珍蘭・珍植物栽培日記

珍蘭・珍植物(と思っている)の栽培日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バルボフィラム ロンギフローラム ’ナカトウ’

2015-08-29 22:59:22 | 日記
バルボフィラム ロンギフローラム ’ナカトウ’(Bulb. longiflorum 'Nakato`)です。
他の個体に比べて花色が変わっているのと側萼片(下に突き出た花弁のようなもの)の先が丸みを帯びているのが特徴でしょうか。


ロンギフローラムには上記の個体('Nakato`)の他にいくつかの個体や変種が出回っており、下記の二つはその例です。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花茎の長さ1.6mのオンシジウム

2015-08-27 23:26:57 | 日記
オンシジウム・リューコキラム(Onc. leucochilum)です。
花は小さく、輪数もそれほど多くはありませんが、花茎が長く伸びます。
計ったら約1.6mありました。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

花弁のカールがきれいなデンドロビウム

2015-08-27 23:14:39 | 日記
スパチュラータ系のデンドロビウムDen. Twitee x Black Spider x Bundy's Twistです。
スパチュラータ系の花は花弁や萼がねじれるのが特徴で、この花は特に花弁のカールがきれいに出ています。
花持ちもよいので長く楽しめます。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

長い蔓の先に緑の花

2015-08-09 22:18:43 | 日記
時には1mを超える長い蔓の先に緑の花が咲くエランテス・グランディオセ(Aeranthes Grandiose)です。
エランテスの原種Aeranthes grandifloraとAeranthes ramosaの交配で、花茎が長く垂れ下がるのはramosaの性質を受け継いだようです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

夏向き(?)のカトレア

2015-08-09 22:02:28 | 日記
夏向き(?)の涼しげな花:ブラソカトレア・フックス・スター(Bc. Fuchs Star)です。
交配親は、ブラサボラ・ノドサ(B. nodosa)とカトレア・マキシマ・アルバ(C. maxima alba)で、どちらも白または緑ですが、子は写真のようにリップにピンクの筋が出ています。ブラサボラ・ノドサは劣性遺伝子としてこの色を持っているようです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする