南大沢昆虫便り

八王子市南大沢より、昆虫に関する情報をお届けします。
昆虫の専門家ではないので、間違い等ありましたらご指摘ください。

寄生蜂 前回のはエゾオナガバチか?

2021-05-02 17:30:40 | ハチ

前回まで3回にわたって載せたオナガバチですが、どうも気になってその後も調べたら、エゾオナガバチではないかと思えます。

長池公園自然館の図鑑を見てきたら、エゾオナガバチが似ているのだが、あめ色に黄白斑というのが、あめ色ではなくほとんど黒いので、もし違っていたらご指摘ください。

撮影したオス。




撮影したメス。




大きさや模様は似ているのだが、どうだろう。

まあ、あめ色に見えなくもないが。

エゾオナガバチは寄生蜂で、穴の中にいるキバチなどの幼虫に産卵するようです。


以前撮影したシリアゲコバチも寄生蜂ですが、材の中にいる幼虫を探して自分で穴をあけるところが違う。





これも何というかたちで産卵するのか不思議だ。
この時の記事。→クリック



また、これも以前撮影したスズバチだが、自分で巣を作り狩りをしてきた幼虫を中に入れて産卵し、狩りバチと言われている。


その時の記事です。→クリック



ウィキペディアで寄生バチをみると、「寄生バチから狩りバチが進化したと考えられる。」とあった。

何とも不思議な生態だが、彼らにしてみればこれが普通で当たり前の生活なのです。

まあ、ヒトよりもずっと以前から地球にこの形でいたのでしょう。

それにしても寄生蜂は何とも種類が多い。





コメント (4)   この記事についてブログを書く
« オナガバチの一種 3 | トップ | ヒメヒゲナガカミキリ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドロバチさん (どんぐりうさぎ)
2021-05-02 19:53:39
申し訳ありません!
クリックさせて頂いて、うっかり11月25日の
ドロバチさんの記事にコメントを入れてしまいました(^_^;)
どんぐりうさぎさんへ ()
2021-05-02 20:03:32
だいじょうぶです。
あちらにコメント入れました。
Unknown (nori)
2021-05-07 17:36:47
ご無沙汰しております。
オナガバチの写真、よく撮れていますよね。
産卵管や鞘など、見入ってしまいました。
間違えて自分の足など刺されて、さらに間違えて産卵でもされたら…と思うと気が遠くなります。
今ちょうど「寄生バチと狩りバチの不思議な世界」という本を図書館で借りて読んでいて、とても面白いです。
何を見て借りたのかを忘れてしまったのですが…秀さんのブログで紹介されてはいないですよね…
noriさんへ ()
2021-05-07 18:20:05
こちらこそ、ご無沙汰しています。

今ちょうど、noriさんのブログで「チビコフキゾウムシの謎」を読んでいたところです。
すごい、ここまで調べるとは。
ゾウムシだけでなく、ちょっと調べて分からないのは、それぞれの「不明種フォルダー」に沢山たまっています。

田仲さんの寄生蜂の本は見たのですが、この「寄生バチと狩りバチの不思議な世界」というのは知りませんでした。八王子や多摩市の図書館にはまだないようです。
寄生蜂はやはり面白そうです。

コメントを投稿

ハチ」カテゴリの最新記事