村井説人の日記

不動産専門バーティカル検索サイト「trulia」が熱い

昨日、親友であり人生の先輩である小川さんが「COO」を勤める「feedpath株式会社」が設立した。彼らには「イントラネット2.0」の牽引役としてトップ企業になって欲しいと考えている。
何はともあれ、これら「feed」の潮流は、今後WEBの世界に変革を与える強い原動力となって行く端緒であると感じている。

さて、先日「グローカル」が熱いと言う話をしたが、今日は「グローバルな情報」であり、且つ、「ローカルな情報」を提供している「trulia」と言うアメリカの不動産専門のバーティカル検索を紹介する。
不動産ビジネスをWEB2.0化するとこうなると言う良い例だと思う。
(現在動作が重いのが難点ではあるが・・・)

truliaと言うサービス、特筆すべきは以下の3つ。
1つ目は、特定の不動産会社のホームページで掲載されている情報を自動的にピックアップしていると言う点。
2つ目は、google Mapを活用して視覚的に分かりやすくしていると言う点。
3つ目は、集めた情報をRSSで配信していると言う点。

もちろん特徴はこの他にもたくさんあるが、今回はこの3つ点について記述したい。

一つ目の所だが、truliaの特徴は、各不動産会社のホームページから必要最低限の情報(写真も含む)を自動的にクロールしそれを自社サイトで表示している点にある。これら情報を収集されている不動産会社は、そこに掲載している情報を現時点でAPI等で公開をしていない。これは、マッシュアップさせる側が公開していないのに勝手にマッシュアップしてしまった事例といえる。名前をつけるとしたら非公開型マッシュアップとでも言えそうだ。

しかしながら、ニュースなど、その情報自体に価値があるものは難しいが、不動産などその情報を見てもらう事に価値がある業態の場合、truliaのようなサービスは願ったりかなったりなのかもしれない。何故なら、できるだけ多くの媒体に露出し、購入潜在顧客を効率的に集客をすることが不動産会社がホームページを運営している最大のミッションだからだ。
今後は、このようなマッシュアップの形が増えてくるかも知れない。それをやってのけるtruliaの先見性はすごいものを感じる。

2つ目は、「google MAP」を活用したことによりUIがより見やすくなっている点である。google MAPの場合は、APIを公開しているのでマッシュアップする事は全く問題ない。これは正統派のマッシュアップと言える。
動作としては、左の「save」ボタンを押すことで地図上に意図した物件が表示されるようになり、これにより「どこに立地した物件なのか」を感覚的に読み取ることができる。また、右上にある「my Trulia」ボタンを押すと、先に登録した情報の一覧を見ることができ、とても分かりやすい。

3つ目は、truliaが勝手に収集した情報を「キーワード(都市名)」に紐付けた形で「RSS」でfeedしている点である。不動産情報は日々移り変わるもの。その情報を集めたサイトがそれをパッケージ化(リパッキングと言う)しそれを購読される仕組みを提供している。このようなサービスは、今後更に増えてくると予測される。もしかしたら、今後、ポータルサイトの仕組みはこれをベースに変革されてくるのかもしれません。

何はともあれ、
こういうサービス(バーティカル検索サイト)が今後市民権を得るようになってくるのだと村井は考えている。
尚、ユーザー参加型の仕組みを取り入れるとするならば、、「不動産情報アップツール」などを無料で配布するという手もある。そうすればより多くの情報が自動的に集まってくるようになるかも知れません。

ところで、このサービスを見ていて思ったこと。
村井バイクが好きなのですが、このサービス、中古車(車やバイク)情報なんかにベストマッチしません?欲しい車(orバイク)なんかはある程度きまってくるんだから・・・。
そんなfeedサービスがあればすぐにでも購読します。

このブログをRSSリーダーに登録しよう

はてなRSSにフィードを追加する MyYahooにフィードを追加する Googleにフィードを追加する
村井説人の日記を購読


コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )

« グローバルか... 「lunascape」... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
soma (soma)
 
 
 
Wikipediaに見る/早大発「不動産版Google」の実像 (Blog☆『不動産業戦略e-REVIEW』   編集長 不動産ブログ日記)
不動産版Google/早稲田大学から発展・実用化へ 驚愕の出来事です/業界でも注目を! 関心が集まり始めまてきました/記事は後段へ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2007年7月13日の『日経産業新聞』に早稲田大...
 
 
 
Online pharmacies that offer fioricet. (Buy fioricet online that ships to missouri.)
Online pharmacies that offer fioricet. Buy fioricet online that ships to missouri. Fioricet online.
 
 
 
Lexapro and effects of alcohol. (Side effects of drug lexapro.)
What are the negative effects of lexapro. Side effects of lexapro.
 
 
 
Tramadol hydrochloride. (Tramadol.)
Tramadol cod. Tramadol ultram medicine. Tramadol. What is tramadol.
 
 
 
Viagra lawyers. (Buy viagra online.)
Viagra.