緑には、東京しかない

千葉県の東京寄りに住んでいる私「緑」が大好きな東京の散策写真のブログを作ります!!!

1月の霞が関:西新橋一丁目交差点前から経済産業省本庁舎前へ PART2

2019年07月22日 06時01分00秒 | 皇居周辺・城西


祝田通りの「内幸門交差点」前にやってきました。南西側から「日比谷公園」の広大な緑地帯を見渡して撮影しました。1月上旬の時期の散策だったので、緑地帯内は枯れ木状態となっていました。




人の気配が全くない「日比谷公園」の緑地帯越しに、「東京ミッドタウン日比谷」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。2018年3月末に開業後、約1年が経過したことになりますね。




南西側から、「内幸門交差点」から北側へ向かって伸びている祝田通りを撮影しました。




南西側から、「内幸門交差点」から東側(内幸町方向)へ向かって伸びている国会通りを撮影しました。国会通りも車の交通量は非常に少なかったです。




西側から、内幸町二丁目地区内に建っている「中日新聞東京本社ビル」の建物の全景を撮影しました。




北西側から、「飯野ビルディング」の高層オフィスビルの敷地北側に広がっている「飯野の森」の緑地スペースの全景を撮影しました。こちらも人の気配は全くありませんでした。




北西側から「飯野ビルディング」の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。低層階部分には「イイノホール」が整備されています。




「内幸門交差点」から西側へ向かって伸びている国会通りの歩道を、道なりに歩いていきます。国会通りの歩道内も人通りは全くありませんでした。




南東側から、「内幸門交差点」の北西角に建っている「中央合同庁舎第5号館別館」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。厚生労働省と環境省の外局や人事院などが入居しています。




南東側から「中央合同庁舎第5号館」の建物の全景を撮影しました。地上26階・地下3階建て、高さ112メートルの規模の建物であり、厚生労働省と環境省本省の機能が入居しています。




北東側から、経済産業省本庁舎の敷地越しに「日本郵政本社ビル」の建物の全景を撮影しました。郵便局会社、郵便事業会社、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険を傘下に持つ日本郵政の本社ビルとなっています。




北東側から「経済産業省本庁舎本館」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




車の交通量が全くない国会通りの歩道を、西側へ向かって歩いていきます。




南側から「中央合同庁舎第5号館別館」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




南西側から「中央合同庁舎第1号館本館・別館」の建物群の全景を撮影しました。これらの建物群は全て農林水産省が一つで入居しています。



1月の霞が関:西新橋一丁目交差点前から経済産業省本庁舎前へ PART1

2019年07月22日 06時00分00秒 | 皇居周辺・城西


時系列的には、お正月・三箇日の虎ノ門ヒルズの散策の続きとなります。南東側から、外堀通りと愛宕通りが交差している「西新橋一丁目交差点」の全景を撮影しました。




「西新橋一丁目交差点」から北側へ向かって伸びている祝田通りを北側へ向かって歩き、霞が関の中央省庁がいへ向かっていきます。お正月・三箇日の早朝だったので、車の交通量も人通りも全くありませんでした。




祝田通りを北側へ向かって歩いてきます。南東側から、霞が関一丁目地区内に建っている「大同生命東京本社ビル」の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。




歩道を北側へ向かって歩いていくと、前方に「経済産業省本庁舎別館」の建物が小さく見えて来ました。霞が関地区の中央省庁街の南東角に位置しています。




再開発の記事でいつもご紹介している「新橋田村町地区第一種市街地再開発事業」の工事区画脇を通り抜けていきます。




南西側から「飯野ビルディング」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。地上27階・地下5階建て、高さ148メートルの規模の建物であり、2011年10月に完成しています。




「飯野ビルディング」の高層オフィスビルの敷地前から振り返って、虎ノ門一丁目地区内に建っている「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




南東側から「経済産業省本庁舎別館」の建物の全景を撮影しました。地上11階建ての建物であり、1968年(昭和43年)に完成しています。資源エネルギー庁や中小企業庁など経済産業省の外局が入居しています。




南西側から「飯野ビルディング」の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。低層階部分には「イイノホール」という名前の集会所が整備されています。




「飯野ビルディング」の敷地の南西角の交差点前にやってきました。交差点前から北側へ向かって伸びている祝田通りを撮影しました。人通りも車の交通量も全くありませんでした。




「経済産業省本庁舎別館」の敷地東側を通っている歩道を、北側へ向かって歩いていきます。




西新橋一丁目交差点の一帯に広がっている、港区の西新橋一丁目地区のオフィスビル街の建物群を撮影しました。




「経済産業省本庁舎別館」の建物脇を通り抜けていきます。お正月・三箇日の時期だったので、建物内も人の気配は全くありませんでした。




「経済産業省本庁舎別館」の敷地東側(祝田通り側)の正門入口前にやってきました。資源エネルギー庁や中小企業庁など経済産業省の外局が入居しています。 資源エネルギー庁傘下にあった原子力安全・保安院は解体されています。




南西側から、「飯野ビルディング」の高層オフィスビルの敷地北側に整備されている「飯野の森」の緑地帯の全景を撮影しました。



1月の虎ノ門ヒルズ:虎ノ門ヒルズステーションタワーと虎ノ門二丁目交差点 PART2

2019年07月21日 06時00分00秒 | 城南・港区全域


南東側から、国道1号線(桜田通り)の「虎ノ門三丁目交差点」にやってきました。「(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー」の再開発工事区画の敷地の南東角の交差点となっています。




南東側から「(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー」の再開発工事区画の全景を撮影しました。至る場所でオフィスビルや雑居ビルの解体工事が始まっています。




北東側から、国道1号線(桜田通り)沿いに建っている「虎ノ門36森ビル」の建物の全景を撮影しました。




「虎ノ門三丁目交差点」から北側へ向かって伸びている国道1号線(桜田通り)の歩道を歩いていきます。




南西側から、「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地西側に集まって建っている建物群を撮影しました。今後の再開発工事で、これらの建物群は取り壊されることになります。




「虎ノ門三丁目交差点」前から「虎ノ門ヒルズ森タワー」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




「虎ノ門三丁目交差点」前から「虎ノ門ヒルズ森タワー」の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。




「虎ノ門三丁目交差点」の一帯では、東京地下鉄日比谷線の新駅「虎ノ門ヒルズ駅」の整備工事が行われています。国道1号線(桜田通り)の真下の土砂を掘り起こして、駅ホームや駅施設を整備することになります。




「虎ノ門三丁目交差点」から南側(神谷町方面)へ向かって伸びている国道1号線(桜田通り)を撮影しました。




国道1号線(桜田通り)の歩道を北側へ向かって歩いていくと、前方に「虎ノ門11森ビル」の解体工事区画が見えて来ました。




工事用フェンスに覆われている「虎ノ門11森ビル」の脇を通り抜けていきます。




南西側から、国道1号線(桜田通り)の「虎ノ門二丁目交差点」前から「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




南西側から、国道1号線(桜田通り)の「虎ノ門二丁目交差点」の全景を撮影しました。ここで環状第2号線の通りと交差していきます。




西側から、国道1号線(桜田通り)の「虎ノ門二丁目交差点」前から「虎ノ門ヒルズ森タワー」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




これでお正月・三箇日の時期の虎ノ門ヒルズの散策は終わりです。



1月の虎ノ門ヒルズ:虎ノ門ヒルズステーションタワーと虎ノ門二丁目交差点 PART1

2019年07月21日 06時00分00秒 | 城南・港区全域


南西側から「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の高層タワーマンションの再開発工事区画を撮影しました。




南西側から「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の高層タワーマンションの鉄骨群の全景を撮影しました。2019年1月初めの時点では、鉄骨群の高さは30メートル前後に積み上がっていました。




元来た道を引き返して、「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の高層タワーマンションの再開発工事区画の敷地の北西角の交差点に戻ってきました。




「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地南側を通っている歩道を西側(虎ノ門三丁目交差点方向)へ向かって歩いていきます。




「虎ノ門三丁目交差点」の北東角に広がっている更地を撮影しました。




「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地西側に広がっている、虎ノ門一丁目地区のオフィスビル群を撮影しました。




南西側から、「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地南側に建っている「ガーデンハウス棟」の建物の全景を撮影しました。




南側から、「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地西側を通っている通りを撮影しました。




南西側から、「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地西側に整備されている「オーバル広場」の全景を撮影しました。




南西側から「虎ノ門ヒルズ森タワー」の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。




南西側から「虎ノ門ヒルズ森タワー」の高層オフィスビルを見上げて撮影しました。




南西側から「虎ノ門ヒルズ森タワー」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




国道1号線(桜田通り)の「虎ノ門三丁目交差点」前にやってきました。交差点前から振り返って、「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地方向を撮影しました。




「虎ノ門ヒルズ森タワー」の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。




南東側から国道1号線(桜田通り)の「虎ノ門三丁目交差点」の全景を撮影しました。国道1号線(桜田通り)も車の交通量は全くありませんでした。



1月の虎ノ門ヒルズ:虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワーとガーデンサイド棟 PART2

2019年07月20日 06時01分00秒 | 城南・港区全域


「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地南側に建っている「ガーデンハウス棟」前にやってきました。




「ガーデンハウス棟」前から、「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地の南西側一帯に広がっている虎ノ門三丁目地区のオフィスビル街を撮影しました。




「ガーデンハウス棟」の建物脇を通り抜けていきます。




北側から、「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の高層タワーマンションの再開発工事区画の敷地西側を通っている道路を撮影しました。周辺は、虎ノ門三丁目地区の市街地が広がっています。




北西側から「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の高層タワーマンションの再開発工事区画の全景を撮影しました。




「ガーデンハウス棟」の建物下から、「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地内に上がることが可能です。




北西側から「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の高層タワーマンションの鉄骨群の全景を撮影しました。




南西側から「虎ノ門ヒルズ森タワー」の高層オフィスビルの低層階部分を撮影しました。




南西側から「虎ノ門ヒルズ森タワー」の高層オフィスビルを見上げて撮影しました。




南側から、「虎ノ門ヒルズ森タワー」の敷地西側に整備されている「オーバル広場」の全景を撮影しました。




「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の高層タワーマンションの再開発工事区画の敷地西側を通っている道路を、南側へ向かって歩いていきます。




「NTT虎ノ門ビル」前から振り返って、「虎ノ門ヒルズ森タワー」方向を見渡して撮影しました。




南西側から「虎ノ門ヒルズ森タワー」の高層オフィスビルの全景を撮影しました。




「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の高層タワーマンションの再開発工事区画の敷地の南西角にやってきました。




「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の高層タワーマンションの再開発工事区画の敷地南側一帯に広がっている虎ノ門三丁目地区の住宅街を撮影しました。




西側から、「虎ノ門ヒルズレジデンシャルタワー」の高層タワーマンションの再開発工事区画の敷地の南側を通っている道路を撮影しました。