緑には、東京しかない

千葉県の東京寄りに住んでいる私「緑」が大好きな東京の散策写真のブログを作ります!!!

10月の豊洲市場6街区:豊洲ぐるり公園内を通り抜けて6街区前へ PART2

2019年02月19日 06時01分00秒 | 江東・お台場


「豊洲ぐるり公園」の敷地内から6街区内の「水産仲卸売場棟」の建物入口へ向かって歩いていきます。「東京ガス豊洲ガバナステーション」に隣接して整備されている児童公園内を通り抜けていきます。




南側から「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地の全景を撮影しました。高さ100メートル以上はある巨大な煙突の存在が目立ちますね。




「6街区(水産仲卸売場棟)」の敷地の南西角に整備されている「富士見橋門」の交差点前にやってきました。




「富士見橋門」の横断歩道を通り抜けて、「水産仲卸売場棟」の建物入口前に向かって歩いていきます。




東京都道484号豊洲有明線の歩道内から、「6街区(水産仲卸売場棟)」の敷地西側に整備されている構内道路と一帯を見渡して撮影しました。




「6街区(水産仲卸売場棟)」の敷地西側に整備されている構内道路を見下ろして撮影しました。平日の午前中の時間帯だったので、栗魔の交通量は少なかったです。




南西側から、「水産仲卸売場棟」の建物群に併設されている「廃棄物業者棟」の建物の全景を撮影しました。




南西側から、「水産仲卸売場棟」の建物群に併設されている「冷蔵庫棟」の建物の全景を撮影しました。




平日早朝の時間帯程の混雑は終わっていましたが、業者の車両やターレなどがそれなりに行きかっていました。




南東側から「廃棄物集積所棟」の建物の全景を撮影しました。




東京都道484号豊洲有明線の歩道を東側(豊洲大橋南詰交差点方向)へ向かって歩いていきます。歩道の北側には「水産仲卸売場棟」の広大な敷地と建物群が広がっています。




東京道と484号豊洲有明線の歩道から、「水産仲卸売場棟」の建物内に入ることが出来る非常階段の全景を撮影しました。私のような一般人は入ることが出来ないです。




上記の非常階段前のスロープ内から、6街区の「水産仲卸売場棟」の建物群の敷地南側の構内道路を見下ろして撮影しました。




高架構造となっている東京都道484号豊洲有明線の真下には、6街区の「水産仲卸売場棟」側と7街区の「水産卸売場棟」とを結ぶ連絡通路が整備されています。




スロープ内から振り返って、6街区の敷地西側や「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地内を撮影しました。



10月の豊洲市場6街区:豊洲ぐるり公園内を通り抜けて6街区前へ PART1

2019年02月19日 06時00分00秒 | 江東・お台場


「豊洲ぐるり公園」の緑地帯の敷地西側内に整備されている散策道から、「6街区(水産仲卸売場棟)」の建物群を撮影しました。




西側から「6街区(水産仲卸売場棟)」の建物群をズームで撮影しました。手前側に建っているのは「冷蔵庫棟」の建物となっています。




「豊洲ぐるり公園」の緑地帯の敷地西側内に整備されている散策道を南側へ向かって歩いていきます。




北西側から「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地内に建っている巨大な煙突の全景を撮影しました。




北西側から「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地内を撮影しました。新豊洲地区内を経由して都内各所に張り巡らされているガス管ネットワークの管理施設の建物が整備されています。




「豊洲ぐるり公園」の敷地西側の芝生広場内の散策道を南側へ向かって歩いていきます。途中で土砂を盛り立てて形成した小さな丘を通り抜けていきます。




人工的な小丘を通り抜けて、南側(富士見橋方向)へ向かって歩いていきます。




南側から「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地内を見渡して撮影しました。地価のガス管ネットワークの圧力調整は自動化されているためか、人の気配は全くありませんでした。




小高い丘から振り返って、北側(晴海運河側)へ向かって伸びている散策道の全景を撮影しました。




「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地北側の一角ですが、雑草が生い茂っていて荒れ放題となっている区画が残されていました。




芝生広場内を南側へ向かって歩いていくと、前方に「東雲運河」や有明一丁目地区内の高層タワーマンション群が見えて来ました。




「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地前から振り返って、北側へ向かって伸びている「豊洲ぐるり公園」の緑地帯の敷地西側の散策道を撮影しました。




「豊洲ぐるり公園」の緑地帯内から、東京都道484号豊洲有明線の歩道に上がります。「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地南側に整備されている階段を使っていきます。




北西側から、「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地南側に整備されている広大な広場の全景を撮影しました。上空から見て円形状の芝生スペースが整備されていました。




「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地南側に整備されている階段を上っていきます。



10月の豊洲市場6街区:豊洲ぐるり公園西側と東京ガス豊洲GS周辺 PART4

2019年02月18日 06時01分00秒 | 江東・お台場


「豊洲ぐるり公園」の緑地帯内から、晴海運河越しに1年後のオリンピックの「選手村・晴海フラッグ」の建物の鉄骨群を撮影しました。こちらは工事が佳境を迎えている状況でした。




「晴海フラッグ」の建物群の工事区画の全景を撮影しました。背後には、勝どき地区や月島地区の高層タワーマンション群が広がっているのが見えます。




西側から、「豊洲ぐるり公園」の敷地北側沿いに整備されている散策道の全景を撮影しました。




北西側から「6街区(水産仲卸売場棟)」の建物群の全景を撮影しました。水産仲卸売市場棟や冷蔵庫棟、加工パッケージ棟などで構成されています。




北西側から「6街区(水産仲卸売場棟)」の建物群の全景をズームで撮影しました。




緑地帯の敷地北側に整備されているこの散策道を東側へ向かって歩くと、環状第2号線の「豊洲大橋」の道路橋梁の南岸部前に出ることが出来ますが、ここで元来た道を引き返していきます。




これから「6街区(水産仲卸売場棟)」の建物入口に向かいます。南側から、つまりは「冷蔵庫棟」側から回り込む形で建物の敷地に近づいていきます。




緑地帯の散策道内から、南西側から晴海運河に架橋されている環状第2号線の「豊洲大橋」の道路橋梁と周辺を見渡して撮影しました。




南西側から晴海運河に架橋されている環状第2号線の「豊洲大橋」の道路橋梁の全景をズームで撮影しました。




豊洲ぐるり公園の敷地西側に整備されている芝生広場内を、南側(富士見橋側)へ向かって歩いていきます。




芝生広場内に整備されている散策道を南側へ向かって歩いていきます。




北西側から「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地の全景を撮影しました。豊洲市場や豊洲ぐるり公園の整備工事と並行して、こちらも敷地内の建物群が新しく整備され直されています。




人の姿が全くない散策道を南側へ向かって歩いていきます。




南西側から、豊洲ぐるり公園の敷地北側の散策道や芝生広場の全景を撮影しました。




平坦なイメージの強い「豊洲ぐるり公園」の緑地帯内ですが、敷地内には小高い丘なども整備されていました。



10月の豊洲市場6街区:豊洲ぐるり公園西側と東京ガス豊洲GS周辺 PART3

2019年02月18日 06時00分00秒 | 江東・お台場


南側から、「豊洲ぐるり公園」の緑地帯内から「6街区(水産仲卸売場棟)」の建物群の全景を撮影しました。手前側には東京ガス豊洲ガバナステーションの敷地が広がっています。




「6街区(水産仲卸売場棟)」の建物群をズームで撮影しました。




「6街区(水産仲卸売場棟)」の敷地西側に建っている「冷蔵庫棟」の建物の全景を撮影しました。




「豊洲ぐるり公園」の緑地帯の西端部を通っている散策道を、北側へ向かって歩いていきます。




「豊洲ぐるり公園」の緑地帯の敷地の北西角前にやってきました。豊洲六丁目地区(新豊洲地区)の埋め立て地の敷地の北西角にも相当している場所ですね。




「豊洲ぐるり公園」の緑地帯の敷地の北西角前から振り返って、緑地帯の西端部沿いに整備されている散策道の全景を撮影しました。平日の午前中の時間帯だったのですが、人の姿はありませんでした。




北西側から、「豊洲ぐるり公園」の西側に整備されている広大な芝生広場の全景を撮影しました。




北西側から「6街区(水産仲卸売場棟)」の建物群の全景を撮影しました。水産仲卸売市場棟や冷蔵庫棟、加工パッケージ棟などで構成されています。




北西側から「6街区(水産仲卸売場棟)」の建物群の全景をズームで撮影しました。手前側には「冷蔵庫棟」の建物が建っているのが見えます。




西側から、「豊洲ぐるり公園」の緑地帯の北側の芝生広場や散策道(晴海運河側)の全景を撮影しました。こちら側も人の姿は全くありませんでした。




緑地帯の敷地北側の散策道を歩いていくと、「晴海運河」を見渡すことが出来ますね。




散策道内から、北側一帯に広がっている「晴海運河」の海面を見渡して撮影しました。正面の奥には、中央区の晴海五丁目地区の埋立地が広がっているのが見えます。




東京港・晴海運河越しに、ゆりかもめ・日の出駅前で建設工事中の「(仮称)竹芝地区開発計画・業務棟」の高層オフィスビルの鉄骨群を撮影しました。完成時には高さ208メートルに達することになります。




南西側から、晴海運河越しに中央区の「晴海地区」の埋め立て地の全景を撮影しました。1年後のオリンピックの「選手村・晴海フラッグ」や、高層タワーマンション群が形成されています。




「晴海ふ頭」の南端部に整備されている「晴海客船ターミナル」の建物群の全景を撮影しました。晴海客船ターミナルの周囲では、選手村・晴海フラッグの建物群の工事が行われています。



10月の豊洲市場6街区:豊洲ぐるり公園西側と東京ガス豊洲GS周辺 PART2

2019年02月17日 06時01分00秒 | 江東・お台場


豊洲六丁目地区の埋め立て地の敷地西側に整備されている「豊洲ぐるり公園」の緑地帯内を散策していきます。西側から「6街区(水産仲卸売場棟)」の建物群を撮影しました。




南西側から、豊洲ぐるり公園の緑地帯内に併設されている「東京ガス豊洲ガバナステーション」の建物群を撮影しました。東京都心部の真下に張り巡らされているガス管ネットワークの中継地点の一つとなっています。




「豊洲ぐるり公園」の緑地帯の西端部を南北方向に整備されている散策道を、北側へ向かって歩いていきます。




南側から、「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地東側に整備されている広場の全景を撮影しました。




広大な芝生広場を眺めながら、散策道を北側へ向かって歩いていきます。




散策道内から振り返って、富士見橋方向(南東側)を見渡して撮影しました。




緑地帯内の散策道から、東京港内に架橋されている「レインボーブリッジ」の道路橋梁を見渡して撮影しました。新しく誕生した「豊洲ぐるり公園」ですが、レインボーブリッジを綺麗に見渡すことが出来るスポットとなっています。




東京港内に架橋されている「レインボーブリッジ」の道路橋梁をズームで撮影しました。




散策道内から、港区北部の一帯に広がっている高層オフィスビル群を見渡して撮影しました。




「豊洲ぐるり公園」の緑地帯ですが、豊洲六丁目地区の埋め立て地内に膨大な量の土砂を埋め立てて整地した場所に整備されています。




緑地帯内の散策道から、港区北部の「汐留シオサイト」の高層オフィスビル群をズームで撮影しました。




散策道や芝生広場内も人通りは全くありませんでした。




南西側から、「東京ガス豊洲ガバナステーション」の敷地内に建っている巨大な煙突の全景を撮影しました。




南西側から「東京ガスガバナステーション」の敷地内を撮影してみました。巨大な煙突以外の施設は、全て地下に設置されています。




広大な芝生広場を眺めながら、散策道を北側へ向かって歩いていきます。