あと9日お待ちください!

 先日、ヒオウギが見たいので沓掛館山に入っていいですか、と電話がありました。
 管理の都合で、通常は立ち入り禁止にしています。
 そこで、「ヒオウギお花見会」の7月28日(日)から8月4日(日)までの午前9時から午後1時まで一般公開しますので、ぜひこの間にご来場ください、とお応えしました。

 昨日、山の絵を描く中村好至惠さんから、知り合いの3人組が、30日の昼にかけて、お弁当と飲み物持参でヒオウギの花と館山を楽しみに行くとメールが入りました。
 沓掛館山から、田代半僧坊の勝楽寺や地酒蓬莱の大矢孝酒造、塩川滝などが徒歩圏にあり、ちょっと足を伸ばせば、宮ヶ瀬ダム、服部牧場、神奈川中央養鶏農業協同組合の卵菓屋などにも。
 ぜひ、「ヒオウギお花見会」期間中にお出かけください。それまではアゲハ蝶の貸切です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

梅雨の晴れ間に

 昨日は朝から沓掛館山に行き、まず第1コンテナ前の草を刈りました。
 楠田さんと木下さんが来てからそこに簡易テントを建て、二人はその中でバザーの品物の点検をしました。
 午後からは飯野さんも来てくれ、太陽も顔を出しましたので、衣服の虫干しもしました。
 私は一日、コンテナ前の広場と圃場の歩道の草刈りをしました。

 今朝、家のヒオウギの第1号が咲きました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

梅雨明けはいつか?

 「ヒオウギお花見会」の準備は連日の雨のために遅れています。
 今日は有志が沓掛館山でバザー品の選別をします。降らないといいのですが……。

 神奈中上荻野車庫前からも見える高沢家裏山の山ゆり、今年は遅れているのでしょう、遠目には白い花が緑の中にほんのちらほら。
 写真は沓掛館山のカサブランカです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

7月例会の報告③…投句

 大里さんらは、発句石移設広場に設置した投句箱から丹沢太郎さんの〈空なりし泣けよサラベイ風向かい〉(丹沢山中1ノ1)を回収してきてくれました。
 荒井さんがその日のうちに「サラベイ」は加藤登紀子の歌にあるそうですと教えてくれましたので、調べたところ、ロシヤ民謡で、訳詞に「なけなけうぐいす」とあり、発句石の芹江と寿年の「鶯」の句を念頭に置かれたのだと理解できました。
 しかし、季語が無く、初見で「空」を「そら」と読んでしまった私は数日この句を理解できませんでした。
 後日さらに「サラベイ」を調べてみると「サラベイ=うぐいす」らしいとわかり、季語の問題は解決しました。
 さらに「空」を「そら」ではなく「くう」と読むことに気づきました。「むなしい」「空虚」の「くう」です。
 山破壊の現場に立った丹沢太郎さんの感慨を私はこのように解釈しましたが、さて、皆さんは。  

 写真は、ゴルフ場内の厚木市道際にある花芽をつけたヒオウギです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

7月例会の報告②…華厳山

 大里さんら3名は、華厳山山頂の会員手づくり品販売箱から売上金600円とメモ書きを回収してくれました。
 メモの表には、「3月以来の華厳山! 蒸し蒸しの梅雨時、大沢の鹿扉先の沢で、ヤマビルはどうかと、やや心配していたものの、杞憂でした。日頃の整備、点検、本当にご苦労様です。400m付近のヤマボウシ、感激しました。見惚れていました。(中略) 今、涼しい風が丸太ベンチをそよと吹いています。汗も気持ちよく乾いてきました。薄日も射しています。来てよかった!」とあり、裏面には「埼玉の某山の会の友人に、荻野高取山、華厳山はいいよ、静かで…と以前伝えたところ、有志で行きたい、登りたいと連絡あり、伝えた責任もあり、一人で下見に来ました。と書き込みながら、例の逃亡犯人がこの山に居るんじゃないかと時々周囲を確認しています」と続き、最後に数珠玉栞などを買ってくださったことが書いてありました。
 どうやら、「相州アルプス縦走」のときに回収したメモの方と同一人物の70才の男性と思われます。

 3人はこのあと華厳ヒオウギ広場に行き、圃場の大きなタケニグサを取り除いてくれたようです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

7月例会の報告①…摩耶蘭

 再延期になりました7月例会を13日(日)に行いました。
 数日前から体調不良の私は今回は休み、リーダーを大里さんにお願いしました。
 2度も伸びましたので、参加者はほかに荒井さんと楠田さんだけでした。
 しかし、実施した甲斐があり、華厳の登りではツチアケビは見られなかったものの、山火事注意道標・華厳山№7の近くでマヤランを7本も見つけたそうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本日7月例会実施します

 再延期になっていました7月例会を本日実施します。
 ツチアケビと摩耶蘭を期待しましょう。
 なお、リーダーは大里さんにお願いし、体調不良の私は、登山はせず、沓掛館山に行き、場内整備をします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

青もみじ

 子育てが終わる頃まで毎年寒川神社に初詣に行き、植木を売る露店を覗くのが楽しみでした。
 ある年、盆栽用のヤマモミジの寄せ植えを買いましたが、仕事が忙しくなり、鉢から畑に下し、大きくしてから当時小学生だった3男と一緒に沓掛館山に移植しました。
 それが今では隙間なく葉を茂らせています。
 この〝青もみじ〟を引き立たせる青空はいつになったら顔を見せるのでしょうか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

古民家岸邸のヒオウギ

 昨日、古民家岸邸のヒオウギの様子を見てきました。
 「ヒオウギお花見会」会場の沓掛館山では咲き出しましたが、こちらの花はまだまだ先のようでした。

 7月例会は13日(土)に再延期しましたが、今のところ予報では雨は降りそうもありません。実施できそうです。
 日照時間が少ない今年の梅雨、例年と違った〝何か〟が見られるでしょうか。楽しみです。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

桔梗の花

 来年のNHK大河ドラマの主人公の明智光秀の家紋は桔梗ですが、「ヒオウギお花見会」会場の沓掛館山には3色のキキョウがあり、今は白い花が咲いています。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

庭に風情を

 昨年と違い今年の梅雨は、〝梅雨らしい梅雨〟です。
 日照時間が心配ですが、沓掛館山ではキノコが庭に趣を添えています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

開花第1号

 3週間後に「ヒオウギお花見会」が始まる沓掛館山では、昨日、今年最初の花が開花しました。
 この日は、京都の亀屋良長に「烏羽玉」を発注し、バザー準備を17日に行うことを決め、さらに来場者に〝青もみじ〟も満喫していただこうと、場内のヤマモミジの枯れ枝を切り除きました。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

再延期します!

 7月例会は13日(土)に再延期します。

 判断を間違えました。昨日より今日の方が雨が降りそうです。
 大したことはなさそうですが、無理することもないので、土曜日に再延期します。
 昨日は、日中は降らなかったので、「ヒオウギお花見会」に備えて、沓掛館山の歩道の除草や場内清掃をしました。 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日に延期

 今日明日の天気予報は各社まちまちで迷いましたが、本日6日(土)に予定していました7月例会は7日(日)に延期しました。

 沓掛館山のヒオウギ、早いものは来週には咲きそうです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

吾道一以貫之

 当会は、平成16年元旦号の『黄色いチラシ』で「西山を守りたい人集合」と呼びかけて発足しました。
 地元にあるものを活かして遊ぶ『黄色いチラシ』はその年から「西山」を中心に展開することにしたのです。創刊24年目のことでした。
 すると、同年2月、初代上荻野小学校校長の大矢武治さんが孟宗竹に「吾道一以貫之」と彫ってプレゼントしてくださいました。私の決意を後押ししてくださったのです。

 今年の「ヒオウギお花見会」は10年目の区切の年になります。
 そこで、初日の28日に大矢さんのこの竹の彫り物を会場に展示することにし、併せて、地域の皆様が所有する大矢さんの作品もご披露しようと思っています。
 ご協力いただける方はぜひご連絡ください。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