練馬ヘナ ブログ

練馬区の練馬駅豊島園近くの100%天然ヘナサロン「プレアディ」公式ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

低体温症とヘナの関係。低体温症には酢生姜!

2019-02-28 14:06:16 | 練馬ヘナ日記

みなさん、こんにちは!練馬区豊島園の天然ヘナサロン・プレアディ、毛髪診断士の田中優希です。

 

今日は、「低体温症」についてのお話です。

 

実は、午前中のお客様との間で話題になりまして、というか、今日のお客様、なんと全員!低体温症でした。

みなさん平熱は35度半ばでした。これはよくないですねーーー。

 

以前、テレビで劇的に体温が上がる「酢生姜」が紹介されていたので、

早速、レシピをプリントしてお渡しさせていただきました♪

あとで、レシピ書きますね。

 

さて、実は、ヘナと体温は無関係ではなくて、初回のカウンセリングで、「平熱はどのくらいですか?」と、お伺いしています。

 

ヘナは、少なからず解毒作用があるとされている薬草です。

そのためには、解毒できる身体の条件が整っていることがとても大切なのですね。

その一つが、低体温でないこと!

低体温症の身体は、発汗量も少なく、解毒が苦手な身体というわけです。

そんなこともあり、プレアディでは、足湯をして体温を上げながらヘナ染めをするのです。

 

低体温症の弊害は、他にもあって、健康的な人に比べて、基礎代謝が低下して太りやすい体質になったり、

免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったりするそうです。

さらには、35℃という体温をもっとも好むのがガン細胞だそうで、ガン発症のリスクが高まってしまいます。

また、花粉症やアレルギーを発症しやすくなるそうですので、体温上げなくては!ですね。

 

で、低体温症が改善するという「酢生姜」!!!

簡単にできて、美味しくて、ちょこっと、毎日ごはんやお豆腐に載せたりしながら食べて(一日大さじやまもり1杯くらいでよいそうです)

一週間もすると平熱に変化が出てましたよ。(テレビでみたけど)

ネットにいっぱいレシピがでていますので、やってみるとお得かも。おすすめです!

 

 

▲平熱が上がる!免力が上がる!ダイエットになる!かんたんおいしい酢生姜

 

 

ちなみに参考にした簡単レシピはこちら

材料

しょうが      100g
黒酢        100cc
はちみつ      20g 

しょうがをみじん切りにして保存用のビンに入れる

黒酢を入れる

はちみつを入れ混ぜ合わせ1日おく

酢であればなんでもいいそうですが、最も代謝を上げるのは黒酢だそう。

《保存方法》
冷蔵庫に入れて3日で食べきるのがおススメ。


 とのことです。簡単でしょ?

ぜひぜひ、ためしてみてくださいね!

 

>>天然ヘナ プレアディヘアケア商品通販サイト


>>練馬の天然ヘナサロン プレアディ


練馬の天然ヘナサロン プレアディへのお問合せ


【ネット予約】はホットペッパービューティーへ

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 上手に使えば、ここまでお得!? | トップ | やっぱり天然ヘナがいい♡ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

練馬ヘナ日記」カテゴリの最新記事