わがままZyZyの徒然日記

ペットロスから復帰中の父たまに娘が日々の出来事や想いを書いてます
ほぼはちゅ達時々マリノスたまに音楽医薬世の中のこと

日常@2024.2.24

2024-02-24 13:37:31 | ウチの子たち
やっと晴れた! 陽射しがうれしい~。
でも寒い。朝イチのエアコン調べの温度は3℃だった。その後、久しぶりにエアコンを止めた。エアコンが止まってて外の温度が調べられないので、9時頃にベランダに温度計を出してみた。そうしたら日向で23℃、日陰で11℃位だった。ベランダのガラス戸で陽射しがカンカンに当たってる温度計は30℃を超えてた。やっぱり外の空気は冷たいんだなと思ったけど、お日様がいなかったら10℃にも届いていないんだろうなと思った。お日様はありがたい。
でも、この陽射しは今日だけ。明日、明後日はまた雨模様で気温も低いままみたい。その後、3月の頭は南岸低気圧がどうのこうのと言ってから、もしかしてまた雪とかあるのかな?
う~、早く気温上がれ~。って、多分、暖かいを通り越していきなり暑くなるんだろうな。
ま、これも地球の逆襲だよね。どう考えても人間ごときが地球の力に敵うわけないもんなあ。。。

で、今日は貴重な晴れなので、蓮の植え替えの準備。今度の植え替えで使う予定の昔の土に苦土石灰なるものを入れてしばらくおいてみることにした。

2018年の5月から育て始めた手乗り蓮。ずっと同じ株を毎年毎年植え替えしてる。でも、もう6年も育ててるのに、花が咲いたのはぼあちゃんが亡くなった前年の2021年の一度だけ。
今までは植え替えの準備みたいなことはしたことなかったんだけど、亡くなった子達のためにも、今年はなんとか咲いてほしいと思い、ママの提案で初めて実施。それと、「3月の初め位までには植え替えしないと花が咲かない」と書いてあったとも言ってた。いつも植え替えはもっと遅い。だから咲かなかったのかな。。。
2021/7/4 

3年前の今日のぼあちゃんと、


 4年前の今日のぼあちゃん。


そしてこれは3年前の今日の日記にも書いたもの。

「春よ来い」
作詞:相馬御風、作曲:弘田龍太郎

春よ来い 早く来い
あるきはじめた みいちゃんが
赤い鼻緒の じょじょはいて
おんもへ出たいと 待っている

春よ来い 早く来い
おうちのまえの 桃の木の
蕾もみんな ふくらんで
はよ咲きたいと 待っている

今年は歌付きw。

もう一つ「春」(シューマン 交響曲第1番)。
儂、これを振ってるフランツ・コンヴィチュニーという指揮者、若い頃から大好きなんだよね~。いわゆるドイツそのものっていう感じの指揮者。“ゲルマン魂”の権化なんていう評も見たことがあるw。



コメント (5)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

どうすればいいんだろう

2024-02-23 18:58:19 | ウチの子たち
今日は予報通りめっちゃ寒かったー。朝、エアコン調べのベランダの温度は5℃だった。久しぶりに結露が凄くて、拭いても拭いてもすぐに白くなる。これだと雪になっても不思議じゃないよなと思ったけどずっと雨。それも、やんでるのかなと思っても極々弱い雨がずっと降ってた。
天気予報で「雨一時雪」とか「雪のち曇り」とか言ってたけど、こんな予報はこの辺りではほとんど聞いた事がない。
数日前には24℃とか、2月とは思えないような気温になったと思ったら、今度はこれだけ長く雨が降ってしかもずっと真冬の寒さって、やっぱりどう考えてもヘン。
もうずっとエアコンつけっぱなし。さっき、いきなり止まったからついに壊れたかと思ったら、「フィルターのクリーニングをしています。しばらくお待ち下さい。」だって。それだけ使い続けてるということかw。
異常気象は日本だけじゃなくて世界中。これ、ちょっと前のニュースだけど、中国の新疆ウイグル自治区なんて、この世の終わりか?みたいな感じ。
こんな状況になってもまだ、地球温暖化とは関係ないなんて言ってるどこかの国の大統領候補がいるけど、あの人が大統領になったら人類は滅びるなと、儂、最近わりとマジに思ってる。まあそれとは関係なく、遅かれ早かれそういう日が来るなと思ってるけどね。
今年の夏だって、いよいよ人間が生きていられない気温になる日もあるんじゃないかな。すでにこんな記事もあるしね。
なんて、儂もこんなことを書いてるそばからエアコンつけっぱなしで、CO2排出に貢献しちゃってるからなあ。。。かと言って、じゃあうちのレオパ達はどうすればいいの?ってなるからなあ。。。
やっぱりさあ、人間て地球にとっては邪魔者以外の何者でもないよね。

3年前の今日のぼあちゃん。




そして、4年前の今日のぼあちゃんと、

えびへー。
↑ 右脚の位置をよ~く見て下さいw。



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ACL ラウンド16 第2戦

2024-02-22 10:58:55 | F・マリノス
苦しい苦しい試合だったけど、結果良ければすべて良し!


いやー、疲れたー。試合後に監督も言ってたけど、フラストレーションも溜まった。でも、結果は最高! だから疲れもフラストレーションもみんな吹き飛んだ。

クラブ史上初のACL準々決勝進出! 

儂が初めてACLで海外に行ったのは2005年の山東戦。儂の本当のサポ修行はあの時の衝撃や悔しさから始まった。あれから19年も経ったのかと思うと、とっても感慨深いものがある。今はもうサポじゃなくてただのファンだけど、それでも気持ちは変わっていないかな。三つ子の魂百までだw。
準々決勝の相手はその山東。あ~また山東行きたいな~。

昨日の試合で思ったことはこんなところ。
  • シュート35本だか36本だか打ったらしいけど、1点獲るのにそれだけ打ったのはACLの記録だとか。
  • ボールは持ててほとんど押し込めてたけど、あれは向こうの戦術でもあっただろうから、相手によってはどうなるかわからないかな。
  • シュートまで行けても、最後の質が良くないなあ。確かに形が作れないと話にならないけど、いくら形ができても決まらなければなんにもならん。
  • まだまだ調整と成熟が必要だね。昨日の試合も、去年までの貯金というか積み重ねでやれた部分もあったんじゃないかな。シーズン序盤は苦労するかも。
  • 天野も良かったけど、やっぱり永戸だ。蓮くんは右でも十分行けるんだね。
  • 悠緋よくやった! アンデルソン・ロペスも良く決めた! ロペスは試合中も何度もサポを煽ってるのが映って、爺はちょっとウルっとしたよw。しかしFWってなんであんなにユニ脱ぎたがるの?
  • バンコク・ユナイテッドは普通に強いね。韓国や中国のように力づくでくることもないし、Jリーグの“しっかり守ってカウンター”っていうチームとやってるようだった。これから始まるリーグ戦でもこんな感じの相手だと苦戦しそう。
また思い出したら追加するかも。

で、今一番思ってるのは、

今年もサッカーの神様は厳しそう。。。

ということだな。




にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ただの雑談とトカゲの写真

2024-02-21 19:25:37 | ウチの子たち
今朝は厚い雲が垂れこめて本格的な曇り。だから日の出の時間を過ぎてもほぼ真っ暗け。起きた時には雨は降ってなかったみたいなんだけど、少しして気づいたら地面がしっとりと濡れてた。
エアコン調べのベランダの温度は、11℃→30分経過→10℃→1時間半経過→9℃っていう感じで、昼間もずっと9℃。昨日の24℃はいったいなんだったんだろうね。気温もそうなんだけど、2月には珍しい長雨らしいし、この天気が続くと電気代がマジたまらん。2月の電気代は1月よりも五千円も上がってしまった💦。

3年前の今日のぼあちゃん。



さて、今日はこれから日産スタジアムでACLラウンド16の第2戦⚽。第1戦がああいう結果だったし、今日はホームなので行こうかなとも考えてたんだけど、ちょっと行けそうな調子じゃないので家でおとなしくDAZN観戦。
昨日、川崎がホームでまさかの負けで敗退。アウェイで勝ってたから、これは準々決勝進出だなと思ってたんだけどねえ。やっぱりアジアの戦いは何が起きるかわからん。コワイコワイ。



コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

歯医者とかレオパとか

2024-02-20 21:24:21 | ウチの子たち
今朝はいつもよりも1時間早く起きた。目が覚めたのはいつもとあまり変わらず、日の出前のまだ暗い時間。いつもは少し明るくなるまでベッドでウダウダウトウトしてる。でも今日はそのまま起きた。
これ、日の出から10分後位の空。少し雲もあったけど晴れてた。


