木村秀子 Blog

ピアニスト 木村秀子の音楽日記

8月・9月のスケジュールです

2018-08-01 15:12:30 | スケジュール
8月・9月のスケジュールです。
どこかでお会い出来ます様に!

8月

3日(金)西横浜 Misty 19:30~
          瀬戸郁寛(As) 土村和史(B)

7日 (火) 平塚 Pianoforte. 19:30〜
          Solo

10日(金) 軽井沢Obsounds 18:00~21:00くらい 土村和史(B)

11日(土) 軽井沢Obsounds 18:00~21:00くらい
          
12日(日) 軽井沢Obsounds 18:00~21:00くらい

13日(月) 軽井沢Obsounds 18:00~21:00くらい

14日(火) 軽井沢Obsounds 18:00~21:00くらい

15日(水) 軽井沢Obsounds 11:30~13:00くらい

17日(木) 高崎 サンガム
          土村和史(B)大澤和樹(Ds,Perc)

18日(金)西横浜 Misty 19:30~
          King清六(Ts)土村和史(B)

20日(月)大泉学園 in F 20:00〜
           Novie(vo)

24日(金)東京日本橋Ego Augustin Hakizimana Live Painting
          土村和史(B)Paco Dabo(per) 19:30~

25日(土) 横浜・港南台CoZAの間 19:00~ 
          行川さをり(Vo)土村和史(B)


9月

3日(月)大泉学園 in F 20:00〜
           かみむら泰一(ts, so)
8日(土)西横浜 Misty 19:30~
          小口理英(As)土村和史(B)

9日 (日) 平塚 Pianoforte. 19:30〜
          Solo

22日(土) 横浜・港南台CoZAの間 19:00~ 
          土村和史(B)

29日(土)西横浜 Misty 19:30~
          土村和史(B)



よろしくお願い致します!
コメント

セネガル旅行記12.セネガルのテレビに出演

2018-07-22 23:09:56 | セネガル
2018.2/15➀
今日はテレビ出演の日。朝からザールがギターの弦を張り替えている。
我々もよそ行きの恰好をし、皆でタクシーに乗り込む。
テレビは生放送だそうだ。

到着するとRDVと書いてある。
テレビ局に入館する際、何か手続きがあるのかと思いきや、
入口でおしゃべりをしているおじ様2人組に笑顔で挨拶し、
そのまま入館。
セネガルは治安が良いので心配ないだろうが、
ほら、テレビ局って革命とか起きたら一番最初に占拠される所じゃないですか。
良いのでしょうか、このセキュリティー。実に大らかだ。
          


階段を上り、廊下に置いてあるソファーで待機する。
目の前に置いてあるテーブルの下に誰かが食べ終えたであろう
洗ってない大皿が置きっぱなしだった。うーん大らか。
          左から通訳のキャロリーン、カズ、ザール

しばらくして、本番が始まる。
メインキャスターの女性がもの凄く早口でウォロフ語とフランス語を喋りスタート。
         
トークの内容は、複雑と言われるセネガルの音楽を国外の人たちとシェアすることの重要性、
セネガル人音楽家が国外の音楽にアジャストできるようになることの重要性、
それを体現するための野心的プロジェクト「Japon Daagou」についてといったところ。

私は、何を言っているのか良くわからないのになんとなーくうなづいていた。
          
この日はキャロリーンがフランス語から英語に通訳してくれ、私とカズは英語で答える。
メインキャスターの女性から「何か知っているウォロフ語ある?」と聞かれたので
たどたどしくウォロフ語で自己紹介などをしてみる。
それから、英語でザールとの出会いの経緯、Japon Daagouツアーの経緯などを話す。
          

そしてカズの出番。メインキャスターの女性から「何かウォロフ語で話してみて」と言われ
切羽詰まったカズが「・・・ダンマヒフ!」と言い放ち会場は大爆笑。

そう、この方はセネガルのお茶の間に向かって「お腹が空いた」とのたもうたのである。

最後はザールが弾き語りをし、ライブの告知をして終了。

皆で集合写真を撮ると何やらガッツポーズをしている。
ワールドカップでセネガルのシセ監督もやっていたこのポーズ。
Senegal Togetherという意味らしい。
          
