robo8080のブログ

ロボット製作や電子工作など。

mbed HRM1017 + RCBController で、タミヤのタンクを動かしてみた。

2014年12月06日 | 電子工作

mbed HRM1017 + RCBController で、タミヤのタンクを動かして見ましたので紹介します。

使用したもの

・Bluetooth LE対応のiPhone/iPad

mbed HRM1017 (Bluetooth LE対応のマイコンモジュール)

デュアルモータードライバTB6612FNG 

BLE_RCBController2_Motor (RCBControllerでモータを制御するためのmbed HRM1017用ファーム)

RCBController (iPhone/iPadをゲームパッド風にするアプリ)

・モバイルバッテリー(HRM1017用)

・エネループ(モータ用)

・電池BOX (SW付が便利)

・タミヤの「ダブルギヤボックス」または「ツインモーターギヤーボックス」と「トラック&ホイールセット 」

・その他 ブレッドボード、ケーブル類

 


 制作手順

手順1:mbed HRM1017にファームを書き込む

ここからファームのソースをmbedコンパイラにインポートし、コンパイル&書き込みをします。

mbed HRM1017の使い方はこちら

手順2:mbed HRM1017とデュアルモータードライバの配線

mbed HRM1017とデュアルモータードライバをこのように配線します。

ノイズ対策のコンデンサーは必要に応じて適宜取り付けてください。

 

手順3:配線とファームの動作確認

RCBController をiPhone/iPadにインストールして動作確認をしてみます。

iPhone/iPadでRCBControllerを起動して接続、左十字ボタンでモータが動けばとりあえずOKです。

 

手順4:車体組み立て

車体を組み立て、ブレッドボードその他を取り付けます。 

私は手抜きで両面テープで固定しただけです。

mbed HRM1017とモバイルバッテリーはUSBケーブルで接続します。

 

  

手順5: 完成後の調整

電源は mbed ー>モータの順に投入。切るときはその逆の順番です。

iPhone/iPadでRCBControllerを起動して接続、十字ボタンで操縦できればOKです。

モータの回転方向が違っているときはモータドライバとモータの配線を逆にしてみてください。

 


RCBControllerでの操縦には次の4種類あります。

それぞれ動きが異なりますので試してみてください。

・左十字ボタン

・左のみアナログ

・右のみアナログ

・両方アナログ 

動画はこちら。 

mbed HRM1017 + RCBController で、タミヤのタンクを動かしてみた。

ー以上ー 

 


参考リンク 

mbed HRM1017(Bluetooth LE対応のマイコンモジュール)

RCBController(iPhone/iPadをゲームパッド風にするアプリ)

 


最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お教えください。 (KIKU)
2015-08-04 12:53:21
robo8080様、お世話になります。 
・BLE_RCBController2_Motor (RCBControllerでモータを制御するためのmbed HRM1017用ファーム)をコンパイルするとBLEDevice.hが見つからないというエラーが出てしまうのですが、どうすれば良いのでしょうか? 対処方法をお教えください。
Re:お教えください。 (roboz80)
2015-08-04 19:03:33
mbedやBLEのライブラリ類を最新版にアップデートするとコンパイル出来なくなります。インポートしたものをそのまま使ってみて下さい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。