今日はどうしてすぐに起きたかと言うと、歯医者の予約が朝10時で、そのプレッシャーがあっていつものようにウダウダしてられなかったから。歯医者に行くのにプレッシャーかよと思うけど、儂は若い頃から決まった時間にどこかに行くとか誰かに合うっていうやつが大の苦手。仕事してた頃は、普通はアポイントの時間の30分位前にはその場所に行ってたし、遠い所だと1、2時間前到着が当たりまえだった。


おまけに、今日は前回上手くいかなかったクラウンはめ込み再チャレンジの日。儂の性格だと「またダメだったらどうしよう・・・」などと考えてしまう訳ですよ。だからプレッシャーがかからないわけがないw。


で、おかげさまでクラウンはきちんとはまった。これで去年の12月の中旬から始まった治療がやっと終わった。2ヵ月近く、歯の高さが半分になってたんだけど、やっとちゃんと噛めるようになった。


でも、これで終わりじゃないんだなあ。次にナイトガードを作り、さらに、今回クラウンをはめた歯の隣が欠歯なので、その場所の部分入れ歯の作り直しと続く。
今日はクラウンをはめた後、ナイトガードを作るための型取りをしておしまい。ナイトガードが出来るのは3月。歯自体の治療は終わったけど、まだ先は長いw。

(ぼあちゃんの写真はいずれも3年前今日のもの)

今日は朝からめちゃ暖かった。エアコン調べの朝のベランダの温度は18℃でビックリ。ニュースを見てたら昼間は24℃位あったらしい。確かに、昼間はエアコンを止めてベランダのガラス戸も少し開けてたのに、部屋の温度は26℃になってた。今もガラス戸は閉めてるけどまだ25℃ある。
でも、明日から温度が急降下だって。明日のこの辺りの気温は12℃/8℃予想だけど、明後日は8℃/6℃、明々後日は6℃/4℃らしい。前日の最低気温が翌日の最高気温になってるじゃんw。
って、笑いごとじゃないんだよね。人間はいいけど、この気温差、レオパ達には結構キツイんじゃないかなあ。もちろん部屋の中もケージの中もレオパ達用の温度設定になってる。でも、外の気温は絶対に影響する。
現に今日だって、きょろちゃんはこの気温のせいもあって、12時頃には目を覚まして「出して~」。

3時頃、別荘のシェルターで熟睡してるきょろちゃん。

塩ビシートの窓から撮ったのでぼやけてるけど、やっぱり昼間はちゃんと寝てるんだ。だったらケージで寝てればいいのにって思うんだけど、別荘の方が良いみたいなんだよね~。
そして5時を回った頃に起きて来た。


しおちゃんもまあまあ元気。今日も自分からスロープを上って来て、3日連続別荘へ。でも、その前は出て来ない日が続いてた。この子、こうして続けて出て来ることもあるんだけど、出て来ないとこれまた何日も出て来ないんだよねえ。「どうしてなんだろうね」とママと話してるんだけど、別荘に出て来た時はケージに戻そうとすると結構抵抗する。



コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ほぼ画像だけ

2024-02-19 10:38:20 | ウチの子たち
今朝は予報通りの曇り空。雲が低くて、まだ公園の街灯が点いてるほど暗かった。でも、写真だとよくわからないけど、海の方には少し青空も見えてた。

エアコン調べのベランダの温度はなんと16℃。外に出てみたら暖かい南風が吹いていて、空模様と相まってちょっと気持ち悪いなっていう感じだった。
この辺りの明日の最高気温は22℃予想。でも明後日からはいきなり気温が下がるみたいだし、雨模様でお日様もなし。う~、寒暖差も電気代も辛い。。。


ウェザーニュースから拝借)

ホントは昨日アップしようと思ってた3年前の昨日のぼあちゃん。なぜかこの日はお目めまん丸のカワイイ写真が多かったw。





カワイイついでにXから拾ってきたポストを2つ。

あまりにもよくできてる~🤣

とても心が温まる。こういう光景がずっと見られることを切に望む。



コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

いい加減にしませんかね

2024-02-18 14:13:02 | なんでもかんでも
今朝儂が起きて来た時はわりと青空が見えてて、お日様も顔を見せてた。エアコン調べのベランダの温度は10℃で、部屋の温度もいつもよりも高くなってたので、一昨日の夕方から点けっぱなしだったエアコンを止めた。
ところが、時間が経つにつれて雲が広がり、お日様も隠れちゃった。これはマズイなと思って新聞の天気欄を見たら、うちの辺りは午前中曇りマーク。部屋の気温もあっという間に1℃下がった。これ以上下がったらレオパデュオのためにまたエアコンを点けるしかないなと思ってたら、だんだんと雲が切れて来て陽が射して来た。
その後は、ちょっと霞がかかってる感じではあるけど青空が広がり、陽射しも十分届いていて、とりあえずエアコン不要っていう感じ。これで少しでも電気代が助かったw。

きょろちゃんも気持ち良さそうに寝てるw。


ここのところ、自分の気持ちがダウン傾向なせいもあるんだろうけど、今日のタイトル通りのことを感じることが実に多い。そのうちの2つ(いや、2つ半位かなw)を書いてみる。

まずはこの話。
儂、このブログではあまり政治に関わるようなことは書いてなかったんだけど、さすがに今回ばかりは書かずにおられようかっていう感じ。
で、これについてはすでにあっちこっちでいろいろなことが言われてて、概ねその通りだと思う。この議員さん達、遵法意識と倫理観とかそんなもの皆無。自分の利益しか考えてないんだろうな。
でも、儂は、こういう人達を選んでる国民だって、ちょっと、いや、かなりどうなのよって思ってる。だって、結局は選んでる側だって、自分達にも利益(お金だけじゃなく)がほしいからこういう人達に投票するわけでしょ? 利益だけじゃなくて、義理とかお付き合いとか昔からの繋がりだとかもあるのかもしれないけど、選挙でそんなことは論外www。もしかしたら「こういうことこそ大事なんだ」と考えてる方もいると思うけど、そんなこと言っていつまでも変わらないから、日本はどんどん落ちて行くんだというのが儂の考え。

昔、田中角栄が逮捕された時だったと思うんだけど、田中角栄の選挙区の老人がテレビのインタビューでこんなことを言ってたのを覚えてるんだ。
「田中先生のお蔭でトンネルができて、いつでも自由に行き来ができるようになった。それまでは冬に村で急病人が出ても大雪で病院に行くこともできず、死ぬしかなかった。でも、今は病院に行けるので命が助かる。だから、田中先生は、どんな悪いことをしても自分達にとっては神様。」
もちろんこれだって“利益誘導”っていうこと。でも、人の命にまで係わるような重大なこと。だから許されるっていうわけじゃないかもしれないけど、儂にはこの老人が言ってたこともわからなくはない。

でも、今回はどうなの? 
例えば、世間で安倍派幹部とか言われてる議員さん達の選挙区がこれ。
(選挙区はWikiで調べたので間違ってたらごめんなさい。)
  • 松野 博一先生:千葉県第3区(千葉市緑区、市原市)
  • 西村 康稔先生:兵庫県第9区(明石市、洲本市、南あわじ市、淡路市)
  • 萩生田 光一先生:東京都第24区(八王子市の概ね旧由木村域を除いた地域)
  • 高木 毅先生:福井県第2区(敦賀市、小浜市、鯖江市、越前市、今立郡、南条郡、丹生郡、三方郡、大飯郡、三方上中郡)
  • 世耕 弘成先生:参議院(和歌山県)
  • 下村博文先生:東京都第11区(板橋区の一部)
  • 塩谷立元先生:比例代表(東海)
それぞれの地域でそれぞれお困りのことはたくさんあると思う。でもそれが最優先になるほど重要なことなのかな? ま、儂は当事者ではないし、都会にしか住んだことがないのでわからんけど。
前回の選挙の時は今回の問題はまだ公になってなかった。だからこれらの議員さん達に投票しても仕方がないんでしょう。
でも、じゃあ次の選挙はどうなんだろうね。これらの選挙区にお住まいの皆さんはどうお考えですか?

