コツコツ一直線

好きな作品をアニメ・ジャイキリ・牙狼<GARO>中心に感想レビューしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

らき☆すた 第24話(最終回)「未定」

2007-09-18 21:56:40 | らき☆すた(2007春夏)・日常

 らき☆すた最終回ということで、ちょっと感想を書いてみたいと思います。見所はなんといっても「もってけ!セーラふく」のフルバージョン。見ごたえがあってここばかり見返してしまいます。EDテロップ直前までは良い最終回でした。…最後のテロップはそれまでの良い雰囲気を見事に壊してくれました。…あれに喜ぶ人がいるんでしょうか?疑問です。

 
 最終回となる今回は原作者脚本、絵コンテ監督、作監がキャラデザの人と最終回にふさわしいスタッフでした。
 話の内容は文化祭前~文化祭当日の始めまでの出来事が描かれていきます。そしてこなた達はパティからの提案で文化祭のオープニングセレモニーに出ることになることになります。メンバーはやっぱりOPの10人。
 始めの方で面白かったのは、みゆきがクラスの出し物の「桐箪笥の歴史と作りかた」をプッシュしているところ。ひとりは悲しい…。結局出し物は占いに。でもその後のこなたの励ましがナイスでした。あと参加を渋っていたこなたが、平野さんの握手会のチケットに釣られて参加を決めてしまうシーンや、かがみがこなたの押しに負けて「分かったわよ!やるわよ!」と参加を決めてしまうところが好きです。見事なツンデレぶりでした。ここのこなたのしんみりした様子も良かったかも。その後もかがみは練習で人一倍はりきっていたりと、何だか微笑ましい感じがしました。良いキレっぷりでした。やっぱりかがみはしっかりものですね。かがみはやっぱり良~。
 それからは文化祭へ向けての準備が着々と進められていく様子が。チアの練習中の胸話が面白かったです。みなみがまた…。ここでチアの衣装もおひろめになります。デザインはもちろんOPのもの。でもデザインがひより兄だったというのは驚き。やっぱりそういうことだったんですね…。
 その次は各々の家族の様子が。こなたの、父に対する「常識の範囲内」という言葉はごもっともでした。柊家では昔の文化祭について。マンガ喫茶の話が面白かったです。みゆき家ではやっぱりみゆきが「桐箪笥の歴史と作りかた」にこだわっていました。みゆきのこういうところは好きです。その後のみゆき母のツッコミがまた面白かったです。確かに面白くないですね…。

 そして話は文化祭の生徒限定公開の日に。一般公開日に向けての準備が進められていきます。そして各々の出し物の衣装も上がってきます。お化け屋敷をするという、かがみの衣装は何だかすごいですね。ワラ人形とろうそくが~。こなたの長門のコスプレはまあ期待通りでした。制服も着て、ステッキも持っています。やっぱりこうきたらこうでないと。長門のモノマネも良い感じでした。その後ゆたか・みなみも登場。宝塚ばりの衣装です。これは本当にひよりの趣味なんだな~という感じで。かわいかったです。
 この後こなたはパティと田中に連れられ「小神あきらのステージ」へ。遂にらっきーちゃんねるが本編に!!その後あきらと白石みのるのステージ前の打ち合わせのシーンが。あきらは「三十路岬」を歌うらしいです。2人は前回のゴトゥーザ様の仲介があったのに、険悪なムードのままです。でもここのシーン、白石みのるの目が空いている上に(妙にカッコ良い)何だかあきらに良い具合につっぱっていて、不覚にも「これはこれで良いかも…」と思ってしまいました。最後の最後でちょっと良かったかも。
 で、ステージですが、ダンボールの「らっきーちゃんねる」の看板から始まり、リハーサルなので出だしで歌が終わり終了に。これにあきらはキレて、白石とまた本音爆発の口論になってしまいます。こなたが微笑んでいるのがちょっと気になったり。あきらの出番はここで本当に終了。何だか最後まで可哀想な役回りになってしまいました・・・。
 
 その日の午後こなた達は明日のリハーサルを行うことに。今まで成功したことがなかったダンスに挑む前のみんなの会話が高校生らしい会話で良い感じでした。パティの言うことも良い言葉でした。
 その後遂に「もってけ!セーラーふく」のフルバージョンのお披露目が!!パティが提案するのだからきっと「もってけ!セーラふく」を踊るんだろうなと最初から思っていましたが、そんな考えを吹っ飛ばすくらいに良い出来栄えで見入ってしまいました!とにかく動きがかわいくて、すごいと思います。今までOPで一部を見ていましたが、これは一見の価値があると思います。個人的にはみなみに目が釘付けに。無表情にあのダンスをするみなみが何故か好きです。とにかく、今後このダンスを踊る人が増える予感がします。
 そんな感じでダンスは無事に成功して、一同は喜びをかみしめます!そんな一同の様子を見て、先生が飲み物をおごってくれることに。
 その後、こなた達は文化祭の準備に追われる学校をみて何かを感じます。そんな中学校を見ての「何となく不思議」「しんみりする」「祭りは準備している時が一番楽しい」といった4人の会話にはしんみりするものがありました。これは分かるような気がします。何事も準備しているときが一番ワクワクする気がします。

 そうして当日。本番を前にしてみんなとても緊張気味でかたまっています。ですが、そんな中白石の携帯(着信が白石のミクル伝説!)が鳴りみんな笑ってしまいます。でもこれにより皆緊張が取れ、笑顔に。そして舞台の幕が上がります―――。
 でもEDにはドン引きです…。何故最終回でも白石のワンマンショー。お願いですから空気をよんでください・・・。普通にリハーサルの「もってけ!セーラーふく」を流しつつ、会場の様子を映せば良い余韻できたんじゃないかと思うのですが・・・この終わり方は白石以外に一体誰が喜ぶのか、スタッフは一度考えて欲しいと思います。そして白石EDにのってらき☆すたは終ってしまいました・・・。本編はそれぞれのキャラがしっかり描かれていて良かったのに、EDが台無しでした。


 最後に今までの「らき☆すた」を見ての感想を。私は始め1話を見て何だかゆるすぎて眠くなり、らき☆すたはもう「OPだけでお腹いっぱい」と1話で切ろうかと考えていました。でも1話で切るのはまだ早いと思い見続けていったら、次第に次の放送が気になりだし全話見てしまいました。さり気に面白いアニメといった感じでした。
 途中「ハルヒ」「アニメ店長」に存在をくわれそうになっていたような気がしましたが、後半はちゃんと「らき☆すた」だったと思います。自重しろと言われがちだったパロ関係ですが、ハルヒパロはやっぱりファンとしては嬉しかったです。声優さん5人が皆でたのも。
 途中監督が変わるといった騒動がおきましたが、私は監督が変わってから何だか見ているときの「だるさ」が解消されてきたのでこれはいい交代だったと思います。何か話のテンポ・リズムが良くなった感じがしました。でもヤマカンがずっと監督をしていればどういう作品になったのかはそれはそれで気になります。
 あと聖地巡礼が話題になっていましたが、最近こなたが住んでいる街に、私は昔住んでいたということが最近分かりました。言われて見ればこなたが踊っているところ「権現堂」で、あの商店街にも見覚えが・・・。久喜にも何度か行きました。まさかあの街がアニメの舞台になる日が来ていたとは・・・本当に驚きです。ちなみにアニメ中こなたがアニメ関係物に関して「地元じゃ売っていない」と言っていましたが、これは本当です。確かにマニアックな本は中々売っていませんでした。実際私もそれで困っていたりしましたから、よく分かります。作者の方はこの街をよく分かっているなと思いました。

 とにかく「らき☆すた」には毎回楽しませてもらいました。
 ではこの辺で。半年間ありがとうございました~。

 


コメント (3)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« おお振り絵 その1 世界の... | トップ | キスダム -ENGAGE planet- 第... »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (9mm)
2007-09-20 00:22:47
本編を見ていて自分の高校時代の文化祭の準備を思い出して少し懐かしい気持ちになりました。
EDはたしかに最終回なのにまた白石なの!!ってがっかりしましたね。今回はOPを省いてたのでEDでもいつもと違う感じでやってくれるんではと期待していたのですが残念でした。
Unknown (通りすがり)
2007-09-20 12:58:01
意味無く補足ですが歌ってた曲は
終わらない学園祭の
「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」のEDソングだそうです
学園祭つながりってことでしょうかねえ
あんな歌唱ではげんなりですが(苦笑
コメントありがとうございます! (管理人:ソウキ)
2007-09-20 22:13:42
>9mmさん、コメントありがとうございました!やっぱり今回の放送を見ていると高校の時の文化祭を思い出しますよね~。私も遅くまで残った時の楽しさを今でも覚えています。
EDはもうガッカリとしか…。私も見ている時、OPがない分、EDはいつもと違うことをやってくれるんだろう!と思っていたので、その分凹んでしまいました。OPを最後に流してくれればよかったんですけどね~。


