時預かり先】 福島県福島市(社)SORAシェルター 問い合わせTEL 09051850088