大滝寛のブログ

演劇を中心とした大滝寛の活動報告。そして釣りのことなど。

ラジオ日本で横浜ポップJ「女の一生」

2018-10-04 11:56:01 | Weblog

ラジオ日本加藤祐介の横浜ポップJで「女の一生」についてお話しさせていただきました。加藤祐介アナウンサーは文学座附属演劇研究所出身で27期、山本郁子さんと同期だそうです。会社では偉い人らしい。しかし、さながら同窓会のようでありました。加藤さんのフリが上手いので喋りすぎた。要点を簡潔に喋りたいものだ。
コメント

2018女の一生 紀伊國屋サザンシアターで上演します

2018-10-04 11:52:06 | Weblog

いよいよ、紀伊國屋サザンシアターで上演します。新しい「女の一生」どうぞご覧下さい
http://www.bungakuza.com/onnanoisyou2018/index.html

コメント

高岡「女の一生」ツアー、雪と懐かしい思い出

2018-02-09 20:33:34 | Weblog

高岡に来ました。劇場ロビーに文学座がこれまでに上演した、ポスター色紙や写真が貼っありました。先輩たちのサイン、懐かしさに声をあげました。そして大切に取っておいてくださった高岡演劇鑑賞会の皆様に感謝です。
コメント

北陸の前にお伊勢さん

2018-02-06 21:55:35 | Weblog


北陸入りの前、三重の津から伊勢へ。
夜の公演の前に、いつもは断念していたお伊勢さんに外宮、内宮、お参りしてきました。土曜日のせいか沢山の参拝客で賑わっていました。途中、立ち寄った猿田彦神社は伊勢神宮に先駆けてあった氏神さまだとか。みちひらきの神様と言われているそうです。伊勢神宮の大きな杉の木にえもいわれぬ厳かな時間を感じます。楽しげな参道をピッチをあげてぐるりを巡り開演準備の前の、贅沢な時間でした。少し疲れたくらいが、いい感じで舞台に臨めるような気がします。
コメント

雪の北陸、富山の「女の一生」

2018-02-06 21:38:45 | Weblog


あまりにも心揺さぶる雪模様なので久しぶりにブログを開きました。
気づけば「女の一生」の旅になると行った先の風景を記録したくなってしまうようです。今回は中部北陸ツアー、愛知県は知多から始まり、名古屋、岡崎、岐阜、豊橋と周り北陸自動車道を走って、本格的な雪模様の、吹雪いている富山に来ました。雪の中、がんばって県民ホールに足を運んでくださったお客様には感謝の気持ちでいっぱいです。やっばり魚が美味しく、寒ブリ、しろえび、鯵も四角に捌かれ歯ごたえ抜群。素敵です。明日は高岡に参ります。
コメント

11月3日山本有三記念館で朗読します

2015-10-19 18:19:31 | Weblog

山本有三記念館で「秋の朗読会」に出演します。是非読んでみたい作品の中から今回「女おや」を選んでみました。11月3日の文化の日、18時から19時半です。
詳しくは三鷹市山本有三記念館HPをご覧下さい。入館券300円でお聞きいただけます。井の頭公園も近く三鷹界隈のお散歩も楽しいです。
コメント

大倉山の梅林

2015-02-16 00:13:11 | Weblog
地元大倉山の梅林、そろそろ咲いてるかなと歩いてみました。まだこれからが楽しみですが、所々で花を咲かせ始めている種類もありました。赤いのは野梅という名前らしい。やばい。今日も風が冷たかった。
明日は甲府へ行きます。
コメント

静岡ツアー、無事終わりました!

2015-02-16 00:03:10 | Weblog

静岡最後の公演地 清水から富士山を仰ぐ。
沼津からの富士も、もちろん富士宮の富士も立派でした。
青空に大きな富士を見ると自然と心が清々します。
静岡県の皆様ありがとうございました。充実した日々でした。
コメント

富士宮「女の一生」

2015-01-28 12:20:42 | Weblog

旅は続いています。
富士宮、浅間大社から富士山を撮りました。
富士山麓の水が清々しく流れています。
富士宮焼きそばを食べに「つぼ半」というお店に行きました。赤司さんと松山愛佳とおかみさん。
57年ものの鉄板なのでラードをちょこっと使うだけで美味しく焼けるそうです。しつこくなくて旨いです。
コメント

「女の一生」富士宮へ

2015-01-27 14:49:05 | Weblog

Mt.富士がホテルの窓からダダーンと見えた!立派です。見事な雄姿です。
私もあのように静かに堂々としていたいものであります。
「女の一生」静岡シリーズで今日は富士宮へ来ました。
コメント