猫山三里

日記。というか自分の記録にもなれば。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マーブル

2015-09-29 18:37:55 | ウパ一匹人一匹
二年目きました。






百年経って龍に成ったら、あの世にいる俺らを乗せて何処か彼方へ連れていって下さい。

コメント (2)

金木犀

2015-09-27 18:35:28 | 猫二匹人一匹
金木犀咲きました。





いい匂いとともに
思い出も運んでくれました。

コメント (2)

艱難汝を玉にす

2015-09-23 19:44:07 | 
最後に熊野三山の奥の院といわれる玉置神社へ。



人跡未踏の風情があり、神縁の無いものは辿り着け無いといわれています。



樹齢三千年とか。



その生命力にあやかりました。



那智の滝。速玉大社の梛。
神倉神社のゴトビキ岩。
阿須賀神社御神体の蓬莱山。
本宮と大斎原。
玉置神社の玉石社。熊野信仰の絶対性はこれらが確保しているように思うのです。



何でも彼でも貰うもんでもないけれど、パワーを貰ったような気がするのは気のせいか。いやさ気は心成り。



月、星、太陽、森、海、磐 、滝、巨木、川、山、生命。古代、人が万物に畏怖の念を持ち、神を宿したそれらをフル活動させた五感で再び触れてきた(と感じている)旅でした。

そして熊野の神さんたち。
今回も2日間お世話になりました。
コメント (2)

再生

2015-09-23 18:50:15 | 
心と身体を癒して、魂さえも蘇らせる「人生再出発の地」。通算すれば俺は一体何度生まれかわったのか?ってぐらい来ているわけだけど。



日取り的にも誕生日で良いタイミングだったし、蘇生に再生。んなこともあるかもないかも。



老いも若きもカップルも単身もどういう目的で訪れたかわからんが皆同じ方向へ向かって帰るのがなんか良い。





行きとは違うルートで帰りたくなりますよね。そんなわけで帰りは祈りの道を選択。





熊野のクマは結界の極。
あの世と現世の狭間。



今まで食べず嫌いで口にしなかっためはりずし。思いきって食べてみたら何これおいしいんですけどっていう(笑)。

コメント (2)

直霊折り返し

2015-09-23 18:32:43 | 
熊野速玉大社。



熊野速玉大社といえば梛。



そして
新宮市には徐福伝説が残っております。
徐福公園。



徐福宮。



阿須賀神社。御神体の蓬莱山も見えます。徐福が探し求めた不老不死の仙薬こそこの地に自生する天台烏薬だとされているそうな。



浮島の森にも寄って、雨月物語にでてくる蛇の穴も見学。



なんかネーミングが面白い(笑)。



さて蘇りまであと一歩です。
コメント