愛がないなら、育ててみよう!~晩婚さんの日々~

恋愛しないで結婚した晩婚さん夫婦、愛を育てることができるかな?
毎日が挑戦の日々・・・

~晩婚さん、秋の深まりとムカデ~

2022-11-30 09:57:23 | 日記

おはようございます。最近、更年期障害がまた厳しくなってきているおおくぼです。

今回の症状はとにかく元気が良いのは午前中だけ。

午後からは頭痛と倦怠感、そして原因不明の無力感に悩まされ続けています。

というわけで仕事休みの日は

朝から掃除洗濯料理を済ませ、昼過ぎは少し外出(引きこもらないように気晴らし)、頭痛薬を飲んで夕方からはコタツでごろごろパターンに。

今のところ、このルーティンでしのいでいます・・・

 

今回は

ムカデのお話なのですがちょっと気持ち悪い内容になるため、その前に綺麗な画像を

11月中旬の京都清水寺の紅葉と京都市市街。

独身の頃は毎年この時期は法要に呼ばれて行ってたのですが、結婚後、京都市を離れた上コロナ禍で行事が中止。

実に3年ぶりの清水寺でした。

そして久しぶりに会った知人同士、お互いに年取ったなぁ~と確認作業。

おおくぼはずいぶん成長したなぁ・・・と言われました

 

 

さてムカデのお話です。

先日。庭の草取りの合間に開けた玄関ドアのパッキン部分に。

それはそれは立派な・・・(ツヤツヤした流線型。美しい・・・ですが・・・

寒くなってきて、家の中に入る機会をうかがっている様子。

こんなスゴイのに入られたらたまったものではありません

 

おおくぼ、すかさず手に持っていた鎌で玄関から遠くへ払い飛ばすと、ヤツはコンクリートたたき部分に着地。そして逃走~!!

追いかけたおおくぼ、まずは動きを止めようとムカデ中心部を狙って鎌を振り下ろしました

が、勢い余って真っ二つ

するとムカデは上半身と下半身別々の方向に逃げ出し(!!)、さらにタイヘンなことに・・・!!

 

ギャ~!!!!!!

 

とっさに鎌で二匹(←?)のムカデをひっくり返したところ、長さが足りないのか戻れない様子で脚をジタバタさせているのみ。

 

・・・とりあえずよかった・・・

ここまでの戦いで疲れはてたおおくぼ(←本日終了)、この二匹(?)をそのまま放置して家の中へ。

 

洗車を終えた夫がこれを発見、無事に引導を渡しました・・・。

 

一気に疲れた秋の1日でした・・・

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

~晩婚さん、関西弁(夫)in東北・その2~

2022-11-21 10:57:28 | 日記

こんにちは、おおくぼです。

 

おおくぼ家では3日ほど前から

黒ニンニク製造機で黒ニンニクを作成中。

(見た目は炊飯器。内釜にニンニクを入れるステンレスのカゴがついている。)

ですが

ニオイがハンパではありません・・・

窓を開け、換気扇を回しても家中にニンニク臭が充満。

寒いは臭いわ・・・

この先どうなるのでしょうか・・・?

 

 

さて

関西弁しか話せない夫が東北に行ったら・・・その後です。

一週間の滞在期間、次第に口数が減っていった夫。

周りは全てノリの違うズーズー弁(←東北弁をこのように言ったりする

まさしく四面楚歌の状態です。

 

別に標準語で話したらいいじゃないの、とおおくぼは思いますが

なんと夫、標準語を話せないことが判明!

(今どきそんな人いるの!?と思いましたが、目の前にいました・・・。)

それどころか

関西弁に東北弁のイントネーションがビミョーに混ざり、結局どこの言葉なのか分からない状態に・・・

 

そんな東北からの帰り道。

夫、車中で急に饒舌になり始めました・・・

特に「ちゃう」を連発・・・

 

関西弁の「ちゃう」は

「違う」という意味と「~じゃない?」と同意を求める意味の二通りがあると思うのですが

この時の夫は、この2種類の「ちゃう」をものすごい勢いで使い分け続け

チャウチャウチャウチャウチャウチャウ・・・・・以下エンドレス

 

・・・チャウチャウ犬か、君は

 

おおくぼにはこの時の夫の話は半分も理解出来ませんでしたが、面倒くさいので放置。

途中、新潟で宿泊したのですが、ご飯に行った居酒屋さんでもその調子。(しかも声でかいし

 

特に大人しい新潟人の中でもまたしても浮きまくり、翌日、滋賀県に入ったあたりでようやっと周囲と同化。

自分でも「やっといつものカンジに戻った気がする」などと言っていました。

 

ちなみに車の運転も滋賀県・三重県あたりから変わります。

急に車間距離ツメツメ、スピードアップ、割り込み放題

これに夫が息を吹き返したごとく参戦。

またいつもの日常が始まりました・・・

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

~晩婚さん、関西弁(夫)in東北~

2022-11-09 11:52:01 | 日記

おはようございます、おおくぼです。

ずいぶん朝晩が寒くなりました。

もう11月だというのに、うちの鈴虫ちゃん一匹とクワガタくんはまだ元気。(去年は10月中に全滅だった)

この調子でちゃっかり越冬する気でしょうか・・・

 

さて

今日は先月(2022年10月)、夫と共に東北地方のおおくぼ実家に帰省したときのお話です。

 

ちなみにこの時、一週間も放置するわけにもいかず、鈴虫、クワガタも一緒に連れて行きましたが、割とタイヘン。

移動の車内では揺れないように荷物で固定。

途中一泊したホテルの部屋では夜になるとリンリン元気に鳴き始めたため、おおくぼ、慌ててバスルームに鈴虫のケージを移動←いくらかでも防音になってるかと・・・

夫が部屋から出て確認したところ、それでも鳴き声が廊下にまで響き渡っており、おそらく両隣の部屋にも響いているであろうとのこと・・・。←どうすんのよ・・・

翌日も朝から移動だというのに、苦情がこないか心配で眠れぬ一夜を過ごしました。

(鈴虫の鳴き声って、スゴイ響くんだな~と感心

 

・・・帰省時のお話でした・・・。

基本的に関西弁大好きの東北人。

前にも書きましたが、結婚の挨拶に夫がおおくぼ親戚に会ったとき、夫の話す関西弁(厳密には地方訛が入ってるケド)が珍しく面白く聞こえ、一躍人気者になりました。

テレビ番組の影響か、特に子供には大人気です。

(でも子供は見よう見まねで関西弁を真似て話すので、違う使い方をしてしまったり

東北では違う意味になってしまったりして、周りの大人たちを困らせる事態にも・・・)

 

しかし

決して無口ではない夫が滞在期間が2日、3日と過ぎていくうちに・・・だんだん無口になっていきます。

「なんで静かにしてんの?」と聞くと

「だって皆、大人しいし。何でも真面目に返されるからさぁ・・・。」と夫。

 

確かに。

根が真面目な東北人は、何でも真面目に受け答え。

ポンポン面白く話が弾む関西と違い、東北では話題がどうしても盛り上がらないと思ってしまうのは、おおくぼでも分かります。

(東北人同士ではちゃんと話が盛り上がります、ただし、関西のノリではない

 

夫が私の親や親戚に慣れてきて

一緒にいる間は仲間に入りたい、と思ってくれている証拠のような気がしますが

 

この反動はその後、帰省帰りの車中で爆発

後半に続きます・・・

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

~晩婚さん、ハロウィーンは女子旅で~

2022-11-02 15:56:31 | 日記

こんにちは、おおくぼです。

 

今年も方々で大騒ぎのハロウィーンが終わりました。

その日、おおくぼは友人と

そんな大騒ぎとは無縁の奈良県の大神(おおみわ)神社に女子旅。

街中に佇む、真っ黒い鳥居がステキです

鳥居といえば、朱塗りの華やかなものを思い浮かべますが、ここのは黒一色。

最初見たときは、ええ~!!なにコレ!?となんか怖かったのですが、

この神社の静けさとどっしりした安定感(←何でしょうね?)が好きで、よく訪れるように。

 

ちなみにこの神社、三輪山自体がご神体で、社殿がなく、山を拝むカンジです。←このシンプルさがまた好き

 

伊勢神宮のミニ版のような参道。(あまり長くないので、疲れやすい方にはピッタリ)

お供えのタマゴもかわいい(御祭神の化身が蛇だったらしい)

参道にはお店もほとんど無く、お土産があまり充実していないのですが

「いいから黙って三輪そうめんを買いなさい!」、ということなのでしょう・・・きっと・・・

 

のんびり歩いてお昼を食べて(大和芋の蒲焼きがオススメ)、久しぶりにゆっくりしました。

その後、友人を駅に送り、帰宅。

ハロウィーンの事などスッカリ忘れていたその時。

 

ピンポーン

玄関の呼び鈴が鳴ったので、ドアを開けるとそこには・・・魔女が三人・・・

「トリックorトリート!?」

 

・・・・・ん

ああ!そうだ今日ハロウィーンじゃないの~!!

慌てて室内からお菓子を持って出て、三人のかわいい魔女っこに分けるおおくぼ。

 

「ハッピーハロウィーン!!」

お菓子を貰った魔女たちは、また次の家へと去って行きました・・・。

 

びっくりした・・・。

まさか本当に魔女がやってくるとは・・・。

どこの子か知りませんが、この田舎でイキナリ仮装してよその家をピンポンするの、度胸あるなぁ~と感心した、おおくぼです

 

 

 

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

~晩婚さん、固すぎるカボチャとの戦い~

2022-10-26 09:54:13 | 日記

おはようございます、おおくぼです。

ご覧頂きまして、ありがとうございます。

 

さっそくですが先日

結婚以来3年間使ってきた包丁、壊れました・・・(厳密には刃先が無くなった)

関の孫六さん(←おおくぼお気に入りの包丁メーカー。おおくぼは包丁をさん付けで呼びます。)だったのに・・・

ステンレス製でそんなに高価ではなかったけど、普段使いにちょうど良い三徳包丁。

夫の無頓着な荒い使用にも耐え、切れ味抜群のまま3年間。←スゴイ

そんな孫六さんが敗北・・・

 

犯人は

東北の実家に帰ったときに買ってきた、カボチャ。

 

大人の頭くらいの大きさ(!)があって激安(400円!!)だったので買ってきたのですが。

これを先日、切ろうと包丁を当てたのですが・・・全く歯がたちません。

最後の手段、刃先から突き刺して、ここから切り込んでいこうとしたのですが・・・なんと・・・そのまま動かなくなってしまいました

押しても引いてもびくともせず、手も痛くなってきたので、仕方なくそのまま放置。

 

薄暗いキッチンの まな板の上に

人の頭大の丸い物体。 にブッスリ刺さった三徳包丁。

 

帰宅しそれを見た夫は恐れ驚き「うわぁ~!ジェイソン!!

・・・とんだハロウィーンです

 

その後、夫の手により(だいぶ苦労しながらも)無事に切り分けられたカボチャでしたが

ほっとしたのもつかの間、翌日、包丁の先が無いのを発見(多分1センチ近く)

カボチャの中に入ってるかも知れません・・・

スリル満天なカボチャです

 

それにしても

次さん(←有次。こちらもおおくぼお気に入りの包丁メーカー。)でなくて不幸中の幸いでした・・・

こちらは知人から頂いたもので、名前入り。

修理に出したりしたら、頂いた方にすぐにバレるのです(!)

ちなみに夫、おおくぼの留守中にこの包丁を迂闊にも使ってしまい、錆びをだし、おおくぼにこってり叱られました。

錆はおおくぼがヤスリで擦りましたが、今のところ大丈夫なようです・・・←ホントに?

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする