珍蘭・珍植物栽培日記

珍蘭・珍植物(と思っている)の栽培日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カタセタム・ペナン(Catasetum Penang)

2013-08-31 15:18:51 | 日記
暑い中、カタセタム・ペナン(Catasetum Penang)が開きました。
いつもはリード(葉芽)が出てそのリードの下部から花芽が上がり、7月の初めころに開きますが、今年は花芽のかわりにもう一つリードが出て、そのリードの下部に花芽がついたので、今頃花が開きました。
リップが大きく、見栄えのする花ですが、花期が短いのが欠点で、完全に開いているのは1日程度です。
この種は交配種で、Catasetum pileatumという原種を交配親としていますが、このCatasetum pileatumもきれいな花で、中南米に自生し、ベネズエラの国花となっています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バンダ・トリカラー(V. tricolor)

2013-08-29 20:40:57 | 日記
1週間ほど前からバンダ・トリカラー(V. tricolor)が咲いています。
強烈な香り(石鹸の香料のような)があり、他に香りのある花が咲いていてもわからなくなるほどです。
香りのある蘭には珍しく、開花期間は長いです。
また花弁の裏と花柄は真っ白で、花柄が花茎につながるところでは見事に色が切り替わっています(写真参照)。
またバンダには珍しく、鉢植えでも根腐れしにくく、丈夫で育てやすい蘭です。
花つきもよく、年に2、3回咲きます。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

スタンホペア・イノドラ・アルバ(Stan. inodora fma. alba 'Tokyo')

2013-08-18 19:46:25 | 日記
一昨日、スタンホペア・イノドラ・アルバ(Stan. inodora fma. alba 'Tokyo')が開きました。
野生種は赤茶色の斑点が入るようですが、これは全く斑点がなく、きれいなクリーム色をしています。
スタンホペア属は本来鉢底から花茎が出ますが、これは外に出てしまったようです。
自生地(中米)では、30mも40mもある高い木の枝に株が着生していて、そこから花が垂れ下がって咲くようです。
この花を見て、そんな自生地の光景を想像していると少しは涼しくなるような気がします。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

デンドロビウム・スミリエ(Den. smillieae)

2013-08-15 13:54:48 | 日記
暑いさなか、デンドロビウム・スミリエ(Den. smillieae)がやっと開きました。
あまり花つきのよくない種ですが、今年も3花茎咲きました。
蕾が見えてから2か月くらいかかったでしょうか。
開花には時間がかかりますが、蕾の時からきれいなピンク色に染まり、長く楽しめます。
開花した花もきれいで、これを見ていると一瞬暑さを忘れます。
欠点は背が高いことでしょうか。バルブは1m近くあります。
(2013.8.11撮影)
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Pyp(サイコプシス)が咲きました。

2013-08-10 22:40:04 | 日記
Pyp(サイコプシス)が咲きました。
7月の初めにも蕾が上がったのですが、開花直前でしぼんで落ちてしまいました。
たぶんその頃猛暑日が続いたので、暑さにやられたのだと思います。
2週間ほど前に、また蕾が膨らんできたので、今度は大丈夫かなあと心配しながら見守っていました。
幸いこのところの涼しさのおかげか4,5日前に写真のように無事開花、ホットしました。
この品種は「Pyp. Mariposa‘Alba Form'」というアルバタイプで、花に茶色の斑点がなく、レモンイエローのきれいな色をしています。
昨日からまた猛暑がぶり返したので、また花落ちしないか、チョット心配。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする