カトログ !! ~ カトレヤ交配種のブログ (Hybrid Cattleya's Blog & Database) ~

洋蘭の女王カトレアのデータベース(主に大輪系交配種)&育種交配・実生の魅力をご紹介

◇Rlc. Irene Creeden‘Alexander the Great’

2018年07月19日 00時00分00秒 | ■セミアルバ系

於:第14回 関西らんフェスタ(2018年1月)
■Rlc. Irene Creeden‘Alexander the Great’
リンコレリオカトレヤ アイリーン・クリーデン‘アレクサンダー・ザ・グレート’
(C. Starting Point x Rlc. Blanche Aisaka (16/07/2008))

◎Rlc. Irene Creeden の親品種の交配
・C. Starting Point = C. Ahmad Sheikhi x C. Persepolis (01/01/1982)
・Rlc. Blanche Aisaka = Rlc. Meditation x C. Stephen Oliver Fouraker (01/01/1984)



<Rlc. Irene Creeden‘Alexander the Great’画像集>


於:第14回 関西らんフェスタ(2018年1月)
■Rlc. Irene Creeden‘Alexander the Great’
リンコレリオカトレヤ アイリーン・クリーデン‘アレクサンダー・ザ・グレート’


※今回は上記内容のみのアップです。後日の更新時に情報を追加致します。



◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’

2018年07月18日 00時00分00秒 | ■グリーン系
※2018年07月18日内容更新(新画像追加等)

於:第14回 関西らんフェスタ(2018年1月)
■Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’
リンコレリオカトレヤ マジック・メドウ‘ナポレオン’
(Rlc. Memoria Helen Brown x Rl. digbyana (01/01/1982))

■花色=グリーン系
■花径=花径14~16cmくらいの大輪系
■花型=整型
■弁質=極厚弁
■花着き=普通
■着花輪数=1花茎あたり2~4輪くらい
■花期=やや不定期(夏と冬)
■株姿=普通(2枚葉の傾向あり)
■香り=良い

※以下、箇条書きにて
旧属名表記 Blc. Magic Meadow、Rsc. Magic Meadow
・グリーン系花の有名優秀品種 Rlc. Memoria Helen Brown と、原種 Rl. digbyana との交配。
<個体‘Napoleon’について>
・親の Rlc. Memoria Helen Brown と比較すると、原種の Rl. digbyana が直接交配されているためか、着花輪数が2~4輪くらいと少なめ。
・花径は親の Rlc. Memoria Helen Brown よりも Rlc. Magic Meadow の方がやや大きくなるようです。
・株姿は親の Rlc. Memoria Helen Brown よりも Rlc. Magic Meadow の方がややコンパクトなようです。ただ、コンパクトとは言っても2枚葉となる傾向が強く、葉やバルブが堅いため栽培スペースは広く必要。
・近年では大型蘭展等でも見かける機会がめっきり減少したように思います。
・栽培に関しては、高温と強光を好む原種 Rl. digbyana(ディグビアナ)が直接交配されている点に留意し、低温や潅水過多によって根を傷めたり、日照不足によって株を衰弱させないような管理が必要だと思います。
・グリーン系品種での個人的なオススメは Rlc. Suan Puttan‘M’(スアン・プッタン‘エム’)です。株姿が比較的コンパクトなうえ、立ち葉で場所をとらず、上手く作ると花径18cmくらいの巨大輪花を平均2輪着けてくれるそうで、原種 Rl. digbyana が直接交配されている本種 Rlc. Magic Meadow や、同じくグリーン系の銘花 Rlc. Ports of Paradise より栽培は容易なようです。

◎Rlc. Magic Meadow の交配親品種の交配
・Rlc. Memoria Helen Brown = Rlc. Xanthette x C. Ann Follis (01/01/1967)
・Rl. digbyana = 原種


◎交配系統図は、こちらをクリック!(協力=Abiko Orchid Room Ronさん)


※Rlc. Magic Meadow の親品種(於:翠香園さん(宝塚)(2011年7月、花径約14.5cm))
■Rlc. Memoria Helen Brown‘Sweet Afton’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ メモリア・ヘレン・ブラウン‘スイート・アフトン’
(Rlc. Xanthette x C. Ann Follis (01/01/1967))
●Rlc. Memoria Helen Brown についての記事は、こちらをクリック!




※Rlc. Magic Meadow の親にあたる原種
■Rl. digbyana‘Mrs. Chase’AM/AOS
リンコレリヤ ディグビアナ‘ミセス・チェイス’
●Rl. digbyana についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’別個体(一例)>

・Pure Jade(ピュア・ジェイド)HCC/AOS (77P, NS139mm, F=2, 1983/02/28)
・Neptune(ネプチューン)AM/AOS (80P, NS133mm, F=3, 1984/11/07)
・Lee(リー)AM/AOS
・Ken-an(建安)(ケンアン)



※古い写真からのスキャンのため画質が悪くてスミマセン!本来はもう少し整型のはずです。
■Rlc. Magic Meadow‘Ken-an’(建安)
リンコレリオカトレヤ マジック・メドウ‘ケンアン’


<Rlc. Magic Meadow を交配親とした品種登録実績一覧>
・Rlc. For María Teresa (Rlc. Magic Meadow x C. forbesii (27/04/2018))
・Rlc. Golden Guta (Rlc. Magic Meadow x C. guttata (18/02/2009))
・Rlc. Quest Guarapo (Rlc. Magic Meadow x C. Motte Spot (23/11/2015))

・Rth. Janey Irene (Rth. Dianne Meyer x Rlc. Magic Meadow (12/07/2005))
・Rth. Orquidacea's Bambina D'Oro (Rth. Love Sound x Rlc. Magic Meadow (22/08/2007))

・Rlc. Ahchung Green (Rlc. Young Kong x Rlc. Magic Meadow (24/03/2005))
・Rlc. EZO Robin's Magic (C. Village Chief Cuba x Rlc. Magic Meadow (14/10/2009))
・Rlc. Quest Mojito (Rlc. Table Rock Mountain x Rlc. Magic Meadow (08/02/2012))



於:2006台湾国際蘭展(画像提供=サンセットさん)
■Rlc.(Ports of Paradise x Magic Meadow)‘Ju Yung No.6’
リンコレリオカトレヤ(ポーツ・オブ・パラダイス × マジック・メドウ)‘ジュン・ヤン・ナンバー6’
●Rlc.(Ports of Paradise x Magic Meadow)‘Ju Yung No.6’についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’画像集>


於:第14回 関西らんフェスタ(2018年1月)
■Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’
リンコレリオカトレヤ マジック・メドウ‘ナポレオン’



於:翠香園さん(宝塚)、2018年01月初旬(花径約14cm)
■Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’
リンコレリオカトレヤ マジック・メドウ‘ナポレオン’



於:四国巡礼さん温室(2016年12月末)
■Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’
リンコレリオカトレヤ マジック・メドウ‘ナポレオン’



於:第49回 神戸市立須磨離宮公園(神戸蘭友会)秋の洋らん展(2010年11月、栽培・出展=神戸のSさん)
■Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’
リンコレリオカトレヤ マジック・メドウ‘ナポレオン’



於:第45回 神戸市立須磨離宮公園 秋の洋らん展(2008年11月)
■Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’
リンコレリオカトレヤ マジック・メドウ‘ナポレオン’


於:第45回 神戸市立須磨離宮公園 秋の洋らん展(2008年11月)
■Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’
リンコレリオカトレヤ マジック・メドウ‘ナポレオン’



於:蘭おかやま 2006
■Rlc. Magic Meadow‘Napoleon’
リンコレリオカトレヤ マジック・メドウ‘ナポレオン’



◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

◆Rlc. Dark Cherry‘Hawaiian Legacy’

2018年07月17日 00時00分00秒 | ■赤・濃赤紫系

於:第14回 関西らんフェスタ(2018年1月)
■Rlc. Dark Cherry‘Hawaiian Legacy’
リンコレリオカトレヤ ダーク・チェリー‘ハワイアン・レガシー’
(C. Vallezac x Rlc. Makaha Glolight (28/01/2003))
・赤花の銘花 C. Vallezac と、その交配からおそらくオレンジ(サンセットカラー)系品種だと思われる Rlc. Makaha Glolight との交配。
・Rlc. Makaha Glolight の親に Rlc. Nancy Wittorf という聞き慣れない品種があり、その交配を紐解いてみると C. Thebes x Rlc. Norman's Bay (1/1/1968) 。
<個体‘Hawaiian Legacy’について>
・暖かみのある真っ赤な花色が非常に印象的な極美花だと思います。
・その花容に祖先の Rlc. Norman's Bay の持つ颯爽とした、かつ威厳に満ちた印象が感じられるように思います。

●Rlc. Dark Cherry についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Dark Cherry‘Hawaiian Legacy’画像集>


於:第14回 関西らんフェスタ(2018年1月)
■Rlc. Dark Cherry‘Hawaiian Legacy’
リンコレリオカトレヤ ダーク・チェリー‘ハワイアン・レガシー’



於:第14回 関西らんフェスタ(2018年1月)
■Rlc. Dark Cherry‘Hawaiian Legacy’
リンコレリオカトレヤ ダーク・チェリー‘ハワイアン・レガシー’



◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’

2018年07月10日 00時00分01秒 | ■赤・濃赤紫系
※2018年07月10日内容更新(新画像追加等)

栽培・画像提供=子安健司さん(2003年11月上旬)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’
(Rlc. Harlequin x Rlc. Oconee (01/01/1982))

■花色=赤系
■花径=通常12~14.5cmくらいの中~中大輪系
■花型=極整型
■弁質=極厚弁
■花着き=やや悪い傾向あり
■着花輪数=通常1花茎に2輪咲き(条件により4輪くらいまで着花)
■花期=主に秋~初冬咲き
■株姿=比較的コンパクト(独特な株姿。やや暴れる傾向あり)
■香り=強く非常に良い

※以下、箇条書きにて
旧属名表記 Blc. Owen Holmes、Rsc. Owen Holmes
・赤花の銘交配親 Rlc.Oconee(オコニー)の優秀な子供。
・Rlc.Oconee 系赤花の最高峰。
・片親の Rlc. Harlequin が主に黄色からオレンジイエロー系の花色の覆輪系花を着ける品種のためか、黄花個体も存在します。
<個体‘Mendenhall’について>
・ほとんど紫味を含まない濃厚な朱赤の花色がたいへん美しい赤花銘花。
・高温条件下での開花では、紫味のやや強い花色になる傾向があるように思われます。
・開花時期や日照条件によって黄目の大きさに差が出ます。冬期の開花時の方が黄目が濃く出る傾向があるように思われます。
・やや強光を好む傾向があります。(葉焼けには強い。)
・花茎・子房部共に太く丈夫ですが、やや短い傾向あり。
・日照の不足する環境下では花芽を着けないか、1輪咲きになる場合が多いです。
・シース無しで花芽が上がってくる場合が殆どのため、水滴や虫害、物理的ショック等により、花芽がダメになる場合が多く、開花難易度はやや高い。
・新芽の生育中期にチッソ分を残さない施肥管理をしないと花芽を着けてくれない傾向が強いように思われる。
・基本的には強健。
・数年前にメリクロン苗が大量生産され流通しており、その中には開花サイズの株になっても花を着けない株が見られるため、入手の際は要注意。
・受粉後、結実する確率が低い傾向があるように思われる。
<入賞データ>
・AM/AOS = 84P, NS145mm, 1991年
・HCC/AOS = 78P, NS155mm, 1990年、等

◎Rlc. Owen Holmes の親品種の交配
・Rlc. Harlequin = C. Memoria Albert Heinecke x Rlc. Nugget (01/01/1960)
・Rlc. Oconee = C. Belle of Celle x Rlc. Norman's Bay (01/01/1976)


◎交配系統図は、こちらをクリック!(協力=Abiko Orchid Room Ronさん)


※Rlc. Owen Holmes の親品種(於:翠香園さん(宝塚)2010年1月上旬開花分、花径約12cm)
■Rlc. Oconee‘Mendenhall’AM/AOS
リンコレリオカトレヤ オコニー‘メンデンホール’
(C. Belle of Celle x Rlc. Norman's Bay (01/01/1976))
●Rlc. Oconee についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’別個体(一例)>
・Cloud Forest(クラウド・フォレスト)AM/AOS '87/81pt (NS173mm)
・Newberry(ニューベリー)AM/AOS '96/82pt (NS166mm)
・Encore(アンコール)
・Big Red(ビッグ・レッド)
・Kaleidoscope(カレイドスコープ)
・Ponkan(ポンカン)AM/AOS '89/83pt (NS144mm)
・Radiant(ラディアント)
・Fire Cup(ファイアー・カップ)
・Orchidheights(オーキッドハイツ)
・Black Pearl(ブラック・パール)
・Betty(ベティー)
・Spotlight(スポットライト)
・Seto(セト)HCC/JOS
・Miami(マイアミ)HCC/AOS '84/77pt (NS115mm)
・John(ジョン)HCC/AOS '84/78pt (NS131mm)
・Painted Brave(ペインテッド・ブレイブ)AM/AOS '85/81pt (NS140mm)
・Glo(グロ)HCC/AOS '00/77pt (NS152mm)



栽培・画像提供=サンセットさん(2016年10月)
■Rlc. Owen Holmes‘Cloud Forest’AM/AOS
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘クラウド・フォレスト’
●Rlc. Owen Holmes‘Cloud Forest’についての記事は、こちらをクリック!



栽培・画像提供=サンセットさん(2011年10月開花分、花径13.0cm、1花茎2輪咲き、MC初花)
■Rlc. Owen Holmes‘Newberry’AM/AOS
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘ニューベリー’
●Rlc. Owen Holmes‘Newberry’についての記事は、こちらをクリック!


<Rlc. Owen Holmes を交配親とした品種登録実績一覧>
・Rth. Bayberry Red (Rlc. Owen Holmes x Ctt. Poker Chip (14/07/2005))
・Rth. Marie Tangerine (Rlc. Owen Holmes x Rth. Orange Show (07/02/2007))

・Rlc. Brunswick Gem (Rlc. Owen Holmes x C. Horace (04/06/1999))
・Rlc. Burbank Eruption (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Sunstate Colorchart (14/07/2014))
・Rlc. Caballero del Jardín (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Goldtone (05/03/2002))
・Rlc. Delfina Bonnie's Gift (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Miya's Passion (18/09/2012))
・Rlc. Encuentro Feliz (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Golden Embers (09/09/2004))
・Rlc. Glorybound (Rlc. Owen Holmes x Rlc. American Heritage (17/10/2001))
・Rlc. Marie Orange Drop (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Bunty (07/02/2007))
・Rlc. Marie Orange Scherbert (Rlc. Owen Holmes x Rlc. George King (07/02/2007))
・Rlc. Marie Preview (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Chunyeah (21/01/2008))
・Rlc. Marie Rouge (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Chia Lin (21/01/2008))
・Rlc. Marie Vacation (Rlc. Owen Holmes x C. Culminant (08/05/2007))
・Rlc. Master N. V. Hai (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Gold Country (22/08/2007))
・Rlc. Orglade's Wild Card (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Golden Slippers (01/01/1989))
・Rlc. Orquidacea's Pacific Splash (Rlc. Owen Holmes x C. Lulu (12/08/2009))
・Rlc. Raven Rock (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Edisto (18/12/1992))
・Rlc. Robert Hebb (Rlc. Owen Holmes x C. Naomi Kerns (13/10/1997))
・Rlc. Sadie Slice (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Port Royal Sound (18/12/1992))
・Rlc. Sedona's Red Plum (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Plum Pretty (08/01/2007))
・Rlc. Temptation Eyes (Rlc. Owen Holmes x C. aclandiae (04/01/2007))
・Rlc. Terms of Surrender (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Oconee (24/06/1993))
・Rlc. Thang Long 1000 Years (Rlc. Owen Holmes x Rlc. Bingham Vick (06/09/2010))

・Rth. Orglade's Donna (Ctt. Hazel Boyd x Rlc. Owen Holmes (02/05/1991))
・Rth. Ruby Suisse (Ctt. Chocolate Drop x Rlc. Owen Holmes (04/08/2008))

・Rlc. Alex Mackay (C. bicolor x Rlc. Owen Holmes (28/06/2005))
・Rlc. Barney Garrison (Rlc. Yonges Island x Rlc. Owen Holmes (31/12/2004))
・Rlc. Burdekin Embers (Rlc. Burdekin Glow x Rlc. Owen Holmes (22/11/2004))
・Rlc. Burdekin Fire Ball (Rlc. Sally Taylor x Rlc. Owen Holmes (11/08/2003))
・Rlc. Carolina Legacy (Rlc. Carolina Splendor x Rlc. Owen Holmes (12/02/2004))
・Rlc. De Etta Jenkins (Rlc. Oconee's Fortune x Rlc. Owen Holmes (04/11/2005))
・Rlc. Emiko Suzuki (Rlc. Bryce Canyon x Rlc. Owen Holmes (11/01/2008))
・Rlc. Heather Anne West (Rlc. Chyong Guu Chaffinch x Rlc. Owen Holmes (27/06/2008))
・Rlc. Jim Adamson (C. Waianae Blaze x Rlc. Owen Holmes (29/10/2008))
・Rlc. John Davis (Rlc. Melinda Wheeler x Rlc. Owen Holmes (25/01/1999))
・Rlc. Kaila Leigh (Rlc. Blumen Insel x Rlc. Owen Holmes (09/03/1998))
・Rlc. Krull's South Carolina (Rlc. Ponkan's Southern Lady x Rlc. Owen Holmes (09/12/2015))
・Rlc. Mary Forrest (Rlc. Color Magic x Rlc. Owen Holmes (15/01/1992))
・Rlc. Memoria Mabel Shannahan (Rlc. Waianae King x Rlc. Owen Holmes (16/01/2004))
・Rlc. Midnight Rider (Rlc. Jimmy Cook x Rlc. Owen Holmes (09/01/2012))
・Rlc. Newberry Red Eagle (Rlc. Eagle Island x Rlc. Owen Holmes (09/01/2012))
・Rlc. Nguyen Van Nhu (Rlc. Islands Sunset x Rlc. Owen Holmes (31/12/2007))
・Rlc. Orglade's Julie (C. Royal Emperor x Rlc. Owen Holmes (02/05/1991))
・Rlc. Oriental Amethyst (Rlc. Mysterious Charm x Rlc. Owen Holmes (30/11/2010))
・Rlc. Phuong Duy (Rlc. Apricot Flare x Rlc. Owen Holmes (31/12/2007))
・Rlc. Prince of Tides (Rlc. Susan Fender x Rlc. Owen Holmes (04/01/2007))
・Rlc. Red Passion (C. Mary Ellen Carter x Rlc. Owen Holmes (13/08/2004))
・Rlc. Red Spinel (C. Bethune x Rlc. Owen Holmes (21/01/2008))
・Rlc. Santa Cruz Ruby (C. Orglade's Royal Lady x Rlc. Owen Holmes (21/01/2008))
・Rlc. Sedona's Golden Kaleidoscope (Rlc. Goldenzelle x Rlc. Owen Holmes (09/06/2011))
・Rlc. Sedona's Red Autumn (Rlc. Hisako Akatsuka x Rlc. Owen Holmes (31/12/2005))
・Rlc. Sedona's Summer Rose (C. Summerland Girl x Rlc. Owen Holmes (09/06/2011))
・Rlc. Sunstate's Best Man (C. Memoria Sangah Chit x Rlc. Owen Holmes (05/06/2007))
・Rlc. Terry Lenz Fry (Rlc. Memoria Ralph Placentia x Rlc. Owen Holmes (05/06/2007))
・Rlc. Vallie Lee (C. Maria Ozzella x Rlc. Owen Holmes (14/04/1999))
・Rlc. Vietnamese Flag (Rlc. Red Crab x Rlc. Owen Holmes (22/08/2007))




※Rlc. Owen Holmes の子供(栽培・画像提供=サンセットさん、2016年11月、1花茎2輪咲き、花径14cm)
■Rlc. Barney Garrison‘Mio’
リンコレリオカトレヤ バーニー・ギャリソン‘ミオ’
●Rlc. Barney Garrison についての記事は、こちらをクリック!



※Rlc. Owen Holmes の子供(栽培・画像提供=サンセットさん(2015年12月開花分))
■Rlc. Marie Orange Scherbert‘Mio’
リンコレリオカトレヤ マリー・オレンジ・シューベルト‘ミオ’
(Rlc. Owen Holmes x Rlc. George King (07/02/2007))
●Rlc. Marie Orange Scherbert についての記事は、こちらをクリック!



※Rlc. Owen Holmes の子供(栽培・画像提供=岡山のレッドさん、2012年12月開花分、花径11cm)
■Rlc. Raven Rock‘Mana’
リンコレリオカトレヤ レイヴン・ロック‘マナ’
(Rlc. Owen Holmes x Rlc. Edisto (18/12/1992))
●Rlc. Raven Rock についての記事は、こちらをクリック!



※Rlc. Owen Holmes の子供(栽培・画像提供=サンセットさん(2013年2月開花分))
■Rlc. Mary Forrest‘Seto’HCC/JOS
リンコレリオカトレヤ マリー・フォレスト‘セト’
(Rlc. Color Magic x Rlc. Owen Holmes (15/01/1992))
●Rlc. Mary Forrest についての記事は、こちらをクリック!



