MJVC 管理人のひとり言

ようこそ「MJVC 管理人のひとり言」へ!

有意義な三日間

2013年04月30日 | MJVC
連休の最初の三日間、良かった!。

冬の間、我慢してきたかいがありました。
今は一気に花咲かせるとき、期待が膨らみます。

楽しみが増え、欲も出てきました。

連休の後半も楽しみです。

もうすぐ5月

2013年04月26日 | 日記
まだ冬が残っている状況で、5月と言われてもはピンときません。
寒いです。

例年だと、朝夕寒く、日中は暖かい。
ここに春を感じるものですが、まったく無い。

週末の好天に期待ですね。

桜の開花宣言!

2013年04月25日 | 日記
とうとうきましたね!。
でも、満開にはほど遠く、寒さが心の高揚を抑えてしまいます。
寒い春といった感じですね。

今年は桜回りと称して、
休みとってマシンで県内を徘徊しようかと思ってましたが、
なかなか無理がありそうです。
注文したツアラージャケットも完売で、寒さ対策もナシ。

でも、ここは根性で...。

暖かい連休になって欲しいですね。

ハマッた!

2013年04月24日 | 日記
バグ対応(泣)

顔を出すマシンたち

2013年04月23日 | バイク
少しでも太陽が出れば、町にはオートバイが出現します。
まだ、寒いのにライダーたちは頑張ってますね。

このところ気になることがあります。
都市部では当たり前のことでしょうけど...。

オートバイといえば伝統的なネイキッドタイプ、それは丸型のヘッドライト。
しかし、最近様子が違う。
ネイキッドなんだけれど、角型、正確には多角形をしたヘッドライトのマシンが走っている。

ネイキッドとは、裸、ありのまま、剥き出しといったいわゆる素の姿をしたバイク。
日本では伝統的なスタイルのバイクですね。
言い換えれば、レースマシンに見られるカウリング(風防)を装備していないバイク。

この多角形のヘッドライト、気になるスタイルなのでバイク屋さんに聞いてみた。

それは、ヨーロッパで流行しているスタイルだとか。
そのまま、日本仕様にして国内販売している、あるいは逆輸入しているそうです。

日本では丸型ヘッドライトが好まれます。
ヨーロッパでは、文化や風景の違いがあるのか多角形が好まれます。

たしかに、ゴシック調の建物に、石畳の路面にマッチするかもしれませんね。

喜ばしいのは、マシンのデザインが豊富になったことと、そのニーズがあるということ。
好調な売れ行きなんですね。

1980年、ケルンの衝撃とまで言われた、SUZUKI GSX1100S KATANAは斬新なデザインだった。
ハーフカウルに角型ヘッドライト。まさに刀をイメージしたマシンは衝撃的だった。
当時の日本では、風防、セパハンはNGで、ライダーたちはKATANAの改造を始めました。
これを警察は取り締まった。そう、刀狩りといわれました。
伝説を作ったマシンはKATANAだけではありませんでしたね。

衝撃的なデザインのマシンが登場するのか?。

それはヨーロッパからやってくるのかもしれませんね。