ねこぼんのう ねこのめんまは猫じゃない

ねこであってねこじゃない?うちのプリンセス猫(オスだけど)、めんまとねえちゃん、にいちゃんとの日常、カエルその他の日々。

めんま、箱男(箱猫)、シャドーボクシング篇。

2008-03-31 14:30:44 | めんまその他
ねこじゃないめんまの、猫の部分。箱入り猫です。

まず、頭から突撃するので、尻丸出しです。サービスショットです。(誰への?)
尻尾、ポンポン状態でキュートですねー。
とりゃー!!!


「ふぅ...ああ、つかれた。んんー。」


「んんー。んんんんー!


おりゃっ!パーンチ!」シャドーボクサー、めんまです。


パンチの余韻、さめやらず。


戦闘モードです。「なんだよ!もう見るなよ!」ガブガブ。咬みすけモードにチェンジです...

にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ
ランキング、参加中です。当初、ジャパニーズボブテイルのくくりがなかったため、(そしてねこじゃないため?)「めずらしいねこ」なんです。さらに(かくれ)三毛猫のオス?とも...(尻尾の裏と、ほくろが茶色なので...勝手に思い込まれています)
よかったら「ぽちっとな」お願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「美少女の瞳」めんま、けろた(ぬいぐるみ)との憩いのひと時。

2008-03-30 15:36:49 | めんまその他
めんま、美少女モード全開の、「ジキル」のほうのつづきです。


「ご用がないなら、眠っていいですか?」
ええ、ええ、いいですとも、めんまちゃん。


「じゃ、おやすみなさい。」
はい、おやすみなさい、めんま。


きゅーっと、けろた(カエルのぬいぐるみ)を抱きしめて、しっかりと
両手で抱えてます。仕込じゃないですよ!ほんとですよ!


こんな、愛らしいめんま。なにを夢見てるんでしょう。
カエルに囲まれた夢でしょうか?(それなら、ねえちゃんもちょっと見たい。)

かわいいなあ。産んだことが誇らしいです。(いや、産んでないし。)

にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ
ランキング、参加中です。当初、ジャパニーズボブテイルのくくりがなかったため、(そしてねこじゃないため?)「めずらしいねこ」なんです。さらに(かくれ)三毛猫のオス?とも...(尻尾の裏と、ほくろが茶色なので...勝手に思い込まれています)
よかったら「ぽちっとな」お願いいたします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めんま、ジキルとハイドの巻。

2008-03-29 18:28:27 | めんまその他
にいちゃんいわく、「めんまは、なるとの分まで生きてるから、
二人分の性格があるんだよ。」ということなんですが、
ほんとにそうだなあと、思うときがあります。

めんま、怖いときはむっちゃ怖いです。
襲われた私が云うんだから、間違いありません。
流血の惨事は、ブログ「大怪我の日」に書かれています。
妥協を許さない男、ハードボイルドめんまです。
そういうモードのときは、ねえちゃんの「ザ.ガードマン」
「ボディーガード」にもなる一方で、
医者には「全身麻酔でないととても診れません。」といわれる
凶暴なゴルゴ13猫と化しているのです。

あぁ?なんか用か?」い、いえ、めんま親分。そ、そ、そんな。何でもありませんです、はい。

「用がないなら、なに見とるんじゃい!?」す、すみませんー。

「あやまるぐらいなら、最初からガンつけるな、ボケ!」ご、ご、ごめんなさい!きゃー。

...一方で、ジキルなめんまは、ジェントルマンというよりも美少女モード。
もともと、瞳がいつもうるみがちなので、うるうるとした、星をちりばめた美少女の瞳で悩殺してきます。


あ、寝てる寝てる。かわいいなぁ。

「なにか、僕にご用ですか?」いえ、特に。あまりにかわいいから...見てしまいました。

時には、カエルのぬいぐるみ、「けろた」を抱っこしてうるうる攻撃です。きゃー!かわいい!美少女じゃん!(オスだって。)

...ところで、にいちゃん。もしなるととめんまがひとつの体に入ってるんなら、ジキルとハイド、どっちがなると?どっちがめんまなの???

にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ
ランキング、参加中です。当初、ジャパニーズボブテイルのくくりがなかったため、(そしてねこじゃないため?)「めずらしいねこ」なんです。さらに(かくれ)三毛猫のオス?とも...(尻尾の裏と、ほくろが茶色なので...勝手に思い込まれています)
よかったら「ぽちっとな」お願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めんまねえちゃん、猫ゴハンを利き味する。

2008-03-28 20:04:41 | めんまその他
昔はやろうと思ってもやってなかったこと。
それは、「ねこのごはん」を食べる。ということです。
前にいた猫、ミンミンは、焼き魚なども食べていたので、
なんとなく好む味がわかっていたこともあるのでしょう。
ちなみに、猫にはいけないんでしょうが、甘辛い味や、
甘い味が好きな猫でした。チュッパチャップス(ミルク味限定)は
特に好きで、私がなめてると、顔を並べてなめだして、
何十分も結局、ミンミンのために棒を持つ係りになってた私です。
みりんぼしなど、塩分が多いのに狙ってきてました。

これが、ミンミン。...あいたいです。あいたいです...



めんまのごはん、ドライが中心なので、まずドライ。
食べた感想...それは、味は比較的いける。
でも、後味が最悪(人間には)って感じでした。
軽い塩分というか、出しの味も濃厚で、
「あ、これ、けっこういけるんじゃ?」と
思った瞬間、どどどーっと、後味というか、油分が
来ましたね。「うっまずい!」
なんだろう...猫が好むように、香りを無理につけた感じでしょうか。
ちなみに、うちのドライは高いものじゃないです。
激安でもないけど、どっちかというと安い部類。
うーん...サイエンスダイエットとかだったら、味は違うのかなあ?
今度、食べてみよう。
なにをのんでも何を食べても、なかなか猫ドライの味は
消えてくれず、ドライの「利き味」はしばらくパス。と思ったねえちゃんです。

あと、缶詰。缶詰はめんまががっついてしまって、吐いてしまうことも
おおいとかいろんな理由で、病気で緊急に病院行きになるまでは
ほとんど、年に4度くらいしか上げませんでした。
(ちなみに、めんまの誕生日、にいちゃんねえちゃんの誕生日、クリスマス、です。)
多頭飼育の猫ちゃんたちにボランティアでご飯を上げに行くときに缶詰も持っていってたとき、
玄関においてたその空き缶をめんまが興奮して、くわえて走り回ったときは
なんだかかわいそうになって、ほろりとしてしまいました。
ごめんよ...そんなに興奮するなんて...
今は、様子を見ながら缶詰もあげてます。づめもしくはづめづめと呼ばれてます。「めんま、づめ食べる?づめ食べる?」ってな具合に使います。
一度にあげる限度は10グラム。少ないでしょう?でも、これ以上あげると、吐いたりしますので...

「な、なに?ごはんなの?」眠そうです。

...それで、缶詰の感想。「けっこう、っていうかかなりいける。」です。
特にねえちゃんはテリーヌや白身魚がいいと思いました。
めんまも、ねえちゃんと好みが似てます。
赤身はあんまり好きじゃないみたいです。
「めんま、このづめ、ねえちゃん、好きみたい。もしめんまが残したら、
ねえちゃん食べていい?」というものは、必ず最後まで残しません。

いけず。(いじわる、って云う感じの意味ですね。関西弁...)
テリーヌなんて、ねえちゃんは興奮するくらいおいしかったなあ。
なんか、かものレバーのテリーヌみたいだった。
クリスマスにあれ使ってもいいんじゃないのいいんじゃないの?みたいな。
(あほか。)
親の家に預けてる白猫「もも」はまったく逆です。
めんまが嫌いな煮干系や、赤身、血合いのようなものを好んで食べ、
テリーヌはにおっただけで全く口もつけなかったそう。
ふーん。猫によるのね。
めんまは、ねえちゃんと、好みが似てるんだもんねー。ふふ。

「ごはん」の話で、めんま、パッチリお目目です。

にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ
ランキング、参加中です。当初、ジャパニーズボブテイルのくくりがなかったため、(そしてねこじゃないため?)「めずらしいねこ」なんです。さらに(かくれ)三毛猫のオス?とも...(尻尾の裏と、ほくろが茶色なので...勝手に思い込まれています)
よかったら「ぽちっとな」お願いいたします。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

めんま、招き猫になる。

2008-03-27 20:00:32 | めんまその他
夏の写真なので(またか、季節外れ...)にいちゃんは
半そでですが、ねえちゃん、仕事がうまくいかないなー
(家でも、にいちゃんにしかられっぱなしだしなあー)と
落ち込んでいるところ、めんまの「招き猫状態」写真を発掘しました。

おお!これは、「ねえちゃんに」福を呼ぶという招き猫???
(そういや、招き猫ってジャパニーズボブテイルなんですよね。)


おお!これは、右手!なんでも、仏教では右手を上げる猫が正式だそうで。左手は不浄なんですって...ふーん。(豆知識)

し、しかもオス猫が右手を上げるのが有名な招き猫だそうです...おっ、オスの三毛猫の右手招き!(←いってるよ、また。でもでも、ほくろと尻尾の裏が茶色いんだもんなあ...)すんばらしい、正式な、由緒正しい招き猫ってことですね??めんまさま!!「おう!まかせとけ。

しかも、右手をあげてるってことは、開運招福、金運アップじゃないですか!?めんま大先生!!
「いまごろ気づいたか。遅いんだよ。」じゃあ、じゃあ、ねえちゃんにぜひぜひ金運アップ、開運をお願いいたします。「ふーん...まあ、じゃ、いいだろ。俺様にひれふせ。」ははーっ。

「まず、あれだな。うまい鰹節。あと、俺の好きなあの例の缶詰な。それと、(俺への)マッサージと(俺の)りんごちゃんだろ、(俺のための)カエルグッズだろ。...色々、お願いしとくわ。神様に。」

...えっ...

めんま、むっちゃ笑ってるし。



にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ
ランキング、参加中です。当初、ジャパニーズボブテイルのくくりがなかったため、(そしてねこじゃないため?)「めずらしいねこ」なんです。さらに(かくれ)三毛猫のオス?とも...(尻尾の裏と、ほくろが茶色なので...勝手に思い込まれています)
よかったら「ぽちっとな」お願いいたします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寝室の大改造。そして夜中の水漏れ大事件。

2008-03-26 19:46:14 | めんまその他

めずらしくリアルタイムな話ですが、めんま、いま、にいちゃんの部屋(寝室の隣。)で寝ています。
寝室、ベッドの板が緩んで割れてきたので、器用なにいちゃんが
いま直して、ついでに寝室を改造中なのです。
まあ、去年の5月にねえちゃんの枕元でめんまがうんこ攻撃してきたあたりから、
にいちゃんは自分の部屋で寝ている(ずるい!)ので、
なんか家庭内別居みたいになっていましたが、
いま、ねえちゃんはにいちゃんの部屋の隅っこに間借りする形で
寝てます。
そしたら、めんま(うらぎりものー!)が、
にいちゃんの布団の上で寝るように...まあ、うがった言い方をすれば、
そこから姉ちゃんの顔が見えるところ、ともいえますが、
寝室デビューしたころ、泣いて頼んでもねえちゃんのとこより
にいちゃんの布団で寝ようとしたことを思い出してしまいました。
うーむ。大きくなってるので、蹴飛ばされてもがんばって張り付いてます。

でも、ひとり(?)で寝てるときは、ねえちゃんの布団の上なんですよ。
どういうことなのか。

そんなことをしていた今日この頃、...正確には昨日ですが、
夜中にいきなり水漏れが。寝ようとしてた1時くらいなので、今日とも言いますね。
「漏水だー!」
水漏れだーー!」と、大騒ぎに。にいちゃんの布団だけ直撃でぬれたので、
(2階の水場はねえちゃんしかつかわないこともあり)
すっかりにいちゃんは激怒してねえちゃんのせいに...
酔って帰ってきてすぐ怒鳴るし、
めんまは興奮して走り回るし、
いやあ、なんか、大変でした。とほほほほー。
横になったの、明け方だし。

原因は不明ですが、とにかく恐るべしぼろ屋。(賃貸の限界に挑戦って
感じですね。築40年以上で、けっこう安普請...)
なんとか仕事先をがんばって見つけて(ねえちゃんはフリーランスなのですが
いまものすごく仕事が不振なのです。)引っ越さねば。
めんまに日光浴もさせてあげたいし。

ああ、ちなみに、めんまが蛍光灯浴をしてたあの、まさにあの
蛍光灯の差込口から水がポタポタポタポタートトトトトッと、
水が落ちてきたので蛍光灯はいまはずされてます。
めんま、蛍光灯浴もままならず。

というわけで(どういうわけだ)
寝室の洋服を入れてるボックスの上で、遊びまわるめんまなのでした。
なんか、ジャングルジム感覚になってるようです。


高いところに上ると、えらくなった気になるめんま。
「おりゃー。どこからでもかかってこんかい!」

「なんじゃい!やる気か?おっやる気か?」

「めんまさまに向かってやる気なのか!?」

ガブガブ。にいちゃん咬まれてます。さすが咬みすけ、めんま。

それを、冷静に写真に撮るねえちゃん。鬼だ。



にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ
ランキング、参加中です。当初、ジャパニーズボブテイルのくくりがなかったため、(そしてねこじゃないため?)「めずらしいねこ」なんです。さらに(かくれ)三毛猫のオス?とも...(尻尾の裏と、ほくろが茶色なので...勝手に思い込まれています)
よかったら「ぽちっとな」お願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

めんま、神秘の蛍光灯浴。/けろろめんま。

2008-03-25 14:42:41 | めんまその他
脱線しまくりのめんま記録ですが、やっと戻ります。
2008年1月13日、蛍光灯で遊ぶ。とあります。
うちに日が差さないということは書きましたが、
蛍光灯浴をするのです。
でも、体(目)に悪そう...なので、とめます。


「ああ、神秘的な光。」
にいちゃんの部屋で、気を許すとすぐ蛍光灯のところに行きます。

「なんで消すの?何で消すの?」
目に悪いから!降りなさい、めんま。

「ちくしょー。消されちまったよ。ケロロ、なぐさめてくれよー。」

...どっちが顔やら頭やら。(正解は、顔をケロロにうずめてるんです。)

まるで、のりをはったおにぎりです。ざんぎりあたまが。(うちの母に、「え?そろえて髪の毛を切ってるの?」といわしめた頭。おかあさん、ねこの毛を切っても、ピンクの地肌になるだけでしょうが。...とにかく、ぴっちりとそろえてカットしたようなわかめちゃんみたいな髪型(?)なんです。)

にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ
ランキング、参加中です。当初、ジャパニーズボブテイルのくくりがなかったため、(そしてねこじゃないため?)「めずらしいねこ」なんです。さらに(かくれ)三毛猫のオス?とも...(尻尾の裏と、ほくろが茶色なので...勝手に思い込まれています)
よかったら「ぽちっとな」お願いいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寝技で踊るめんま。

2008-03-24 19:48:13 | めんまその他
めんまですが、前にも書いたように「ねこのように」足などに
こすってくることを一切しません。
どうも、赤ちゃんのときから、ねこらしき行動が欠落している部分が
たくさんあるようです。「にゃー」と鳴かないのは、
遺伝的なことだとしても...。ふつう、足にはこすりますよね...

前の猫、ミンミンも、目が開く前に拾いましたが、しかし
足にはきちんと(?)こすってました。
おかしいなあ。さすが、猫じゃない...めんま...


なんか、ごろごろしてます。ブレイクダンスのようにくるくると回ってます。

おっ、笑ってますね。カメラを意識してるんでしょうか?