※Rlc. Owen Holmes の子供(栽培・画像提供=サンセットさん、2010年12月開花分)
■Rlc. Sadie Slice‘Anan’HCC/JOS
リンコレリオカトレヤ サディー・スライス‘アナン’
(Rlc. Owen Holmes x Rlc. Port Royal Sound (18/12/1992))
●Rlc. Sadie Slice についての記事は、こちらをクリック!



※Rlc. Owen Holmes の子供(於:ハワイ・ホノルル蘭展2006、画像提供=サンセットさん)
■Rlc. Carolina Legacy‘Aztec’
リンコレリオカトレヤ キャロライナ・レガシー‘アズテック’
(Rlc. Carolina Splendor x Rlc. Owen Holmes (12/02/2004))
●Rlc. Carolina Legacy についての記事は、こちらをクリック!



※Rlc. Owen Holmes の子供(栽培・画像提供=岡山のレッドさん、2011年7月、花径約10cm)
■Rlc. (Owen Holmes‘Mendenhall’x C. Blackstocks) 実生開花例1
リンコレリオカトレヤ(オーエン・ホルムズ‘メンデンホール’× ブラックストックス)実生開花例1
●Rlc. (Owen Holmes‘Mendenhall’x C. Blackstocks) についての記事は、こちらをクリック!



※Rlc. Owen Holmes の子供(於:2006台湾国際蘭展 画像提供=サンセットさん)
■Rlc. Burdekin Fire Ball‘Minc Lung 8’
リンコレリオカトレヤ バーデキン・ファイヤー・ボール‘ミン・ラン・8’
(Rlc. Sally Taylor x Rlc. Owen Holmes (11/08/2003))
●Rlc. Burdekin Fire Ball についての記事は、こちらをクリック!



◆<Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’画像集>は、こちらをクリック!



◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加

Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’画像集

2018年07月10日 00時00分00秒 | ■赤・濃赤紫系
※2018年07月10日内容更新


栽培・画像提供=高知のセミイエローさん
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



栽培・画像提供=高知のセミイエローさん(2015年秋)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



栽培・画像提供=サンセットさん(2013年11月)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



於:第41回 咲くやこの花館 秋の洋蘭展(2011年11月、花径約14cm)、出展:子安健司さん
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



栽培・画像提供=サンセットさん(2011年9月開花分、花径13cm、1花茎4輪咲き)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



栽培・画像提供=サンセットさん(2010年1月開花分)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



於:日本・蘭協会月例会(2010/09/12 出展=子安健司さん 花径約13cm、1花茎4輪咲き)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’
 9月に入っても猛暑の続く今年(2010年)の、この時期の開花で1花茎に4輪着花(1輪つぼみ)ですので、花色、花径共に本来の魅力は発揮出来てはいないとはいえ、この濃色花は、やはり、とても印象的です!



於:日本・蘭協会月例会(2010/09/12 出展=子安健司さん 花径約13cm、1花茎4輪咲き)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’
 上の画像の花の株姿です。葉やバルブが湾曲して株が暴れる傾向の強いこの品種をすっきりとまとめて、素焼きの浅鉢で大株に仕立てておられました。お見事!



栽培・画像提供=高知のセミイエローさん(2010年8月開花分、花径約14.5cm)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



栽培・画像提供=岡山のレッドさん(花径約14cm)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



画像提供=高知のセミイエローさん
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



画像提供=サンセットさん 出展=四国巡礼さん
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



画像提供=サンセットさん 出展=四国巡礼さん
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



栽培=曼荼羅さん
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



於:ガヨウさん温室
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’株姿
 この株は、素直な方だと思います。最近流通している株はもっと葉が湾曲して暴れ気味のものが多いようです。



於:第37回 須磨離宮公園(神戸蘭友会)秋の洋らん展(2005年11月)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA, PC/JOS
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



於:第37回 須磨離宮公園(神戸蘭友会)秋の洋らん展(2005年11月)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA, PC/JOS
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



於:我が家(2005年11月開花分)
■Rlc. Owen Holmes‘Mendenhall’AM/AOS, SM/JOGA
リンコレリオカトレヤ オーウェン・ホルムズ‘メンデンホール’



◆Rlc. Owen Holmes についての記事は、こちらをクリック!



◎情報提供・お問い合わせ等の連絡先メールアドレスは、こちらをクリック!

■索引 - Index -(アルファベット順)は、こちらをクリック!

※当ブログ内の画像の使用をご希望の方はメールにてご連絡下さい。ご好意でご提供頂いている画像がございますので無断転用はご遠慮下さい。

この記事をはてなブックマークに追加