政治家「又市征治」という男

元政治記者の私が最も興味を持った政治家、それが又市征治だった。その知られざる人物像に迫る。

政治家「又市征治」という男

2007年07月29日 | Weblog
 又市征治が描く「護憲議員連盟」構想への条件はどうか。
 自民党総裁選のとき自民党の党員・党友に対して共同通信社が調査を行った。その際「憲法9条を変えるべきではない」と答えた自民党員が26%にものぼった。加藤紘一らのような改憲慎重派の議員もいる。国民新党の中にも確かにいる。民主党や公明党の中にも護憲派議員は多い。

 こうした議員と連携していくことは不可能ではないし、又市は実際にこの選挙戦を通じて彼らと連携を深めている。平成22年までの間に、少なくとも総選挙が1回、参院選が2回はあるが、その中で「反自民・反改憲」派との連携をどう強化していくかに賭かっている。それができるのは又市以外には見当たらない。

 安倍自民党は参院選のマニフェストのトップに、予想通り「改憲」を掲げた。その中身については全く触れられていないが、国民の暮らしや将来への不安よりも、自分の趣味を優先し、自分好みの国づくりを進めようとする安倍に、最も厳しく対決しているのも、政治家「又市征治」という男だった。
(敬称略)

《第一部完》

 ↓ 各1日1クリックで応援してください。
人気Blogランキングへ
日記@BlogRanking
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へ


最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
よかった^^ (ある地方公務員)
2007-07-30 21:08:33
又市さん、無事当選されてほんと良かったです!
ブログの更新を毎日楽しみにしています。
野党共闘の先頭に立って奮闘されてこられた又市さん。これからますますその役割が大きくなるんではないかと思います。
労働者の先頭に立ってますますご活躍されることを期待しています。
毎日見ていました (オレンジ)
2007-08-07 11:30:15
こんにちは、初めて書き込みいたします。
又市議員の再当選、おめでとうございます。
毎回、ブログの更新を欠かさず見ていました。

私の上司は又市議員を応援していましたが、
最後は「歴史が又市議員を必要とするなら
当選するだろう」と話していました。
まさに「人事を尽くして天命を待つ」という状態でした。

私自身、このブログを通して又市議員というより
又市さんの生き方に触れたようで、
身近に感じる事ができました。

特に「又市征治の素顔」では、
温かい又市議員の心に触れたようで感動しました。

「国民の痛みに心の底から涙を流す政治家」
現在と未来のためにこのような政治家をたくさん増やしたい・・
国民の1人として強く感じました。
ブログの開設、ありがとうございます。
今後のご活躍を楽しみにしています。
先頭に (元記者M・T)
2007-08-07 23:35:23
ある地方公務員さん、こんにちは。
コメントの掲載が遅くなり、申し訳ありません。
さて、たしかに又市氏の役割はこれからますます大きくなるでしょう。衆議院での巨大自民党、参議院での巨大民主党という構図の中で、ともすれば双方が国民の本当の痛みを知らない、上辺だけの政策論争に陥る危険性を持っています。
これまで書いて来たとおり又市氏は、戦争の惨禍・貧困・格差・差別・弾圧、など様々な社会の負の部分を経験しながらそれを跳ね返すとともに、他の人々にそのような思いをさせまいと奮闘する政治家です。
私は、又市氏には、野党共闘の先頭、労働者の先頭に立つだけでなく、これまで痛みや不安にさいなまれてきた圧倒的多数の国民の先頭に立ってほしいと思いますし、またそれに相応しい政治家だと思っています。
ありがとうございます (元記者M・T)
2007-08-08 00:09:25
オレンジさん、はじめまして。
いつもご覧頂いていたとのこと、ありがとうございます。

さて、「歴史が又市議員を必要とするなら当選するだろう」素晴らしい言葉だと思います。
その通りであれば、歴史が又市氏を必要としたということになります。
確かに日本は歴史の分水嶺に直面しようとしています。今後の6年間、又市氏が国会にいるのといないのとでは大きな違いがあります。だからこそ、それが邪魔でならない連中が姑息な手を使ってまで、又市氏を潰そうとするのでしょう。

ところで「国民の痛みに心の底から涙を流す政治家」ぜひ増やしたいですね。
参議院で与野党が逆転し、総選挙もそう遠くないようです。
誰が本当に「国民の痛みに心の底から涙を流す政治家」なのかを見極めたいものですね。
Unknown (ふくろう)
2009-10-28 04:26:11
ブログ村でたまたま見ただけです。
高校を卒業した18歳から 定年の年齢よりも上のかたまで 求職者 全員が 就職できる 日本を 期待しています。
Unknown (ふくろう)
2010-03-26 04:16:46
私は1970年2月生まれで 医療事務か 一般事務か データ入力の仕事を探して 就職活動中です。

私が1992年1月から 1999年3月まで アルバイト勤務していた大阪市北区中津5丁目にある 日本通運のことをお話し致します。

勤務日は 月曜日から 土曜日までの週6日 勤務時間は9:30~17:30の契約で 休日は 日曜日と 祝祭日でした。

しかし 時給は 全く 同じ仕事で 男性が900円で 女性が750円でした。

長年 休まずに 忙しい時は 21:30位まで 残業もして 一生懸命に 働いていても 厚生年金も 有給休暇も 社会保険もありませんでした。

暇な時は 女性だけが15時位で 帰らされたり 1日おきの 出勤にされたり トイレ掃除も 女性だけがさせられていました。

私は 独身で 両親と 同居していて 何回も面接に落ち やっと 採用された会社だったし 辞めると 次の会社を見つけることが難しいと 思ったため なんとかやっていましたが なかには 一人暮らしの方や 離婚経験者でお子さんを 必死で 育てている方は それが嫌で 何人も辞めていきました。

女性は かわいくて 普通以上の身長がある人だけが 時給850円の厚生年金と 有給休暇と 社会保険つきの準社員になれていました。

でも 私は小柄だった為 一日も休まずに 一生懸命に働いていても 準社員になれませんでした。

私は 物凄く 準社員になりたかったので 認めてもらいたくて 一日も休みませんでしたし 残業も沢山して 身長を高く見せたくて 少しでもかかとのある靴を履き お守りも沢山持ち 頑張っていました。

身長制限がある モデルさんや 客室乗務員や 婦人警官ならともかく 一般事務の仕事なのに 本人がどうしょうもできない身長などで 準社員になれなかったのは 納得いきません。

退職後 2005年に通った ヒューマンアカデミーの医療事務の先生から 普通の会社は 例え 時給制でも 月曜日から 土曜日までの週6日 勤務時間は9:30~17:30  半年働いたら 10日間の有給休暇がもらえる権利があると 教えて頂きました。

ヒューマンアカデミーの医療事務の先生から 連合大阪という所が 格差是正などに 取り組んでいるので 行ってみたらどうかと 勧めて頂きました。

私は 初めて 連合大阪へ行き 連合大阪の方からも 例え 時給制でも 半年で 勤務時間に合わせた数だけ 例え週1日でも 有給休暇はもらえて 7年も働いていたら 厚生年金も 有給休暇も 社会保険ももらえる権利があると 教えて頂き 9:30~17:30の契約なのに 15時位で 帰らされたり 1日おきの 出勤にされたりするのは 契約違反にあたるし 退職後 2年間までは 訴える事もできた事を 教えて頂きました。

今 考えても 物凄く 悔しくて これからは 厚生年金も 有給休暇も 社会保険ももらえる所に 就職したいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。