コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 感想

2011-12-18 03:11:23 | Fate/Zero(2011秋-2012春)

 今回は何というか嵐の前の静けさ的な回。会話メインでしたが、静かに何かが着実に進んでいきます…。ギルガメッシュは一体綺礼をどこに導こうとしているんでしょうか…?今回チラチラしているギル様についニヤリとしてしまいました。
 また今回衛宮邸も遂に登場…!SNがまたプレイしたくなってしまいましたー。


 今回はセイバー・アーチャー・アサシン陣営の会話メインで話が進んでいきます。特に戦闘はありませんでしたが、会話の引きが上手くて終わるのがあっという間で驚きました。演出恐るべし。嵐の前の静けさ的な感じがしてドキドキしてしまいました。
 息抜き・閑話的な話で、1話かけてこの話!?と最初は驚きましたが、後々の展開をさり気に匂わせてくる、zeroらしい回だなと感じました。特にセイバーとアイリのやり取りは2クール目観てから観返すと違った感じに見えるかもしれません。


 では以下個別感想ー。今回は陣営が少なくて助かりました。

・衛宮切嗣(セイバー/アーサー王)(アイリ、舞弥)

 切嗣パートは他の陣営のデータを思い出してまた動き出すと、これまでのおさらい、総集編パートだったような。
 ですが今回遂にFate/stay nightでも出てくる衛宮邸登場…!SNでは士郎の家としてかなり出てくる場所で、今後切嗣にとっても大事な場所になってくると思います。そんなこんなでSNをプレイ済な方にはニヤニヤだったんじゃないかと…!またSNに話が繋がって来ました。

 そして一足早く衛宮邸にアインツベルン城から第2の住処・工房として案内されてきたセイバー・アイリ。ドライブシーンはzeroに珍しく鮮やかなに描かれていて癒されました。
 衛宮邸、この時はまだ廃墟同然ということで、二人とも最初は戸惑いが。アインツベルン城と比べるとやっぱり落差ありすぎますね…。日本家屋が見たかったと、嫌がらないアイリ流石でした。
 そうして家を探索した後、アイリは工房で魔方陣を張ろうとするのですが、アイリは調子がよくないようで、作業をセイバーに任せっきりに。大好きな車の運転もセイバーに任せていました。どうやらアイリは体調がよくないようで、ホムンクルスとしての力を使い、触覚を遮断することでどうにか普段通りの姿を見せていたようです。
 でもアイリがセイバーの手を握るシーンはなんともいえないやるせなさが…。一体アイリ不調の原因は…?聖杯戦争が進むことで、アイリにも何か変化が起こっているようです…。
 そんな健気なアイリの姿を見て、セイバーは改めてアイリを守ろうと決意。この二人がペアだったら結構上手くいったんじゃないかと思ったり。二人の絆を更に深めた1シーンでした。


・遠坂 時臣(アーチャー/ギルガメッシュ)

 アサシンが聖杯戦争から脱落したことで、いよいよ動き出した時臣。作中では凛回以外で椅子から立った姿をあまり見なかったので、立ち上がるシーンはつい興奮してしまいました~。いよいよ時臣も屋敷の外に出て戦う時が!時臣がどんなふうに戦うのか、この先楽しみですー。
 でもライダーの力を測るためとはいえ、アサシンを前回捨て駒にしてしまったのは失敗だったような…。アサシンをまだしばらく保持していたらどうなっていたのかとついつい考えてしまいます。

 時臣のサーヴァントであるギルガメッシュ。ギルガメッシュ、今回は綺礼をたぶらかしてばっかりだったような。やっぱり髪を下ろしたギルガメッシュ最高です!
 そして今回はギルガメッシュは綺礼に愉悦の話の続きを聞かせます。この話が後半延々と続きましたが、関さんの演技が上手かったのか、ついつい聞き入ってしまいました。
 綺礼にアサシンを使い、マスターの事情を調べさせたギルガメッシュ。それは綺礼に愉悦とは何か気づいてもらうためでした。でもまだ綺礼はそのことに気付こうとせず…。それでも綺礼の愉悦を引き出そうとしつこく誘導を続けるギルガメッシュ。なんかこういうことにすぐ飽きそうなイメージがあったので、ここまで綺礼にこだわるのが意外でした。それほど綺礼の愉悦は魅力的なものなんでしょうか。

 サーヴァント達に見立てたチェス駒も良い感じでした。これ実際あったら欲しいかも…。そしてその中の駒のアーチャーを綺礼に見せびらかすシーンにはついつい笑ってしまったり。なんだかもうギル様、綺礼に寝返る気満々なようで…。こっちもまたFate/stay nightに向けて着々と進み続けているようです――。


・言峰 綺礼(アサシン脱落)

 前回アサシンが死んだということで、もうリタイアかと思われた綺礼。ですがまだ綺礼の話は終わらないようで…。思わぬ方向に話は向かっていきます。
 ギルガメッシュにマスターのことを調べさせられてうんざりした綺礼。ですが無関心というわけではなく…。特にバーサーカーのマスター=雁夜に関しては興味を抱いているようで…。雁夜の事情の一体何に興味を抱いたのか…そこが綺礼の愉悦が何なのか知るヒントになりそうです。とりあえず歪んでいるのは確かそう…。
 ギルガメッシュに愉悦とはどういうものなのか説かれて、自分にとっての愉悦がどういうものなのか気づき始める綺礼。ですがまだ綺礼はそれを受け入れきれずに、否定しようとします――。ここで受け入れない辺り、この頃の綺礼は若いなーと感じます。これがああなるなんて…。
 あと追い詰められていく綺礼の表情がまた良い感じでした。今回どの表情にも綺礼の苦悩や揺らぎが込められている気がしました。

 ですが今回最後に綺礼の手に、またもや令呪が浮かび上がってきて――。それを喜ぶギルガメッシュ。このことをギルガメッシュは聖杯の招きだと語ります。これが聖杯の導きとなると聖杯って実は禍々しい何かなのでは…。なんというか目覚めなくていいこともあるんだろうな…と感じた今回のギルガメッシュ・綺礼の会話でした。


 次回は「禁断の狂宴」予告、キャスター陣営が死亡フラグを立てまくりな件…。この戦争が終わったら~ネタをつい思い出してしまいました。次回は戦闘シーンがたくさん見れそうで楽しみです。1クール最後回ということで期待が…!

 また次回は1シーズン目ラスト回で、その続きが見れるのは2シーズンが始まる来年4月になります。原作を読んだ感じどこで終わっても「ここで3ヶ月待ち!?」という感じなので、原作未読の方にとっては生殺しになるんじゃないかと…。でもどこで一旦終了になるのかは気になるところ。
 分割2クールは個人的には、期待外れという 反対派なのですが、Fate/zeroはクオリティ維持が一番の理由らしいのでこれでよかったと思います。前回観た後だと特に…。

 ではまた次回に!


コメント (1)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
« 輪るピングドラム 第23話「運... | トップ | 輪るピングドラム 第24話(最... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
stay night (osafumi)
2011-12-22 17:20:42
なぜセイバーがstay nightであんな所から出てきたのか分かったような気がします。
士郎の家はあんなボロ家だったんですねえ~
切嗣がハンバーガー食べてるなんてちょっと意外...店屋物取るよりはマシですが。

来年4月までお預けですかっ!
それは辛いですねえ...
次回はスッキリとキャスター沈めて欲しいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

42 トラックバック

Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 (リリカルマジカルSS)
「言峰綺礼…貴様は何者だ?」 綺礼の行動原理が理解できずに焦る切嗣。 まあ、「君は自分と同じ存在だから気になってるの♪」と勝手に決めつけストーカーやってる人ですから(つ∀`) 巡回の途中で買ってき...
Fate/Zero -フェイト/ゼロ- 第12話 「聖杯の招き」 感想 (wendyの旅路)
心の闇―
Fate/Zero 第12話 (まぐ風呂)
関連リンクhttp://www.fate-zero.jp/第十二話 聖杯の招き場面は第二局面そう遠坂時臣は言峰に告げる…ちなみに時臣がマスターとしての役目をご苦労だったと言峰に言ったということはやっぱり前回でアサシンが全滅したみたいですね舞弥からの報告を聞いた切嗣は現状を分.....
Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 感想 (あくあぐらす~Aqua Glass~)
いよいよ前半戦クライマックスですね。 Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 感想です。
Fate/Zero 第12話 『聖杯の招き』 (こいさんの放送中アニメの感想)
英雄王のささやき戦術が炸裂。前回のライダー戦でアサシンを全て失ったマスターの綺礼。こんどこそ本当に脱落です。 更にマスター調査を命じたアーチャーとのやり取りもこれでおしまい。その筈でしたが、アーチャーは綺礼本人も気づかない興味に気づいていた。お前はバー...
「Fate/Zero」第12話 (日々“是”精進! ver.A)
綺礼の手に、再び令呪が… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112180001/ 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box ? アニプレックス 2012-03-07 売り上げランキング : 16 Amazonで詳しく見る by G-T...
Fate/Zero 12話 (アニメ徒然草)
僕と契約して、新しい主になってよ! というわけで、 「Fate/Zero」12話 re-formの巻。 愉悦がどうのこうの長広舌をふるってらっしゃったアーチャーさんですが、 要するに譲治神父を誘ってるわけで...
【Fate/Zero 第12話 聖杯の招き 感想】 (ようちゃん×ようちゃん)
綺礼さんは自分探しの旅に(えー 願望の為に願望を求めるとは面白いですねw この作品主人公はイスカンダルと綺礼だよね(笑)
Fate/Zero 12話 「聖杯の招き」(アニメ感想) (アルベロの雑木林)
【あらすじ】 一人冬木市のホテルに潜みながら、各陣営の動向を追い続けていた切嗣。 中でも、自分を追っていると思しき綺礼の動機が分からず、切嗣は苛立ちを募らせる。 一方、アイリとセイバーは、市内の...
Fate/Zero第12話感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#12「聖杯の招き」 アーチャーことギルガメッシュの「口説き」が、言峰綺礼という
Fate/Zero #12 (桜詩~SAKURAUTA~)
【聖杯の招き】 『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ出演:小山力也アニプレックス(2012-03-07)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 2サークル?って事は13話で一旦終了? 
Fate/Zero 第12話 (刹那的虹色世界)
Fate/Zero 第12話 『聖杯の招き』 ≪あらすじ≫ イスカンダルの固有結界によって駆逐されたアサシンと、それによる言峰綺礼の脱落によって、遠坂時臣は戦局が第二面へ移行したと宣言。綺礼とアサシンによ...
『Fate/Zero』第12話『聖杯の招き』レビュー♪(今回は『説明中心』回でしたがアサシンを失った綺礼の今後の動向が気になります!) (私的UrawaReds&SubCul)
  アーチャーが語る 『娯楽の本道』                       求めるところを為す がいい!それこそが 『娯楽の本道』 だ!         ...
Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 (SERA@らくblog)
Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 (SERA@らくblog)
Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 感想 (ひえんきゃく)
綺礼とギルガメッシュのやり取りが面白いですね。 カットされていた部分も結構ありましたが。 今回は、『stay night』をプレイしていた人は、より楽しめたんじゃないかな。 一人冬木市のホテルに潜み...
アニメ Fate/Zero(フェイト ゼロ) 第12話「聖杯の招き」 感想 (くまっこの部屋)
英雄王ギルガメッシュの邪な囁きについに綺礼の本性が明かされるのか?そして一方体の
Fate/Zero 第十二話 聖杯の招き (窓から見える水平線)
Fate/Zero 第12話。 聖杯戦争初の脱落者を聖杯は再び招き入れる―――。 以下感想
Fate/Zero 第12話 『聖杯の招き』を観ての感想 (些細な幸せを生きる糧に)
早速、観たので感想を記したいと思います。11話は静と動が組み合わされた回でしたが、12話は静のみの内容でした。じゃあ、静のみだからといっていまいちだったのか?ということでは
『Fate/Zero』 第十二話「聖杯の招き」 ― 逃げておじさァーん! (不定形爆発 Ver.2.0)
なんというか、嫌な予感しかしない。 コスプレウィッグ COSER FATE ZERO 衛宮切嗣 gh417()galaxy(ウィッグ)商品詳細を見る 前回は忙しかったので感想書けなかったのですが(コントローラ握りつつ...
Fate/Zero TokyoMX(12/17)#12 (ぬる~くまったりと)
第12話 聖杯の招き 公式サイトから 一人冬木市のホテルに潜みながら、各陣営の動向を追い続けていた切嗣。中でも、自分を追っていると思しき綺礼の動機が分からず、切嗣は苛立ちを募らせる。 一方、アイリとセイバーは、市内の屋敷に拠点を移していた。日本風の家屋を興...
Fate/Zero(フェイトゼロ) 12話 stay nightとガッツリ繋がってニヤニヤ。ギルと聖杯が綺礼を追い詰める! (狼藉者)
Fate/Zero:12話感想 (しろくろの日常)
Fate/Zeroの感想です。 アーチャーがあからさますぎて(笑)
Fate/Zero 第12話 (ブログリブログ)
 面白いなぁ、、。この脚本。アーチャーがアサシンの元マスターに自分のマスターになる様に、仕向ける話か。
Fate/Zero 第十二話「聖杯の招き」 感想 (書き手の部屋)
立った! トッキーが立った! ネタバレ注意 あらすじ 一人冬木市のホテルに潜みながら、各陣営の動向を追い続けていた切嗣。 中でも、自分を追っていると思しき綺礼の動機が分からず、切嗣は苛立ち...
Fate/Zero 第12話 聖杯の招き (ゲーム漬け)
目論み通り、ライダーの宝具は明らかになり、綺礼から報告を受ける時臣。 アーチャーと同じく評価規格外のEXランクは報せとしては最悪ですが、知らずにいたら対処出来なかったので ...
Fate Zero 第12話 「聖杯の招き」感想 (かて日記-あにめな生活-)
Fate Zero 第12話 「聖杯の招き」感想 おじさんは娯楽…おじさんは娯楽…おじさんは娯楽…
Fate/Zero 12話「聖杯の招き」感想 (グレイの気ままな体験記)
未来へ繋がる・・・ 会話ばっかだったが、本編に繋がる大事な回。だったんだろうな。 30分が早く感じたのはさすがだと思った。
Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 (ムメイサの隠れ家)
そして物語は始まりの場所へ─── 今回はセイバーとアイリスフィールが拠点を作る話と綺麗とアーチャーの会話劇で終わってしまったけどSNの物語を知っていると静かな展開にも非常に面白味があった。特に衛宮亭が出て来た時はあの場所でこのような人物達の物語が繰り広...
Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 (バカとヲタクと妄想獣)
時臣「ライダーの宝具評価は?」 言峰「王の財宝と同格のEX」 時臣「マジかよ…(絶句)」 原作だとこんな感じだったのに、 アニメだと余裕ありそうな感じだったw
Fate/Zero 12話 (すとぅるるるのアニメ日和)
アサシンは前回で完全に退場だったのですね…。そしてまた怒涛の展開! まさか令呪が再び宿ることがあるなんて思いもしませんでしたね。 それにしても、聖杯の導きとは一体なんなのでしょうか? ここまで言峰にこだわる=彼の勝利を聖杯が望んでいるともとれるのです...
Fate/Zero 12話 聖杯の招き (日常のぼやき)
綺礼に危険な兆候が・・・
Fate/Zero 第十ニ話 「聖杯の招き」 感想 (起源風景)
あらすじ ライダー「お主は夏と冬に行われる聖戦を知らぬと申した。ならばその戦場がいかなるものか見せつけねばなるまいて」 ライダー「彼らの欲望こそが我が手法、我がオタ道!イスカンダルたる余が誇る最強宝具!ヲタの軍勢‐コミック・マーケット‐なりぃぃぃぃ...
『Fate/Zero』#12「聖杯の招き」 (ジャスタウェイの日記☆)
「道は示されているぞ、綺礼。 もはや惑うことのないほど明確にな」 ライダーの宝具・アイオニオン・ヘタイロイの披露により、 遠坂は各サーヴァントの情報収集は完了したため、今後は打って出るつもりか? 一方、綺礼はアサシンを使いきってしまったらしく、 もう...
Fate/Zero 第12話 聖杯の招き (白狼PunkRockerS)
時臣「ここから先は第二局面だ。 アサシンが得た情報を下に、 アーチャーを動員して敵を駆逐してゆく。 ライダーに処する対策も、その中で自ずと見えてくるだろう」 時臣「攻略wikiとかで」 綺礼「wiki?」
■Fate/Zero【第十二話】聖杯の招き -90:56:26 (此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-)
Fate/Zero #12の視聴感想です。 戦況分析。 適格者。 拠点移転。 体調不良。 令呪贈与。 言峰綺礼……貴様は何者だ? ↑さぁポチッとな
Fate/Zero第12話「聖杯の招き」 (アニメフレッシュエクスプレス)
 アインツベルン城で行われた聖杯問答の際に現れたアサシンの大群は、時臣が能力が測れないライダーの宝具の力を暴く為、綺礼に差し向けるように命じたのだった。そして、ライダーが使用した宝具の力が明らかになった。王の軍勢「アイオニオンヘタイロイ」、かつて戦場を
Fate/Zero -フェイト/ゼロ-第12話 「聖杯の招き」 感想 (犬哭啾啾)
nefiru: 求める所をなすが良い、それこそが娯楽の本道だ g_harute: ギルさん綺礼を説き伏せたよ nefiru: あんな言葉遣いとガサツな態度ですけど口が回る回る g_harute: 綺礼は気づいていなかった愉しみを見つけたようだ nefiru: 取り敢えず雁夜おじさんがタ...
Fate/Zero その12 (燃え萌えアニメブログ)
前回、アサシンが大量に倒されたことで、もういないだろうと思われていたのだけれど。 切嗣様の言うように、やはり消滅してしまったみたいね。 ただし、あの綺礼なわけなので。 今後どういう行動に出...
Fate/Zero 第12話「聖杯の招き」 レビュー・感想 (ヲタブロ)
綺礼、おまえもまた聖杯の求めに応じるべきだ。紛れもなくお前には願望機を求めるだけの理由がある。 言葉巧みに言峰綺礼の内にある闇を引き出そうとするギルガメッシュ、恐らく彼 ...
Fate/Zero 第12話 「聖杯の招き」 (attendre et espérer)
「“それは許されることではない!”」 ――自覚がなくとも、魂というものは本能的に愉悦を追い求めるもの。 ほぼ会話シーンに終始したもののストーリーは大きく動いた「Fate/Zero」第12話の感想。 ギ...
Fate/Zero 12話 聖杯の招き (I think.)
Fate/Zero 12 聖杯の招き の感想です。 セイバー陣営とアーチャー陣営の話。 今回は物語が大きく動いたわけではなく間話のようでありながら、今後の聖杯戦争の新たな局面に向けての重要な話であったと思います。