コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

偽物語 第7話「かれんビー其ノ漆」感想

2012-02-19 02:21:40 | 化物語シリーズ(2009~)

 今回でいよいよかれんビーラスト。暦達は貝木を倒し、火憐を助けることはできるのでしょうか…?暦と火憐のバトルシーンはいつも以上に動いていて思わず魅入ってしまいました。そしてラストのひたぎのセリフは反則モノ。さすがはツンデレ…!前半を締めくくるに相応しい回でしたー。


個別感想追記しましたー。


 今回は前半は暦と火憐の格闘、後半は暦・ひたぎ対貝木の会話バトルと、締めの回に相応しい展開満載でしたー。バトルシーンがあるとやっぱり燃えます…!
 どちらのシーンもこれまで色々溜めてきた分、爽快感があって観ていて気持ちよかったです。貝木との会話はなんだかすっきりしないまま終わってしまいましたが…。3日ぐらい放置すれば治るって、暦達のこれまでの頑張りって一体…。貝木の話を聞いているとなんだか冷めた気分に…。でもいい悪人を気持ちよく倒して終わりとならない辺り、物語シリーズらしいなと思います。

 で、色々あった末に火憐も元気になり、いつもの日常がまた戻って来ました。そしてファイヤーシスターズは今日も正義のために頑張る!という感じでかれんビー終了。貝木との会話がなんだか色々消化不良な感じでしたが、火憐・月火がジャンプするシーン+EDの2ショットでなんか救われた気がしました。爽やかでよかったです~。


 以下個別感想ー。

・阿良々木火憐

 火憐の元にたどり着いた暦。火憐を落ち着かせようとする暦ですが、火憐がそう簡単に言うことを聞いてくれるわけはなく…。力づくで止めてみろという流れに。
 そうして2人の対決に。火憐は必殺技を使い暦をねじ伏せようとしますが、今の暦をノックアウトしきることはできず。ですが暦も火憐を攻撃することはできず、ずっとやられっぱなしに…。ここまでフルボッコにされても意識を失わない暦、やっぱり凄すぎです。二人の戦いは超人同士の戦いに見えました…というか二人共もはや超人。

 途中暦・忍の精神の中での会話が。忍は助太刀しようとしますが、暦は忍には頼らず、自分の力で火憐をねじ伏せようと決意。またここで忍を言うことを聞いてもらう更に上の方法が「頭を撫でずに、胸を撫でる」ということが明らかに…!どうして大人バージョンの時に教えてくれなかったんだと悔しがる暦が面白かったです~。

 そして決着の時が…!今回のバトルシーンはよく動いていて見応えがありました~。あと火憐ちゃん呼びにまた萌えたり。また暦はフルボッコにされますが、
 勝負の途中、火憐が正義は負けちゃダメだという暦の言葉にムキに。ですが強さが伴っていなければ強くはないと暦が反論。暦は本当の強さは「意志の強さ」だと答えます。だから他人じゃなくて、自分達のためにしか行動できない火憐・月火の強さは偽物だと…。これには火憐も動揺…。この言葉には思わず納得してしまいました。やっぱり暦主人公。

 ですが暦は火憐の考え全てを否定する気はなく。暦はショックを受ける火憐を抱きしめ、妹達への思いを口にします――

「迷惑はずっとかけられてる。
 ただし、悪いなんて一言も言ってない。
 劣等感が一生向き合う覚悟があるのなら、
 たとえ偽物だろうと、それは本物と同じじゃないか。
 いっとくが、僕はお前達が大嫌いだ。
 だけど、いつだって誇りに思ってる」

「悔しいと言ったな火憐ちゃん。
 僕は確かにそれを聞いた。
 だけどな、僕の方がずっと悔しい…!
 僕の誇りを汚したヤツを許せるか。
 後は任せろ」

 偽物語というタイトルがここに繋がっている気がしました。偽物であっても、それをちゃんとした形で貫き通し続ければいつか本物になるのかもしれません。
 兄に尻ぬぐいをさせることを後ろめたく感じる火憐ですが、暦は兄としての名誉だと誇らしげに。暦の笑顔が良い感じでした。下手したら近親相姦というのがあれですが…。
 そうして火憐も納得し、貝木のことは暦に任せることに。

