今すぐ君に会いに行こう

のんびり気ままに適当に。
雑談・余談・独り言中心。
気まぐれ更新。

服部良一先生没後20年

2013-07-06 14:12:29 | 事務所 
昨日、読売朝刊に「服部良一没後20年」と言う記事が掲載されていました。




服部先生がお亡くなりになってから20年だそうです。

歌い継がれるメロディーは今も斬新に響くと。

ここ最近、レコード会社3社から新たな全集が出たもよう。

記事には、服部先生の詳しいことが掲載されているのですが、
記事全体の3分1は「深い縁 ジャニーズもカバー」と言う内容の記事でした。


「ジャニーズ・ワールド」で服部良一先生メドレーが途中から導入されたし、
2006年の「滝沢演舞城」初演でも、ちびっこ達による服部良一メドレーがあったと思う。

何故に服部先生の曲をジャニーズのタレント達が歌うのか。

この記事で、そのご縁を知ることができました。


服部先生とジャニー氏は、服部先生のアメリカ公演で出会ったそうです。

当時、ジャニー氏は10代でロサンゼルス在住。←70年ほど前のことでしょうか。

冷房の効かない会場のため、ジャニー氏がアイスキャンディーを届けたところ、
服部先生は「子どもにアイスを貰っちゃった」と喜んだそうです。

その時にジャニー氏が、服部先生のピアノ弾き語りで聴かせてもらった曲が「胸の振り子」だそうです。

ジャニー氏は帰国後、服部家に出入りする家族同然の付き合いとなり、
愛用のピアノも譲り受けたそうです。

そのピアノ(グランドピアノ)は関連事務所に展示され、公演でも披露されているとか。

2012年の「滝沢革命」@帝劇で、
服部先生から譲り受けたピアノを滝様が弾いてたもよう。→記事の写真。


元祖J-POPとして様々な歌手に歌い継がれている服部作品。

中でもジャニーズ事務所のアイドルのカバーが目立つんだとか。

「ブギをいち早く取り入れた服部先生の音楽は、今でも全然古くない」とジャニー氏。


・少年隊→「三味線ブギ」
・Kinki Kids→「たよりにしてまっせ」
・関ジャニエイト→「買い物ブギ」

・「滝沢革命」「ジャニーズ・ワールド」→「胸リ振子」「青い山脈」など。

NYCも紅白で服部先生の曲を歌ったことあったっけかな。






ギネス世界記録2012
クリエーター情報なし
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)


世界100カ国以上で発行され、累計1.2億冊以上売れている“世界で最も売れている本”「ギネス世界記録」の日本語版。

巻頭特集は「ジャニーズ 栄光の軌跡」。

「最も多くのコンサートをプロデュース」「最も多くのナンバーワンシングルをプロデュース」という
大偉業で認定されたジャニーズの輝かしい功績を年表と写真で振り返る。

スペシャルインタビューにはHey!Say!JUMPの薮宏太、山田涼介が登場!

今最も期待される若手注目株である二人が、
ジャニーズのエンターテインメントへのこだわりと先輩・後輩の知られざる感動秘話を告白。



ギネス世界記録2013
クレイグ・グレンディ
角川マガジンズ(角川グループパブリッシング)
この記事についてブログを書く
« 本日10時半~日テレ「音楽の... | トップ | 2日連続の生放送。 »
最新の画像もっと見る

事務所 」カテゴリの最新記事