MJVC 管理人のひとり言

ようこそ「MJVC 管理人のひとり言」へ!

すっごい霧! ~ハロウィンの朝~

2013年10月31日 | 日記
まさにハロウィンに合わせたかのような霧。
車はみなライトをつけ、安全運転です。

さて、ハロウィンって何?。
考えたことがありますか?。

自分の小さいころは、まったくナシ!。

それもそのはず、日本では2000年以降に見られたイベントなんです。
そう、イベントという扱いで、本当のことは全く知らない。

ハロウィン...。
10月31日におこなわれる行事。

目的...。
秋の収穫を祝う、有害な精霊や魔女などを追い出す宗教的な行事。

内容...。
カボチャをくりぬいて、ろうそくを立てるジャック・オー・ランタンを作る。
子供たちが、魔女やお化けに仮装し、各家を廻りお菓子をもらう。
(お菓子をくれないと、いたずらするゾ!って言う)

発祥...。
古代ケルト人。

だそうです。

よく考えると、日本のお盆と秋の収穫祭(お祭り)がくっついたような感じ。
そこに、一緒にやってきた悪霊などを追い払う行事がハロウィンですかね。

まぁ、日本ではクリスマスも、バレンタインも今はイベントとなってしまって、
ハロウィンもそのひとつになったんでしょうね。

これらイベントに共通しているのが、「人々の笑顔」ではないでしょうか。
そう考えると、イベント化する理由も納得できますね。

今度はどんなイベントが生まれるのでしょうか?。

紅葉

2013年10月30日 | 日記
職場の庭の紅葉です。


周囲はまだ色付いてませんが...。

ここ数日で染まるのでしょう。

週末は3連休、大会や行事が目白押し。

しばし、秋の風景を楽しみたいと思います。

JJJを考える...(jjj)

2013年10月29日 | 日記
流行の言葉、「じぇじぇじぇ」は、実のところあまり耳にしません。
どちらかといえば、「じゃじゃじゃ」ですね。

地元のTV局では「じゃじゃじゃTV」という番組があります。
IBCですね。情報番組で、それは面白い。

その「じゃじゃじゃ」は、内陸では耳にします。
三陸沿岸では耳にしたことはありません。

意味は、「あらら...」とか意に反する時。
「じゃ」と、一つの時もあります。
「ちぇっ!」という、やはり意に反する時。

もちろん、「じぇじぇじぇ」を否定するものではありません。

何故なら、広い県ですから、県北、県央、県南で微妙に言葉が違います。
沿岸も内陸と比較して、特にアクセントがハッキリ違います。
三陸も一つではなく、北から陸奥、陸中、陸前と微妙に異なります。

少なくとも、話言葉だけで内陸出身と沿岸出身がハッキリわかるのです。

県北地方、沿岸地方はその昔、
源氏や平家といった公家や武士の落ち人が集まる場所でした。
だから、京言葉を使っているところもあります。「おおきに」がソレです。

苗字も特徴があります。
一般的には2文字の漢字ですが、ここに1文字入れて3文字の漢字を苗字にしています。
たとえば、公家だと「弓」とか、武士だと「差」とか。
(考えてみると京都の公家や武士の子孫ということになります)

平安時代、鎌倉時代から始まった歴史ということでしょうか。
中央の文化を携えて、みちのくに広めた歴史を否めません。

だから、様々な言葉も入り混じって生まれたのでしょうね。

1年の半分は...

2013年10月29日 | 日記
早朝は春のごとく、霧に包まれます。
季節が進んでいる証拠。だから冷えました。

今は日差しが出て、霧も薄くなっています。

朝夕、ヘッドライトを点灯させます。
これが、来年の4月まで続くのです。

そう、1年の半分は寒い。
オートバイも1年の半分しか乗れない。

今週で10月も終わり。
あと2ヶ月で今年も終わります。

初雪が早くなりそうな北東北の今日この頃です。

寒さにメゲズ

2013年10月28日 | バイク
久々のマシンです。
まぁ、プチドライブと、お買いものでしてシートバッグが膨らんでいます。


もうすぐ11月、いつまで乗れるやら...。

東北の冬は足早にやってきます。