「もう惚れてる。兄ちゃん…後は任せた」

 こうして火憐を説得し、暦はひたぎと共に貝木の元へ向かうことになります――。


・貝木泥舟

 貝木と対峙する暦・ひたぎ。暦・ひたぎはあくまで冷静に交渉しようとします。ひたぎは覚悟を決めて貝木の前へ。
 数年ぶりに再会したひたぎと貝木。貝木はひたぎは昔に比べてつまらない女になった、騙しがいのない女になったと、ひたぎに対して冷ややかな言葉を投げかけてきます。これでよくひたぎ、キレなかったと思います…。

 で、火憐の囲い蜂の怪異は催眠術みたいなもので、三日ぐらい放置すれば治るようです…。ここまで頑張った意味って一体…と言いたくなりますが、貝木にも怪異を知る知り合いがいたりと、それだけではないという感じもします。
 貝木は今回の怪異絡みの事件について非を認めますが、反省の色はまったく見えず…。いかにも貝木という感じが。ひたぎの言う通り謝罪させたりしたらでまた厄介なことになりそうな気がします…。貝木、変人だらけな物語シリーズの中でもかなり厄介な分類に入るキャラなんじゃないでしょうか。

 また貝木は昔、ひたぎを襲おうとした教団の男が交通事故であっけなく死んだと教えます――

「お前とは何の関係もない場所で、
 お前とは何も関係なく、そして何のドラマもなく」

「人生に劇的なことを期待してはならない」

 この話をすることによって、ひたぎに人生は平坦なものだと教え用としていた貝木ですが、ひたぎのことを今日まで忘れていたというなら、わざわざこの話をひたぎにするわけはないわけで…。貝木はやっぱり立派な詐欺師です。


・戦場ヶ原ひたぎ

 今回過去のことに決着をつけるために貝木と対峙したひたぎ。ひたぎも貝木に惑わされず、最後まで戦い抜きました。そんな中で印象的だったのは、貝木の騙される方が悪い的な言葉に対するこの反論。

「騙される方も悪い」

 これには最初びっくりしました…。でも結局その場の空気、上手い甘い言葉に騙されて、よーく考えずにお金とかを渡してしまう方が結局のところ悪く、愚かなのかもしれませんね…。これは自分も気を付けないとなと改めて思いました。ひたぎを振り込め詐欺の宣伝ポスターとかに使ったら効果あるんじゃないかとか思ったり。
 ひたぎが昔、貝木に惚れていたというのも、騙される前なら分かる気がしました。それはきっと憧れみたいなものだったんでしょうね…。

 そして最後にひたぎは、貝木にはっきりと自分の思いを語り、過去と決別します――


「うるさい。昔の私には何を言っても構わない。
 でも今の私を侮辱しないで。
 阿良々木くんは私を好きだと言ってくれている。
 今の私をよ。
 だから私を、今の私を気に入ってるのよ。
 私は今の私を否定する言葉を聞き流せない」


 貝木と向かい合ったひたぎ。貝木は決して負けを認めようとしませんでしたが、ひたぎは貝木と向かい合い、言いたいことをいったことで気持ちの整理がついたようです。暦の存在とその愛がひたぎを救いました。

 その後、貝木と決着を付ける前、思わせぶりにお願いがあると言っていたひたぎ。その願いは……

「褒めて」

 と意外なものでした…!ここまでツンツンしていただけにこれには驚きが。ひたぎも表には出さなかったものの、ひたぎで貝木と向かい合うことに不安を感じ、傷ついていたようでした。
 これには暦も最初は驚いていたようですが、その後の言葉で昇天。


