ぽたりんぐぅ な日々。

小さな自転車屋「ぽたりんぐぅ」でポタポタ
自転車生活。

KCNC のポンプヘッド

2012年06月29日 | カスタム その他

大阪府堺市のミニベロとスポーツバイクショップ 「自転車処 ぽたりんぐぅ」 です。

今回はお店にあるフロアポンプをカスタム(?)しました。

最近のチューブはフレンチが全盛で、空気圧も高圧になるタイヤが増えてきました。
シュレッダーバルブの多いMTBなどの太いタイヤはコンプレッサーで一気に入れて最終的に圧の調整だけすればいいんですが。

フレンチバルブの場合は高圧になるのでバルブの固定が重要になってきます。

 

通常スポーツ用のフロアポンプには フランス式・米式(・英式も)対応したヘッドがついてますが
いまいち固定方法等でしっくりくるのがないのも事実です。

そこで少し前に上の写真のKCNC製の ポンプヘッドを使い出しました。
ポンプヘッドと言えば「HIRAME」が有名ですが、今回使ってみると KCNC いいですね!!

KCNC ポンプ コネクター フロアポンプ用  ¥4,305 (税込)



フロアポンプは TOPEAK 製がすきなんですがヘッドにやっぱりちょっと使いにくさがあったのでこれで完璧ですね。

特に ロードや Tyrell のような高圧タイヤを履く自転車になられてる方、お試しになる価値ありですよー!
試したい方は店頭のポンプで実験してみてください。

 
 

コメント (4)

ぽたりんぐぅ の自転車整備 GIOS AIRONE

2012年06月21日 | 自転車こんなんどうですか?GIOS編

大阪府堺市のミニベロとスポーツバイクショップ 「自転車処 ぽたりんぐぅ」 です。

梅雨っぽい天気が続いておりますね~。
自転車にとっては雨は大敵です!雨の中を走った後は拭いてやるだけでもいいのでちょっと気遣ってやってくださいね。
よろしくお願いします!

今回はロードレーサーのご依頼を受けました。
うちのお店では珍しいのですが、ミニベロ同様丁寧に仕上げてゆきますよ~!
GIOS AIRONE クロモリフレームの細身のスタイルが綺麗なロードバイクです。

  →

こんな感じで組みあがっていくのですが、その間の作業をちょこっとご紹介。

    

まずはフロントフォークは外してしまいます。ヘッドパーツも一度外します。
「なんでいちいち?」とお思いでしょうがフレームは溶接や塗装を経て微妙な歪みを生じています。
それを修正してやらないと平行につく部品がそうじゃなかったり、グリス不足だったりと良くない事もおこります。

左 フロントフォークを外しベアリングを分解したところ。これからワンを外してゆきます。 
中 専用工具を用いて フェーシングと言う重要な作業をした後 

右 再びヘッドパーツを圧入しベアリングをたっぷりのグリスを塗布しセットします。

これをすることでステアリングが気持ちよく回り、耐久性もアップします。地味な作業ですけどね~。

  

こちらはクランクのシャフトを支えることになるBBシェルです。今回はシマノの2ピースタイプのクランクですのでここもフェーシングを行います。
左 作業前パイプの端面も塗装がついて平面が確保されていません。当然反対側との平行も確保されていません。
右 専用工具を使いパイプの端面を切削します。これでBBを組み込んだ時の取り付け精度がまったく違います。

   

フレームの端面処理とあわせて重要なのが BBを受けているねじ山の修正。
左 専用工具でねじ山を綺麗に修正しているところ。
右 BBを装着したところ。このピッタリくっついた感じわかります?? 

特にフレームの回転部分は自転車の生命線。やはりここで手を抜くと微妙な乗り味や耐久性にまで話が及ぶこともありますね。

地味ーな作業ですがこういうことの繰り返しで 気持ちよく走り、乗りやすい自転車が完成してゆくのです。

ま、うちが特別なわけではなくプロショップと言われるお店では当たり前のようにされてる作業です。専門店ですね。

安易な値引きをするのも良いんですが、ここに定価で販売する理由があります!!
この先も少しづつ手を掛けてゆきながら、それぞれの人車一体を目差してゆかれるんでしょう!
 
ちょっと愚痴ぽいですが、値段の話だけされると悲しくなりますね。安いことはいいことですし、否定はしません。価値観の違いでしょう。

値段についてはうちの努力不足かもしれないですが、お客様にとってはせっかくの高い買い物ですから
やはり手塩に掛けられた車両に乗っていただき、楽しく、軽快な、自転車ライフを楽しんで欲しいなと思ってやみません。
ショップのエゴかもしれませんが・・・

プロショップと言うところでは乗られる人のことを考え、 こういった地味な作業をひたすら重ねていると言うところを少しでも知って頂ければ
また自転車に対する見方が深くなるかな~と、深く知るお手伝いが出来るかな~ と書いてみました。 

話がそれてしまいましたが・・・

 

メインコンポは SHIMANO TIAGRA  です。最初の一台にはもってこいのシリーズです。
上位グレード譲りの操作感、10速の本格派、価格帯もお手ごろといいトコずくめのエントリーグレード。
最初はライトと鍵、サイクルコンピュータがあれば充分に楽しめます!!
あと、ヘルメットとグローブはしっかり装備してくださいね!あなたの命をまもります!!(大袈裟ではないですよ!!)

GIOS AIRONE   販売価格 ¥120,750 税込   パーツサービス 5000円分





ある意味、扇風機が一番活躍した道具かもしれませんね~


Tyrell FX ホワイトxレッド STI モデル

2012年06月20日 | 自転車こんなんどうですか? STRIDA

大阪府堺市の ミニベロとスポーツバイクショップ 「自転車処 ぽたりんぐぅ」 です。

少し早めの台風襲来でゆっくり仕事することが出来ました。
たまってる仕事や集中したい組み立てなどもこなせてよかったです。

その中の一台は Tyrell FX ドロップハンドル仕様 でした。

ホワイトのフレームにワンポイントで赤をあしらったバランスのいいバイクに仕上がりました。

  

メインコンポはシマノ TIAGRA 今回のモデルチェンジで10速化され上位モデルとそん色なく遊べます。

 

105以上のSTIとの違いはシフトレバーをブラケットサイドから出しているところ。
個人的にはシフトのロスが少なくこれはこれで大いに有りだと思っています。

ブルホン化する時も重宝します。

  

ドライブトレインの目玉、フロントチェーンリングとリアディレイラー周辺。
タクリーノのロードギアによるコーティングで変速のタッチが気持ちよく向上しています。

撮れてるつもりの写真がぼけてたりで写真は少ないですが非常にまとまったカッコイイ仕上がりになってるんではないでしょうか!!

FXもってご旅行の予定がすでに出来てるとの事でうらやましいですね~。
最高の旅のお供になりますよ!! 


久々に雑誌にショップガイド掲載してみました~。

2012年06月15日 | 日記

大阪府堺市の ミニベロ と スポーツバイクショップ 「自転車処 ぽたりんぐぅ」 です。

この度、久しぶりに雑誌にショップガイドの掲載をお願いしてみました。

 

記事の掲載等はないですがとりあえずショップガイドには乗ってます。

よかったら皆さん読んでみてください。 


MTBの フロント外装3段 x リア内装8段化

2012年06月13日 | カスタム コンポーネント系

大阪府堺市のミニベロとスポーツバイクショップ 「自転車処 ぽたりんぐぅ」 です

梅雨に入り大阪でもロンドンを思わせるような曇天模様が続いております。行ったことないですが。
雨さえ降らなければ自転車に乗りやすいコンデイションですがいきなり降ってくる雨が心配ですよね。

今回のカスタムは フロント外装3段 x リ ア 内装8段 のカスタムです。

街乗りで特に威力を発揮する 内装変速機  「シマノ アルフィーネ」 と 
ギアレンジを大きく広げるフロント外装変速を組み合わせたカスタムです。

ベース車両はこちら。

    

随分懐かしめの キャノンデールのMTB  「F700」 と言うモデル。 僕が自転車にはまり始めた頃のMTBですね。

   

MAGURA の油圧ディスクブレーキに変速機も シマノ DEORE LX としっかりした作り。

コイツを内装化してゆきます!

 

まずは内装ハブを組み込んでホイルを組みなおすことから始めます。 
スポーク長を計算し、もともとのブラックスポークを流用するため長さをそろえネジをきりなおします。

 

MAGURAのブリーディングに必要なキットが手元になかったので友達の助けも借りてブレーキのメンテとパッキン交換も完了。

 

ちょっと工夫が必要でしたけど、無事にカスタム終了!!坂の多い地域にお住まいとのことですので
前後変速機を組み合わせて快適な街乗り自転車ライフをお楽しみください!!!

これは僕が欲しいくらいの出来ですね~。やっぱ気楽に乗れるのが一番ですね~。内装変速機 オススメです! 

コメント (2)