メカロクの写真日記 3

花/虫/鳥 を 中心に据えた 写真日記で 「メカロクの写真日記 2」 の 後継ブログです

写真展のご案内 <OZC 湘南支部 写真展>

2017年12月27日 | 予告/速報/案内


今年度も、次の通り、「オリンパス ズイコークラブ 湘南支部 写真展」が開催されますが、今回年も会場の都合で新年早々の開催になります。
お近くの方、ご都合がつくようでしたら、是非ご覧ください。
 開催期間:2018年1月4日(木)~8日(月)
 開場時間:9:30~16:50
  *初日は 13:00~16:50 最終日は 9:30~15:00 です。
 会場:平塚市美術館 市民アートギャラリーA室
    (今年も大きい方「A室」です/ここは入場無料です)
  所在地:神奈川県平塚市西八幡1-3-3 Tel:0463-35-2111
  近隣地図:下図をご覧ください(この地図も、クリックで大きくできます)
   
  *車でお越しの際には、駐車場入り口の無人機で駐車券を受け取り、
   お帰りの際に、美術館の受付に提示して頂ければ、無料で駐車できる筈です。
   ・変更になった可能性もないではないですが、昨年度は、こんなシステムでした。

  (180104) 申し訳ありません 
    駐車場が、今日から有料になりました。

    施設をご利用(写真展でも OK)になれば 1時間は無料ですが それ以降は
    200円/時間(4時間までは 100円/30 分)で 最大料金は 1200 円です
    詳しくは、3行下のリンク先をご覧ください。

  *バス乗り場については、現地で再確認してください。
  *徒歩・タクシー・バス・車での詳しいアクセス方法は、次をご覧ください。
   http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/info1.html

私の当番日は1月5日(金)と7日(日)で、この2日間は終日会場に居る予定ですし、当番日でない日も、初日の4日(木)は終日、最終日の8日(月)は少なくとも 13:00 頃以降は会場に居る心算です。
これ以外の日時にご足労頂ける場合は、ここのコメント欄/ここの右欄最下段の「メッセージを送る」/電子メールなどで、日時をご連絡ください。
ご指定日時には、できる限り会場に居るようにいたします。

私の出展写真の素材は、このブログにも既にアップした5点ですが、全てを再現像していますし、ご
覧頂くサイズも異なります(自由の部:A3ノビ変形/課題の部:四切変形/何れもアスペクト比
4:3 または 1:1)し、モニタとプリントという大きな違いもありますので、展示品と、今までにご覧頂いたものとでは、印象がかなり異なる筈です。

<課題の部> 課題:あゆみ
 1枚目
  キャプション:カメラの進化と撮り手の精進で 写真が変わる? <深度合成>
   *キャプションは、今年度も撮影者自身が作ることになりました。
  調布・野川公園 170918
  ヒガンバナ(彼岸花/石蒜/カミソリバナ/シビトバナ/トウロウバナ/曼珠沙華/曼殊沙華/
   捨子花/天蓋花)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F4.5>
  「深度合成」モードで撮影した8枚の内、前から6枚の RAW を [SILKYPIX Developer Studio
   Pro 8]で現像してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理して、
   「PyramidWeightedAverage」で合成後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 8] で再現像。


 2枚目
  キャプション:カメラの進化と撮り手の精進で 写真が変わる? <プロキャプチャー/7枚合成>
  長野県箕輪町・信州伊那高原・赤そばの里 171003
  飛翔 <アキアカネ(秋茜)? & ノシメトンボ(熨斗目蜻蛉) ?>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  「深度合成」モードではなく、「ProCap H」(30fps)モードでの撮影分の内の11コマの RAW から
   1・2・3・5・7・9・11コマ目の7枚を選んで [SILKYPIX Developer Studio Pro 8] で現像して
   から、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理して、
   「PyramidMakimumContrast」で合成後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 8] で再現像。


<自由の部> 画題:不思議を紡ぐ <深度合成 習作-3> (3枚組写真)
 1枚目(左)
  葉山町 170606
  ハンミョウ(斑猫/斑?)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14(1.4 倍テレコン) <420mm/F8.0>
  「深度合成」モード/フォーカスステップ5
  「深度合成」モードで撮影した8枚の内前から7枚の RAW を [SILKYPIX Developer Studio
   Pro 8] で現像してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理して、
   「PyramidWeightedAverage」で合成後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 8] で再現像。


 2枚目(中)
  長野県茅野市・麦草苑地 170817
  水滴 <イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F5.6>
  「深度合成」モード/フォーカスステップ5
  「深度合成」モードで撮影した8枚の内前から7枚の JPEG(*1)を [SILKYPIX Developer Studio
   Pro 8] で現像してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理して、
   「PyramidWeightedAverage」で合成後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 8] で再現像。
    *1:撮影時の設定ミスで、RAW ファイルが保存されていなかった(汗)