「今夜は私を優しくしなさい」


 照れながらそう言われたら…!ひたぎのツンドラ恐るべし。ニヤニヤがこらえきれず困りました。やっぱり最後は暦とひたぎですね。
 あと今回で多分ロングヘアーでツンドラなひたぎを見れるのは偽物語では見納めだと思うので、そんなひたぎが好きだという方はしっかり観ておいた方がいいかも。次回辺りは今回とのギャップに驚くかもしれません。


 そしてかれんビーラストはその翌日、元気にまた飛び出していく火憐・月火でおしまい。そんな妹二人をどこか誇らしげに見送る暦。やっぱり暦は良い兄。
 

「僕の誇り、僕の自慢の妹達。
 偽物故にきっと何よりも本物に近い彼女達」

「ファイヤーシスターズは、
 火の付いた花火のような勢いで
 出撃していったのだった」


 と、かれんビーらしい締めくくりでした。やっぱり火憐と月火の元気な姿を観ると話が終わったんだなーという気がします!火憐メインというだけでなく、兄妹ならではのやりとりもあって良かったですー。


 偽物語は原作の方を読んだ時は化物語が1話1話濃かったぶん、偽物語はなんか軽い…?と読み終わった後感じ、アニメもその記憶があったので最初不安でしたが、いざアニメで観るとまた見方も違って面白かったです!キャラ絵が動くというのはやっぱり違いますね。特にサービスシーン、化物語からのキャラの変化(羽川・神原・撫子)、忍との会話は原作を知っていてもびっくりしました…!やっぱり物語シリーズは映像映えする作品だったのだと改めて感じました。

 こうしてかれんビーが終わりましたが、月火の存在意義、貝木がこれで本当に引くのか?など、いくつか消化不良な点もあったと思います。そこもつきひフェニックスである程度は解消されるんじゃないかと思います。ただ進行具合はかれんビーと同じ感じだと思うので、まったりとした気持ちでまた観ていった方が楽しんで観ていけるかもしれません。



 次回は「つきひフェニックス 其ノ壹」次回からは偽物語の後編的なエピソード「つきひフェニックス」がスタート。ファイヤーシスターズのもう一人、月火メインの話になっていく…と思いきゃ、かれんビーと同じように他の会話メインで進んでいくことになるかと思います。でもつきひフェニックスにもひたぎが変化、歯磨きプレイがあったりと、アニメ映えしそうなイベントがあるので楽しみです~。

 EDカードは蒼樹うめさん。ファイヤーシスターズ二人のイラストかな?と思ったら、神原×ひたぎ的なイラストでびっくりしました…!さすがうめてんてー。

 ではまた次回に!


コメント   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
« あの夏で待ってる 第6話「先... | トップ | GIANT KILLING(ジャイアント... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

44 トラックバック

偽物語 第7話 (記憶のかけら*Next)
「兄ちゃんじゃなきゃ、手加減できたかも知れないけど」 とは、最初に宣言してたけど・・・・火憐ちゃん、容赦ないなぁ(汗汗) というか、強すぎる
偽物語 #07 「かれんビー 其ノ漆」 (ゆる本 blog)
関わりたくは無いと直感的に思った男、貝木との直接対決。「偽物語」の第7話。 ある程度は蜂の毒を軽減したとは言え本調子にはほど遠いまま再戦に乗り出す火憐。 見つけて止める暦に実力行使で反抗する。...
偽物語 #7「かれんビー 其ノ漆」感想 (サブカルなんて言わせない!)
ようやくかれんビー編最終回いきなり壮絶な兄妹ゲンカから始まりましたよ高速道路壊れるまでの攻撃受けてまで起き上がってくるなんて吸血鬼とかそんなもんじゃ・・・所詮は火憐の行いはごっこだと必死に諭すAパートに費やすまでの時間と修理費どんだけーの方が気になって...
偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 (リリカルマジカルSS)
キス魔なお兄ちゃんとその妹による激しいバトルw もうドラゴンボールかと思うくらいの過剰なバトル演出でした(;゜д゜) これもイメージ映像?なんだろうけど、さすがにこれは凝りすぎだったような気がします(^^; 高速道路とか建物がみんな破壊されちゃいま...
偽物語 第07話 感想 (荒野の出来事)
 偽物語  第七話 かれんビー 其ノ七 感想  次のページへ
偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」で思った事。 (三次元時面 x軸+y軸+時間軸=三次元時面(造語))
第7話「かれんビー 其ノ漆」 MXにて録画鑑賞。 偽物語はやっぱり正しかったのだ。
偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 感想 (wendyの旅路)
「本物」の強さ―
偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」感想 (かて日記-あにめな生活-)
偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」感想 偽物戦隊正義マン・かれんジャー! 可憐に参上。
偽物語 7話 (アニメ徒然草)
それでも、やり抜くのだ。 というわけで、 「偽物語」7話 continueの巻。 えらくあっさりと決着つきましたが、 後味すっきりでよかったと思います。 元々、深刻な大事件ってわけでもなかったしね...
アニメ 偽物語 第07話 「かれんビー 其ノ漆」簡易感想 (とっくりん)
火燐ちゃんの戦闘力が高すぎ吹いたwwドラゴンボールかよw それと、火燐ちゃんは兄を殺す気っすかね^^;殴る音が全部重くてすごく痛そうなんだけど>< しかし、ここら一帯の壊れた高架橋はどうするんだ...
偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 感想 (ひえんきゃく)
結局、貝木の一人勝ちっぽい感じでしたね。 蟹、蝸牛、猿、蛇、猫。 直江津高校周辺に現れた怪異に関わった5人の少女の事件が解決し、 文化祭を終えた夏休み。 阿良々木暦の妹で栂の木二中のファ...
偽物語 第漆話 かれんビー 其ノ漆 (窓から見える水平線)
偽物語 第7話。 かれんビークライマックス。 以下感想
偽物語 第七話 「かれんビー 其ノ漆」 感想 (書き手の部屋)
「私を助けてくれたのが、阿良々木君で本当に良かった」 偽物語の第7話。 しょっぱなからいきなりドラゴンボール的な戦闘勃発。 ちょっと演出過多すぎね。 「いい加減にしてよ。兄ちゃんを殴る私の拳...
偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 感想 (☆*Rolling Star*☆ ~純粋に、純真に~)
これが阿良々木兄妹なのか・・ 兄妹っていうと月火ちゃんも含まれてしまうので、この場合は 暦お兄ちゃんと火憐ちゃんってことでいいのかな。 前回の「信用はしていないけど、心配はしている」と...
偽物語 第七話 「かれんビー 其ノ漆」  (つれづれ)
 え? 暦の驚きのタイミングが絶妙でしたね。
『偽物語』#7「かれんビー 其ノ漆」 (ジャスタウェイの日記☆ミラーブログ)
「本物に必要なのは、意志の強さだ」 バカいうな。痛いのは殴られた僕の体だ… 戦場ヶ原とともに、貝木に話をつけに行こうと決めた矢先、 火憐が家を出て行ってしまった! 何とか ...
偽物語 『かれんビー 其ノ漆』 (刹那的虹色世界)
