秘密儀軌

仕組みの会佐田靖治の秘密儀軌ツアー第二拠点
ここで言う秘密儀軌とは仕組みの事、それに関わる情報やトピックスを紹介。

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行21

2018-12-25 14:42:19 | 日記

 グーグルのブロガーからのつづき

 

 つぬぶて山神行 二十一番 白馬岳

 

 白馬岳に、アメリア大神、ナポレオン大神お出ましになられましたご様子に大きく安堵致しました。つぬぶて山神行のお立ち会い致しました、十神界でございます。

 ご両神の気力あふれますご様子は、つぬぶて山神行への意欲でもあられまして、ご挨拶致しまして、御神座へとお勧め致しました。集いました事情抱えたる者達に、より近くへと申されまして、正礼致しましてご神行に入られました。

 生じますみ光変化始めますと、つぬぶて山領域が広がりました事は驚きました。集います者も増えまして、ご両神の祈りさらに気迫に満ちておりました。生じますみ光激しく変化致しまして、強く多くを重ねまして、白馬岳に極みのみ光満ちあふれ生じ続けまして、つぬぶて山神行成就致しました。ご確認致しまして、ご報告申し上げます。

                           十神界

 佐田靖治御大師

                      神行日 平成三十年十二月二十三日 

 

 

                        続きはエキサイトブログへ。

コメント

秘密儀軌ツアー 二−26−b14

2018-11-07 09:38:23 | 日記

ナポレオンの四十九日行 十四巡目の二

 

 ヤフーブログからのつづき

 

 六月二十一日(三十八日目ー六日)は佐田の公共私有地でトレーニング、ということで四十九日行は休みとなった。とにかくナポレオンの場合は普通の四十九日ではないので、こちらもどう調整していいのかわからないままの進行であった。

 明くる六月二十二日(三十九日目ー七日)は木星の衛星ガニメデの探訪ということで、朝九時に五十名ほどで出かけていった。ガニメデは衛星ではあるが、佐田の調査によれば十神界の内の九番目の星で、惑星扱いということになっている。というのも太陽系は神の仕組みで失敗して、二度の崩壊を経ているからで、木星の衛星ガニメデと土星の衛星タイタンは一度目の時の惑星だった可能性があるのである。

 旧体制宇宙では太陽系には十二惑星があるとされていて、以前は冥王星が九番目とされていた。今では冥王星とその連星であるカロンは準惑星とされて、正規の惑星ではなくなっている。十二惑星は今でも探し続けられているが、佐田の調査ではもうとっくに十二星は見つかっている。それは太陽系の二度の仕組み的崩壊を前提にしなければ、決して見つからないだろう。

 

                        続きはniftiココログへ。

コメント

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行12

2018-10-23 15:21:33 | 日記

ヤフーグログからのつづき

 

つぬぶて山神行 十二番 羅臼岳

 

 謹みましてご報告申し上げます。

 羅臼岳に、ナポレオン大神、アメリア大神のお出ましをいただきまして、つぬぶて山神行のお務めをいただきました。お立ち会い致しました、十神界でございます。

 つぬぶて山神行の意義と回重ねますほどに、力いただきます現状に自負致されますご両神であられましても、羅臼岳のつぬぶて山にはたじろぎを感じられたようでございますが、幾たびも調整致しまして御神座にお定まりなられました。

 ご神行を修めましたのちに問われました事は、実力が及びませんという選択肢はありませんかとのことでございました。

 祈り深められまして、生じますみ光しばらく何事の変化もありませんでしたが、じっくりと祈り継続されまして、み光の変化少しずつ致しましたのち、羅臼岳に極みのみ光満ち始めまして、つぬぶて山神行成就致しました。ご確認致しまして、ご報告申し上げます。

                           十神界

 佐田靖治御大師

                      神行日 平成三十年十月二十一日 

 

                       続きはniftyココログで。

コメント

ナポレオン大神とアメリア大神によるつぬぶて山神行5ー2

2018-09-06 08:48:17 | 日記

 

ヤフーグログからのつづき

 

つぬぶて山神行 佐田の解説

 ナポレオンとアメリア大神セットのつぬぶて山神行について、こちらの感想と周辺の状況を報告しようとしたのであるが、とめられてしまって今日になってしまった。こちらの思い通りにさせてくれると、もう少し面白い仕組み情報が出せるのだけれども、旧体制側にしてみるとそれが耐えられない苦痛になるらしい。破滅して狂っている相手なので、下手なことをすると何が起こるかわからないので、あまり乱暴なことはできないということで、遠慮しながらの報告である。

 神行のご挨拶があればそれだけでもう十分なのではあるが、五回が終わってからお前の分を書かせてやると言われて待ったので、その約束分を払ってもらうことにした。やめるのもしゃくなので。

 富士山周辺が佐田がらみの仕組みの特別地域になって、つぬぶて山神行が必要になってきたのであるが、その進行と共に富士山の重要拠点に、総合先導役の保護区が増え続けてきている。それと同時にナポレオンの教師となっている伊達政宗公にも、世界への舞台が開かれ始めている。先日はエベレストに招かれたとのことであった。

 

              続きはniftyココログで。

コメント

ナポレオンとアメリアの結婚式2

2018-08-10 08:53:42 | 日記

 ヤフーグログからのつづき

 

 前日の話し合いで、待ちきれない結婚式を、もう準備がすべてできているから、明日にでもしたいという意思表示がなされた時、ナポレオンとアメリアの新しい動きが始められたのであった。

 明くる八月四日、朝方の宇宙の仕組みの公式行事が終わるとすぐ、結婚式は始められたのであるが、忍野神社は日本式だし、狭いので、ヨーロッパ出身の二人には、もう一つ身に添わないものがあるので、忍野神社の前庭で洋式の結婚式をすることになっていた。

 日本ではお披露目の形のお色直しのウエディングドレスということであったが、外国の二人は野外結婚式のつもりなのであった。しかし場所が狭いので、たくさんの参列希望者がさばききれなくて困っているのだった。

 公式行事を終えて一寝入りしていた佐田が起こされたのは十時二十五分、神前結婚式が終わった頃であった。それ以降の進行がお手上げになっている状況を聞かされた後、そこから佐田流儀の儀式が急遽導入されることになっていったのだった。

 

                     続きはniftyココログへ。

コメント