周平の『コトノハノハコ』

周平のブログ、『コトノハノハコ』
☆作詞作品やオリジナル曲、小説、制作日誌などを公開しております☆

『夢馬鹿』~第8話~(シューピー散文クッキング第1弾)

2021年11月24日 | シューピー散文クッキング
周平本人が目を瞑りながら国語辞典を適当なページで開いて適当な場所を指差し、目を開けた時に指が指している単語(1話につき5個)を全て文章のどこかに組み込まなければいけない「シューピー散文クッキング」の第1弾『夢馬鹿』の第8話です!

さて、今回の材料は…

「旧制」…大さじ6杯
「警護」…大さじ3杯
「退屈」…小さじ2杯
「歩行」…小さじ2杯
「雪下ろし」…大さじ4杯(辞書では雪男のとなり!)

本当に"退屈"だとは思いますが、ぜひ最後まで読んでいただきたい第8話スタート!!

『夢馬鹿』~第8話~

「う~ん、そうかぁ…」雪男が腕組みをしながら言葉を吐いた。

「ごめん、めっちゃ”退屈”だったよな。俺の話。」と、雪男の言葉の意図が読めなかった私はとりあえず返した。

「いや、そんな事ないよ。実はさ、俺も今の会社のままで良いのかなって考えてて。転職したいって言うよりは、俺も貝塚みたいに昔夢見てたバーを開きたいなって思ってて。」

「マジで? 奥さんには話したの?」

「うん。お前の家とは違って、うちの嫁は反対はしてない。うちはまだ子供いないから。」

「そうかぁ、羨ましいなぁ。」

「うちの嫁は、男は外で稼いでくる、女は家で家事をするっていうのは"旧制"で今はもうそんな時代じゃないって考えてくれる人なんだよ。」

「いいなぁ。うちもそんなだったら…。」

「もし良かったら俺と一緒にやってみるか?」

「は?」

雪男はそこから熱く語りだし、私と雪男の二人で、ラーメンとお酒の両方を楽しめるラーメンバーを開かないかと提案してきた。
資金も雪男がどうにかしてくれるし、我が家に来て私の家内を説得する事にも付き合ってくれるという。

「でも、これ以上しつこくお願いしたら殺されかねないよ…。」

「大丈夫! 俺が"警護"してやるから!」

「ホントか? うちの家内は強いぞ? 雪男だけに"雪下ろし"に遭うぞ?」

私はうまい事を言ったつもりだったが見事にスルーされ、その後もラーメンバーを開くにあたっての雪男の細かい提案が続いた。
雪男は起業に関する勉強もちゃんとしているようで尊敬する。

私は自分の悩みを吐き出せた事と、夢に向かって歩き出せる望みが生まれた事で気分が良くなり、ついつい飲み過ぎてしまった。
まともに"歩行"できなくなってしまった私を、雪男は家の前まで送ってくれた。

「じゃあ、今度の週末にでもお邪魔するわ。頑張って奥さんを説得しようぜ。」

《第9話へ続く》
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『夢馬鹿』~第7話~(シューピー散文クッキング第1弾)

2021年11月10日 | シューピー散文クッキング
周平本人が目を瞑りながら国語辞典を適当なページで開いて適当な場所を指差し、目を開けた時に指が指している単語(1話につき5個)を全て文章のどこかに組み込まなければいけない「シューピー散文クッキング」の第1弾『夢馬鹿』の第7話です!

さて、今回の材料は…

「さては」…小さじ2杯
「かいろ」…小さじ4杯
「とりとめのない」…小さじ3杯
「柔道」…大さじ1杯
「面する」…大さじ2杯

まさに"とりとめのない"物語、完結に向かえるのか!? たぶんこの辺から後半突入だと思われる第7話スタート!!

『夢馬鹿』~第7話~

コンビニに到着した私は、缶コーヒーと弁当と”かいろ”を購入した。
レジには増田さんという若い女性スタッフが立っていた。

「いつもいる男の子は今日も休み? なんか最近見ないけど。」私は尋ねた。

「あぁ、二瓶君の事ですか? 彼は色々訳あって福島県に引っ越して、そこのコンビニで働いています。」

「へぇ、そうなんだ。それは残念だなぁ。なんか彼は自分に似てる気がしていたから。」

二瓶君の身に何があったのかは、ご覧になっているこのブログの別コーナー「コトノハラビリンス」のシーズン2を見ていただければ分かるとの事だ。

コンビニを出たところで、先ほどメールを送った家内から返事が来た。

「”さては”浮気ですか?」

「違うよ~。大学の時の友達の雪男と飲みに行く事になりました。」と私は返した。

上司からの説教で始まった今日だが、意外にも定時であがる事ができ、私はさっそく雪男にメールした。
待ち合わせ場所に先に着いた私は、今の悩みを雪男にどう話そうかを考えた。
もしかしたら雪男にも、脱サラをしてラーメン屋を開く夢を大反対されるんじゃないだろうかとも思った。

雪男が待ち合わせ場所にやってきた。
中学の頃から”柔道”をやっていたという彼の体は大きく、遠くからでもすぐに分かる。

居酒屋に入った私達は対”面する”ように座り、とりあえず適当にビールやつまみを注文した。

乾杯を終え、少ししたところで、
「で、最近どうよ?」

おそらく大体の事はお見通しであろう雪男が、私が話を切り出しやすいように優しいパスをくれた。

”とりとめのない”話し方だったとは思うが、私は雪男に全てを打ち明けた。

黙って最後まで私の話を聞いてくれた雪男が、腕組みをして何かを考え始めた。
おそらくどの”柔道”技で私の目を覚まさせるのかを考えているのだろう。

《第8話へ続く》
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

『夢馬鹿』~第6話~(シューピー散文クッキング第1弾)

2021年10月27日 | シューピー散文クッキング
周平本人が目を瞑りながら国語辞典を適当なページで開いて適当な場所を指差し、目を開けた時に指が指している単語(1話につき5個)を全て文章のどこかに組み込まなければいけない「シューピー散文クッキング」の第1弾『夢馬鹿』、久々の更新となる第6話です!

さて、今回の材料は…

「見知らぬ」…小さじ2杯
「人生」…小さじ1杯
「近頃」…小さじ2杯
「貝塚」…大さじ4杯
「雪男」…大さじ5杯

ついにUMAの雪男まで登場!? 何がテーマか分からなくなってきた第6話スタート!!

『夢馬鹿』~第6話~

私の勘違いの所為で"見知らぬ"女性と長話をしてしまった結果、会社へ遅刻してしまった私は、皆の前で上司から説教を食らってしまった。
"近頃"、上司からは説教ばかり受けていて、ますます「自分の"人生"、このままで良いのか?」と考えてしまう。
今の会社で昇進するよりも、ラーメン屋を開いて成功する方が簡単な気さえしてきた。

そんな事を考えながら、昼休みに弁当を買うため、会社の近くのコンビニへ向かっていると、目の前から"雪男"が歩いてきた。
ちなみに「ゆきおとこ」ではなく「ゆきお」と読む。
私の大学時代の友人だ。
大雪の日に生まれたからという理由で"雪男"と名付けられた、配慮に欠けるご両親の間に生まれてきた奴だが、本人は周りに色々と配慮のできる本当に良い奴だ。

「おぉ、"雪男"! 久しぶりじゃん!」

「おぉ、"貝塚"! 久しぶり!! 元気そう… でもない感じか?」

さすが、"雪男”は何でもお見通しだ。
そして、申し遅れてしまいましたが、私の苗字は"貝塚"という。

「どうだ? 仕事終わったら久々に一杯!」
"雪男”はビールを飲むジェスチャーをしながら私に提案してきた。

正直、最近の家内の機嫌を考えたら、誘いを断って真っ直ぐ帰宅したいところだったが、”雪男”はきっと私が何かに悩んでる事に気付き、話を聞いてくれようとしているのだと思い、「おう! じゃあ仕事終わったら連絡するわ。」と返事をした。

私は恐る恐る家内に今日の夕飯は要らない旨の連絡をし、再びコンビニへと向かい歩き出した。

《第7話へ続く》
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

22nd distribution『君との明日はありえない~THE FAULT TAKE ver.~』

2021年10月12日 | オリジナル楽曲
皆様こんにちは!

今年3曲目となるオリジナル曲の公開です♪
でも今回は新曲ではありません!!

過去のオリジナル曲のリメイク版、その名も『THE FAULT TAKE』(ザ・フォールトテイク)という新企画♪



YouTubeで昨年から話題になっている、プロの歌手が自身の曲を一発録りしたものを公開する『THE FIRST TAKE』ではなく『THE FAULT TAKE』です。※『FAULT 』とは「欠陥」や「過ち」などという意味です。
しかも一発録りではなく、納得いくまで何度も録り直してます(笑)
それでも『THE FAULT TAKE』=『ザ・欠陥テイク』なのです。

第1弾となる今回は、8年前に公開したネット配信オリジナル曲第7弾『君との明日はありえない』のリメイクです。

8年前のテイクはテンポも速く、ガラスが割れる音から始まる激しいアレンジでしたが、今回はピアノをメインに楽器の数を最小限に減らし、テンポもだいぶ落としています。

この曲はこれまで作った67曲のオリジナル曲の中で一番のお気に入りであり、いつかリメイクしたいと8年前から思っていました。
じゃあさっさとやれよ!って話ですが、モタモタしているうちにアラサーからアラフォーになってしまいましたとさ。

皆様、ぜひ聴いてみて下さい☆ 期待は裏切りませんなんて絶対に言い切れません!

「musictrack」の周平のページです。
ここで今回のテイクや8年前のテイクも簡単に聴けます↓
http://musictrack.jp/user/22036

【今後のブログ更新予定】※変更の可能性あり

10月下旬 『夢馬鹿』~第6話~(シューピー散文クッキング第1弾)

11月中旬 『夢馬鹿』~第7話~(シューピー散文クッキング第1弾)

12月上旬 『夢馬鹿』~第8話~(シューピー散文クッキング第1弾)

12月下旬 経歴【2021年】
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ブログ開設から11年!!

2021年09月28日 | 日誌
皆様こんにちは!

当ブログ『周平のコトノハノハコ』が今日で開設から11年になり、12年目に突入しました。
どこの誰が見てくださってるのかも分かりませんが、それなりのアクセス数はあるようで、大変感謝しております。

2010年9月28日の開設から11年。
このブログへお引っ越しする前からやっていたサイトも含めると17年になりました。

長くなればなるほど、プロフィール写真のごまかし加工が大変になります(苦笑)

そんな事はさておき、、、

次の更新では過去のオリジナル曲のリメイク企画『THE FAULT TAKE』の第1弾を公開します♪
果たしてどのオリジナル曲のリメイクなのか?

そして、実験小説企画『シューピー散文クッキング』の第1弾『夢馬鹿』も来春の完結に向かうつもりで進んでおります。
どんな結末が待っているのかは筆者にすら分かっていません。

そしてそして、来年2022年の3月7日は大切にしているあの日から20年、そして大切になったあの日から10年の記念日なので、何かやりたいけど、どうなるかなぁ。。。

それでは12年目に突入した当ブログ『周平のコトノハノハコ』を今後ともよろしくお願い致します。

【今後のブログ更新予定】

10月中旬 22nd distribution『???????????~THE FAULT TAKE ver.~』

10月下旬 『夢馬鹿』~第6話~(シューピー散文クッキング第1弾)

11月中旬 『夢馬鹿』~第7話~(シューピー散文クッキング第1弾)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする