『自由の哲学』を読む ~日々の暮らしから~

7年かけて読んだ『自由の哲学』で
1人ひとりの かけがえのなさを実感。
ともに幸せになりゆくために、自由を目指す。

目的地を見ることと、目の前の道を見ること

2019年11月15日 | 考える日々
昨日は、私の「最近」が 400年くらいのスパンになっていて驚いた話をしまた。 それは、かなり世間からズレた感覚ですが、 「なぜ生きる」みたいな大きな目標を意識するには、 意識的にズラしてみるのは有効です。 時間軸、空間軸を大きく取って位置づけしなおしてみると、 社会や時代で果てしなくつながっている中での、 それでも個としての「身体を越えた私」が意識できます。 えーと、損得で動く小 . . . 本文を読む
コメント

月と仲良し

2019年11月14日 | 考える日々
昨日、日の出と月の入りを同時に味わえた幸せに、 今日も同じように天体ショーを見られるかと、 月の入り時刻を調べてみました。 ら、らららら!!! なんと、月の出てくる時間って 毎日、1時間も変わっていくんですね。 今日13日は、データでは6時45分ごろに沈んだのに (でも山に沈んだから、実際に見えなくなったのはは6時半くらい)、 明日14日は7時半、あさって15日は8時半に月が出てくるんだと!! . . . 本文を読む
コメント

東の 野に炎の 立つ見えて

2019年11月13日 | 考える日々
昨日は満月。 「月がめっちゃキレイー、見に来て~!!」 と言いながら玄関から駈け込んで来た中学生の子ども。 ホントにキレイだったので、久しぶりに外で晩ごはんにしました。 あ、「外でごはん」って言っても、 お店じゃなくて野外ね(^^)。 キャンプ椅子をササッと出して、 ダンボールを机に、月に向かって外ごはん。 普通のごはんが特別なごはんになりました。 何でもない日常の、特別なひととき。 さて、 . . . 本文を読む
コメント

言い方は違うけど、古今東西、大事なことは同じ

2019年11月12日 | 考える日々
『超訳古事記』の著者であり、 フリーの神主でもある鎌田東二さんは、 毎朝いろんな笛を比叡山に向かって吹いておられるそうです。 石笛は垂直にぶった切って行く音の世界、 龍笛は水平に流れる音の世界、 そして、それを調和させるのが法螺貝の音だそうです。 それでふと思い至りました。 クレヨンぐるぐるを描いてみても、 精神に向かって伸びる縦線は世の中をぶった斬りますし、 (真善美を目指すと、世の中が最 . . . 本文を読む
コメント

人類の進化と音楽、または「同時代人」の範囲

2019年11月11日 | 考える日々
中学生の娘が、「令和になったら私らも “平成の人”みたいに言われるんかなぁ?」と 時代の呼び方が変わることを不思議がっていましたが、 みなさんの「最近」のスパンってどのくらいですか? 最近、2000年単位で人類が進化する道筋の、 今の課題である「意識魂の時代」なんてことを考えているせいか 私の「最近」は、やたら長いことに気がつきました。 こないだ、ピアノの先生(弾きたい曲だけ見ていただいてます . . . 本文を読む
コメント

意識魂の時代のAIの役割

2019年11月10日 | 考える日々
この何ヶ月か、   「意識魂の時代」を考える機会が増えました。   人智学に興味がない方には、 あまり馴染みがない言葉かもしれません。     「意識魂の時代」をざっくり言うと、 昔は、「ふさわしいことが出来る分別を持つ」ことが 大人になるってことだったけど、 今は、「意識的に生きる」ことこそが、   人類の進化を考える際に大切だ、ということです。 親や先輩、年長者の言うこ . . . 本文を読む
コメント

描写能力に問題がある、という以前の問題

2019年11月09日 | 中学生と育つ
中学生の娘が、 すんごい勢いで話し出した。 「今日、すんごい車見た!」 へー、どんな? 「黒塗りで、コロンとしてなくて四角くて」 ふーん、いかつい系の黒塗りベンツかな? 通学路にいるなんて、気になるな。 ただのお金持ちだったらいいけど。 「めっちゃ大きくてさ。 大体、大きい車の半分くらい」 え…半分? 普通サイズより小さいの? 5人乗りのコンパクトカーくらいってこと? 「違うってば!  . . . 本文を読む
コメント

心洗われるカコミ

2019年11月08日 | つくる日々
朝、散歩してて、 ふと目にとまったもの。 この右下の方の見慣れないカコミは何だ? ふつー、石で何かを囲むのは、 苗木を植えた後に、 間違えて踏んだりしないように、 って目印が多いんだけど。 苗木なら公園の周囲に植えるだろうけど、 このカコミ、やたら真ん中だったので、 「ん?」と思って近づいてみると、 あらら、ウンコでした(^^)。 (見たくなかった人、ゴメンなさい)。 誰かが、ごていね . . . 本文を読む
コメント

1年前の手紙が届きました

2019年11月07日 | つくる日々
なんぼ意識的に自分を世に活かす方法を考えてても、 考えてるだけやったらどーもならんなぁ。 なんぼマメに身体動いても、勇気持って動ける人でも、 動く目的を意識してなかったらどーもならんなぁ。 そんな風な、 中と外がぴったり重ならないというハードルが、 ず~っと私の前にあります。 こんなこと考えてたら、 1年前に書いた手紙が届きました。 「六甲ミーツアート」という、いろんなアーティストの作 . . . 本文を読む
コメント

ライオンはメスが狩りをするけど私は狩りが下手

2019年11月06日 | 考える日々
昨日、何やかや書いているうちに、 夫への感謝がつのってきたのですが、 その時、ちょっと頭をよぎった事。 それは 「家族を養うことが自分の役割である」 と思って、引き受けてる人って、 男でも女でもすごくステキじゃない?? おかげ様で、そうでない側は安心して子育てもできるし、 生産性が低い人でも、なんとか生きていられます。 その人は、生産性以外のところで 家族を潤しているかもしれません。 ホント . . . 本文を読む
コメント

最近よく「夫、ありがとう」と思う

2019年11月05日 | 考える日々
自力で人生を切り開いてきた父の影響か、 もって生まれた性分か、はたまた両方か、 ワタクシ、同調圧力にはわりと屈しないタチで、 「みんなと同じようにしたい」とか、 「最先端のものがカッコイイ」とかは、あんまり思いません。 「自分の欲しいものは何か」と、 わりと意識的に考える癖があります。 そうでないものに踊ることを、 ヨシとしないフシがある。 「高い」車とか「流行りの」バッグとか、 「今年の」 . . . 本文を読む
コメント

先端技術に懐疑的なわりに、結局使いまくっている話

2019年11月04日 | 考える日々
子どもの頃、テレビにリモコンという便利なものが付きました。 でも、ウチにはなかったので、 いつ行ってもテレビがついている友達の家で、 気怠そうなその子のおかーさんが 立て続けにリモコンでチャンネルを変えているのを、 奇術(死語?)でも見るような気分で見ていました。 「なんで変わるの???」と思って。 そんな魅力的で便利なリモコンというものがあるのに、 「見たかったら立ち上がってチャンネル変えろ、 . . . 本文を読む
コメント

父と母に感謝している話

2019年11月04日 | 考える日々
私が子どもの頃、テレビのリモコンという便利なものが出た時に 父は「見たかったら立ち上がってチャンネル変えたらいい。 そんなこともしたくない程度なら、見なくていい」 と言って、長い間リモコン付きを買わなかった。 寒い冬に、家族でコタツに入り、 誰がコタツから出てチャンネルを変えるかで、 何度となく争ったりもしたけど。 子ども心に「父の意見には一理ある、 その考え方、カッコイイ . . . 本文を読む
コメント

地蔵ファンクラブのみなさん

2019年10月31日 | つくる日々
散歩の途中に拾ってきたどんぐり。 なんとなく捨てられずに、 ポケットに入れっぱなしにしてました。 手を入れると、とがった先がチクッと刺さる。 いてて(^^;)。 このどんぐり、どうしようかな~。 と手の中で転がしていたら、 机の前に、線香皿が。 これ、子どもが何年生かの時、学校で行ったナントカ体験 (詳細をまったく覚えてない)で窯元に行った時に、 「線香立て欲しがってなかった?」と作ってくれた . . . 本文を読む
コメント

「何を言われても平気ってのがホントウだ」と言う頭に、「でもホメて~♪」と言う心

2019年10月30日 | 考える日々
昨日、お互いにホメ合う文化に学んだ話を書いたけど、 それって、ホメてくれる人に依存してるから、 自由とは言えない気がしてきた。 とか、また、しちめんどくさいこと言うけど。 若い頃、容姿にコメントしてくる男がめんどくさかったのは、 「中身を知らんくせに、別に私の皮とつきあってくれなくて結構」って、 世間を知らないゆえの向こう見ずな自信があったし、 自分の外見より中身にリアリティ感じてたから。 老 . . . 本文を読む
コメント