猫山三里

日記。というか自分の記録にもなれば。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プウ

2013-03-31 19:22:03 | 猫二匹人一匹
旅から帰ってずっとプウの遊び相手させられてました。



待たせてすまんかった。



尻尾で顔隠して寝た。



鬼無桃太郎まつりの模様は明日書こうと思ってます。
コメント (4)

川歌

2013-03-31 07:38:25 | 
高知の旅の締めくくりに最後、物部川へ寄りました。


青柳裕介氏の漫画「川歌」の舞台が、この物部川支流にあたります。


そして、うどん県高松を目指しました。
コメント (2)

MIND OPERATION

2013-03-30 22:16:33 | 
豊楽さんからすぐ、手結港の稼働橋。

なんじゃこりゃ~。道路に道路が突き刺さってるやん(笑)。



いやいや、実はめっさそそり立ってるんですわ。



近未来っぽいね。
ここからロボットだか戦艦だかとにかくなんか発射しても全然おかしくない(笑)。



しかしデカすぎて写んね。

その稼働橋の駐車場で猫と遭遇。鳴き声するなと思ったらホレ…



車に気をつけろよ。



monardaさん。
のいち動物公園からここまでお付き合いくださってありがとうございました。色々と迷惑かけたかもしれませんが感謝です。本当にお世話になりました。

妙見神社。

コメント (2)

赤岡グルメ

2013-03-30 18:13:19 | 
赤岡発祥だという中日そばを豊楽さんでいただきました。




看板猫のケンイチ。足をケガして現在自宅で療養中とのこと。早く良くなって元気な姿をまたいつか見せてくれな。


この右ってもしやケンイチ?


中日そば、あっさりしておいしかったです。
コメント

絵金

2013-03-30 17:49:45 | 
続いて、元は土佐藩家老桐間家の御用を勤めた狩野派の絵師、金蔵。略して絵金。その絵金作品が見れる絵金蔵へ。



「花衣いろは演技」



ヒッチコックの映画「鳥」ではないけれど、この絵のように実際に大型の鳥や怪鳥に赤子を拐われたという話があったといわれます。

もちろんそれは日本に限ったことでなく、レンブラント「ガニュメデスの誘拐」にも描かれているように鳥が赤ちゃんを拐う事件は世界的にも頻発していたことでしょう。

以前、人が蛇を恐れる理由として、人類がまだ猿で樹上生活していた頃に蛇や大型爬虫類に襲われた記憶をDNAに組み込まれているのが原因だという説もあると書きましたが、同時に空からの脅威も当然考えられるわけです。

その脅威が両翼を持つ鳥のような生物、或いは空から飛来する何かを産んだ可能性がなきにしもあらず。

日本で最たる者としては天狗だろうか。江戸時代には子供などが拐われる事件は神隠しではなく、天狗隠しなどといわれていたそうです。

天狗といえば高い鼻に赤い顔。外国人がその正体とする説もあります。もしも外国へ拐われたとするならば、まさに天狗隠しともいえますが、そもそも初めて天狗という名がでてきたのは日本書記だそうで、流星を指して天狗(あまきつね)と呼んだとのこと。また、今昔物語では仏に化けた天狗が見破られ、打ち殺されたが正体は鳶だった話もある。

天狗には鴉天狗なる種もいて、この鴉天狗には高い鼻もなければ赤顔でもない。鳥のような生物とするなら断然こちらだし、天狗といえば鴉天狗を指してしまう。個人的には。だってビジュアルも名前もカッコいいし(笑)。

古代、翼竜の生き残りがいたか、はたまた意思を持った宇宙からの使者がこの地球へと訪れていたのか…

こんな考えもアリっちゃアリですかね。
コメント (2)