~聴覚障害6級~

話せる。手話はできない。
聞こえているけど聞き取りにくい。
感音性難聴者の心の闇を適当につぶやいていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

またまた久し振りになってしまいました。

2017年08月19日 | 雑記
こちらのブログはまたまた久し振りの更新になってしまいました。

本館ブログは毎日更新しているし、ツイッターはわりと高浮上なんですけどね。


今日は郵便局に用事があって、土曜日なので車で本局まで出向いたんですが、
そこで、窓口のスタッフさんの問いかけが聞き取れず…。

いつものクセで、返事をごまかしてしまったのですが、
スタッフさんは聞き取れていないことを察してくれ、もう一度、問いかけて下さったんです。

それでも聞き取れず・・。

何か重要なことを聞いてくれてるのだと思い、
補聴器を見せて「耳が少し不自由なので…(聞き取れていません)」と言ったら、
すすんでメモに筆談して下さり、最後までメモに書いて対応して下さったんです。

おかげで問いかけも、新しいシステムのこともよく理解できて助かりました。

親切にしてもらえてめちゃくちゃ嬉しかったので、
帰り際、「筆談して下さりありがとうございます」とお礼言ってきました。

相手が積極的に筆談してくれるって、こんなに嬉しいことなんですね。

日本郵政の本社に、素晴らしい職員がいたことを報告をしておこうと思ってます。


それから、先日、ネイルサロンでネイルに行って来たですが、
ネイリストさんがマスクをかけているため、問いかけが聞き取れず…。

(まぁ、マスクをしてなくても聞き取れないことが多いですが…)

マスクかけているのは、ネイル(いわば薬品)の関係なので仕方ありません。

「耳が少し不自由なので聞き取れてないです」と申告したら、
ここでも若いネイリストさんが、すすんでメモに筆談をして下さったんです。

ネイルに関しての知識なども筆談してくれました。

筆談なんて面倒くさいだろうに、最近は、私のような客のために、
すすんで親切に対応して下さる場面が多くなったように思います。

その時も嬉しくて、その日のうちにネイルサロンの本社へお礼の報告をしておきました。

私のような客もいて、
そういうサービス(筆談)をしてくれると本当に助かるということを、
その時その時に、お礼を兼ねて、発信していきたいと思ってます。


さて。

さすらう難聴者さん。

お母様のこと…お悔やみ申し上げます。

映画祭のボランティアスタッフさんとして地道に、
そして精力的に取り組んでいらっしゃる様子で、頼もしいです。

そういう小さなことの積み重ねが、これからの「何か」になりますよね。

私も私の範囲でのことを発信していき、小さいことを積み重ねていきたいと思ってます。

それが小さな「何か」になって、また積み重ねる。

そういうことが大事なことだと信じてます。



私の方は、先日、娘夫婦の結婚式でした。

入籍してから1年で、やっと結婚式ができ、親としてもホっとしています。

ごく内輪での結婚式だったので、アットホームで和やかで、笑顔いっぱいの時間となりました。

私は初めて黒留袖を着ました。

肋骨付近を帯でぎゅぎゅぎゅっと締められたので、きつかったです。(笑)

あと、いつも大股で早歩きで歩いているので、
着物だと小股でしか歩けなかったのがちょっとイラっとしました。(笑)

     






教会と披露宴会場 (拾い画)



チャペルは3階、披露宴会場は24階。


ホテルに宿泊したり、前日には花火大会も鑑賞できたりで、
楽しい2日間でした。

今は、結婚式で撮ってもらった娘達の大量の写真の印刷をどのようにしようかと悩んでいるところ。

プロが撮ってくれた大量の写真も、後日、いただけるから、
素人の撮った分の印刷も、全部やっておいた方がいいのかな~。

幸せな悩みですね。

この記事をはてなブックマークに追加