アートセラピー「心のお絵かき」の世界

アートセラピストで妻で母で女の、楽しく豊かでゆるい人生後半日記。

根津美術館 酒呑童子絵巻

2019-01-22 13:28:01 | 美術・芸術
先日、お天気が良く比較的暖かい日に、根津美術館に酒呑童子絵巻を見に行ってまいりました。

それほど混雑しておらず、ゆったりと見ることができました。

面白かった~~!!

酒呑童子ってこういうお話だったのね!

これは絵巻が主人公で、絵を観ることがメインですから、ストーリーにばかり気が行ってはいけません。

そういうことを配慮した感じの、簡潔でわかりやすい物語解説がVERY GOODでありました。

同じ酒呑童子絵巻でも、室町時代に描かれたものと江戸時代に描かれたものとはだいぶ感じが違います。



室町時代のは素朴で、鬼のお話なのに、なにかこう邪気が無いというか、鬼の姿になって眠りこけている
酒呑童子の顔なんてカワイイのです。

鬼退治の主役である源頼光の衣装なども、お話がつながっているはずの場面なのにばらばらで、どれが頼光さんかいな?
と探してしまったり。おおらかで良かったわ。

江戸時代の絵巻は住吉弘尚という絵師の作品だそうですが、とても洗練されています。

ロマンティック・ロシア展を見た時は、その自然描写のすばらしさに感銘を受けましたが、
こちらの自然描写もまた、負けず劣らず素晴らしいものがありました。

酒呑童子絵巻の場合、自然描写は、物語の背景にすぎないのでしょうが、
単に背景と片付けてしまうのにはもったいない美しさでした。

やっぱり、日本人は自然の美しさを愛しているから、たとえ背景といってもおろそかにできないのでしょう。

そして、登場する人間や鬼たちの表情やしぐさなどの豊かさ、衣装の細かさなどは面白くて、
いつまで観ていても飽きません。

・・・それで、観ているうちに「おぉっ?」と思ったですよ。

この長ーい絵巻物をA4サイズくらいの幅に切って綴じたら、まるで少年ジャン〇みたいじゃなーい?!

逆に、少年ジャン〇の漫画をコマ割りとか全部はずしてだらーっとつなぎ合わせたら、絵巻になりそうよねぇ?

おお!
世界に誇るニッポンのコミックの原点は、ここにあったのね。

今日一番の発見だわ。

ところで、根津美術館に、今まで気づかず素通りしてしまっていたステキスポットがありました。



どこかわかりますか?

入口入ってすぐの左側です。

入るとすぐ美術館めがけて右側に歩いてしまうので、気がつかなかったのでした。

もっとゆとりを持って歩かなきゃ、ね。

コメント

ロマンティック ロシア展

2019-01-18 11:29:19 | 美術・芸術
先日、ロマンティック ロシア という展覧会に行ってきました。

これは前から行ってみたかったのです。

国立トレチャコフ美術館の所蔵品展ということですが、このトレチャコフさんは、ロシア芸術家による
美術作品だけを収集し、ロシアの芸術家たちの支援も行っていたそうです。

よくぞ、これだけの素晴らしい作品を集めてくれました!トレチャコフさんありがとう!
といった感じです。

とにかく美しいの。

この帝政19世紀後半から20世紀初めあたりのロシア、ツァーリの時代のロシアは、
ヨーロッパの国々より、文化度も金持ち度も高かったのではないかと私は思います。

音楽ならチャイコフスキーやムソルグスキー、文学もトルストイとかドストエフスキーとかチェーホフなどが活躍しています。

音楽、絵画、文学、バレーなどの舞台・・・豪華絢爛な時代だったかと思います。

私は昔からチャイコフスキーが好きで、だからたぶん同じなんじゃないかなぁ・・・と思ってたんですが
やっぱり!

もうね、画面から、スラブの大地からただよう草いきれの香りがむうっと立ち上ってくる感じなの。

ほんと、大自然への強い深い愛が全ての絵の根底にあって、だからただの写実ではないの。

まるで大自然を敬い語りかけるような絵ばかりで、美しすぎて泣きそうでした。



人物画も良かったですよ~。

特に、私は女性と子どもの描写が気に入りました。

子どもたちが夢中になって何かをしている絵が多いのですが、子どもが黙って夢中で遊んでいる時、
空を見つめて考え事をしている時ほど幸せな時間って無いんじゃないかしら?

そういう子どもたちを描いた絵を見ていると、そういう至福の時間がまざまざと思い出され、
絵の前から立ち去りがたい気分になりました。

画家は、そういう子どもたちの幸せな時間について良く知っていたんだね。

すごい愛情を感じます。



そういえば、あのポスターになってる黒衣の女の人の絵ね、来日2度目ということで
「またお会いできますね」
とポスターには書いてありましたけど、実際あの絵の前に立つと、あの人
「さようなら。もう2度とお会いすることはありませんわ。」

って言ってるみたいに見えましたわ。ほほほ。

コメント

ムンク展4 表現という救い

2019-01-12 17:12:09 | アートセラピー
ムンクは言います。
「私の絵は自己告白である。」

まさにそうですよね。

風景を描いても、それは写実ではなく彼の内面の投影です。

それで、妙にぐにょーんとなっていたり、おおっという色使いだったりします。

幼い頃から病気への不安とそれに続く死への恐怖に怯え続け、ひとときでも不安や恐怖から逃れるために、
激しい恋愛をしたように見えます。

私は、ムンクが絵画という表現手段、自己告白の手段を持っていて本当に良かったと思っています。

もし絵を描いていなければ、そして他に自分を表現する手段を持っていなければ、
彼のやりようのない恐怖や鬱屈した感情は、どうなっていたことでしょう。

どんなに、女性やアルコールなど、「自分の外側にある何か」に逃げ込んでも、
いやむしろ逃げ込めば逃げ込むほど、心も体も経済も破綻していくことでしょう。

彼の内側を救えるのは、彼しかいないのです。

その方法が絵画として、自分の内側をひたすら表現することだったのだと思います。

先日も書きましたが、絵に描くことで、心の内側にあったものは外に出て、つまり、
自分と同化していた暗く激しい感情は自分と分離されて、客観視できるようになります。

ああ、こんなに苦しかったんだ、とか、ああ、今こんな感じなんだとか。

私が若い頃からムンクの絵に惹かれていたのは、こういう絵を描いてくれていたからなんだと思います。

口では言わないけど、似た感情は誰しも持っているのではないでしょうか。

それを、自分の代わりに見事に表現してくれて、なにかほっとするような。

ムンク自身だって、赤裸々に自己告白した作品が世間に受け入れられ高い評価を受けたことで、
自分の人生を否定しないですんだんじゃないかって思うのです。

余談になりますが、私はアートセラピストだからたくさんの方のコラージュや塗り絵などの作品を見ますが、
そのまんまの作品、良く見せようなどの作為が無い、気持ちをそのまんま表現した作品は、
どれも無条件に美しいのですよ。

色の組み合わせやモチーフの配置が、えっと思うようなものでも、自分の内側がそのまま表現された作品は
無条件に美しいのです。

だから、ムンクもそう。

どれほどの暗い感情、鬱屈したエネルギーが内側にあったとしても、そのまま自己告白された彼の作品は、
無条件に美しいのです。

病気の不安、死の恐怖、どうしようもない疲労や苦悩、境界線が無くなるほどの、生き血をすすられるみたいな恋愛、
いいとか悪いとか美しいとか醜いとかそんなもの全部乗り越えて、とにかく生きて描いてくれた、
これが愛というものなんじゃないかって、ふっと涙ぐみながら作品鑑賞した私でした。
コメント

ムンク展3 「叫び」アートセラピスト的深読み

2019-01-11 15:18:55 | アートセラピー

ムンクは言っています。

「私は、見えるものを描くのではない。見えたものを描くのだ。」

見えるものではなく見えたもの、とは、目に見えるものではなく心の中に見えたもの、ということでしょう。

心の中に見えたとは、言い換えれば心で感じたものということでしょうか。

行ったことはありませんが、北欧のフィヨルドの夕景色は非常に美しいにちがいありません。

きっと私がそれを見たら
「まあ、なんて美しい!この世のものとは思えないわあ!!」
なんて感激することでしょう。

ところが、疲労と苦悩で死にそうなムンクが見ると、夕焼けの雲は血の色で、しかもいきなり、
大自然の、引き裂くようなばかでかい叫びが聞こえてしまう。

衝撃でゆがんだ人物像を見て、私たちもまた激しい衝撃を受けます。

だがこれで、ムンクも私たちも、目に見えないムンクの心の中、恐れや不安や苦悩や死にそうな疲労感に満ちた心の中を
見ることができるのです。

ムンクが「見た」もの=感じたものを私たちも「見る」。 絵画表現として。

つまりこの瞬間、見えない心の中の世界が可視化されるわけですね。

可視化されるとどうなるかというと、客観視できるということです。

客観視されることで、私たちはどれほど救われることでしょう。

わけのわからない、暗い嵐のような、あるいは底なし沼のような激しい感情に呑み込まれないですむのです。

私たちがこれほど「叫び」という作品に引きつけられるのは、私たちにも心の奥に、こういう恐るべき状態があるってことを
知っているからなんじゃないかな。

そして、これ以上無いほどの絵画表現に深く共鳴しているのだと思います

叫び君グッズやら、ケータイの絵文字やらになるほど「叫び」は愛されています。

本当ははるかに重い感情なのですが、それを知ってなお、叫び君キャラは今の私たちに必要な気がします。

「今こんな感じなのよ~」と叫び君を見せて自分の重苦しい内面を自他共に客観視し、
共感しあったり、ちょっと笑って冷静さを取り戻したりできるのですから。

私も、もうクリアファイルなんていっぱい持っているのに、ついつい「叫び」のクリアファイル買っちゃったし。

今のこの状態、「叫び」という内面告白の傑作が超人気キャラクターになっている状態を見たら、
ムンクはどう思うでしょうね。

たぶん驚愕するでしょうが、怒りはしないと思うんですよね。

むしろ「おお、みんなもそうなのか」とか「苦しい私の絵が役に立ってる」みたいに喜ぶんではないかと・・・ないかな??
コメント

ムンク展2 ああ恋愛

2019-01-10 17:11:04 | 美術・芸術
ムンクの絵は、病気や死への不安と同じくらい「恋愛」をテーマにしたものは多いです。

たぶん、芸術家だし、しかもああいう精神状態の人でしたから、恋愛中毒だったんじゃないかと
考えるわけです・・・。

病気や死への不安から逃げるために、恋愛しないではいられなかったみたいな感じ。

接吻する恋人たち、抱き合い絡み合う恋人たちは、殆ど境界線を無くして一つの塊のようです。

そんなに激しく愛し合っていたのか・・・。

私の好きな「吸血鬼」だって、女性は男性に覆いかぶさり、接吻していると言うより、
まさに血を吸っているようです。

かぷっ という音まで聞こえそう。

女に生き血をすすられて、男は弱っていくのだという例えなのかもしれませんが。

(だからアタシは、この絵が好きなのかしら?)

この吸血鬼シリーズでも、やはり男と女の輪郭線は溶け合い、一つの塊に見えます。

ムンクの恋愛は、みんなこんなに激しいものだったのかしらね。

ここでつくづく残念だったのは、私が今もう激しい恋愛をしてないどころか、その記憶すら消滅しかけていて
「へー、恋愛ってこんなだったっけ?」
と、冷めた目でしか作品を見られなくなっていたことです。

ああ、ほんとに残念だわ。

同じように、恋のメランコリーに沈む人物画を見ても
「恋って、こんなに憂鬱なもんだったっけ??」
と、今ひとつ共感できずに、したがって心に食い込まずに淡々と眺めてしまうのでした。

もっと若くて、恋愛進行形あるいは恋愛の記憶が生々しい頃だったら、もっとハゲシク、
まさに作品と自分の境界線が消えるかのように見られたかもしれません。

ああっ!ほんとに残念だわ!
コメント