大阪、京都、神戸など関西の歴史と名所を再発見するブログ
ROSSさんの大阪ハクナマタタ



原敬は、総理大臣となったあとも爵位を辞退し続け、ついに「平民宰相」というニックネームで呼ばれた人物でしたが、岳父(妻の父)の中井弘(ひろむ18391894年)から大きな影響を受けていたようです。カルガモのひな鳥の写真と一緒に中井弘を紹介しましょう。

中井は、明治17年(1884年)に制定された華族令(公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵の爵位授与)に苦言を呈し続け、爵位を受けなかった人物としても知られています。

明治27年(1894年)京都府知事の任期中に中井弘は逝去、明治天皇記は「京都府知事正三位勲二等 中井弘薨ず。その維新前後国事に尽力し、外国事務に鞅掌(おうしょう)し(意味・忙しく働くこと)、ついで工部大書記官・滋賀県知事・元老院議官・貴族院議員等に歴任して原官(京都府知事)に至る」

「その多年の奉職勤務を嘉(よみ)し(意味・ほめたたえ)、特旨を以って祭資金千円((当時の小学校教員や巡査の初任給は月に8~9円))を賜ふ、十三日その葬送に際し、勅使として主殿助(とのものすけ)宇田(うだ)淵をその邸に差し遣わし、白絹二匹を賜ふ」

逝去に当たって勅使が遣わされたのは、中井弘が明治天皇からも評価されていた人物だったからでしょう。

幕末から明治初期にかけ、坂本竜馬、大久保利通、木戸孝允などと親密な交流があった中井弘は、ユーモアにあふれた巧みな話術の持ち主で、人を楽しませ、富貴功名を求めることなく淡々と日々を過すという生き方を貫き通した生涯でした。

明治天皇記の「維新前後国事に尽力し、外国事務に鞅掌」とは、パークス事件の際に中井がとった行動などを指すのでしょうが、英国公使を襲ったテロリストと真剣で勝負し、最後にテロリストを殺してその首を刎ねた行為は、当時の政官界で広く知られていて、皆から一目置かれていたようです。

また中井は、物事の黒白をすぐ決めたがったり、しゃかりきになって善悪を問うというような狭量さからは抜け出した人物でした。

明治維新史にはあまり登場しない中井弘ですが、その人物を改めて評価する必要があると思います。

参考文献:明治の元勲に最も頼られた名参謀 中井桜洲 屋敷茂雄著



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月の大阪で見ることができる(近所にいる)野鳥を紹介しましょう。・・・コサギ

コサギが魚の大物を飲み込もうとしていますね。

大物を飲み込んで腹いっぱいのコサギ

こちらはコサギよりも大きいアオサギ

ハクセキレイ

ハクセキレイが飛びたつ瞬間です。

カワラヒワ

足が異常に長いセッカ。鳴き声に特徴があります。

すっと立つコサギ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




パークス事件(1868年)で活躍した中井弘(ひろむ1839~1894年)のことを、近所で大きくなっているケリの幼鳥の写真と一緒にもう少し紹介しましょう。・・・ケリの親鳥

明治がはじまる直前の1868年1月、神戸事件をきっかけに新政府から外国事務局御用掛に任命されたのは、伊藤博文(数え年28歳以下同じ)、井上馨(33歳)、寺島宗則(37歳)、五代才助(33歳)、中井弘(31歳)と陸奥宗光(25歳)の6名、大隈重信(31歳)はそれから3か月も遅れで任命された後輩です。・・・ケリの幼鳥

王政復古後の岩倉具視が外国との交渉に欠かせない優秀な人材として任命した7名のメンバーの中で後に爵位を受けなかったのは中井だけなので(早世した五代を除く)、記録にはありませんが中井は爵位を固辞したと考えられています。・・・幼鳥が三羽

薩摩藩士だった中井弘は、若くして藩を出て土佐の後藤象二郎や坂本竜馬などと交流、中井が英国に留学できたのも後藤の支援があったからという説があります。

従ってパークス事件(1868年)の際、中井と後藤の二人が揃っていたのは偶然ではなく、気心の知れた同士がペアでパークス公使の接待役を務めていたということでしょう。

ところで平民宰相として有名な原敬(1856~1921年)が外務省に入省(1882年)したのは、当時外務省御用掛だった中井弘の誘いがあったからで、また原が結婚した相手は、中井弘の娘(貞)でした。(二人は中井弘の死後に離婚)

原敬(満27歳)の結婚式(1883年)には、中井の友人として山縣有朋参議、井上馨参議兼外務卿、吉田外務大輔(次官)など、錚々たるメンバーが出席、若き原敬は、明治政府の大物達の知遇を得て出世の糸口をつかむのです。

原敬は、岳父の友人だった陸奥宗光の引きで外務省で出世してゆきますが、陸奥の死後に外務省を退官して政界に進出、大正7年(1918年)には総理大臣となっています。

原敬が、何度も打診された爵位の受け取りを固辞し続けたのは、尊敬する岳父(中井弘)の影響があったと考えるべきでしょう。

参考文献:明治の元勲に最も頼られた名参謀 中井桜洲 屋敷茂雄著



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




以前は飛行機に乗ると、離陸前にCA(キャビンアテンダント=スチュワーデス)から「携帯電話やデジタルカメラ等のすべての電子機器の電源をお切り下さい」という注意を聞かされていましたが、最近そのアナウンスが無くなっています。

実は2014年(平成26年)9月に規制が緩和され、デジタルカメラでの撮影ができるようになっていたのです。御存じない方もいるかもしれないので、伊丹から高知まで乗ったボンバルディアDHC8-Q400型機の離着陸写真と一緒に紹介しましょう。

国土交通省のHPを見ると<携帯電話やデジタルカメラ等の電子機器は、従来航空機の安全な運航に支障を及ぼすおそれがあるため、航空法に基づく告示で航空機内での使用を制限されていました「航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれのある電子機器等を定める告示」(平成15年国土交通省告示第1346号)>

<このたび、欧米において航空機内における電子機器の使用に関する方針が変更されたこと等を踏まえて、航空機の安全な運航を確保しつつ、旅客の利便性を向上させるため、この制限を見直し、2014年91日から使用の制限を緩和いたします>

<主な見直し点は、電子機器から発射される電波に対する航空機の耐性に応じて航空機を区分し、その区分ごとに使用可能な電子機器と時間帯を拡大します>

それまでは、飛行機が上空を安定飛行している間だけデジタルカメラでの撮影が許可されていましたが、今回の緩和でデジタルカメラ撮影は、ヘリコプター等を除いて大型機、小型機ともに常時(離着陸時も)使用制限はなしとなりました。従って(シャッター音などで)他の乗客に迷惑とならない限り、今回のような写真は自由に撮影できるのです。

但し、航空機外の通信設備と無線通信を行う電子機器(携帯電話、PHS、スマホ、タブレット端末、電子ゲーム機、パソコン、モバイルWi-Fiルーター)は、引き続き使用禁止となっています。

しかし <着陸の後、滑走路を離脱し誘導路に入った時注)から、全ての電子機器が使用可能となります。 注)誘導路がない空港については、着陸の後の滑走が終了し駐機場に向かった時>

とあるので、携帯電話、PHS、スマホ、タブレット端末、電子ゲーム機、パソコン、モバイルWi-Fiルーターでも着陸の後、滑走路を離脱し誘導路に入った時からは使用ができるよう制限が緩和されています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




野生のカルガモのひな鳥は警戒心が強く、近くに寄って写真を撮るのは難しいのですが、近所のカルガモは例外でした。

何と、このくらいまで近づいて撮影させてくれました。

これ以上近づくと、ヒナが口を開けて威嚇してきます。

こちらもヒナが威嚇しているところ。この口で噛みつかれてもたぶん痛くないでしょうね。

人に馴れてきたせいか、威嚇行為が無くなったので、顔の拡大写真を撮ってみました。

これもカルガモのヒナ鳥の顔の拡大写真です。

手前の個体にピントが合っているようです。眼の両側を通過するこげ茶色の過眼線の形状が1羽つづ違うので個体識別に使えそうです。

今回最大ズームで撮影した写真。

これくらいまでズーミングすると、なかなかピントが合いませんね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ケリの棲みかに近づくと、親鳥がけたたましく鳴きながらスクランブル発進

親鳥は飛び続けるのではなく、ときどき休憩のため地上に下りてきます。地上での姿もなかなか美しい野鳥ですね。

ケリの幼鳥は、人の姿が見えて親の警戒する声が聞こえると急いで草むらに駆け込みます。

幼鳥は蔦の葉が茂った中に隠れ頭だけ出しています。こうなると幼鳥を見つけるのが大変です。

この写真では幼鳥は2羽ですが。

実はこの翌日に撮った写真には3羽の幼鳥が写っていました。

体ぼ大きさは、ほとんど成鳥と同じくらいだと思います。

こちらを見て、口を開けて威嚇しています。

このままちゃんと巣だって欲しいものですね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




イギリス外交官アーネスト・サトウ(1843~1929年)は、明治15年(1882年)まで日本で勤務、そのあとバンコク総領事、バンコク公使、ウルグアイやモロッコでの勤務を経て、明治28年(1895年)日清戦争後の東京にイギリス公使として再度赴任しています。

その後清国イギリス公使を務め、明治39年(1906年)45年間に渡る外交官生活に終止符を打って帰国、母国イギリスで23年間もの長い引退生活を送って亡くなっています。・・・カルガモの親子

そのサトウの著書にある1868年のパークス事件は前回紹介しましたが、徳富蘇峰も著書「近世日本国民史」にそれを書いていますのでカルガモのひな鳥と一緒に紹介しましょう。<・・・>がその引用・・・カルガモの翼鏡部

<(中略)道路狭隘、転折(Uターン)するの余地無ければ、パークス公使を始め後藤象二郎(土佐藩士・当時30歳)等も道路の混雑何事なるを知らず。中井弘(鹿児島藩士・29歳)は最初前導(先導)に在りて、はるかに後列の変を見やるに、一人の暴徒が列を衝き、すでに騎兵を斬りし体にて>・・・左のひな鳥がまだ短い翼を広げていますね。

<なお白刃を持って襲撃せんと進み来れば、(中井)あわやと驚き急に馬上から飛び降り、佩刀を抜きかざし、飛鳥の如く馳せ返り撃斥けんとするに、暴徒抵抗し、中井に立ち向かいて烈戦す>・・・中央のひな鳥も翼を広げています。

<中井と等しく真っ先に前導せし土肥真一郎、宇都宮靭負の両官吏はこの急変に狼狽し、中井の危機を援けんとはせず、(中略)駆け出して三条大橋の方に至る>・・・右のひな鳥の翼

行列の真っ先にいた土肥真一郎(宇和島藩士・当時30歳)と宇都宮靭負が本来の護衛者で、英国留学経験のある中井は外国事務局接待役であり、警護の役目では無かったのです。・・・ひな鳥達は、かなり寛いでいますね。

土肥真一郎、宇都宮靭負という要人警護のシークレットサービスが逃げてしまい、代わって外務省高官(中井)が真剣を抜いて戦い、暴漢を制圧したのです。これで命を救われたパークスが中井と後藤を激賞した理由が判ります。・・・1羽だけクローズアップしてみました。

ところで土肥真一郎とは、後に第七代大阪商工会議所の会頭を務めることになる土居通夫のことで、彼の伝記「土居通夫君伝」には、土居は田宮流剣法の免許皆伝だったとあるので、逃げた理由は何だったのでしょうか。・・・この2羽はとうとう熟睡モードに突入です。

参考文献:明治の元勲に最も頼られた名参謀 中井桜洲 屋敷茂雄著



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




高知空港から伊丹空港までの飛行機から見た松原市にある大塚山古墳です。その上の高架道路は中央環状線

次に見えてきたのは羽曳野市から藤井寺市に広がる古市古墳群です。一部は天皇陵として比定されているものの、歴史的に証明出来ている訳ではありません。

飛行機が古市古墳群最大の誉田山古墳(応神天皇陵)の上を通過。

古市古墳群のすぐ北側には大和川が流れています。下の写真で湾曲部の先端(上部)が直線となっているのは江戸時代に川を付け替えたため。

生駒山系の西麓に広がるのは東大阪市です。

飛行機はさらに高度を下げ、森ノ宮駅の上空にさしかかりました。右側の緑地は大阪城公園です。

大阪ビジネスパークの横を通過

天神橋筋6丁目の上空から梅田、中之島方向の景観です。

淀川上空からの大阪梅田付近の超高層ビル群。ここまでくると伊丹着陸はもうすぐです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日から紹介している近所の池のカルガモのヒナ達ですが、かわいいので今回も再登場してもらいましょう。

ヒナ鳥達は、池の中にあるオイルフェンスのような浮きの上で休むようです。

最初に親鳥が浮きに上り、ヒナ鳥達もあとに続きます。

5羽すべてが不安定な浮きの上によじ登りました。

浮きの上で兄弟揃っての一休みです。

もうすこしズームアップしてみましょう。

浮きが揺れるので、左のヒナは短い翼を広げてバランスを取っています。

ひな鳥と親鳥

もっとズーミングしてみました。ヒナ鳥はズームアップするほど可愛く見えますね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




高知空港を離陸した飛行機は、徳島県の東部海岸をかすめ和歌山市方向に飛び続けていました。

途中に見えたのは中央が阿南市小勝島の四国電力橘湾発電所の煙突。その右上が四国電力阿南発電所の煙突でしょう。

さて、飛行機は和歌山市上空にさしかかりました。左が新日鉄住金の和歌山製鉄所、紀ノ川の下に和歌山城も見えています。

飛行機は和歌山市を過ぎ、大阪府岬町と阪南市の上空へ。半島の先端には友ヶ島も何とか見えているようです。

いよいよ関西空港とその対岸が見えてきました。中央の川は樫井川でしょう。

泉南市上空から見た関空です。

貝塚市の二色の浜産業団地埋め立て地とその右が貝塚港。阪神高速湾岸線もよく見えています。

下の緑地は和泉市の自衛隊演習地、右の大きな池が大野池。上部左から中央の埋め立て地は和泉大津市。右の埋め立て地は高石市

東側上空から見た堺市の百舌鳥古墳群です。上部左が履中天皇陵大仙公園をはさんで右に仁徳天皇陵。中央部は、にさんざい古墳でしょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




幕末から明治にかけての日本に約25年間もいて、当時の日本をつぶさに見たのはイギリス外交官にアーネスト・サトウ(Ernest・Satow1843~1929年)です。

萩原延寿氏は、Satowをセイトウと発音するのか、サトウと言うのかについて1971年に英国で調査、アーネスト・サトウの実弟子孫から、この一族ではサトウと呼ぶのが正しいことを明らかにしています。

さて、そのサトウ(佐藤ではありません)の著書「一外交官から見た明治維新」に、1868年のパークス事件の全容が描かれていますので近所のカルガモ親子の写真と一緒に紹介しましょう。<・・・>が引用

<我々は、知恩院を出発して一路皇居に向かった。騎馬護衛兵が行列を先導し、英国警視ピ-コックと中井弘(当時29歳)がその先頭に立った>

<そのあとからハリー・パークス卿(当時40歳)と後藤象二郎(30歳)、私(サトウ・24歳)とブラッドショー中尉、それから英国第九連隊第二大隊の分遣隊、そのあとからウィリス、エンスリー、ミッドフォードと海軍士官5名という順序だった>

