珍蘭・珍植物栽培日記

珍蘭・珍植物(と思っている)の栽培日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

デンドロビウム ストラティオテス

2015-11-30 22:13:19 | 日記
デンドロビウム ストラティオテス(Den. stratiotes)です。
デンドロビウム属の中のスパチュラータ亜属の一種で、スパチュラータの特徴である花弁がねじれて上を向く形がよく出ています。
大柄な種で、バルブは大人の背丈ほどもあります。
スパチュラータの中では比較的育てやすく、年に2、3回花を付けます。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

変わった花型のデンドロビウム

2015-11-28 22:37:36 | 日記
変わった花型のデンドロビウム:デンドロビウム・テトラゴナム(Den. tetragonum)です。
種小名のtetragonumは、バルブの断面が四角形であるため。
1本のバルブに2年以上にわたって何回か開花し、開花の際は各バルブに一斉に花が付きます。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

赤花のデンドロキラム

2015-11-09 23:33:24 | 日記
赤花のデンドロキラム:デンドロキラム ウエンゼリー(Dendrochilum wenzellii、ラン科デンドロキラム属)です。
デンドロキラムの花は、黄色や肌色等のうすい色が多いですが、この種はデンドロキラムでは珍しい赤花です。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バルボフィラム トリコルノイデス

2015-11-09 02:51:33 | 日記
バルボフィラム トリコルノイデス(Bulb. tricornoides、ラン科バルボフィラム属)です。
花はきれいですが、独特のにおい(臭い!)があります。また花茎はたくさん出ますが、花期が短いため咲きそろいにくいのが難点。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ネオスティリス ルー・スニアリー

2015-11-09 02:35:43 | 日記
ネオスティリス ルー・スニアリー(Neostylis Lou Sneary、ラン科・ネオスティリス属)です。
フウラン(V. falcata、旧名Neof. falcata、下記)とリンコスティリス セレスティス(Rhy. coelestis、最下段)の交配種で、花型はフウランの、花色はリンコスティリス セレスティスの形質を、それぞれ受け継いでいるようです。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする