オートフィッツ吉祥寺 靴店 足の計測・中敷オーダーメイド・靴の修理 http;//www.o-fits.com

ヨーロッパのコンフォート靴専門店
店員より新入荷レポート・靴の雑学
甲低細幅の子供靴もおすすめ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

子どもの足と靴についての講演会 Part.2

2009-06-04 | 子ども靴について
スタッフのたけこです。

今回ご訪問したのは、西東京市のY保育園です。


0~5歳の子ども達100人が過ごすY保育園は、木材を基調に造られた広々とした園舎です。開放感のある建物はどのお部屋も日差しや風がとても心地良く感じられて、子ども達はみんな穏やかにのびのびと遊んでいます。
お日様があたる外のテラスでお昼ご飯を食べている様子は何とも楽しそう♪いいなぁ~





廊下に置かれた棚の中に、RICOSTAの紐靴が飾られています。

この靴は今から10年以上も前、三鷹のお店に園長先生がご来店された時に、足に良い子ども靴を親御さん方に参考に見てもらえるようにとお買い上げいただいた靴なのです!
吉祥寺店が誕生する以前からずっと長い間、園長先生をはじめ保育士の先生方には子どもの足の成長や子ども靴に関心やご理解をいただいているのです。

「子どもの足や靴のことを知ってもらえるよう、足の測定会やお話し会をやり始めています。Y保育園さんの園児達の足を見させていただけませんか?」と園長先生にご提案したところ、快く承諾して頂き今回のご訪問となりました。





100人の足型と計測は1人ではもちろん無理!ということで、今回はオーナー&たけこのナイスペアで。

0歳児のクラスからおじゃましま~す♪…
        
“知らないおじさんに何されるんだよぉ~” と、警戒心いっぱいの眼差し!
まだ0・1歳の乳児では当然の反応ですね。
泣き声を背中に感じつつ次のクラスへ…、1・2歳になるとお友達の姿を見てなんとなく理解するようになります。


そして幼児クラスになると骨や筋肉がさらに成長し、それぞれの足の特徴や発達具合などが解りやすくなってきます。



ぼくもー!わたしもー!とみんな興味津々

椅子の後ろは長蛇の列、あっという間に繁盛店です。





一緒に手形も採りました。人の手と足は似てることが多いんだよ。


園長先生,看護師の先生と、ひとりひとりの足型を見ながら発達状況を話し合い、気になる子は歩き方などのチェックも行いました。

その後、お母様方に足の発達と靴の選び方についてのお話しさせていただき、ご質問や今履いている靴のご相談などもお受けしました。お子様の足のお話しから、さらに大人の足や靴・姿勢や生活習慣についての話題にも発展!
足と靴が日々の健康に深く関わることを、子育て・家事・お仕事などに奮闘するお母様方の立場から気付くことは多いと思います。


来年2月に訪問する日程も決まり、毎年1回足型採取と測定を行うことで子ども達の足の成長を記録として残していくことになりました。
今後もY保育園の皆様と、子ども達の健やかな成長の為に意識を深めていくことができればと思います。


Y保育園のお友達、来年も靴のおじさんとお姉さんが行きますのでよろしくおねがいしまーす









コメント
この記事をはてなブックマークに追加