珍蘭・珍植物栽培日記

珍蘭・珍植物(と思っている)の栽培日記

いい香りのある大輪花

2022-08-30 06:36:12 | 日記
クリナム・パウエリー(Crinum x powellii、ヒガンバナ科)は、日本に自生するハマユウと近縁の植物です。
花径13cmの大きな花は、中心に向って薄いピンク→白→薄緑ときれいなグラディエーションを描き、またいい香りがあります。
球根も大きく直径10cm以上もあります。

2022/8/26撮影

燃え立つような赤い花

2022-08-28 05:13:02 | 日記
燃え立つような赤い花のアフェランドラ・アルボレア(Aphelandra arborea、キツネノマゴ科)。
一つ一つの花の寿命は短いですが、花の数が多いので、かなりの期間楽しめます。
原産地は南アメリカや西インド諸島だそうです。

2022/8/22撮影


2022/8/23撮影


ウツボカズラがゴキブリを捕らえた

2022-08-27 04:55:13 | 日記
ウツボカズラ(Nepenthes x louisa、ウツボカズラ科)がゴキブリを捕らえていました(右の捕虫嚢)。
このウツボカズラは捕虫嚢が比較的大きく、長さ:15cm、直径:5cm程度あるので、
ゴキブリも捕まったのでしょう。

2022/7/27撮影

クルクマ

2022-07-28 05:57:34 | 日記
クルクマ(Curcuma petiolate ‘White’、ショウガ科)の花が開きました。
この植物は寒さには弱いですが暑さには強いようです。

2022/7/23撮影

花火?

2022-07-25 05:49:48 | 日記
まるで夜空に上がった花火のような花、スカドクサス・マルティフローラス(Scadoxus multiflorus、ヒガンバナ科)が開花。
ボール状の花の直径は約15cmあります。
アフリカ南部やアラビア半島に自生しているそうです。
花がしぼむ頃に葉が出てきます。

2022/7/14撮影