<知恩院の正門に向かっている縄手という往来をその端まで行き、ちょうど騎馬護衛兵の最後の者が角を右に曲がろうとした途端、往来の向こうから二人の男(朱雀と三枝)がおどり出し、抜刀を振りかぶりながら人馬目掛けて襲い掛かった>

<そして列に沿って走りながら、狂気のように斬りまくった。中井はそれを見るや馬から飛び降り、列の右手の男と渡り合ったが、相手(朱雀)は相当手ごわく、斬り合ううちに長いだぶだぶした袴が足にからんで(中井が)仰向きに倒れた>

<敵は中井の首をたたき斬ろうとしたが、中井はわずかに頭皮にかすり傷を受けただけで、危うく太刀先をかわし、同時に刀の切っ先を相手の胸に突き刺した>

<これにひるんだ男(朱雀)がその背中を向けた時、(パークスと並んで後方にいた)後藤象二郎(当時30歳)が駆けつけてきて肩に一太刀あびせたので、そのまま地上にぶっ倒れた。そこに中井が飛び起きて、(朱雀の)首を打ち落とした>

現場にいて一部始終を見ていたイギリス人が書き残した文章なのでさすがに迫力があります。

参考文献:明治の元勲に最も頼られた名参謀 中井桜洲 屋敷茂雄著



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日、高知空港から大阪伊丹空港までの空の旅を楽しみましたので、その様子を紹介しましょう。・・・高知空港離陸直前の滑走路

全日空ボーイング737-500型機が離陸しました。直下の川は物部川

香南市のポートマリーナです。

高知空港の東に広がる香南市の田園地帯

右下は、土佐くろしお鉄道の「あかおか」駅とその前の港です。

左上の山は月見山、右の川が夜須川、海岸沿いを土佐くろしお鉄道が通っています。

飛行機は高度を上げ、いよいよ高知県と徳島県にまたがる四国山地を縦断します。

 

いきなり見えてきた島は、徳島県海部郡牟岐町JR四国鯖瀬駅の沖にある無人島の大島でしょう。

左手の集落はJR四国木岐駅周辺、中央の砂浜は田井ノ浜海水浴場、右はJR四国由岐駅周辺、飛行機はここから紀伊水道を横断して和歌山に向かいます。

つづく



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日、ケリが住みついている空き地の近の池をふと見ると、カルガモが5羽のヒナをつれて泳いでいるではありませんか。

孵化から間もない小さなヒナ鳥達は、親に遅れないように必死で足を動かしていました。

ときには親鳥の前に勢ぞろいもしますが、親から遠く離れることはありません。

ヒナ鳥たちは、水面を軽快に泳ぎながら親鳥と一緒に護岸の藻や昆虫などを食べています。

このカルガモの親鳥は、近所の空き地で産卵し、そこで孵化させたヒナ鳥達をこの池に連れてきたのではないでしょうか。

去年、この池で成鳥となったカルガモのヒナは僅か1羽だけなので、これから厳しい生存競争が待っているのでしょう。

カルガモ達の天敵は、猛禽類(ハヤブサなど)やカラスなど。彼らも生きることに必死なのでカルガモのヒナが襲われるのも仕方ありません。

しかし、大阪市内にある池でも野鳥のヒナの生育を見ることができるのは、大阪の自然が豊かということなのでしょう。

これから幾多の試練に直面するでしょうが、なんとか5羽とも生き伸びて欲しいものです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




近所の空き地を通ると、必ず威嚇飛行をしてくるケリ(大阪府レッドリストの準絶滅危惧類)がいます。・・・ということは、その近くにヒナもいるはずです。

そこで、最初にケリを見かけてから3週間ほど経過した朝、ヒナを探しに空き地に行ってきました。・・・草の間に隠れているケリの幼鳥

こちらを見つけたケリの両親は、いつのもようにスクランブル発進してきて、キキッ、キキッ、キキキッ、キキキッ、と煩いこと煩いこと。

それを無視し、ケリ親がいつも飛び立つ場所からやや離れたくさむらを根気よく探してみました。・・・珍しく全身を見せてくれたケリの幼鳥

すると、もう幼鳥と呼ぶほどに成長しているケリが2羽いるではありませんか。

親鳥からの警戒信号(キキキッ、キキキッ、キキキッ、キキキッ)が出ている間、幼鳥は草の中でじっと身を潜めているようです。

草に隠れ、じっとしている幼鳥を探すのはかなり難易度の高い作業ですが、少しでも動けば発見できるので、幼鳥が動き出すまでじっと待つ忍耐力が勝負となります。幼鳥は成鳥と比べると足の長さが短く、目の色が茶色。

キキキッ、キキキッ、キキッ、キキッと鳴く親鳥は、連続飛行がシンドイのか、幼鳥のいる空地に隣接する別の空地に何度も着陸を繰り返し、幼鳥の近くに着地することはありませんでした。・・・成鳥は足が長く、眼はオレンジ色

派手な鳴き声と体色で目立つ親鳥が近くに着陸すると、幼鳥の在り処を天敵に教えることになるからでしょう。この空地には水場がないので幼鳥達の水分補給は大丈夫なのか心配です。・・・これは珍しく草むらから出て全身を見せてくれた幼鳥



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




慶応4年2月30日(1868年3月23日)英国パークス(当時40歳・1828~1885年)公使一行が暴徒2名に襲撃された事件の続きを近所で見かける7月の野鳥と一緒に紹介しましょう。・・・ケリ

このとき元薩摩藩士・中井弘(29歳・1839~1894年)が直ちに暴徒の一人(朱雀操)の面を斬り、朱雀も屈せず中井の頭部を傷つけますが、すぐに土佐藩士・後藤象二郎(30歳・1838~1897年)が刀を抜いて駆けつけて朱雀の肩を袈裟がけに切り、ひるんだ朱雀の首を負傷した中井が刎ねています。

もう一人の暴徒(三枝蓊)は、パークスに向かって駆けようとしますが、持っていた刀が何かに当たって折れたために途中から逃走、それを英国兵士が銃撃したことで足に銃創を受けた三枝は捕まっています。

事件はこれで終わったのですが、大英帝国の威信を誇った行列はめちゃくちゃとなり、誇り高き外交官パークス公使は烈火のごとく怒って直ちに宿舎の知恩院に戻っています。・・・コチドリ

パークスは、英国の武力をかさに着てアジア人を威圧してきた人物(アロー号事件から第二次アヘン戦争を引き起こした張本人)でしたが、中井が自ら傷つきながら暴徒を制したことと、日本側が英人負傷者を速やかに救護したことはその怒りを和らげたようです。・・・カワラヒワ

直後に事件の報告を受けた伊藤博文は、事件のことに触れず、先に到着していたフランス公使ロッシュとオランダ公使だけを天皇に謁見させています。・・・ムクドリ

後から事件を知ったロッシュは急いでパークスの宿舎を訪ね、日本政府を威嚇して賠償金を取ろうという共同作戦を提案しますが、パークスは中井弘が傷つきながらも暴徒を制圧、大事に至らないようにした功績は見事であったと、ロッシュの提案を拒否しています。・・・ムクドリの幼鳥

しかしパークスは、日本側に暴徒への厳しい処置だけはしっかりと要求したため、捕えられた三枝蓊は、士籍を削られて斬首となり、朱雀操の首と一緒に3日間も粟田口に梟首されたのです。・・・カルガモ

パークスは、慶応4年3月3日に改めて天皇謁見となりましたが、パークスが参内する道路は暴徒が近づけないよう、すべて通行止めという処置がとられています。また後に中井と後藤はパークスらを救った功績で大英帝国ビクトリア女王から宝刀を贈られ、中井の宝刀は今も京都国立博物館に所蔵されています。・・・カルガモの眼

参考文献:要約近世日本国民史 徳富蘇峰原著、荒川久寿男著



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