猫山三里

日記。というか自分の記録にもなれば。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

兎神

2014-06-09 18:14:03 | 
昔、隠岐の島に流されたうさぎがワニザメを騙して気多の崎まで渡ろうとしたが、騙されたことに気がついたワニザメに皮をむかれて苦しんでいた。その時、大国主命が通りかかり「真水で身体を洗い、ガマの穂にくるまっていなさい」と言われ、完治したという神話「因幡の白うさぎ」の舞台に途中寄り道。ここも知らぬ間に恋人の聖地になっていた。



白兎海岸。沖には淤岐ノ島もあり、兎の形に見えるようです。



白兎神社には赤裸の白兎が身体を洗ったとし、いかなる天候でも水の増減がないといわれる御身洗池(不増不減の池)もあります。





大国主命が白兎に施したのが日本初の医療という説もあり、白兎神社は皮膚病や火傷にご利益があるそうです。







道の駅神話の里白うさぎには兎の駅長がいました。ゲージ下のラックのサイズ、合ってないのが非常に気になるんだが…。



『鳥取県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 化猫 | トップ | 〆はカレー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん)
2014-06-11 20:40:11
命ちゃんのゲージと、下のラックのサイズの差…。
他に何かなかったのかと突っ込みたくなる(笑)。
うさぎって動くとき、ぴょんって跳ねるイメージあるんですけど、そのはずみでゲージ傾いたり落ちたりしないんですかね、大丈夫なんですかね。ちょっと気になる。

有名な神話の場所も、恋人達の聖地化してましたか(笑)。
でもまあ、因幡の白兎は、大国主命と八上比売の縁を結んだとも言える存在だから、ある意味、恋人達の聖地として正しいのかもしれないですね。むしろ、縁結び効果があるかもw
これで赤猫さんに何かいいご縁があったら、教えてくださいw
Unknown (赤猫)
2014-06-12 20:33:18
そか。確か白兎が縁を結んだんでしたっけ。

ここで娘さん三人組に声をかけられて、「おおっ」と思ったのですが、「写真撮ってください」でした(笑)。

「送っていきましょうか?」的な何か話でもすれば良かったのですが、いかんせんヘタレなもので(笑)。

兎のゲージ気になるでしょ。
なんかあれで良いのかなと疑問が。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事