          ←シセ監督

収録が終わり、やっぱり受付でおしゃべりをしているおじ様2人に笑顔で挨拶をし、テレビ局を後にする。
お昼すぎに収録が終わったので、そのあと、ザールにゴレ島に連れて行って貰う。
これは、一言では語れないのでまた、別の投稿で改めて書こうと思う。

お昼の生放送番組だったが、夜に再放送されるとの事で、ザール宅のテレビの前に
ザール、ザールの奥さんのアワ、エンジニアのジェジー、カズ、私が集まって皆でテレビ鑑賞。
ビデオレコーダーが無い為、テレビの前にスマホをかざして録画。
やり方が昭和だね。なんだかホットする。
          


そして、やっぱり「ダンマヒフ!」でみんな爆笑する。


続く。



コメント

7月・8月のライブスケジュールです

2018-06-30 21:24:15 | スケジュール
7月・8月のスケジュールです。
どこかでお会いできます様に!

7月

21日(土)大泉学園 in F 18:00~
          DecoShe's Plus Shezoo(P)Yukiko(Dance)Guest 加藤里志(Sax)

22日(金)西横浜 Misty 19:30~
          土村和史(B) 池田アースケ正博(Perc)

23日(土)横浜・港南台CoZAの間 19:00~
          土村和史(B) 池田アースケ正博(Perc)


8月

3日(金)西横浜 Misty 19:30~
瀬戸郁寛(As) 土村和史(B)

7日 (火) 平塚 Pianoforte. 19:30〜
Solo

10日(金) 軽井沢Obsounds 18:00~21:00くらい 土村和史(B)

11日(土) 軽井沢Obsounds 18:00~21:00くらい
          
12日(日) 軽井沢Obsounds 18:00~21:00くらい

13日(月) 軽井沢Obsounds 18:00~21:00くらい

14日(火) 軽井沢Obsounds 18:00~21:00くらい

15日(水) 軽井沢Obsounds 11:30~13:00くらい

17日(木) 高崎 サンガム
          土村和史(B)大澤和樹(Ds,Perc)

18日(金)西横浜 Misty 19:30~
          King清六(Ts)土村和史(B)

20日(月)大泉学園 in F 20:00〜
Novie(vo)

24日(金)東京日本橋Ego Augustin Hakizimana Live Painting
          土村和史(B)Paco Dabo(per) 19:30~

25日(土) 横浜・港南台CoZAの間 19:00~ 
          行川さをり(Vo)土村和史(B)

よろしくお願い致します!



コメント

セネガル旅行記11.セネガルの日常

2018-06-26 15:49:47 | セネガル
2018.2.14(水)
昨晩、明け方に帰宅したもののあまり眠れず。
リビングに行くと神エンジニア、ジェジーが居たのでずっとおしゃべりをしていた。
昨日のライブハウスの音響の事、
ユッスー・ンドゥールのPAをやっていた頃の話、
ワッド政権の話などなど。
気が付けばお昼ご飯(といっても3時頃)になっていた。
本日はホワイトチェブジェン。
今、ワールドカップでセネガルの事がいろいろ特集されているが、
セネガルの食事は日本人の口によく合う。

食後、カズとザール宅周辺を散歩する。
近くの空き地では青年たちがサッカーの練習をしていた。
もちろん、足場は砂地だ。

近くではヤギが草を食べに来ている。
          

また、住宅のすぐそばにバオバブの気が沢山生えていた。
写真の横に丸く印をつけたのが人間のサイズで、
木の上には鷲が巣を作っている。

バオバブの実はビタミンやカルシウムも多く栄養価が高い、
これにミルクやピーナッツバター、砂糖、クスクスを混ぜたガラという
スイーツが格別に美味しい。
スペルを聴いたらNgalakhと書くそうな。こりゃ読めないわ。
          ←Ngalakh

さらにブラブラ歩いていると大通りの反対側の広場に人だかりができていた。
行ってみると若者が相撲を取っている。
さらに近くに行くと「賭けるかい?」と言われる。
ここに居る人たちは平日の昼間なのになんで居るんだろう?と思うが、
仕事が少ないので昼間からブラブラする、道端に腰かけてぼーっとする
あるいは家でテレビを見て過ごす人が多い。
でも、一家の稼ぎ頭がいて、ちゃんと家族や親戚に富みを分け与えるので
暮らせていけるという。
分けて貰えなかったらどうなるの?と思うが、
分け合うのが当たり前、そういうものなのだそうだ。

夜、ジェジーはザールバンド初代キーボーディストのダボー宅に行き、
ザールは友人宅に行って留守。我々はリハ室で練習。
音を出すと、あれ?ノイズが無くなっている。キーボードの音もクリアだ。
PA卓をみると横にハンダこてが置いてある。
ジェジーだ!
昨晩、我々が留守の時に接触不良を直してくれたという。お見事。

しばらく練習しているとハーディが「ご飯だよ~」と呼びに来てくれた。
食卓にはガラが置いてある。
晩御飯に甘いもの?とも思うがクスクスが入っているのだから食事なのだろう。
ともあれ、バオバブのジュースから作った本物のガラが食べられて嬉しい。
ありがたや、ありがたや。

続く


コメント

明日6月14日(木)は大泉学園in Fへ!

2018-06-13 11:16:13 | information
明日6月14日(木)は大泉学園in Fで「ポール」こと菅野 浩(As)さんと
ひっさびさのDUOです。


彼のサックスは音色が本当に美しくアプローチも優雅。
いつ聴いてもうっとりします。
インエフのお酒と相まってそのウットリ感もきっと倍増することでしょう。

楽しみであります

お勧めですよ!
是非お越しください。
お待ちしています。

6月14日(木)20:00~
大泉学園 in F
☎03-3925-6967
住所:練馬区東大泉3-14-19 津田ビル3F
Charge¥2.000
コメント

セネガル旅行記10.ラック ローズへ

2018-06-11 11:43:00 | セネガル
2月13日(火)今日は完全にオフ。ブランチ後にザール、フランス人放送作家のキャロリーン、カズとラック・ローズに行く。
ラック・ローズ(lake rose)はパリ・ダカールラリーの昔の到着地。
今はバマコに戦闘エリアがありルートが変更になったのでラックローズは静かなものだ。
塩の湖。塩分濃度が高く、泳ごうにも沈めなくて浮いてしまう、
セネガル観光名所の一つだ。
1ℓに380から400グラムの塩が含まれている。1930年代までここは海だったが、
砂丘が広がり海が塞がれて出来た湖。
生物はバクテリア(藻)しかいなくて、そのバクテリアが光に反射してピンク色に見える事から
ローズレイク(バラの湖)と呼ばれるようになった。
←どちらかというとオレンジ色だったけど、乾季にはもっとピンクになるらしい。
 ここでは塩が年間24.000トン収穫され、セネガル以外にもマリ、ギニアを始め北欧まで多岐に輸出される重要な産業だ。
出稼ぎに来るマリ人が多いという。
     ←この方もマリ人
 ラック・ローズの反対側の砂丘を散歩する。砂丘には貝殻が沢山あり、かつて海だった事が伺われる。

観光客用にラクダに乗るオプションもあり、その近くは高速道路建設予定となっている。
どうやら今、セネガルは建設ラッシュのようだ。
     ←周辺ブラブラ
周辺をぶらぶらした後、一旦帰宅し、ジェジー、アワ、ハーディーとチェブジェンを食べる。

 夜はキャロリーンのお誘いでダカールのアンスティチュ・フランセでのライブを観に行く。
タクシーを捕まえている間、通りすがりのご婦人に
「あなた、ザール・セックね!この辺に住んでいるの?」
みたいな事を話しかけられていた。やっぱり有名人なんだね。
 アンスティチュ・フランセはダカールの中心部にある。
昼間はビジネス街で賑わっている様だが、夜は静かだ。
          
 ライブ会場外で控えている出演バンドのドラマーが
「ザール、ザールじゃないか!久しぶり!」と声をかけてきた。
アルバートと名乗る彼は8歳の時にザールにドラムを教わったんだって。
ザールがカナダに移住し、しばらくぶりの再会だとか。
彼にとってザールは音楽の父だと言う。そんなアルバートの演奏は素晴らしかった。
客席で観るザールの顔も幸せそうだった。
 ライブ後はヨフ(ダカールの港町)に移動し、食事。
ここでもザールは隣のテーブル席の青年たちに話しかけられる。
青年たちはワガンの知り合いらしい。
食後は夜中1時からBlue Saxo(というライブハウス)に良いシンガーが出るから行かないか?
と誘われたので行ってみる。
 夜中12時半頃に到着し、演奏は1時と聞いていたがなかなか始まらない。
そもそも人がほとんどいない。
こんな夜中に人が来るのかと思っていたが、夜中の2時からぞろぞろと人が入ってきて
いつの間にか満員となる。     
 お目当てのシンガーの前に前座バンドの演奏が始まる。
爆音で耳が痛い、演奏も正直あまり面白くない。うーむ。
時刻は夜中の3時半。我慢できずに外に出てザールを待つが、待っている間に蚊に刺され親指がぷっくり腫れる。
まさに痛し痒しだ。
マラリヤになりません様に。
結局、目当てのシンガーを聴かずに帰宅。朝5:30に就寝。









コメント

セネガル旅行記 9.神エンジニア現る

2018-06-01 15:09:55 | セネガル
2018.2月12日(mon)

ブランチにラハを食べる。なんだ、このムニムニした触感は。
美味しいぞ、うん、クセになりそう。
          ←Lakh
セネガルでは女性が出産をした一週間後、親戚を集めて命名式をする時に皆で食べるんだそうな。
オートミールを砂糖とミルクを加えて炊き、レーズン、ヨーグルトをかけてグニュグニュ混ぜる。確かに体に良さそうな味。お茶は定番のケンケリバ。

午後、少し練習したら3時ごろにハディが「チュ」を作ってくれた。
          ←チュ
魚と野菜をコンソメとトマトソースで煮込んだもの。ハディの作るものは全て美味しい。

しばらくするとザールが空港から友人を連れてきた。
レコーディングエンジニアのジェジーさん。
コンゴ出身で、レイ・レマやパパ・ウェンバと仕事をしてきた人。
セネガルには20年以上滞在し、ユッスー・ンドゥールや、チョーン・セックなど、
そこでもトップクラスのミュージシャンのレコーディングを手掛けた
セネガルで1番の技術者で、ユッスー・ンドゥールのワールドツアーでは
2回ほど、日本にも来ているという。
要するに、アフリカのトップスター達と渡りあってきた人。
ミリアム・マケバとも仕事したと言っていたなぁ。
英語がとても上手く、頭の回転も速く、優しい。
しばらく話ていると、その内容から
彼が多くのミュージシャンに信頼されているのが容易に想像できる。
「セネガルの音楽は難しいでしょ。good jobだよ」と彼が言う。
「うん、すごく難しい。でも新鮮だよ。」と答えると
「その考え方も含めてgood jobだよ」と言われた。
ミュージシャンへの対応までも素晴らしい。

ザールが言うには、ジェジーが一旦レコーディングに取り掛かると
止まらなくなり、2日徹夜、3日の午後までにマスタリングを終わらせるという。
12月はミュージシャンのアルバム制作繁忙期だそうで、
セネガル中のミュージシャンが彼を頼って来るから休む時間が無く、
もう一人のスタッフと2人で交代でこなすんだとか。
技術と知識さえあれば、広い場所も多くのスタッフも要らないという。
アフリカにこんなハードワーカーが居るんだ。

しばらくしてハディの絶品夕食。
レンズ豆とジャガイモと牛肉を煮込んだもの。
          
そしてムハムサ。(粒の大きいクスクスにヨーグルト、砂糖、ミルクなどをいれ混ぜたもの。ムニムニした触感)

食事中もずーっとずーっと音楽の話で盛り上がっていた。
アコースティックな楽器をレコーディングする際の
コントロールスペースの黄金比率やら飛行機で楽器を運ぶ際の注意、
タマ(セネガルのトーキングドラム)をサンプリングした話などなど
挙げたらキリがない面白い話を沢山してくれた。

しばらくするとタボー(私にキーボードを貸してくれた、ザールバンドの初代キーボーディスト)がピアニストの友人を連れてジェジーに会いに来た。
          ←ザールバンド初代キーボードのダボーさん
今回、ジェジーはダボーの呼びかけでセネガルに帰ってきたそうな。
「ピアニストが3人いるじゃないか!よし、セッションしよう!」とザールが言い、皆でリハ室へ。

左からザール、ダボーの友人、神ジェジー(ブルーのシャツ)、カズ(ベース)、ダボー(キーボード)
リハ室といっても一軒家の最上階の部屋で、音はダダ洩れだ。
「もう遅いからこの辺で止めよう」とダボーが言ったのは夜の12時。
誰も苦情なんか言って来ない。
セネガル人は大らかだ。

常々思う。人脈は宝だと。
ここで出会った人々は、音楽をやっていなかったらきっと出会えなかったであろう人々。
音楽を続けてきて良かったなぁ。
それにしても、ここの人は皆んな、一旦スイッチが入ると止まらなくなっちゃうのね。

続く。




コメント

6月,7月のスケジュールです。

2018-05-30 08:04:29 | スケジュール
6月・7月のスケジュールです。
どこかでお会いできます様に!

6月

2日(土) 西横浜 Misty 19:30~
キング清六(ts)土村和史(B)


9日(土) 西横浜 Misty 19:30~
Nathan Bonin(vn)土村和史(B)

10日(日) 昼 CoZAの間
Nathan Bonin(vn) 土村和史(B)

10日(日)夜 平塚 Pianoforte19:30~
         solo

14日(木)大泉学園 in F 20:00~
          菅野 浩(As)

22日(金)西横浜 Misty 19:30~
瀬戸郁寛(As)土村和史(B)

23日(土)横浜・港南台CoZAの間 19:00~
         スズキミカコ(Vo)森学(Sax・篠笛)土村和史(B)

24日(日)横浜・部活(詳細は木村までお問合せください)
         かみむら泰一(Ts)

29日(金)千歳烏山TUBO 
        あらかり大輔(Djenbe,Ngoni)橋本友希子(Dance)
        ※TUBOるTUBOという音楽とダンスのイベントで演奏します。対バンあり。


7月

21日(土)大泉学園 in F 18:00~
          DecoShe's Plus Shezoo(P)Yukiko(Dance)Guest 加藤里志(Sax)

22日(金)西横浜 Misty 19:30~
土村和史(B) 池田アースケ正博(Perc)

23日(土)横浜・港南台CoZAの間 19:00~
          土村和史(B) 池田アースケ正博(Perc)

よろしくお願いします!




コメント

セネガル旅行記 8.セネガルに滞在する外人たち

2018-05-04 21:15:02 | セネガル
2月11日(日)
今日も朝6時に起きてしまい、昨日のリハーサルの復習。
セネガルの朝はカラッっと涼しくて気持ちがいい。
ブランチを食べて12時からリハをし、
2時間くらいするとザール宅の元お手伝いさん
(今、ザールの家で居候をしているアブライ君のお母さん)
がギタリストの青年を連れて遊びに来た。
カオラック出身の彼は子供の頃からザールのファンで表敬訪問をしに来たという。
嬉しそうにリハーサル風景の動画を撮っていた。
そうこうしているうちに今度はカナダ・ケベックから
ザールの友人ファミリーがやって来た。
彼はセネガル出身のドラマーで、2年前に私がケベックで演奏しているのも見たという。
せっかくなのでドラム入りでHeYaYeをセッションする
(動画は昨年のJapon Daaguの演奏)
セッション後はギタリストとドラマーファミリー皆でチェブジェンを頂く。
          ←キッチンの風景
←ケベックの子供とセネガルの子供にスーパーマリオ(バッタもの)のやり方を教わる
食後、睡魔に襲われ昼寝。

・・・しまった。寝すぎた。日が沈み始めている。
夜はフランス人放送作家キャロリーンの友人宅でパーティーに呼ばれていたので慌てて出かける。
ザールにタクシーをつかまえて貰い皆で乗り込むが、
今日のタクシーは格別に運転が荒い。というか、皆、基本的に運転が荒い。
道すがら2件の交通事故を見かける。

キャロリーンのフランス人友人宅はお洒落な高級マンションだった。
そこに7.8ニ人が集まり、ディナーをご馳走になる。
食事をしながら、You tube鑑賞。
ユッスー・ンドゥールやザールが子供の頃好きだったギニアの国営バンドBembeya Jazz Nationalなどを観たり、
カズが坂本龍一とユッスー・ンドゥールとネーネーズがコラボした曲を紹介したりする。
音楽は世界共通のコミュニケーションツールだ!言葉なんて関係ない。

キャロリーンが製作したドキュメンタリー番組を見せてくれた。
フランスで移民たちが働く工場が買収されると同時に
多くの移民が解雇され問題となった話。
誰も居ない廃墟と化した工場と抗議する移民たちの映像に
シンプルなピアノのパターンとザールの歌声が伸びやかに乗っている。
粋な使い方だ。こういう音の使い方は大好きだ。
 サンルイ(セネガル北西部の都市)出身の男性と話をする。
彼は音楽が大好きで暇さえあれば聴いているけど、
お父さんがイスラムの導師で、イスラム教では娯楽が禁止されている為、
子供の頃はよく怒られたという。セネガルのコーランはあんなにメロディアスなのに...。
ダメと言われるとやりたくなるのが人間ってもんだ。
彼は未だに音楽を聴くのが大好きだという。素晴らしい!
 食後にチョコレートケーキが振舞われた。それをシャンパンと一緒に頂く。
さすが、フランス人、お洒落だわぁー。
と思っていたらテーブルでケーキを切り分けていた人が
うっかりシャンパンの入ったグラスを倒してしまい、
それが私の服にかかった。
それは、全く構わないのだが、横に居た男性がテーブルを拭きながら
「服にかかった人には幸せが訪れるってジンクスがあるんだよ」
と教えてくれた。
んもう、フランス人、イチイチお洒落じゃないか!
←セネガル、フランス、スペイン、日本、音楽があればコミュニケーションが成り立つのだ。
 楽しい時間はあっという間に過ぎ、
夜12時過ぎにお宅を出ようとするが、
そこに居たアラムさんが(多分スペイン人。私のセネガルネームと一緒なので盛り上がっていた)
「まだ、12時じゃないの。もっと飲みましょうよ。泊まっていったらいいのに」なんて、
もう、妹のように構ってくれ、名残り惜しいがおいとまする。

 出てタクシーをつかまえて貰ってる間、遠くから太鼓の音が聞こえる。集団で叩いている様だ。
日曜の夜に何しているんだろう?覗きに行きたかったが、さすがに夜中なのでやめておいた。

帰りのタクシーではは渋滞が無いという事でドライバーが下道を運転する。
相変わらずスピードメーターが動いていない車をビュンビュンと飛ばしていた。

セネガル人はハンドル握ると人が変わっちゃうのかなぁ?

続く。








コメント

5月・6月のスケジュールです

2018-05-01 08:53:56 | スケジュール
5月・6月のスケジュールです。
どこかでお会いできます様に!


5月


2日(水)西横浜 Misty 19:30~
         King清六(Ts)土村和史(B) 他

6日(日)高崎サンガム
         ジャズカリ楽団 土村和史(B)アラカリ大輔(Djembe,Ngoni,Vo)

12日(土)青森The Lobby Umineco19:00~
      土村和史(B)

13日(日)青森きむら果樹園14:00~
     土村和史(B)

16日(水)青森The Lobby Umineco19:00~
     土村和史(B)

18日(金)八戸喫茶るぽぞん14:00~、19:00~
          土村和史(B)

19日(土)三沢Moon river20:00~
         土村和史(B)

20日(日)八戸ジャズの館南郷13:30開場 14:00開演
      南郷JAZZ CONNECT

24日(木)大泉学園 in F 20:00~
          立岩潤三(Perc)

25日(金)西横浜 Misty 19:30~
          土村和史(B)富永岳海(Ds)

26日(土)横浜・港南台CoZAの間 19:00~
          土村和史(B)

27日(日)横浜・上大岡Clarksdale 19:00~
         小口理英(As)土村和史(B)

6月

2日(土) 西横浜 Misty 19:30~
キング清六(ts)土村和史(B)

10日(日) 昼 CoZAの間
Nathan Bonin(vn) 土村和史(B)

10日(日)夜 平塚 Pianoforte19:30~
         solo

14日(木)大泉学園 in F 20:00~
          菅野 浩(As)

23日(土)横浜・港南台CoZAの間 19:00~
         スズキミカコ(Vo)森学(Sax・篠笛)土村和史(B)

24日(日)横浜・部活(詳細は木村までお問合せください)
         かみむら泰一(Ts)

29日(金)千歳烏山TUBO 
        あらかり大輔(Djenbe,Ngoni)橋本友希子(Dance)
        ※TUBOるTUBOという音楽とダンスのイベントで演奏します。対バンあり。

よろしくお願い致します。


コメント