ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

映画記事も散在報告も停滞中…ですが、自分が飽きない程度のマイペースで運営中。良かったら読んでいってくださいませ。

失踪日記

2006-05-23 22:37:58 | 本(コミック)
先週まで激務週間だったツケが溜まって、その週が過ぎても仕事がなんだか逼迫しております(定時では終業できてはいるんですけどね)。

今日はコミックのレビューです
まだ散財報告の記事にはしていませんが、今月購入した本です。


「失踪日記」
(吾妻ひでお著、イースト・プレス)

ずっと気になってた本ではあったのですが、「手塚治虫文化賞」というのを受賞したのをキッカケに購入。拝読いたしました。

私が中学生~高校生の頃(個人的にはオタク黎明期)、オタクの間では「あずま」といえば「吾妻ひでお」もしくは「東丈(by幻魔大戦)」でした。「あずまきよひこ」ではなくて。
…カラオケで「浜田」といえば一時期「浜田麻里」(モダチョキの濱田マリとは別人ですよ。念のため)だった時期が、やはり「浜田省吾」の事(?)に戻ったように…「あずま」の代名詞奪回というくらい売れてる作品のようです(お酒飲んでるので思いつくままにテキトーなこと書いてます。読みづらい&意味判らないでしょうがご容赦を)

この作品「全部実話です(笑)」とのこと。
しばらく作品を見ないと思ったら…こんなことになってたのね

「吾妻ひでお」「とり・みき」「新井素子」「谷山博子(?)」といったオタク名鑑(なんだかこのメンバーを一蓮托生みたいな書き方してるけどと付き合ってきた80年代後半オタクにとっては、結構重い作品です

この作品で笑えるかどうかは微妙
私は悲しくなったかな

吾妻ひでお自身が「脳の手術した人」もしくは「シッコモーロー博士(ナハハさん)」みたいになってたとはネェ

コアなオタク文化というのは、十数年前に「ハウルの動く城」の監督と同じ苗字の男が幼児誘拐殺害して以来(その影響というわけでもないですが)あんまり触れてなかったから、この「失踪日記」は懐かしく読ませていただきました

目の大きい(胸も大きい)女の子の出てくるアニメとか、フィギュアとか
メイド喫茶とかだけが真のオタク文化ではないと一般の方に知っていただくキッカケには…ならないかな。やっぱり

この影響で、安直にオタクの「ホームレス化」や「アル中化」が増加しないといいなぁと思う私でした。


今日はこんな感じ。
では、また
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 交渉人 真下正義…邦画マイブ... | トップ | リンダリンダリンダ…邦画マイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

本(コミック)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

我がマンガの原点 (「いい」加減でいこう USO800)
 吾妻ひでお である。マンガを描くものは誰もが何かしらのマンガ家の影響を受けていると思うがわしの場合、小学生・中学生の頃は赤塚不二夫、藤子不二雄、手塚治虫であった。そして高校の頃から吾妻ひでおだ。アニメにもなった「ななこSOS」や「オリンポスの ...
失踪日記 (A.)
失踪日記 吾妻 ひでお   京の町で古道具屋『800庵』営むM氏(幼馴染み)おすすめ、吾妻ひでお著『失踪日記』を読む。 吾妻さんの壮絶なる失踪日記風漫画である。 これ、おもしろい! 壮絶なのに全然壮絶に感じない読みごたえがイケテル! 人間っ ...