偽物語 『かれんビー 其ノ漆』 ≪あらすじ≫ “囲い火蜂”の毒も癒えぬまま家を飛び出した火憐を追う暦は、忍の力も借りてようやく火憐を発見した。力尽くでも通るという火憐と、力尽くでも止めると決めた暦...
偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」 (日記・・・かも)
「私を助けてくれたのが、阿良々木くんで本当によかった」 ・アバンはバス停の待合室で火憐を発見する阿良々木から。 ・話し合いじゃ解決しないので、阿良々木と火憐のマジ喧嘩。フルボッコ過ぎるw ・...
偽物語 第07話 (まぐ風呂)
関連リンクhttp://www.nisemonogatari-anime.com/かれんビー 其ノ漆いなくなった火憐果たして無事見つけることができるのか!?とか書いたらいきなり見つかったwそれから兄妹喧嘩勃発それにしても公共物破壊されまくりですねそれにしても…死ぬ死ぬ、普通の人は死ぬよ.....
偽物語 第7話 『かれんビー 其ノ漆』 感想 (メルクマール)
この作品のテーマは、タイトルにもある通り『偽物』で、そして偽物であることは別に悪くないというメッセージがあります。 偽物語 第7話 『かれんビー 其ノ漆』 のレビューです。
偽物語~7話感想~ (ブラり写真日記~鉄道・旅・アニメのブログ。)
「かれんビー其ノ漆」 火憐を見つけた暦は、自分で解決しようとするのを止めようとする。 格闘が始まり、経験値のある火憐の一方的な展開に。 だが、暦は火憐を戒めて貝木の元へ向かう。 暦に貝木との交渉を任せる形となった。 貝木は、自分の...
偽物語 TokyoMX(2/18)#07 (ぬる~くまったりと)
第7話 かれんビー 其の漆 道で倒れている火憐を発見する暦。帰るぞ。マジで兄ちゃんと勝負するのは随分と 久しぶりだな。思いあがるな。火憐にボコボコにされる暦。それでも立ち上がる。 忍から痛みも同じく感じるのだからと文句を 言われる。ワシが出て行っても良い...
偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 感想 (今、最高か――。)
火憐「考えてみりゃ兄ちゃんとマジで喧嘩するの久しぶりだな!」 これはバトル展開キタ――(゜∀゜)――!!
偽物語 第七話「かれんビー 其ノ漆」 (無限回廊幻想記譚 別宅)
熱が収まらないまま家を飛び出した阿良々木火憐を発見した阿良々木暦は火憐を連れ戻そ
偽物語 7話 「かれんビー 其ノ漆」(アニメ感想) (アルベロの雑木林)
阿良々木君と火憐のバトルシーンのオーバーアクションにあっけにとられた。 このアニメでコンクリにめり込む阿良々木君とか見れるとは思わなかった。 サブタイトルは「かれんビー」なんだけど、 結局はガ...
偽物語 第7話 (あ゛ぁやっちゃったなぁ… ぉぃ… な毎日w)
「かれんビー 其ノ?」 今夜は私に優しくしなさい ひたぎの照れた顔が可愛いです.+(´^ω^`)+. これが彼女の条件ですか^^  最初からは言えないですな( *´艸`) 失踪した火憐を見つけた暦、妹を護るために必死の戦いw 体調がよろしくないのにベ...
偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」 (隠者のエピタフ)
時にガラスのダイヤモンドは本物よりも眩い光を放つ。 偽物語 第7話の感想です。
偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」 レビュー・感想 (ヲタブロ)
―本物に必要なのは意志の強さ― どんなに強くたって、どんなに自分の中の正義が高潔なものであってもそこに自分の意志それも不屈の意志がなければ本物の正義の味方ではない・・・ ...
偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」 (SERA@らくblog)
▼ 偽物語 第7話 「かれんビー 其ノ漆」  暦に発見された火憐ちゃん。 止めようとする兄に抵抗する妹。 どこにでもあるような兄妹の喧嘩となるんだけど。 この兄妹がやると まるで大災害ですねw ...
偽物語 第7話 かれんビー 其ノ漆 (ゲーム漬け)
火憐を見つけた暦ですが、道端で倒れ伏す火憐からの言葉は、「よぅ…、キス魔…」と… だから、そのシーンを見せてくれ… 話は平行線で、暦を倒して行こうとする火憐。 建造物が ...
偽物語 7話「かれんビー 其ノ漆」 (新しい世界へ・・・)
火憐と暦のバトルシーンにおける動きがいいですね! スピード感もなかなかだったなぁ。 「偽物語」第一巻/かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray](2012/04/25)神谷浩史、喜多村英梨 他商品詳細を見る
偽物語 第07話 『かれんビー 其ノ漆』 (こいさんの放送中アニメの感想)
褒めて。当初はボロクソ言いまくり&暴れまくりで最後は「好き」で締める。このアニメのヒロインはそういう傾向がある様です。流石に全員ギャップ効果狙いだと暦も対応に慣れてきた模様ですね。ハイハイどうせ俺のこと好きなんでしょ、ってな具合です。  さあ、戦い...
偽物語 第7話 感想「かれんビー 其ノ漆」 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
偽物語ですが、阿良々木暦は火憐のバトルによって道路が破壊されていきます。火憐は逆立ち蹴りやフランケンシュタイナーなど大技も発動させますが、暦は火憐の正義など自分の為ではなく他人のものだと否定します。 暦は戦場ヶ原ひたぎと二人で詐欺師・貝木をとっちめにい...
偽物語 第7話 かれんビー 其ノ漆 感想 (ようちゃん×ようちゃん)
いい最終回だった。 ひたぎさんのけじめとファイヤーシスターズの新たな旅立ち見届けることが出来てよかったです。 ファイヤーシスターズが全裸で寝ていたのはワロタwww
偽物語 第7話 あらすじ感想「かれんビー... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
かれんビー最終回!!止める兄と、従うことを拒絶する妹。勝負を仕掛ける火憐に対し、兄の余裕を見せる暦。だが、火憐にだって意地がある。この戦いだけは負けられない!!「かっこ...
偽物語 第7話 あらすじ感想「かれんビー 其ノ漆」 (★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★)
かれんビー最終回!! 止める兄と、従うことを拒絶する妹。 勝負を仕掛ける火憐に対し、兄の余裕を見せる暦。 だが、火憐にだって意地がある。 この戦いだけは負けられない!! 「かっこいいよ、お前」 妹じゃなきゃ惚れてたかもなって、暦の賛辞に答える形....
『偽物語』 第7話 観ました (「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋)
火憐ビー編終了でした。 割と大仰に話が盛り上がっていた割には解決があっさりしていたなと原作を読んでいても思ったのですが、アニメ化されてみてもその印象は変わらない感じですね。とは言うものの、アニメ化されて初めて気がついたこともあるので、やはりこの作品は凄...
「偽物語」第7話 (日々“是”精進! ver.A)
本物に、なるために… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202190000/ 「偽物語」 第二巻/かれんビー(中)【完全生産限定版】 [Blu-ray] アニプレックス 2012-05-23 売り上げランキング : 2 Am...
偽物語 【第07話】 感想 (Loving You)
ルビジウム
偽物語 第7話「かれんビー 其ノ漆」 (明善的な見方)
かれんビー(上)【完全生産限定版】 [Blu-ray]大災害を引き起こす兄妹ゲンカと悪に立ち向かう悪意。 いったい、誰がラスボスなのか分かりませんね(苦笑
偽物語 第七話 感想 (生ハムのブログ)
かれんビー、ついに決着。何気に全シリーズ通してキモになる回ではないでしょうか。 原作通りのあっさりさが、上手いこと演出されていましたね。 貝木さんの声優は本当にうまいなぁ。 上手い棒読み、とはまさにあのことなのだろう。 忍ちゃんの声も大分しっくりく...
(アニメ感想) 偽物語 第7話 「かれんビー其ノ漆」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
「偽物語」 第三巻/かれんビー(下)【通常版】 [DVD](2012/06/27)神谷浩史、喜多村英梨 他商品詳細を見る 阿良々木火憐を止めるべく、兄として立ちふさがる阿良々木暦。 「勝った方が正しい」そう言い放...
偽物語 #7「かれんビー其の漆」 (がっちの言葉戯び)
というわけで、毎週遅れています「偽物語」感想戦。 「かれんビー」最終話でございますね。 正直「つきひフェニックス」4話で足りるのか激しく不安でございますが。 言っても詮無きこと。 兎にも角にも本編を見ていきましょう。 これで兄妹バトルが端折られてい...
「偽物語」07話の感想 (最新アニメ・マンガ 情報局)
 偽物語 第七話「かれんビー 其ノ漆」、観ました。阿良々木火憐を止めるべく、兄として立ちふさがる阿良々木暦。「勝った方が正しい」そう言い放つ火憐の言葉に対する、暦の返答とは?そして暦は、戦場ヶ原ひたぎと共に、貝木と対峙することに・・・・