NPO法人いんざい子ども劇場

印西市とその近郊の子どもたちに対して
文化的体験や遊び体験を通じて
豊かな心と創造する力を育む場づくりを応援します

「あしあとくらぶ」にあそびにきませんか?

2018年03月13日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

詳しくはこちらへ

メール

npoinzaikodomo@yahoo.co.jp

ホームページ

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo

NPO法人いんざい子ども劇場 

-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-


この記事をはてなブックマークに追加

子ども劇場って? ①子ども劇場の誕生

2018年03月12日 | いんざい子ども劇場について

子ども劇場の誕生、そして印西に・・・

子ども劇場が誕生したのは1966年の福岡。世帯に1台のTVの普及、急速な核家族化、受験戦争、子どもたちの3つの間(時間・空間・仲間)が失われ、地域のつながりが薄れていくという危機的な時代背景の中、お母さん達の間から、子ども達に本物の文化を見せてあげたい、地域での様々な体験活動を通して、子どもたちが自ら育ちあうこと、子どもたちを温かく見守る地域社会をつくりたい、という願いから誕生し、子ども劇場・おやこ劇場の名前で、全国に広まりました。

1970年、千葉市在住のお母さん教師が、福岡に里帰りした際にこの運動を知り、「千葉の子ども達にも体験させたい。」と呼びかけ、千葉県にも誕生しました。

いんざい子ども劇場は1988年に発足し、20044月に法人格を取得しました。

子どもの年齢に応じた舞台鑑賞や、調理、工作、畑体験、自然体験、キャンプなど、子どもが自ら考え、行動できる、様々な体験活動を行っています。

子どもの健やかな成長を願い、「子どもの豊かな心と想像する力を育む場作り」を目指しています。

一緒に遊ぼう!たくさん遊ぼう!親子で遊ぼう!足あとのこそう! 

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓  

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo 

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★


この記事をはてなブックマークに追加

子ども劇場って? ②こんなところ

2018年03月11日 | いんざい子ども劇場について

子ども劇場ってこんなところ☆

今しかない子ども時代  二度とない子ども時代を〝子どもらしく”過ごすことはとても重要なこと。子ども時代の体験は「生きる力」につながります。

いろんな人とかかわる、つながっていく  人と人とのコミュニケーションなくして、人は一人では生きていけません。子ども劇場では、異年齢層との交流が盛んです。年齢を超えた集団での交流は「社会性」をはぐくみます。

リアルな感動体験 こころ揺さぶる感動体験は「自己肯定感」を高めます。自分達で計画し、工夫しながら取り組む様々な活動を通して「自主性」「表現力」をはぐくみます。

学び合い、支え合い、育ちあい あそび体験では五感を刺激して大人も子どもも思いっきり遊ぶ。もちろん子どもファースト。我を忘れて童心にかえる大人もチラホラ。舞台鑑賞では事前の看板作りやプロの劇団の方との交流、ワークショップなどを通してより深い鑑賞を体験します。家族だけじゃなかなか味わえない醍醐味が体験できます。 

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓ 

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★


この記事をはてなブックマークに追加

子ども劇場って? ③問い合わせ・会員になるには

2018年03月10日 | 問い合わせ・会員になるには

一緒に遊ぼう!たくさん遊ぼう!親子で遊ぼう!足あとのこそう!

NPO法人いんざい子ども劇場

会申込み・問い合わせは

TEL・FAX 0476-46-6287

〒270-1359 千葉県印西市木刈4-2-2(生活クラブ木刈デポー内)

事務所開設日 火・木 10:30~15:30(留守の場合もあります)

 

メールnpoinzaikodomo@yahoo.ne.jp 

 

(返信を希望される場合、パソコンからの受信拒否設定をされている方は解除しておいてください。)

ホームページもご覧ください

http://npoinzaikodomo.wix.com/inzaikodomo

会員になるには・・・

(いんざい子ども劇場は会員制です)

いつでも、だれでも、何歳からでも、会員になることが出来ます。
親子で入会してください。両親の両名またはどちらかと、お子さん揃っての入会となります。お子様のみの入会は出来ません。
入会金は、1世帯1,000円です。
 会費は、1人月額1,500円、2人目以降一人500円です。
まずはおためしで参加してみて下さいね1回 1家族 500円 2回までおためしで参加できます
詳しくはお問い合わせください 