>通りすがりさん、コメントありがとうございました!
白石が歌っていたのは、うる星やつら2のビューティフルドリーマーのEDだったんですね。ショックであまりよく聴けませんでした…。
選曲に関しては、確かに文化祭つながりですし、選曲は良かったのかもしれませんね。らき☆すた前半の頃のカラオケだったらバッチリだったのにと思ってしまいました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

14 トラックバック

らき☆すた 第24話(最終話) (方丈にて徒然なるままに)
最終回です。率直に申し上げますと、かなり感動しました。第1話レビューで「これアニメにする意味あるのか?」というような意味の感想を述べておりますが、今日最終話をみて、その発言を撤回します。
こな☆かが 24話(最終話) 『此方と鏡』 (白狼PunkRockerS)
俺はこれから何を支えに生きていけばいいんだい? もうこなたとかがみが見れないなんて・・・ なんだこの喪失感・・・
らき☆すた 第24話(最終話) (沖磨純雲 -おきまもとん-)
第24話『未定』 桜藤祭は陵桜学園。 藤桜祭は日大藤沢。 だから何?って言われても困ります(汗) パトリシアのアイディアでチアをすることに。 こなたは平野綾握手会のチケットで買収、 かがみも何だかんだで参加w
らき☆すた 第24話(最終回) 「未定」 (中濃甘口 Second Dining)
もう、終わりだね・・・ 私にとって怒涛の1週間が終わり、らき☆すたも今回で最終回です。 思えばこの番組、というか今期、まともに感想書けなかった・・・orz そんな私でも、速攻...
最終話 らき☆すた 24話 『未定』レビュー。 ((*´0`*)おはよーブログ)
半年間お疲れ様でした♪。 ★らき☆すた最終話レビュー★
らき☆すた 第24話 「未定」 (独り言の日記)
 らき☆すたも最終回を迎えました。  時は桜藤祭の本番前。  こなたたちは3年最後の桜藤祭の思い出を残したく、パティの誘いでチアガールに参加します。  今回は、殆どのキャラが総出演。  こなた、かがみ、つかさ、みゆきさん。  ゆたか、みなみ、ひより、...
らき☆すた 第24話 最終回感想 (荒野の出来事)
 OPがそのまんま伏線です!  話的には実に最終回らしい話でした!!まあ欲を言えばもう少ししっかりした形にして欲しかったですが、『らき☆すた』ならばこれが妥当かと・・・。  登場メンバー一同の魂の結晶を見
(アニメ感想) らき☆すた 第24話 「未定」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
らき☆すた 4 限定版 文化祭のシーズンがやってきた。こなたのクラスの出し物は占いの館に決定。一方ゆたかはパティに誘われ、チアダンスをする事を決意するが面子が足りず・・・。
「らき☆すた」24話 未定 (蒼碧白闇)
サブタイの未定って何が未定なのかと思ってたら将来とか未来がって意味か。放送内容とかが未定なの?とか思っちゃってたよ。 あのOPのダンスで締めるのをあらかじめ考えてたんだな。ハルヒの時のEDのダンスがあったから1話
らき☆すた 第24話「未定」 (エンドレス・ナイトロード)
最高とは言えないけど、すばらしくはあった! 『終わり方』にはもう少し違う感じでも…とは思ったけど、今回の『未定』と第22話『ここにある彼方』の2つは最強のストーリーだった! …ただ、この2つのストーリーのオチは良いとは評価できない。 なぜなら、『ここにあ...
らき☆すた 第24話 「未定」(最終回) (アニメって本当に面白いですね。)
らき☆すた   評価:3.0~3.5   []   チバテレビ : 04/08 24:00~    サンテレビ : 04/10 24:00~   テレビ埼玉 : 04/08 25:30~    東北放送 : 04/10 26:00~   RKK熊本放送 : 04/08 26:20~  東京MXテレビ : 04/11 25:30~   テレビ...
大祭の終幕(らき☆すた最終話) (BLOG不眠飛行)
こなたがくれた想い出は どうしてこんなに大きくて こなたがくれた思いやり どうしてこんなに温かい 会うたび時間が巻き戻るように 幼い自分が駆け出し笑う 抑えた気持ちが頬つたう それがこなたとのいつものs
らき☆すた 第24話 「未定」 (空色☆きゃんでぃ)
みゆきさんだけ、ぶるんぶるん。
らき☆すた 第24話 「未定」 (日頃CALAMITY)
第24話 「未定」(最終回) 最終回は文化祭の話。パティーがチアをやろうとしたのがきっかけ・・・ ▼fc2ランキング