のんきに介護

母親と一緒の生活で、考えたこと書きます。

豊洲市場、「湿気ひどくマグロにカビが」の心配が渦巻く。然るに、安全宣言を発した小池は、隠れているのか。姿を見せない

2018年10月09日 12時20分48秒 | 世界の中の日本



この記事には、

「潮待茶屋がない」という最も深刻な問題をスルーしている

(拙稿「豊洲市場では、水の管理を従来、務めてきた「潮待ち茶屋」、通称「茶屋」の役割が無視されている。排水機構も不十分なままだ」〔資料〕参照)。

☆ 記事URL:https://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/80ee03035d5466140813d07052582c99

「先進国である」であると言いふらし、天狗になっていた国の首都で、この様だ!

恥ずかしいな。

なぜ、こんなバカげた判断ミスが生じたか。

それは、

「豊洲は安全」を

生み出したグループが「福島は安全」を主張していた

グループと一致していた事実からでも明らかだ。

すなわち、小池知事は、

思考停止の挙句、デモでっち上げ軍団のチンピラたち、

ネトウヨ頼みの反対者への誹謗中傷で乗り越えようとしたというわけだな。

そんなネトウヨたちに、

次に述べるような批判が炸裂している。

小池は、

知らぬ存ぜぬで逃げ通すつもりか。




無理が通れば、

道理が引っ込むよという諺通りではないか。


<追記>




地元の人が危険視する地所をなぜ、

市場として使おうとしたのか、

石原都政に遡って、

問題を掘り起こす必要があるのではないか。

普通に考えて、

毒ガス工場の跡地で

有害物質がたくさんしみ込んでいるだろうことは、

容易に想像できたはずだった。

そんな危ない土地をなぜ、好んで有効利用しようとしたのか

もっと真剣に問うべきだったろう。

2018年10月9日夕方 記

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 菅官房長官が行き当たりばっ... | トップ | 日本軍による“凌辱”の話 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (読者の一人)
2018-10-10 17:08:51
新銀行東京で都民の血税1400億をドブに捨てた慎太郎
の罪は深い。
築地も営業しながら改修工事をしてきたが、それを辞め
させたのがヤツだ。
都政の私物化をある程度はマスコミは追求したが、4期
13年も知事にさせてきた。

東京圏の食材は値上げされるだろう。

都税も上がる。

築地という都市空間の良さが潰された。

コメントを投稿

世界の中の日本」カテゴリの最新記事