沖縄三線.com

沖縄のことあれこれ。

おいしくインスタ映え  那覇オーパ内に「ロールアイス」店オープン 九州・沖縄で初

2018-10-04 05:13:31 | グルメ

ロールアイスクリーム専門店を展開するサムシングニュー(東京、浅野まり社長)は、那覇市泉崎の那覇オーパ2階に「ロールアイスクリームファクトリー」の新店舗を13日にオープンする。

同店は2017年6月に原宿の1号店を開店し、“インスタ映え”するスイーツで人気を集めている。

九州・沖縄地区の出店は初めて。

那覇オーパ店は、ロールアイスのカップに入ったような写真が撮れるスポットを設置し、若い世代にアピールする。

浅野社長は「若い女性など地元の人に楽しんでもらい、一年中おいしくアイスを食べてほしい」と話した。

「日本初のロールアイスクリーム専門店」として、マイナス10度以下に冷やしたプレートでアイスを巻き、トッピングで個性のあるアイスを作れる。

現在までに大阪や名古屋などで4店舗を運営している。

那覇オ―パはこちら☆

コメント

那覇に「一蘭」 来月18日開店 とんこつラーメンの店

2018-09-12 16:27:18 | グルメ

とんこつラーメン店を国内外で展開する一蘭(福岡市、吉冨学社長)が、沖縄初の店舗を10月18日に那覇市の国際通りに開店すると発表した。

国内外78店舗目となる=提供写真。

一蘭那覇国際通り店は、那覇市牧志の琉球セントラルビル地下1階に設けられる。

営業時間は午前9時から翌日午前4時で、73席。

同社の担当者によると、他店では35~50席程度の規模が多く、店舗規模としては大きめになるという。

 

 

 

コメント

全酒造所の泡盛、ブレンドしたら… 酒造協同組合とイオンが新商品

2018-08-03 19:52:31 | グルメ

「いちゃゆん」をPRする(右から)イオン琉球の末吉康敏会長、泡盛の女王の翁長里奈さん、県酒造協同組合の武田智専務理事

=那覇市の琉球新報社

++++++++++++++++++

イオン琉球(南風原町、佐方圭二社長)と県酒造協同組合(那覇市、大城勤理事長)は、琉球泡盛「いちゃゆん」を発売する。

県内初の、全46酒造所の泡盛をブレンドした商品となる。マイルドで甘みのある味に仕上がった。

「いちゃゆん」は沖縄の言葉で「出逢う」という意味で、全酒造所の泡盛が出合い、深みを出す商品になるという意味を込めた。

イオン琉球が商品を発案し、県酒造協同組合が全酒造所へ文書や電話で協力を呼び掛け、2年がかりで商品が完成した。

同組合の武田智専務理事は「離島の酒造所も多く、集めるのは大変だった。小さい酒造所や代替わりしたところは、理解を得るところから始まった」と振り返った。

1987年から同組合が発売する古酒「海乃邦」は、県内酒造所のブレンド酒だが、離島は輸送コストがかかることや、多忙で対応できないなどの理由から46社が全て集まることはなかったという。

今回は同組合が送料を負担し、離島も全て集めることができた。

イオン琉球の末吉康敏会長は「島酒フェスタの時に、酒造所同士が協力し合って盛況だった。今回の企画もみんなで頑張ろうという協力の雰囲気があった」と話した。

パッケージは、県内の女性デザイナーが手掛けた。一つの円を酒造所とし、46の円が重なり合うイメージだ。若者や女性でも手に取りやすいデザインを意識した。

2018年泡盛の女王の翁長里奈さんは「本商品をきっかけに、県内の酒造所についても知ってほしい」と商品をPRした。

アルコール度数25度、720ミリリットルで価格は980円(税抜き)。

3千本の数量限定で、イオンライカム店、イオン那覇店、マックスバリュ、わしたショップ国際通り店のほか、県外の物産展で発売する。

11月には、43度の46酒造所ブレンド泡盛を発売する予定だ。

-------------------------------------------------------

ということで、もうすでに販売しているだろうということで、これを発表したイオン琉球(南風原)の目の前にある、マックスバリュに20時頃買いにいきました。

しかし、酒コーナーを見渡しても、見当たらない?

不思議に思い、目の前で商品を並べていた店員に確認すると、「少しお待ちください、確認いたします」と言い、バックヤードに入り、持ってきたのが、なんと「いちゃゆん」でした。

彼女曰く、これから、棚を整理してスペースを作り、並べるということでした。

『こちらで間違いないでしょうか?』と聞いたので、『これです!!』というと、『どうぞ』と渡してくれた。

ということは、私が1番最初の購入者ということになります。

やったー 第1号です。 パチパチパチ。

 

限定3000本なので、すぐに売り切れになるかもしれませんね!?

 

 

コメント

マチグヮー発ビール 那覇、夏にも直送店

2018-05-16 09:18:17 | グルメ

浮島ブルーイングのクラフトビール。(左から)ヴァインツェン、ゴールデンエール、ブラウンエール

クラフトビールを手作りのサーバーから注ぐ宮里幸多工場長=14日、那覇市牧志の事務所

マチグヮー発のクラフトビール誕生―。沖縄県那覇市牧志の公設市場近くにできたクラフトビールの醸造所「浮島ブルーイング」が近く出荷を始める。フルーティーな香りのヴァインツェンなど3種類に6月初旬からはゴールデンエールも加わる。現在は卸しのみだが、夏にも水上店舗内に工場直送のビールが飲める店舗を開業する予定だ。 

手掛けるのは、まちづくりに関するコンサルティング会社アポロブルー(那覇市、由利充翠代表)。2017年、ビール事業を本格始動させた。神奈川県の醸造所で数カ月研修し、12月に醸造免許を取得。今年4月に操業を開始した。

素材の種類や発酵時間などで幾通りにも個性を引き出せるクラフトビールにひかれたという由利代表。「まち全体でニュース(新しいこと)を興したい。市場という食文化の中心でクラフトビールを通じていろんな“冒険”をしてほしい」と話した。 (田吹遥子)

コメント

まさひろ酒造がジン発売へ 沖縄素材で爽やか

2017-10-08 06:07:43 | グルメ

まさひろオキナワジンを販売する、まさひろ酒造の東政芳さん(左)と新垣喜彦さん=6日、琉球新報社

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

まさひろ酒造(糸満市)は、沖縄初のクラフトジン「まさひろオキナワジン」を27日に発売する。泡盛製造で培った蒸留技術を生かし、シークヮーサーなど6種類のボタニカル(香味植物)を合わせた。27日から泡盛まさひろギャラリーと沖縄の産業まつりなどで先行販売する。

「まさひろオキナワジン」は、ジン本来の味わいと、さっぱりしたかんきつ類の爽やかな香りが特徴。沖縄の素材にこだわり、シークヮーサーやゴーヤー、グアバの葉など6種類の香味植物を採用した。

6日に琉球新報社を訪れた同社特販部の東政芳次長は「沖縄の素材を使って、沖縄らしさを前面に出した。カクテルやロックでも楽しめる」とアピールした。ジンは海外でも人気があり、外国人観光客への販売や海外輸出も検討している。

アルコール度数は47度。700ミリリットルの瓶入りで、税別3千円。

 

コメント