緑には、東京しかない

千葉県の東京寄りに住んでいる私「緑」が大好きな東京の散策写真のブログを作ります!!!

1月の霞が関:桜田門交差点・警視庁本部庁舎前から国会正門前交差点へ PART2

2021年04月16日 06時01分00秒 | 皇居周辺・城西


人通りが全くない「国会前庭」の緑地帯の南北庭園の間に整備されている枯れ木並木道を西側へ向かって歩いていくと、前方に国会議事堂の正門入口前に整備されている「国会正門前交差点」が見えて来ました。




南東側から、国会議事堂の正門入口前に整備されている「国会正門前交差点」の全景を撮影しました。国会議事堂の正門入口前も制服警察官の人が警備しているだけで人通りは全くありませんでした。




「国会正門前交差点」の横断歩道を渡って「国会議事堂」の正門入口前にやってきました。正門入口の南側に整備されている「衆議院正門入口」を撮影しました。




正門入口前から「国会議事堂」の建物を見渡して撮影しました。1936年(昭和11年)の11月に帝国議会議事堂として東京都千代田区永田町一丁目に建設されました。建物は左右対称形を成しており、正面に向かって左側に衆議院、右側に参議院(旧:貴族院)が配置されています。




国会議事堂を建設することが決定したのは1885年(明治18年)のことですが、官庁集中計画に多額の費用が掛かることから建設中止されたり、1891年(明治24年)の1月には仮議事堂が失火によって全焼するなど、現在の国会議事堂が完成するまで約50年掛かっています。




現在の国会議事堂は地上3階・地下1階建て、両翼21メートル、中央塔65メートルの規模の建物となっており、1920年1月に工事着工し1936年11月に完成していて、設計者は不明となっています。




正門入口の北側に整備されている「参議院正門入口」を撮影しました。国会議事堂中央玄関・参議院正玄関・衆議院正玄関の前には、玄関前庭と呼ばれる庭園および遊歩道が整備されています。




北西側から、「国会正門前交差点」前から「国会前庭」の南側に整備されている南側庭園の全景を撮影しました。江戸時代は西日本の有力大名である黒田氏や浅野氏の屋敷、明治期以降は有栖川宮邸を経て、霞ヶ関離宮となった場所でした。現在では和風を基調とした回遊式庭園になっています。




西側から、「国会正門前交差点」から東側(三宅坂下方向)へ向かって伸びている「国会前庭」の緑地帯の間に整備されている枯れ木並木道の全景を撮影しました。




南西側から、「国会正門前交差点」前から「国会前庭」の北側に整備されている北側庭園の全景を撮影しました。江戸時代の初期は熊本藩主の加藤清正の屋敷、次いで彦根藩井伊氏の上屋敷があったところであり、明治維新後は陸軍省や参謀本部の庁舎が建っていました。




「国会正門前交差点」から南側へ向かって伸びている通りの歩道を道なりに歩いていきます。これから「国会議事堂」の敷地南側を回り込んで歩いて「総理大臣官邸」の敷地前に向かいます。




西側から、「国会前庭」の緑地帯の敷地南側に整備されている南側庭園の全景を撮影しました。2021年1月2日のお正月の三箇日の早朝の時間帯だったので、周辺は人通りは全くありませんでした。




「国会正門前交差点」から南側へ向かって伸びている通りの歩道を道なりに歩いていくと、「国会議事堂」の敷地の南東角の交差点前にやってきました。




「国会議事堂」の敷地の南東角の交差点前から、「国会議事堂」の敷地南側に整備されている通りの歩道を西側(総理官邸前交差点方向)へ向かって歩いていきます。




「国会議事堂」の敷地南側に整備されている通りの歩道内から、南側一帯(港区の虎ノ門・赤坂地区内)に建ち並んでいる高層オフィスビル群を撮影しました。



1月の霞が関:桜田門交差点・警視庁本部庁舎前から国会正門前交差点へ PART1

2021年04月16日 06時00分00秒 | 皇居周辺・城西


「桜田門交差点」から西側(三宅坂下方向)へ向かって伸びている国道20号線(新宿通り)の歩道を道なりに歩いていきます。国道20号線(新宿通り)の真下には東京地下鉄有楽町線のトンネルが通っています。




人通りが全くない国道20号線(新宿通り)の歩道を西側へ向かって歩いていくと徐々に緩やかな上り坂地形となって来て、「国会前交差点」前にやってきました。これから「国会議事堂」の敷地前に向かって歩いていきます。




南東側から、国道20号線(新宿通り)の「国会前交差点」の全景を撮影しました。西進してきた国道20号線(新宿通り)は、この「国会前交差点」において北向きとなって「三宅坂」の上り坂を上っていくルートになっています。




南東側から、「国会前交差点」から北側へ向かって伸びている国道20号線(新宿通り)の「三宅坂」上り坂道をズームで撮影しました。正面の奥には、千代田区のの半蔵門・平河町地区の高層オフィスビル群が建ち並んでいるのが見えました。




南東側から、「国会前交差点」前から国会議事堂の敷地東側に広がっている「国会前庭・北側庭園」の緑地帯を見渡して撮影しました。戦前の時期までは陸軍省、教育総監部、陸軍航空総監部、参謀本部の庁舎群が建っていた場所だったのですが、現在は緑地帯として整備されています。




「国会前交差点」の横断歩道を渡って「国会議事堂」の敷地前に行こうと思ったのですが、横断歩道と信号機が撤去されていたので六本木通りを渡ることができません。仕方が無いので、六本木通りを南側へ向かって歩いていきます。




北東側から、「国会前交差点」前から「国会前庭・南側庭園」の緑地帯の全景を撮影しました。「国会前庭」は北側庭園と南側庭園の二つに分かれていて、北側が洋風庭園で南側が和風庭園として整備されています。




「六本木通り」の歩道を南側へ向かって歩いていくと「財務省上交差点」まで来てしまいました。この「財務省上交差点」の場所において横断歩道が整備されているので、ここを渡っていきます。「財務省上交差点」の周辺も人の気配は全くありませんでした。




「財務省上交差点」の横断歩道を渡っていきます。「国会前交差点」の横断歩道が撤去されていたり、この「財務省上交差点」の周辺も新しく再整備されていたりと、数年の間に改装工事が行われたみたいですね。




「財務省上交差点」から北側(国会前交差点方向)へ向かって伸びている「六本木通り」の下り坂道を撮影しました。




「財務省上交差点」から南側(溜池交差点方向)へ向かって伸びている「六本木通り」を撮影しました。財務省上交差点のそばには首都高速都心環状線の「霞が関出入口インターチェンジ」の出入口が整備されています。「六本木通り」内も車の交通量はほとんどありませんでした。




北西側から、「財務省上交差点」前から霞が関二丁目地区内に建っている「中央合同庁舎第3号館」の庁舎の全景を撮影しました。地上11階・地下2階建ての規模の建物であり1966年に完成しています。主に国土交通省(旧・建設省系)とその関連省庁が入居しています。




「国会前交差点」から更に西側へ向かって伸びている、「国会前庭」の南北庭園の間に整備されている枯れ木並木道を道なりに歩いて「国会議事堂」の正門入口前に向かいます。




「国会前庭」の南北庭園の間に整備されている枯れ木並木道内も、人通りも車の交通量も全くありませんでした。並木道の北側が「国会前庭・北庭園」、並木道の南側が「国会前庭・南庭園」が整備されています。




「国会前庭・南庭園」の入口を撮影しました。江戸時代のこの南庭園が整備されている場所は西日本の有力大名である黒田氏や浅野氏の屋敷が整備されていて、明治期以降は有栖川宮邸を経て霞ヶ関離宮となった場所でもありました。




南側から「国会前庭・北庭園」の緑地帯の全景を撮影しました。江戸時代の初期は熊本藩主の加藤清正の屋敷、次いで彦根藩井伊氏の上屋敷があった場所でした。明治維新後には当地は国有地となり、はじめ弾正台、のちに参謀本部・陸軍省が置かれた歴史的な経緯があります。



1月の霞が関:霞が関二丁目交差点から法務省赤レンガ棟前・桜田門交差点へ PART2

2021年04月15日 06時01分00秒 | 皇居周辺・城西


霞が関地区の中央省庁街の中を南北方向に通っている国道1号線(桜田通り)の歩道を北側(桜田門交差点方向)へ向かって歩いていきます。南西側から、霞が関一丁目地区内に建っている「中央合同庁舎第6号館赤レンガ棟」の建物の全景を撮影しました。




「中央合同庁舎第6号館赤レンガ棟」の敷地西側を通っている国道1号線(桜田通り)の周辺ですが、人通りも車の交通量も全くありませんでした。




北東側から「中央合同庁舎第2号館」の高層庁舎棟の全景を撮影しました。地上21階・地下4階建て、高さ100メートルの規模の建物であり2000年12月に完成しています。総務省本省のフロアを中核として、国家公安委員会や観光庁などの組織が建物内に入っています。




「中央合同庁舎第6号館赤レンガ棟」の正門入口の全景を撮影しました。「旧司法省」庁舎として1895年に竣工したドイツ・ネオバロック様式の歴史主義建築となっています。基本設計は建築顧問官を務めていたお雇い外国人のドイツ人建築家ヘルマン・エンデとヴィルヘルム・ベックマンで、実施設計と工事監理は河合浩蔵が行っています。




「中央合同庁舎第6号館赤レンガ棟」の正門入口前から北側へ向かって伸びている国道1号線(桜田通り)を撮影しました。前方には「桜田門交差点」が小さく見えて来ました。




「法務省旧本館」とも呼ばれている「中央合同庁舎第6号館赤レンガ棟」の建物ですが、現在は法務総合研究所本所・国立国会図書館支部法務図書館・法務史料展示室として使用されています。




人通りと車の交通庁が全くない国道1号線(桜田通り」の歩道を北側へ向かって歩いていくと、前方に「桜田門交差点」が見えて来ました。




国道1号線(桜田通り)から国道20号線(新宿通り)が分岐しているT字路になっている「桜田門交差点」前にやってきました。こちらも人通り全くない「桜田門交差点」の横断歩道を渡っていきます。




北東側から、「桜田門交差点」前から霞が関二丁目地区内に建っている「警視庁本部庁舎」の高層庁舎棟の全景を撮影しました。地上18階・地下4階建ての建物であり、1980年6月に完成しています。




南側から、国道1号線(桜田通り)の「桜田門交差点」の全景を撮影しました。交差点の敷地北側には旧江戸城(皇居外苑)の「桜田門」が整備されています。交差点の真下には東京地下鉄有楽町線の桜田門駅ホームが整備されています。




南側から、旧江戸城(皇居外苑)の「桜田門」の全景を撮影しました。「皇居外苑」の広大な緑地帯の敷地南側の入口としても活用されています。




北西側から、「桜田門交差点」前から「東京高等地方簡易裁判所合同庁舎 」の高層庁舎棟の建物を撮影しました。建物内には東京高等裁判所本庁・知的財産高等裁判所・東京地方裁判所本庁が入っています。




北西側から、「桜田門交差点」前から「中央合同庁舎第6号赤レンガ棟(法務省旧本館)」の建物の全景を撮影しました。法務総合研究所本所・国立国会図書館支部法務図書館・法務史料展示室が建物内に入っています。




「桜田門交差点」からは、西側へ向かって伸びている国道20号線(新宿通り)の歩道を道なりに歩いて永田町地区・国会議事堂方向へ向かって歩いていきます。




「警視庁本部庁舎」の敷地北側を通っている国道20号線(新宿通り)の歩道を道なりに歩いていきます。



1月の霞が関:霞が関二丁目交差点から法務省赤レンガ棟前・桜田門交差点へ PART1

2021年04月15日 06時00分00秒 | 皇居周辺・城西


「霞が関二丁目交差点」から北側(桜田門交差点方向)へ向かって伸びている国道1号線(桜田通り)の歩道を歩いていきます。東京地下鉄日比谷線の霞ヶ関駅のA10出口脇を通り抜けていきます。




霞が関一丁目地区内に建っている「中央合同庁舎第1号館・本館」の建物脇を通り抜けていきます。戦前の「旧海軍省」の建物が建っていた場所に建っている合同庁舎であり、農林水産省や水産省、林野庁の組織が建物内に入っています。




東側から、国道1号線(桜田通り)の歩道内から「外務省本庁舎」の建物群の全景を撮影しました。1960年完成の北庁舎、1970年完成の中央・南庁舎、1996年完成の新庁舎の3棟の建物群で構成されています。




南東側から、国道1号線(桜田通り)の歩道内から「中央合同庁舎第2号館本館」の高層庁舎の全景を撮影しました。地上21階・地下5階建て、高さ100メートルの規模の建物であり2000年12月に完成しています。




人通りも車の交通量も全くない国道1号線(桜田通り)の歩道を北側(桜田門交差点方向)へ向かって歩いていきます。




霞が関一丁目地区内に建っている「中央合同庁舎第1号館・本館」の建物脇を通り抜けていきます。前方に国道1号線(桜田通り)の「霞が関一丁目交差点」が見えて来ました。




南東側から、国道1号線(桜田通り)の「霞が関一丁目交差点」の全景を撮影しました。「中央合同庁舎第1号館・本館」の敷地の北西角に位置している交差点となっています。




北東側から、「霞が関一丁目交差点」前から霞が関二丁目地区内に建ち並んでいる「外務省本庁舎」の建物群の全景を撮影しました。




東側から、「霞が関一丁目交差点」から西側へ向かって伸びている「霞が関坂」の上り坂道の全景を撮影しました。中世の頃このあたりに関所が置かれていたと言われ、景勝の地として古歌にも歌われたものが多く、霞が関の名の起源となっています。




「霞が関一丁目交差点」の横断歩道を渡っていきます。「霞が関一丁目交差点」の北東側の一帯は「東京高等地方簡易裁判所合同庁舎」の高層庁舎棟の敷地が広がっています。




南西側から、「霞が関一丁目交差点」前から「東京高等地方簡易裁判所合同庁舎」の敷地を見渡して撮影しました。東京高等裁判所、知的財産高等裁判所、東京地方裁判所、東京簡易裁判所が入居する地上19階・地下3階建て、高さ92メートルの規模の合同庁舎となっています。




「東京高等地方簡易裁判所合同庁舎」の敷地前から振り返って、国道1号線(桜田通り)の「霞が関一丁目交差点」の全景を撮影しました。奥には「外務省本庁舎」の建物群が建ち並んでいるのが見えます。




「東京高等地方簡易裁判所合同庁舎」の正門入口脇を通り抜けていきます。有名人が起こした事件や、社会を騒がせた事件の裁判のニュースが報道される際には、この正門入口の様子がテレビに映ることがよくありますね。




南東側から、霞が関二丁目地区内に建っている「警視庁本部庁舎」の建物の全景を撮影しました。地上18階・地下4階建ての規模の建物であり、1980年6月に完成しています。




「東京高等地方簡易裁判所合同庁舎」の高層庁舎の敷地の北西角に整備されている入口脇を通り抜けていきます。



1月の霞が関:西幸門交差点から霞が関二丁目交差点・財務省本庁舎前へ PART2

2021年04月14日 06時01分00秒 | 皇居周辺・城西


国道1号線(桜田通り)の「霞が関二丁目交差点」の横断歩道を渡って、「財務省本庁舎」の建物の敷地前にやってきました。そばには東京地下鉄日比谷線の霞ヶ関駅のA13出口が整備されています。




「財務省本庁舎」の建物の敷地東側の正門入口前にやってきました。正門入口前から、南側一帯に広がっている港区の虎ノ門一丁目地区のオフィス街を撮影しました。正面には「東京虎ノ門グローバルスクエア」の高層オフィスビルが建っているのが見えます。




北西側から、正門入口前から霞が関一丁目地区内に建っている「日本郵政ビル」の建物の全景を撮影しました。 日本郵政株式会社・日本郵便株式会社・株式会社ゆうちょ銀行・株式会社かんぽ生命保険各社本社が建物内に入っています。




「財務省本庁舎」の建物の正門入口の全景を撮影しました。テレビで財政・金融関連のニュースが流れると、この「財務省本庁舎」の正門入口が映ることがあるので有名ですね。




正門入口の左側に設置されている「財務省」の銘板をズームで撮影しました。




正門入口の右側に設置されている「国税庁」の銘板をズームで撮影しました。2001年1月に行われた中央省庁再編によって、旧大蔵省から分離独立される形で誕生しています。




「財務省本庁舎」の建物の正門入口前から元来た道を引き返して、国道1号線(桜田通り)の歩道を北側(霞が関二丁目交差点方向)へ向かって歩いていきます。




「霞が関一丁目交差点」前に戻ってきました。南西側から、「霞が関一丁目交差点」から北側(桜田門交差点方向)へ向かって伸びている国道1号線(桜田通り)を撮影しました。




南西側から、「霞が関二丁目交差点」前から「中央合同庁舎第1号館本館」の建物群の全景を撮影しました。1954年に本館が落成し、続いて北別館は1964年に落成し、別館が1965年に落成しています。農林水産省と水産省、林野庁が建物内に入っています。




南西側から、「霞が関二丁目交差点」前から霞が関一丁目地区内に建っている「東京高等地方簡易裁判所合同庁舎」の高層庁舎ビルを撮影しました。地上19階・地下3階建て、高さ100メートルの規模の建物であり1984年4月に完成しています。




南西側から、「霞が関二丁目交差点」前から霞が関一丁目地区内に建っている「中央合同庁舎第5号館・本館別館」の建物群の全景を撮影しました。




「霞が関二丁目交差点」から西側(国会議事堂方向)へ向かって伸びている「国会通り」を撮影しました。「霞が関一丁目交差点」から西側へ向かって緩やかな上り坂道の地形となっています。




北西側から、「外務省本庁舎」の敷地前から振り返って「霞が関二丁目交差点」の全景を撮影しました。普段の平日は多くの車や歩行者が行きかっているこの場所ですが、お正月の三箇日の早朝だったので閑散としていました。




北西側から、「外務省本庁舎」の敷地前から「経済産業省創業庁舎」の高層庁舎ビルの全景を撮影しました。経済産業省の本省と外局単体だけで巨大な高層庁舎ビルの全部を使っていることになりますね。




南西側から、霞が関三丁目地区内に建っている「霞が関コモンゲート・文部科学省本部庁舎」の高層オフィスビル群の全景を撮影しました。地上33階・地下2階建て、高さ156メートルのA棟、地上38階・地下3階建て、高さ178メートルのB棟の2棟で構成されています。