くにゃくにゃです。

おお!愛らしい(←自家製自讃)。

あ、また笑った。

にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ
ランキング、参加中です。当初、ジャパニーズボブテイルのくくりがなかったため、(そしてねこじゃないため?)「めずらしいねこ」なんです。さらに(かくれ)三毛猫のオス?とも...(尻尾の裏と、ほくろが茶色なので...勝手に思い込まれています)
よかったら「ぽちっとな」お願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一瞬の、日差しの中のめんま。

2008-03-23 17:35:37 | めんまその他
うちでは、前も書きましたが、ほとんど日がさしません。
ちょうど、壁になってるほうが昼に日が差すほうなのです。
朝日のみ、玄関のほうは日はさすものの、
めんま、玄関には行かないので、
ほとんど日光浴が出来ない。
ねこなのに(一応)。
なんとか考えてあげたいなあと思いつつ、
今の家では難しい問題です。

これは、たまたま、一瞬だけ(ほんの数分だけ)
日差しがさした、居間でのめんま。

日差しはほんとに一瞬なので、
めんま、寝てたり別の部屋にいたりで、
写真では思い出す限りは、あまり
お日様にあたるめんまってなかったなあってかんじです。

「ん?んん?なんだ?これ。」

「まぶしいけどいい気持ちのようなそうでないような。」

「あっいまちょっといいきもちに傾いたような。」(どっちやねん!)

「あかるい蛍光灯だなあ。」
(めんま、蛍光灯がすきなのです。か、かわいそう...かも。)

病気にならないように、なんとか、うーん...
でも、めんま、凶暴な男ですからね。
散歩とか、絶対無理...。リードをものすごく嫌がって、
狂ったように跳ね回ってはずしてしまう。
キャリーに入れて、あてるしかないか。日差しに。
でも、でも、病院でキャリーを壊さんばかりに威嚇しためんまくんですからねえ...近所、放置猫が多いしなあ...

ああ、箱入り男。

にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ
ランキング、参加中です。当初、ジャパニーズボブテイルのくくりがなかったため、(そしてねこじゃないため?)「めずらしいねこ」なんです。さらに(かくれ)三毛猫のオス?とも...(尻尾の裏と、ほくろが茶色なので...勝手に思い込まれています)
よかったら「ぽちっとな」お願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一気にゆるんでめんま全開。

2008-03-22 13:49:33 | めんまその他
ボランティアさんのところに、企業の税金対策とかで
ペットフードとか入るといいのになあ...
あと、保健所の「処分」が、危険な犬やどうしても
感染病で、などの理由で処分がやむない場合を除いて、
もっとなくなるとよいのに。...あ、重い話を引きずってしまいました。

厳しーい話から一転、めんまの記録に戻りますね。

2007年1月(まだか!)には、かえるにいっそうの興味を持つとあります。
そう、うちのイエアマガエルたちです。
オーストラリアのカエルなんですが、大吉中吉、小吉、お吉(お姫)。
それぞれメスオス、オスメス、のはず。
姫は、若くてしかも、めずらしいブルーがかったイエアマ。女の子というだけで
価値ははかりしれません。うーん。お宝だ。


上が中吉、下がお吉。発情ではなく、単にのってるだけ。
ブリードどこじゃなくて、ただの食欲魔人(あ、カエルだった)たちです。

猫が好きな人で、カエルなどの両生類はだめって人、ごめんなさいね。
ねえちゃんの生き物すき度は、海のように深く、空のように広いんです。
前からみててくださる方はご存知のように、コウモリまで育てるねえちゃんですから。

にいちゃんにもちあげられてニャーといった調子のめんま。顔が横に伸びてます。後ろにある「牛肉」の文字が光ってます。カレンダーなんですが、どういうカレンダーやねん。と、つっこみたくなる一品です。(ねえちゃんは関西生まれの関西育ちなもので、つっこみをいれてしまう。基本はぼけなんですが。)

男めんま、1歳7ヶ月。お気に入りの椅子に座って足を伸ばす。

こんなときがあってもいい。(こんなときばっかしやん。)
足蹴にしてるのは、友人の仙台(だったかな)みやげのラーメン。
おいしくいただきましたー。

にほんブログ村 猫ブログ 珍しい猫へ
ランキング、参加中です。当初、ジャパニーズボブテイルのくくりがなかったため、(そしてねこじゃないため?)「めずらしいねこ」なんです。さらに(かくれ)三毛猫のオス?とも...(尻尾の裏と、ほくろが茶色なので...勝手に思い込まれています)
よかったら「ぽちっとな」お願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加