政治家「又市征治」という男

元政治記者の私が最も興味を持った政治家、それが又市征治だった。その知られざる人物像に迫る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「護憲」協定

2007年07月27日 | Weblog
 平成18年9月、任期中の改憲を掲げて登場した安倍政権は、教育基本法改定案、「共謀罪」創設法案、国民投票法(改憲手続法)案、防衛「省」昇格法案など、小泉政権時代に継続審議となった法案の「在庫一掃」を推し進めようとしていた。

 これに対し、又市征治は、秋の臨時国会の冒頭から4野党共闘の引き締めに取りかかった。
 自民党と同根である民主党や国民新党は、教基法改定や国民投票法案、防衛省昇格、さらに改憲も、基本的に賛成の立場である。放って置けば、民主・国民新は自民・公明になびきかねないと誰もが見ていた。しかし、野党はなかなか崩れなかった。

 教育問題に関するタウンミーティングにおいて「やらせ」「サクラ動員」「不正な謝礼」などの問題が発覚したにもかかわらず、与党は教育基本法案の衆議院での審議を一方的に打ち切り、単独で採決を行った。こうした強引な国会運営に、野党は反発し、結束を強化した。

 それが崩れたのは、沖縄県知事選で野党統一候補が敗れた直後だった。民主党は野党共闘を覆し、あっさりと審議に復帰してしまう。
 自民党国対委員長の二階敏弘が民主党に対し、「聞きたいことが6点ある」と審議復帰を求めた。二階の言葉は、民主党の弱みを6つ握っているという意味であった。その「弱み」が何かは定かではないが、それ以後、民主党は与党の言いなりだった。共産党も審議拒否を好まず、淡々と審議時間を稼がせた。民主、共産から崩れた野党共闘を尻目に、与党は教育基本法案をはじめ、次々と法案を成立させていった。

 民主党は、もともと野党間で廃案にするとまで確認していた防衛「省」昇格法案に、賛成にまわる始末だった。次から次へと態度を変える民主党に、社民の又市や共産の市田、国民新党の亀井(久)らは、怒りを隠さなかった。

 又市は痛烈に民主党を批判したが、それでも共闘をあきらめようとはしなかった。批判だけで手を切るのは分かりやすいし簡単だ。しかし、それでは民主をますます自民・公明に近づけることにつながる。そうなれば「自民・公明・民主3党大連立による改憲」という自民党の思惑が現実味を帯びてくる。又市は、それだけは避けたかった。

 一方、民主党の小沢も、来るべき参院選の勝利のためには、社民・国民新との連携は欠かせないと考えていた。巨大与党に対抗するには、何としても参院選で与野党逆転を果たさなければならなかった。もし今度も惨敗すれば、「政権交替」という一点だけでつながってきた民主党そのものが崩壊の危機を迎えることになる。小沢の尻にも火が点いていたのである。

 又市は、小沢に積極的な選挙協力を投げかけた。社民と民主、候補者の3者で政策協定を結び、政策の刷り合わせを行うことを図った。

 12月末、全国で初めての無所属統一候補の擁立は、又市の地元・富山で、又市と小沢が同席する中で発表された。

 又市の社民党が、民主党やその無所属候補との間で結んだ政策協定には、明確に「護憲」が盛り込まれていた。又市は民主党に「護憲」への譲歩を引き出したのである。
 その後、各地で社民党は、秋田・愛媛などでの無所属統一候補や、他の一人区での候補に「護憲」を誓わせながら支持を決めていった。

 「与野党逆転だけでは意味がない。民主党に与党との対決路線を明確にさせながら、これからの国政選挙でいかに護憲の議員を増やしていくかが勝負だ。」

 これが又市征治の思いだった。
(敬称略)

 ↓ 各1日1クリックで応援してください。
人気Blogランキングへ
日記@BlogRanking
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(議員)へ

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 小泉の逃げ、安倍の登場 | トップ | 超党派の「護憲議連」構想 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
相本芳彦氏 (mikuruma_yama)
2009-02-10 01:20:13
総選挙腕も、又市さんの力で富山3区では相本芳彦氏が無所属の野党統一候補になりそうです。
小沢一郎氏と対等に渡り合えるのは、又市さんだけだとも聞きました。
それにしても又市さん、すごい人ですね。
尊敬しています。
不公平是正 (ichigaimon)
2009-09-11 02:18:43
民主マニュフェストでは高速道路料金の段階的無料化を掲げてますが、国民の支持は多数とは云い難い状況です、先の政権で選挙対策?として土日祭日千円乗り放題を実施した結果、多少の経済効果より渋滞&環境負荷へのデメリットが大きいと考えます。
さらに暫定税率を廃止すると・・・どうなる?そこでノーマイカー族との公平を図るためCO2を1㌘排出で1円の排出税を徴収して是正すればと思います

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事