そして2つめがこれ。↑とはまったく違う趣きの話で恐縮ですw。
法律に違反してるから悪いというのはもちろんなんだけど、倫理観とかそんなものはまるでなくて、ただただ自分の利益だけを追求してるっていうことね。
この前の記事でリンクしたこの話も同じこと。
みんなみんな人間の勝手で人間だけの都合。

2つの話は一見まったく違うように思うかもしれないけど、儂は根っこは一緒だと思う。つまりそれは「欲」。
極端に言えば、今この地球上で起きてるほんとんどの問題の根っこはこの「欲」なんじゃないかなとさえ思う。どんな「欲」でもそれが過ぎると自分以外のことを考えなくなる、自分の周りが見えなくなる。「欲」が満たされないとそこに恨みも生まれる。
それで人間だけが困るならまだいいんだけど、他の生き物や、さらには地球にまで被害が及んできてるから、それが一番の問題なんだと思うわけ。

と、2つ書いたんだけど、もう一ついい加減にしろと思ってることがある。それはもちろん戦争のこと。ウクライナとロシアにしてもパレスチナとイスラエルにしても、本当にもうやめれ。中国も北朝鮮も戦争なんか考えるなよ。
当事者が少しでも欲を捨てれば、それだけで事態は違ってくると思うんだけど、そんなことができれば苦労はないっていうことか。。。
やっぱり人間は愚かなんだよねえ。。。

最後に、昨日ツボにはまったXのポストを貼っておく。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

らぷ・オリハ・むく・ぼあ

2024-02-17 11:21:42 | ウチの子たち
今朝はしっかり曇り空。

予報では晴のち曇りなんだけど、1時間ごとの予報を見たらこの後はずっと曇りだった。つまり晴はもう終わったということね。
ちなみに、写真左の避雷針の真ん中位にくっついてる黒いものはこれ。

朝はよくここに止まってる。
それにしても、スマホのカメラで16倍で、しかも儂の下手くそな腕でよく撮れたなと思ったw。
ぼあちゃんがいた時にはお日様が必須だったので、こういう天気だと儂もカリカリした。でも、今はレオパしかいないし、この子達は昼間は寝てるので、お日様がなくても、ま、いいか。
いや、やっぱりよくない。お日様がいないとエアコンが止められないじゃないか! またもや電気代ががががががああああああ。

そしてここからはまた面倒臭い話。

今日はらぷちゃんの二七日でもあるし、あの子の葬儀のことを書いた記事で、「あらためて書いてみようと思う」と書いたことを少し書いてみる。



2年前、ぼあちゃんを失った時は、それからほぼ1年間、涙がこぼれない日はなかった。でも今回はそこまでではない。ただ、程度の差はあるけどあの時と同じような感覚がある。
先の記事ではこんなことを書いた。
ぼあちゃんが亡くなった時には心にぽっかり穴が開いた感じから始まり、時間が経つにつれて体の一部をもがれたような感覚になったけど、今はそれに準じた感じ
時間が経つにつれて、その感覚がはっきりしてきているように思う。
さらに、情緒不安定ということも同じかも。これについてはむしろ今の方が振れ幅が大きいかもしれない。でもこれは、ぼあちゃんが亡くなってからずっとそうだったのが、らぷちゃんの件でさらに増幅されたということかもしれない。

この2年弱の間に、ぼあちゃん、むくちゃん、オリハちゃん、そしてらぷちゃんと、4人(4トカゲ)が亡くなった。もちろん、その時々は悲しかったし精神的に堪えたけど、ちょっと客観的に振り返ると、それぞれの時で、悲しみや心の傷、あるいは喪失感といったものの程度や種類が違うように思う。
一番衝撃が大きかったのはもちろんぼあちゃん。ぼあちゃんを失った後、自分の体に変調を来たしたし、自分の気持ちがどうしようもなくて、このブログにも何度も何度もわけのわからないことを書いた。正真正銘のペットロス。そしてこれは過去形じゃなくて、多分今でもそう。

ペットロスに陥りやすい人のことを書いてるこの記事の中に、こんなことが書いてあった。
ペットの生前、自分の生活や趣味、人間関係よりもペットと過ごす時間を何よりも大切にしていた場合、自分の全てを注いでいたペットの死を受け入れられないケースが多いです。
まるで自分の人生のように深い愛情やお世話に心血注いでいたペットがいなくなり、強い喪失感や孤独感に襲われます。そのため大きな悲しみはもちろん、何もする気が起きないといった無気力状態に陥ってしまう人も多いです。
ぼあちゃんはまさにこれだった。なにしろ、ぼあちゃんのことを優先して、2019年にマリノスが15年ぶりの優勝を決めた試合に行かなかった位だから。
この時の記事には「うちの子達を残していけなかった」と複数形で書いてるんだけど、本当に残して行けなかったのはぼあちゃん。


そのぼあちゃんの次に、亡くなって堪えたのがらぷちゃんだった。
じゃあ他の子達はどうだったんだろうと思い、あの子達が亡くなったことの衝撃や影響の大きさをできるだけ客観的に考えてみたら、

ぼあちゃん>>・・・>>らぷちゃん>むくちゃん>オリハちゃん

と、こんな感じだった。
これって、どうしてなのかなと考えた。確かにぼあちゃんは別格だったと思うけど、らぷちゃん、むくちゃん、オリハちゃんへの愛情はそれほど変わらなかったと思う。ただ、やっぱりそれぞれに対する思いの深さのようものが違っていたのかなと、ちょっと思った。
もちろん、みんな同じように大事な家族で、意識して差別してわけじゃない。それでも、よく考えてみるとやっぱり違っていたのかもと思える節がある。

オリハちゃんが亡くなった時も、もちろんとても悲しかった。ただ、1ヵ月もの間発作をおこし続けたのに何もしてやれず、こちらももう見ていられなかった。それもあって、亡くなった時にはホッとした気持ちになったことも確か。
あの子は突然自分から我が家にやって来た。まったく予期していなかったこと。せっかく我が家に来てくれたので、余計に大切に思っていたことも嘘じゃない。ただ、元々野生の子だったので、できるだけ構わないようにしていた。だからあの子と触れ合うこともほとんどなかった。
今にして思うと、これらのことが重なって、儂の心のどこかでは、オリハちゃんに対する気持ちが、レオパ達とは少し違うものになっていたのかなと思った。


むくちゃんはムスメが初めて家族としてお迎えした爬虫類。次にきょちゃんをお迎えするまでの1年間は一人っ子状態だった。儂はレオパのことなんかまるで知らなかったけど、とっても可愛くて夜になるとよく遊んだ。健康診断にも連れて行ったし、調子を落すとかなり心配もした。
そのむくちゃんが亡くなったのは、ぼあちゃんが亡くなった2ヵ月半後。
以下は、むくちゃんが亡くなった時の記事に書いたこと。
ここ半年位、あまり姿を見せなくなって、少し食欲も落ちて来てるかなと思っていました。でも、あの子は以前にも何回か長期の引きこもりと拒食があって、その時は1ヵ月位食べないこともありましたから、そこまで心配はしていませんでした。
おかしいかなと思い始めのは、5月の中旬位に脱皮が始まり、それがなかなか終わらなかった時からです。我が家のレオパ達は、大人になってからはみなすんなり脱皮するようになって、むくちゃんも例外ではありませんでした。
それが、1週間経ってもちゃんと終わらず、ママに手伝ってもらってなんとか剥けたという状態でした。それでもその翌日にコオロギを2匹食べ、もう大丈夫かなと思ったら、それを最後に、ご飯にまったく興味を示さなくなってしまいました。
でも、ケージから出してやると、わりと歩き回ったりしていましたし、昨日も、少なくとも亡くなる2時間位まではケージの中で場所を変えていました。
ぼあちゃんの時は「今日明日だろうな・・・」とわかったのですが、むくちゃんは、今日か明日には病院に連れて行けば大丈夫かなと思っていた位で、そこまでの感じではなかったので、こんなに急に亡くなってしまうとは、思ってもいませんでした。
そしてこれはむくちゃんの一周忌の時に書いたこと。
もしあの時、ぼあちゃんがなんでもなかったら、もしかしたらもっと早くむくちゃんを病院に連れて行っていたかもしれない。そしてむくちゃんは今も我が家にいたかもしれない。少なくとも儂は、ぼあちゃんが亡くなったことで頭も気持ちも一杯一杯で、むくちゃんにまで気が回ってなかったと思う。
そういう意味では、むくちゃんには本当に申し訳ないことをした。いや、それ以前に、儂があまりにも「ぼあちゃん、ぼあちゃん」で、むくちゃんを初めレオパ達のことが疎かになっていたことは紛れもない事実。
そして、むくちゃんは、寿命と言われている年数の半分位しか生きられなかった。この事実が思った以上に重くのしかかってるなとも感じる。
儂、やっぱり主失格なんだよね。
今、きょろちゃん、しおちゃん、らぷちゃんのことをこれまで以上に気にかけているのは、むくちゃんへの罪滅ぼしの気持ちもある。同じことは前にも書いた。特に「『このままじゃダメよ~』って、身をもって儂に教えてくれた 」ということ、これ、時が経てば経つほどそう思えてならない。
これを読んで、むくちゃんが亡くなった時に今回ほどの気持ちにならなかったのは、もしかしたら、ぼあちゃんのことで一杯一杯で、それ以上悲しみを受け入れる余裕がなかったのか、あるいは、無意識で拒絶したかったのか、そんなことを思った。でも、正直、自分でもよくわからない。
なんにしても、やっぱりむくちゃんには申し訳ないことをした。


それともう一つ。

以前にもちょっと書いたことがあるんだけど、我が家のレオパのうち、むくちゃん、きょろちゃん、しおちゃんは元々ムスメが自分の家族としてお迎えした子達。そして、ムスメが結婚した時には一緒に引っ越して、しばらくはムスメが自分の家で世話をしていた。でもその後、えびへーをお迎えしたり拠無いないことがあったりして、レオパ達をうちで預かってた。そしていつの間にか、むくちゃんもきょろちゃんもしおちゃんも我が家の家族になっていた。
一方、らぷちゃんは、ムスメが結婚してわりとすぐに「みんないなくなっちゃて淋しいでしょ? だからこの子プレゼント」と言って、我が家に連れて来た子。だから、実は我が家の家族として最初にやって来たのはらぷちゃんだった。もちろん、ぼあちゃんが我が家の家族になる前の話。儂らと我が家のレオパ達との関係はこういった次第。
だから、らぷちゃん以外の子達は、最初のうちは我が家の家族ではなく、あくまでもムスメの家族だったんだよね。もちろんそんなこと意識してたわけじゃない。ただ、今振り返ってみると、儂がぼあちゃんに次いで気にかけていたのはらぷちゃんだったのかも。

長々としょうもないことを書いた。こういう場所で自分の今の気持ちを正直に書いて、むくちゃん、オリハちゃん、そしてらぷちゃんに謝りたかった。
これ、まさに
という心境かな。

ぼあちゃんの一周忌の少し前にも、内容は違うけど同じような種類の話を書いた。結局、儂は未だにいろんなことを引きずり続けてるということなんだろう。

今は、きょろちゃんとしおちゃんに愛情を一杯注いでる。だから、いつかは訪れるお別れの時に、儂の気持ちがまたどうなるか、どう変わっているか、心配であると同時にちょっと楽しみでもある。



コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

5年前と3年前

2024-02-16 19:14:01 | ウチの子たち
5年前の今日のぼあちゃん。






3年前の今日のぼあちゃん。




明日また少し面倒臭いことを書こうと思っているので、今日はこれだけ😅



コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

涅槃会

2024-02-15 15:15:16 | 仏さまのこと
今朝はもう少し雲が多いかと思って起きて来たらそうでもなかった。薄曇りで陽射しもまあまあ。そしてなんと最高気温予想が19℃。昼前にちょっとだけ外に出たら春みたいだった。
暖かいのは嬉しい。でも、2月にこの気温って、やっぱり絶対ヘン。テレビでもいろんなところに影響が出てるって言ってた。だよねえ・・・。
間違いなく地球は人間によって壊されている。
お釈迦様は、こんなことになることを予想していたんだろうか。。。

今日はそのお釈迦様が亡くなられた日、つまり涅槃された日。
「涅槃ってなに?」と言う方は、こことかこことか、あるいはこことかあたりを読んでみて下さい。
儂は仏さまの勉強をしてるけど、もちろんそれを専門にしたことはありません。自分が専門じゃないことを、自分の言葉で説明したり書いたりするのはどうも苦手。と言うか、こう思うとかこう考えるっていうのは自分の勝手な主張だからいいと思うんですが、「これはこういうことです」って客観的に説明するのはちょっと違うなあと思ってしまいます。だから、医薬のことや臨床試験のことなんか以外は、なんでもその道のプロにお任せっていう感じ。なので、必然的にリンクが多くなるんですねw。

閑話休題。

これ、涅槃図。絵をクリック/タップすると、この絵を拝借した元のサイトが開きます。なかなかおもしろいので、是非読んでいただきたいなと思います。
玉泉寺「涅槃図 構図に込められた祈りと願い」

あと、ここにもちょと頷けることが書かれているので、もしよろしければ。

3年前の今日のぼあちゃん。

お釈迦様に、そしてその教えに出会えたことに感謝。
でも、まだまだ自分のためにしかなっていません。ごめんなさい。
南無釈迦牟尼仏
南無釈迦牟尼仏
南無釈迦牟尼仏



コメント (10)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする