MJVC 管理人のひとり言

ようこそ「MJVC 管理人のひとり言」へ!

ムム、一応チャレンジです

2013年11月30日 | グルメ
400円弱の牛タンです。


どちらかといえば、モツ系ですね。

タンの切れ端って感じです。

好きな人はたまらないですよ。

冷える体育館

2013年11月30日 | MJVC
午前中の練習。寒い体育館ですが、このぐらいはまだまだ。


練習を終えてミーティング。

監督の先生から大切なお話を頂きました。

ひとつひとつ噛みしめるような言葉に、染み入るような言葉に、
いろんな人たちに聞いてもらいたいなぁと痛感。

それは、中学生のものだけではなく、高校生、大学生、社会人と、
すべてに通用し、また老いても必要なこと。

心に言葉を抱き続ける。

生きてゆくためには必要なことですね。

路面凍結

2013年11月29日 | 日記
一見、路面は濡れているようです、が実は一部凍結。


普通にブレーキングしても滑ります。
ABSがガガガってうなります。

こんな季節がやってきたんですね。

冬だから、雪は歓迎しますが交通だけは安全であって欲しいです。

冬の恵

2013年11月28日 | MJVC
冬本番ですね。明日から冷え込むそうです。

こんな寒い時期に体育館で一日中練習。
その光景が浮かびます。

寒い寒い体育館。

でも、氷点下の体育館で汗を流し、肩から頭から湯気を出し、
その姿が寒さを吹き飛ばす笑いに変わる。

いまの三年生がそうでしたね(笑)。

冬の寒さは、時としておっくうになりやすく、考えも行動も控えめになる。
けれど、意を決して体育館に足を運び、練習に燃える。

冬は、「意地」とか「根気」を養ってくれます。
「精神体力」や「精神耐力」もそうですね。

さらに、そこに頼りがいのある存在があります。
「気合入れて練習して来い!」と、ファン第一号として、
選手を送り出してくださる方々ですね。

この冬の初めは、その冬の終わりを見てきただけに、
青葉が一気に噴き出るような選手たちの姿を想像してしまいます。

さて、今朝の会話です。
その先生は矢巾町出身。

この寒さに、ヒザを痛めた自分を見て、
「私も肩が痛いんです」
「それ、五十肩かも?」

「四十肩じゃないんですか?」
「病名にあるのは五十肩だけですよ」

「知らなかった」
「矢巾町出身だから、ごじゅうかた、ごじゅかた、こじゅかた、なんちゃって」

「...」

ローカルジョークでした!。

テスト終えて

2013年11月27日 | MJVC
久々の練習です。
開口一番!、「テストの結果は?」の問いに、「まぁまぁ」、「普通」、「ダメ」という返答。
その口調に、「だから、そんなもんだろう」と流す。

倒立の練習は、意外にアッサリやるもんで、躊躇するメンバーはゼロ。
驚いたのは1年生で、2年生と同じレベルかなというメンバーもいましたね。


さて、寒さが増してきています。

体調を管理するチカラが試される時期です。