プチ日記。

おうちパンマスターとしての活動やフラのこと、7歳5歳の男児2人の育児に追われる日常のことをのんびり綴っていきます〜。

レーシックの病院選び

2007年03月09日 | レーシック、PRK、フェイキックIOL
私が視力矯正手術を受けてから、周りでも「受けてみたい」という声を聞くようになりました。
そういえば私自身、レーシックを現実味のあるものとして考え始めたのは、知り合いが受けたという話を聞いてから。
確かに100%安全な手術なんてないし、「目」という大切な部分にメスを入れるというのは大変なこと。
だから、軽い気持ちで勧めることはできません。
ただ、手術で快適な裸眼生活を手に入れた私としては、「目の手術」という言葉のイメージだけで、「怖いから受けない」と思ってる方がいたら、もったいないなーと思うのです。
なので、私のブログを読んで、ちょっとでも興味を持ってもらえたのなら、それはとっても嬉しいことです。

私が受けた手術は、フェイキックIOLとPRKで、厳密にはレーシックとは違います。
でも、レーザで角膜を削る手術法ということでは、PRKはとても近いと思います。
それを経験した私の感想としては、レーシックは怖くないし、安全性も高いです。(フェイキックはちょっと怖かったけど・・・
手術料金は病院によってかなり違いますが、それにしても一生コンタクトを使い続けることを考えると、ずっとお得です。

手術の効果の出方にも個人差はあるようだし、その他のリスク、メリット・デメリットなど十分に理解した上で、自分で判断してもらえたらいいな。
この辺のことは、私の誤った知識で誤解させてしまったりしては大変なので、クリニックのHPなどを読んでもらえたらと思います。
とにかく、「興味はあるけど怖い・・・」と思ってる方は、一度説明会に行くことをお勧めします!
説明会に行ったからといって、無理やり手術を受けさせられるようなことはありませんから。


さてさて、前置きが長くなってしまいましたが・・・
今日は、レーシックの病院選びについて、私なりの考えを書いてみたいと思います。

レーシックは、ほぼ100%安全な手術だと思います。
期待通りの効果が得られるかどうかは別として、この手術が原因で失明をした・・・という事件は、私が調べた限りではありませんでした。

なので、基本的には「きちんとした病院」であれば、危険はないと思います。
では、「きちんとした病院って何?」という話ですが、これは執刀医が「眼科専門医」であるということです。
もともとレーシックの手術に専門の資格というのはないそうで、眼科医でなくても医師免許を持っていれば執刀できるそうなのです。
そして、レーシックは手術料金が高めなため、収益を目的として手術を始める・・・というお医者さんもいるそうな。

そのような場合に怖いのが、何かがあった時。
手術中に予期せぬハプニングがあったときにちゃんと対応してもらえるか、また、目に隠れた病気(白内障、角膜変形など)があった場合に、手術前に見つけてもらえるか・・・。
私の場合、どちらにも当てはまったので、信頼できる先生にお願いしてよかった、、、と心から思いました。

そして、もうひとつ大事だと思うのが、症例数。
安全とはいえ、手術の効果には、執刀医の技術力の影響がないとはいえません。
レーザーでの治療はほとんど機械がやるので、誰がやっても同じ・・・と言っていましたが、フラップを作るのには技術が必要だそうです。
そこで、これまでどれだけの眼数の手術を行ってきたかが影響してくると思うのです。

そんなわけで、私が「良い」と思う病院の条件は、こんな感じ。

 ・経験豊富な眼科専門医がいるか。
 ・症例数が多いか。
 ・術前・術後の検診をいかに丁寧にやってくれるか。
 ・先生が、納得いくまで親身になって話をしてくれるか。
 ・手術室が衛生的で、実績のある機器を使用しているか。
 ・アフターケアがしっかりしているか。(○○年後まで再手術無料など)

正直、手術料金にどうして差があるのかはわかりません。。。
私自身の印象だと、患者一人当たりにかける時間に差があるのかな、、、とも思いますが。
私が手術を受けた「南青山クリニック」は、少々高めでしたが、検査や説明がものすごく丁寧で、毎回執刀をしている先生と納得行くまでお話ができました。
その点、規模の大きなレーシック専門のような病院だと、「流れ作業的だ」という話も聞きます。
ただ、だからといって、手術の結果に差があるかどうかはわかりません。
恐らく一番手術料金が安い大手クリニックでも、私の周りで受けた人はみな満足のいく結果を得ているようです。
安いのもあって、症例数も日本一ですし。

なので、自分が何を重視したいのかを考えた上で、病院を決められるのがいいと思います。
そして、そのためには、まず説明会or適性検査に行ってみること!
それで病院の対応は見えてくると思います。

ちなみに、私が南青山クリニックに決めた理由は、こちらです。

 ・説明会で、レーシック後の快適な生活ばかりをアピールすることはなく、手術の具体的な内容、実績について詳しく説明してくれた。
 ・適性検査の段階で、眼科専門医の先生とたっぷりお話できた。
 ・症例数が少ないフェイキックを受けるにあたり、角膜移植の権威でもある坪田先生に執刀してもらいたかった。


私も手術前は、レーシック体験者のブログをたくさん読ませてもらいました。
なので、今レーシックを検討されている方、不安なこと・聞いてみたいことなどあれば、気軽にお知らせくださいね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 帰ってこない・・・ | トップ | 金曜飲み »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参考に・・・。 (かよこ)
2007-03-12 21:29:42
おっ!!たくさんのアドバイス早速参考にさせていただくわ!!ありがとう!
適性検査、きちんと一回で済ませられるようにあしたからとりあえずハードから使い捨てソフトに変えておこうと決意しました!!メガネも子供に踏まれたりでボロボロでねー。もう買うのやだし、ソフトのほうが裸眼期間すくなくていいんだよね。
がんばろう!!

みきちゃん坪田先生だったんだ!!すごいね。あの先生も定期的にオペにはいってるんだね。それはあんしんね。私もレーシック不適応だったら坪田先生にいきたいわ・・・。う~、なやむねー。。
★かよちゃん (MIKI)
2007-03-13 13:21:29
参考になってよかった!
そうそう、ソフトだとメガネ生活1週間で済むもんね。さすが計画的
子供にメガネを壊される・・・って言うのは考えもしなかったけど、小さい子がいるオウチはけっこうみんな苦労してるみたいだねー。
私も子育て前にやっておいてよかった☆

坪田先生はねー、最近は2ヶ月に一度くらい来てるみたい。
あと、南青山クリニックの横浜に来ることもあるみたいよ。
私は「坪田先生に」って決めてたから、ちょっと待ってもいいからってことで予約入れたの。
その辺のことも、クリニックに聞けば丁寧に教えてもらえるよ
その後 (Mia)
2007-03-23 00:57:02
以前私のブログにコメント残して頂きありがとうございます。
早速Mikiさんのブログへ訪問させて頂きました。

老眼始まったら、のこととか坪田先生触れてました?
もし差し支えなければ教えて下さい。
★Miaさん (MIKI)
2007-03-24 21:09:12
コメントありがとうございます!

老眼について、坪田先生とは話していないのですが、最初の説明会では触れていました。
やはり近視矯正をすると、老眼の進行が早くなることはあるみたいです。
ただ、その辺は個々の生活パターンに合わせて、どこに視力をあわせるか・・・など相談して決めていくようです。
あとは、老眼になってから、老眼用の治療を行うことも可能だということは言っていました。

コメントを投稿

レーシック、PRK、フェイキックIOL」カテゴリの最新記事