この記事をはてなブックマークに追加

春の花を咲かそう~2月のあしあとくらぶ ~

2018年02月26日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

春の花を咲かそう~2月のあしあとくらぶ ~

2月のあしあとくらぶは、「春の花を咲かそう」です。お雛様の塗り絵に、切り紙や折り紙で花模様を飾っていきます。お母さんと一緒にのびのびと行う自由工作に、子どもならではの感性があふれていました。 ステキな工作を見ていて、本格的な春が待ち遠しくなりました。 

今月のランチは、あしあとのお母さん達リクエストで「豆腐ハンバーグ」です!栄養満点、豆腐を入れるとふわりと柔らかく、子どもにも食べやすいハンバーグになります。レシピを求める声も上がるほどでした。ほうれん草のかきたま汁と、大人向けメニューの新たまねぎサラダも美味しかったです。 

入園で、あしあとくらぶを卒業する子もいるので、春から人数が少なくなりちょっぴり寂しいです。お友だちをもっと誘ってたくさん遊びたいので、春からの企画もお楽しみに。あしあとくらぶの仲間、募集中です!

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓  

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo 

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★


この記事をはてなブックマークに追加

ピザがまの森オープンデー

2018年02月18日 | あそび体験・自然体験

ピザがまの森オープンデー

この日は朝から冷たい風がふいていてとっても寒い!でも子どもたちは元気に丸太で遊んだり、マシュマロやソーセージや、おせんべいまで焼いて食べたりと、オープンデーを満喫した一日でした。

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓  

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo 

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★


この記事をはてなブックマークに追加

バレンタイン スイーツ作り

2018年02月10日 | あそび体験・自然体験

バレンタイン スイーツ作り

今回はバレンタインのプレゼントにも使えるお菓子で、子どもでも簡単にたくさん作れる「バナナチョコカップケーキ」と「スノーボール」を作りました。難しい行程は無く、ワイワイ楽しくおしゃべりしながら、混ぜてこねて丸めて・・・と言った具合。インフルエンザの流行で、欠席した方も多く残念でしたが、「美味しかった」「また自分でも作りたい」「たくさん食べられてよかった」など、みんなでスイーツ作りを楽しみました。

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓ 

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo 

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★

 


この記事をはてなブックマークに追加

ミュージカル鑑賞「小さい“つ”が消えた日」

2018年02月03日 | 舞台鑑賞体験

ミュージカル鑑賞「小さい“つ”が消えた日」イッツフォーリーズ

五十音村の文字たちに、音にならない文字なんて必要ないと、笑われた小さい“つ”。「僕は大切でない」と思い、村を出ていきます。けれども小さい“つ”が姿を消した村はおかしなことに。弁護士が「うったえますか?うったえませんか?」と言おうとすると「歌えますか?歌えませんか?」となってしまい、お相撲でも「はけよい、のこたのこた」など、日本語は大混乱! ようやく小さい“つ”が、この世のどの存在にも劣ることなく重要だということに気づく物語です。

「みんな大事、みんな必要なんだよ」とても大切だけど、なかなか伝えられない言葉だとおもいます。毎日に怒ってばかりだけど、君のことが好きだよ・・・そんな気持ちにさせてくれる物語でした。子どもとの帰り道、小さい「つ」がなくなったら大変な言葉ゲームをしながら帰りました。

舞台の色々な場所に引き出しや扉があり、50音村の住人が次々にでてきて、びっくりしました。人形達もみんな個性的で可愛かったです。5人のキャストで沢山の役をこなしていたのに、一人一人話し方も仕草も違い、何人もの役者さんがいるようで素晴らしかったです。

最後に「こねっとむら」の子ども達として、子どもネット八千代の子ども達が舞台にあがり一緒に歌って踊っている姿は、とても楽しそうで可愛かったです。劇やミュージカルに、あんな風に参加できたら素敵だと思いました。

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓ 

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★

 


この記事をはてなブックマークに追加

子ヤギに会いに行こう~1月のあしあとくらぶ~

2018年01月29日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

子ヤギに会いに行こう~1月のあしあとくらぶ~

今回のあしあとくらぶは「子ヤギに会いに行こう!」と、武西のつくしファームさんにお邪魔しました。先週は雪や気温の低さにびっくりしましたが、この日はとてもポカポカ陽気で楽しめました。ヤギへのエサやりに、子ども達も最初は恐々でしたが、時間がたつにつれ近距離に。子ヤギも沢山いて、子ども達が差し出す草をもりもり食べてくれました。今後もヤギの成長を見に来たいと思います。

ランチはいつもの七軒屋集会所に戻り、ホットプレートで餃子の皮でピザを作りました。会話も弾み楽しい一日でした。

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓  

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo 

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★

 


この記事をはてなブックマークに追加

豆まき

2018年01月27日 | あそび体験・自然体験

豆まき

先週降った雪がまだ残る寒空のピザがまの森でしたが、子どもは元気いっぱい。恒例の豆まきを行いました。

「鬼は~外、福は~内」とおもいっきり声を出して豆まきをしてみたい・・・との会員の声を受けて始まった節分の豆まきです。強面の鬼の登場にも慣れた様子の子ども達。色鬼や紙破り競争などの遊びも取り入れ、ピザがまの森に大きな声が響き渡り、空中に豆が飛び交いました。今年もたくさんの福を呼び込みましたね。

~参加者の感想~ 豆まきに現れた鬼は想像以上に本格的な装いで、4歳の息子も初めは後退りするほどでしたが、すぐに慣れた様子で豆まきを楽しんでいました。怖くなかったか聞いたら「ジャンバー着てたから怖くなかった!」と言っていました。ジャンバーで人間だと判断したようです(笑)25年以上ぶりにやった色鬼が想像以上に楽しく、「あと3回で終わります。」と聞いたとき、息子以上に寂しかった自分に驚きました。ぜひまたやりたいです。豆まきの後はチキンラーメンに焼きマシュマロ。息子はうまく焼けずに炭にくっつけたり悪戦苦闘していましたが、それも含め楽しめました。

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓ 

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★


この記事をはてなブックマークに追加

誰も見たことのない生き物を作ろう

2018年01月21日 | あそび体験・自然体験

誰も見たことのない生き物を作ろう 

今日は、人形劇団ひぽぽたあむ代表の永野むつみさんを講師にお迎えして、「誰も見たことのない生き物」を作ります。 どんな生き物?会場には、た~くさんの材料が用意されています。 

むつみさん:「好きな色の封筒を1枚選んでください」

みんな:「たくさんあって迷っちゃう!」 

むつみさん:おにぎりみたいにぎゅーっとして、くっちゃくちゃにして」 

みんな:「えーーっ!?(゚Д゚;)!」 

むつみさん:「大丈夫!もう一回くっちゃくちゃにしましょう」 

みんな:無言でくっちゃくちゃにする 

むつみさん:「それを広げて…ここにある、いろんな材料をくっつけて・・・誰も見たことのない、自分だけの生き物を作りましょう」 

画用紙もカラフル、ガムテープ・マスキングテープ・紙テープ・荷造り紐・・・こんなに揃うと、創作意欲も高まります。シュレッダーもくるくる回すと、素敵なじゃらじゃらに!こんな使い方もあるんですねぇ!思い思いの「生き物」が次々に完成!ひとりづつどんな生き物なのか発表しました。

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓  

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo 

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●★-


この記事をはてなブックマークに追加

冬の森の手入れ

2018年01月20日 | あそび体験・自然体験

冬の森の手入れ

冬の森の手入れは、枝や葉っぱを拾い集め、地面の日当たりをよくし、春に花を咲かせるお手伝いをします。また集めて積んだ落ち葉は昆虫のすみかになるそうです。森林インストラクターの方から説明を受け森の中へ出発です。

寒く小雨も降る中での活動でしたが、子ども達は元気いっぱい枝集めのお仕事です。集めた枝や葉っぱで、皆で巨大な恐竜の巣作りをしました。枝で円を作り、中に大量の落ち葉を敷き詰めて完成です。ふかふかの落ち葉に寝転んだり、葉っぱを空に放って雨のように降らせたりと、子どもたちは(一部の大人も!)おおはしゃぎでした。

巣作りの次は森の宝物探しです。葉も草も枯れて静かに見えますが、冬の森にも生き物の痕跡がいっぱい。冬芽や木の実、キノコ、ノウサギのフン、みのむし、カマキリの卵、クサイ虫、意外にセミの脱け殻がまだ残っていたり・・・。子ども達は生き生きと宝探しをし、拾えるものは拾って次々と袋の中に入れていきました。そして森を抜けた所で、根を張ったドングリをスコップで掘りました。根っこの長さに皆びっくり。これは後で小さな鉢に入れ、土をかぶせて周りに苔を植えてミニ盆栽にしました。うまく芽がでますように。(勝手に森の植物を持ち帰ることはできません)

森の手入れの最後は、ラーバン千葉ネットワークの方々が用意してくださった具沢山豚汁と、持参したおにぎりで皆でお昼ご飯です。たくさん動いてたくさん食べて、大満足の冬の森でした。 

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓  

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★


この記事をはてなブックマークに追加

親子クッキング

2017年12月17日 | あそび体験・自然体験

親子クッキング」

今日のクッキングの先生は、料理が得意な理事のYさんです。

パスタの麺作り、ミートソース、コーンスープ、チョコバナナケーキと、盛りだくさんのクッキングを行いました。

パスタの麺づくりは、子ども達もほとんどの大人も初めてです。パスタになる生地を粘土のようにこね、平らに伸ばした生地をパスタマシーンでクルクル回すと、きれいにカットされた麺が出来ます。子ども達が夢中になれるお仕事でした。他にも野菜をカットしたり炒めたり、子ども達が自主的にお手伝いしてくれました。

みんなで手分けをして、作るのはとても楽しく、本格的な料理も子ども達と一緒に作れるんだと思いました。親子クッキングを楽しかったです

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓ 

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★


この記事をはてなブックマークに追加

男劇場(お父さん達)忘年会

2017年12月16日 | お父さん・お母さんの活動

男劇場(お父さん達)の忘年会

毎年恒例になっている、ピザがまの森オーナーIさんを囲んでの男劇場忘年会が開催されました。2017年の活動を振り返ると、親子キャンプが台風接近でデイキャンプに変更になったり、さつまいもの収穫が雨の中の作業になったりと、天候に恵まれませんでした。

しかし、月一度のピザがまの森オープンデーでは新しい友達が参加してくれたり、印西市広報の取材を受けたりしました。Iさんには、ピザがまの森が子ども劇場の活動の大切なフィールドになっていることの感謝をお伝えし、2018年も変わらぬご支援をお願いしました。

父達も、加齢による体力の衰えや子育てに悩み、仕事でストレスを受けながらも、前を向いて頑張って行こうと励まし合うことが出来ました。春には男劇場キャンプも計画しています。会員の父達の参加をお待ちしています。

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓  

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo 

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★


この記事をはてなブックマークに追加

紙皿でクリスマスリースを作ろう~12月のあしあとくらぶ~

2017年12月11日 | 「あしあとくらぶ」0歳~未就園児の遊び場

紙皿でクリスマスリースを作ろう~12月のあしあとくらぶ~

12月なので紙皿でクリスマスリースを作りました。紙皿のふちを残して切り、ペンで色を塗り、折り紙やモールで飾ります。裏にも飾りつけをしたり、絵を貼ったり、リースにする部分を‟顔ハメ”にするアイデアもあり、オリジナルリースが出来上がり。

ランチはお鍋。野菜もいっぱい食べられてお手軽なお鍋は、寒い時期に食べたくなる定番です。普段は、子どもと一緒のシンプルな味付け鍋になりがちですが、今回は大人用にキムチ鍋も作り、子どもも大人も身体が温まった一日になりました。

NPO法人いんざい子ども劇場HPはこちら↓ 

http://npoinzaikodomo.wixsite.com/inzaikodomo

★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★-●-★


この記事をはてなブックマークに追加

・・ お問い合わせ先 ・・

NPO法人いんざい子ども劇場 Tel:0476-46-6287 Fax:0476-45-9554 メール:npoinzaikodomo@yahoo.ne.jp