猫山三里

日記。というか自分の記録にもなれば。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レスカ

2013-11-24 21:42:33 | 
大阪まで出っ張ってたんで、
朝乗りで四天王寺。



眠り猫です。





そしたら…



前から思っていたんですが、
社寺に猫はよく似合う。



新世界。せっかくなので通天閣。





通天閣入口には、うちの愛猫の名前の由来にもなったロビンマスク。



ロビンかっこええわ。



で、本日で五度目の来場。
キン肉マンミュージアム。





空調も完備されていなかった昔と比べると
通天閣の中も随分快適になりました。



マッスルショップ。









そういやレスカって何かわかります?



コメント (2)

TOURDE

2013-11-23 19:36:26 | 
姪二人と飛鳥をサイクリングしてきました。





お決まりですが亀石から万葉文化館で朝食兼、茶をシバく(笑)。





古代衣裳が無料で着れるってことでさっそく姪たちも着付けしてもらって変身です。
スタッフさん、ありがとうございました。





さらに、わらび餅を食べに坂乃茶屋へ。
店内色紙だらけ。





一般のお客さんが書いたものばかりですが中にはさくらももこさんの高校時代デビュー直前に書かれたものとその後の色紙も。





というか俺が書いたものも三枚ほどあるはずなんですが探しだせず。



その後、隣市の橿原市立こども科学館まで自転車を走らせました。



いい運動になりました(笑)。
コメント (4)

五十五年夢

2013-11-21 20:50:45 | 
外宮を経て、お腹も減ってきたので、ここらで鬼そばを食べることに。今回は食事処大江山でいただきました。



この大器で汁を飲み干せば、気分はさながら酒呑童子(笑)。



それから鬼瓦公園へ。





鬼瓦公園隣接大江駅。こちらには鬼の土産がたくさんあって、何度もお世話になっています。そういや愛想良かった売店のお母さんいなかったな。辞められたのかな。





最後に姪の土産に福知山動物園のカレンダーを買って、明智光秀が築いた福知山城に寄って帰りました。









福知山城に来て、いずれ改めて光秀の足跡を辿ってみたいと思いました。
コメント (8)

火輪の結界

2013-11-21 20:22:14 | 
大江区には元伊勢があります。元伊勢ってのは現在の伊勢神宮が三重県伊勢市に鎮座する前にあったとされる場所です。





元伊勢内宮皇大神社。
俺はここの神社と天岩戸神社の雰囲気が大好きで、何度と足を運んでおります。

少し自分推しになりますが…(笑)。



昼を過ぎてもフィトンチッドが充満しててリラックスできます。









境内にあるカネのなる石。
叩くと金属音が鳴ります。
サヌカイト的な何かでしょうか。



ひっそりとレイラインの説明板も。
伊勢神宮から中央に平安京を置き、元伊勢で繋いだ結界だという説もありますね。



元伊勢内宮から天岩戸神社に抜ける途中にある岩戸山。何度見ても見事な日本ピラミッドで惚れ惚れします。



この岩戸山のふもと。
五十鈴川沿いにある天岩戸神社。





産釜。安産祈願だそうなので、自分には関係ないかな(笑)。真ん中の黒い穴がそうです。



もちろん元伊勢下宮豊受大神社もありますし、猿田彦神社もあります。

最寄り駅が二俣(ふたまた)という名前。
猿田彦の道開き伝説に何か関係がありそうで面白い。





五十鈴川。



コメント

鬼の軌跡

2013-11-20 07:09:42 | 
鬼族最強説のある酒呑童子所縁の里、
大江地区。









シンボルともいえる大鬼瓦。どれくらいの大きさかというと例えるなら、口の中に俺が入るぐらい(笑)。






日本の鬼の交流博物館。









牛鬼も。



これが行けなかった鬼の岩屋。写真展示があったので貼っときます。見たかったがしょうがない。



交流館を出て、少し離れた丘の上に立つ鬼のモニュメント。ウルトラマンの製作者で知られる成田氏の作品。



二瀬川渓流。いい感じでグラデーションしてます。奥に見える橋が童子橋。



新童子橋からの景色も素晴らしい。





二瀬川渓流沿いには頼光の腰掛け岩も。



鬼の足跡。



美多良志荒神社。



由緒の看板から。大江山といえば、源頼光が酒呑童子を退治したところとして知られているが、もっと古い時代にはもう一つの鬼退治があったとされている。

今から約千四百年前、聖徳太子の弟麻呂子親王が、英胡、軽足、土熊らにひきいられた鬼神達をここ大江山で退治したという。

鬼神達は妖術を使い、姿を現したり、隠れたり自由自在で親王軍は苦戦におちいる。その時、額に鏡をつけた二頭の白犬が現れ、鬼神達を照らすと、鬼神は姿が隠せなくなり、ようやく退治することが出来た。鬼神を退治すると白犬は死んでしまったので、山頂近くの池ヶ平(いけがなる)に葬り、この白犬、鬼退治を祈願した元伊勢の神の化身だったとのだと残された鏡を、加悦とここ仏性寺に祀った。

この美多良志荒神は、この白犬のつけていた鏡を祀った宮と伝え、「みたらし」は「み照らし」からきていると思われ、古くから「闇を照らし、光を与えてくれる神」「困難なものごとの見通しをよくしてくれる神」として、人々の厚い信仰を受け「恋愛の成就」「難病の治療」「学問をすすめて試験に合格する」など、霊験あらたかな神と伝えています。

俺も御利益あるかね。
もちっと続くのでお付き合い下さい。
コメント