 3枚目(右)
  茅ヶ崎・浄見寺周辺 161003
  風車
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F4.5>
  「深度合成」モード/フォーカスステップ2
  カメラ内「深度合成」画像(JPEG/*2)を[SILKYPIX Developer Studio Pro 8] で再現像。
   *2:[CombineZP] で合成して見たら、カメラ内「深度合成」画像とは全く別物になってしまった
    ので、仕方なくカメラ内「深度合成」画像を再現像した(涙)
コメント (2)

写真展のお知らせ <茅ヶ崎市民文化祭>

2017年11月27日 | 予告/速報/案内
ご案内が遅くなりましたが、今年の秋も、「鶴嶺写真クラブ」を通じて、「茅ヶ崎市民文化祭」の「写真展」に出展いたします。
 *開催期間:12月1日(金)~3日(日)
 *開催時間:9:00~17:00 <最終日は 16:00 まで>
 *開催場所:茅ヶ崎市民ギャラリー(茅ヶ崎市元町1-1 ネスパ茅ヶ崎 4階)
  ・今年は市民文化会館が改装工事中のため、市民ギャラリーで開催されます。
   ご注意ください。
  ・アクセスは、こちら
   判り難い地図ですが、茅ヶ崎駅ビルの西隣で、「7」を丸で囲んだ表示のある建物の4階
   (1階は長谷川書店)です。
   建物の外観は、こちら
 *他の写真クラブのメンバーの作品は勿論、クラブに所属しない市民の作品も展示されます。

今年は会場の関係で、一人1点に制限されていて、規模は例年より小さくなっていますが、お近くの方、ご都合がつくようでしたら、ご覧ください。

私の出展写真は次の通りです。

「木漏れ日」
  山梨県立フラワーセンター「ハイジの村」 171005
  ヒガンバナ(彼岸花/石蒜/カミソリバナ/シビトバナ/トウロウバナ/曼珠沙華/
   曼殊沙華/捨子花/天蓋花)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F4.5>
  「深度合成」/フォーカスステップ2
このブログにも既にアップしたものですが、出展写真は、カメラ内「深度合成」ではなく、「深度合成」モードで撮影した8枚の RAW を [SILKYPIX Developer Studio Pro 8] で現像(出力:TIFF)してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理し、「PyramidWeightedAverage」 で合成(出力:JPEG)後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 8] で TIFF に変換してから再現像(再調整/出力:TIFF)しています。
コメント

171002-04_秋の甲信撮影行-0 <速報>

2017年10月13日 | 予告/速報/案内
「「秋の甲信撮影行」に 出掛けます」の通り、10月1日(日)の午後4時頃から5日(木)の夜までの4泊4日で、恒例の「秋の甲信撮影行」に出掛けました。

実際の行程は、麦草苑地での撮影を見送って白駒池に急いだことと、レストハウス「ふるさと」では今回も撮影できなかったこと以外はほぼ予定通りで、次のようなものになりました。
 10/1:茅ヶ崎 → 山梨県北杜市・長坂オオムラサキ自然公園(泊)
 10/2 長坂オオムラサキ自然公園 → 北杜市・白州・尾白の森名水公園「べるが」 →
    長野県富士見町・井戸尻史跡公園 → 富士見町・道の駅「信州蔦木宿」(泊)
 10/3:井戸尻史跡公園 → 箕輪町・信州伊那高原・赤そばの里 → 茅野市・河童の湯(入浴) →
    茅野市・麦草峠駐車場(泊)
 10/4:小海町・白駒池 → (移動中も所々で撮影) → 小海町・松原湖 →
    山梨県北杜市・道の駅「にらさき」(泊)
 10/5:北杜市・明野ひまわり畑周辺 →北杜市・山梨県立フラワーセンター「ハイジの村」 →
    茅ヶ崎

出発から帰宅までの総所用時間は約 99 時間、走行距離は約 540 kmでした。

撮影数については、1回のレリーズで複数枚の画像が保存される「深度合成」撮影や「プロキャプチャー」撮影が多かっため、今回は少し詳細に分析して見ました。
  *PC に取り込んで、移動中に不用意にレリーズしたなどの明らかな失敗作や音声ファイルを
   削除後に、フォルダーのプロパティなどで調査。
 A.総合計
  A-1.ファイル名(*1)総数:10,452
   *1:同じファイル番号の RAW と JPEG を合わせて「1」とカウントし、JPEG のみの場合は
    JPEG のみで「1」とカウントする。
  A-2.ファイル総数:20,051
 B.「深度合成」撮影
  B-1.合成ファイル数:853(他にカメラ内合成失敗回数:13)
  B-2.ブラケットファイル名数:6,928
  B-3.ブラケットファイル数:13,856
  B-4:合計ファイル名数:[B-1]+[B2]=7,781(全体の 74.4%)
  B-5:合計ファイル数:[B-1]+[B3]=14,709(全体の 73.4%)
  B-6:レリーズ数(*2):[B-1]+[カメラ内合成失敗回数]=866(全体の 58.0%)
   *2:シャッターボタンを押した回数。
    ・通常撮影では RAW と JPEG の2枚が同じファイル名で保存されるが、「深度合成」モード
     では ブラケット分は同名の RAW/JPEG 各8個、合成分は JPEG 1個のファイルが
     保存される。
 C.「プロキャプチャー」撮影
  C-1.ファイル名数:2,130(全体の 20.4%)
  C-2.ファイル数:4,260(全体の 21.2%)
  C-3.レリーズ数(*3):85 程度(全体の 5.7%)
   *3:「プロキャプチャー」撮影1回で 20~30 コマ撮れるので、[C-1]/25 とした。
 D.通常撮影
  D-1.ファイル名数:[A-1]-[B-4]-[C-1]=541(全体の 5.2%)
  D-2.ファイル数:[A-2]-[B-5]-[C-2]=1,082(全体の 5.4%)
  D-3.レリーズ数(=ファイル名数):541(全体の 36.3%)
 E.レリーズ総数:[B-6]+[C-3]+[D-3]=1,492 程度

以上より、レリーズ数では、総数 1,492 程度の内、「深度合成」撮影が 866(58.0%)、「プロキャプチャー」撮影が 85(5.7%)程度、通常撮影が 541(36.3%)程度と「深度合成」撮影の比率が異常に高かったことが判ります。
 *今回は、鳥は皆無で昆虫も少なかったため、「プロキャプチャー」撮影の比率は、事前の予想
  よりも小さめでした。

また、ファイル数では、総数 20,051 の内、「深度合成」撮影が 14,709(73.4%)、「プロキャプチャー」撮影が 4,260(21.2%)、通常撮影が 541(36.3%)となっており、「深度合成」撮影分が SD カード容量を大きく消費していたことが判ります。
 *実は、「深度合成」撮影のカメラ内合成では、合成写真は RAW が保存されないため、JPEG を
  調整(現像)することになるため、「深度合成」撮影分の JPEG は最高画質(L-SF)にしている
  (「深度合成」撮影分以外は M-F)上に、最終保存分はブラケット画像の RAW(8枚)も保存して
  いるため、合成画像1カット当たりでは、通常撮影分1カット(RAW+JPEG)当たりの 200 倍
  程も、HDD 容量を消費することになります。
 *「プロキャプチャー」撮影分については、SD カードは圧迫しますが、最終的に保存するのは、
  1回の「プロキャプチャー」撮影分につき 0~8 枚程度であり、RAW も JPEG 1枚に付き1枚の
  ため、最終的な保存容量は、通常撮影分と大差ありません。

なお、「速報」は「171002-04_秋の甲信撮影行」としますが、本番は、次の9シリーズに分割し、現像がある程度進んだら、2本の「通常写真記事枠」を使った同時併載でお届けする予定です。
 「171002_長坂オオムラサキ自然公園」シリーズ
 「171002_名水公園「べるが」」」シリーズ
 「171002-03_井戸尻史跡公園」シリーズ
 「171003_赤蕎麦の里」シリーズ
 「171004_白駒池と周辺」シリーズ
 「171004_白駒池~松原湖 間」シリーズ
 「171004_松原湖」シリーズ
 「171005_明野ひまわり畑周辺」シリーズ
 「171005_ハイジの村」シリーズ

今日は速報のため、撮って出し JPG を単純縮小した画像(RAW 画像を現像時に調整して自分好みに仕上げることを宗とするメカロクにとっては、いわば未完成写真)ですので、いつもよりも小さく、かつ、クリックしても大きな画像は開きません。

1.山梨県北杜市・長坂オオムラサキ自然公園 171002
  実もの <ガマズミ(莢蒾)>
今年の長坂オオムラサキ自然公園は、莢蒾は大豊作のようでしたが、茸などは不作のようでしたし、水滴を纏った小錦草が大きな目標であったのに、小錦草そのものがが全く見付かりませんでした(涙)


2.山梨県北杜市・白州・尾白の森名水公園「べるが」 171002
  キノコ(茸/菌/木の子) の仲間
今年の「べるが」では、昨年よりも時間を掛けて茸を撮る心算だったのに、キノコそのものが少なめでした(涙)


3.長野県富士見町・井戸尻史跡公園 171003
  着露花<ミズアオイ(水葵/雨久花/ナギ/浮薔)>
今年の井戸尻史跡公園は、2日の夕方から3日の朝に掛けて雨が降ったため、水滴を纏った水葵や釣舟草は沢山撮れましたが、昆虫は殆ど撮れませんでした。


4.長野県箕輪町・信州伊那高原・赤そばの里 171003
  赤そばの里_飛翔 <ノシメトンボ(熨斗目蜻蛉) ?>
今年の赤蕎麦は大雨で流されたそうで、不作というよりも凶作といった方が良いほどで、初めの内は昆虫も少なめでしたが、昼頃から少し飛び始め、段々夢中になって予定時間を1時間ほどオーバーしてしまいました。


5.長野県小海町・白駒池 171004
  紅葉風景
今年は、「早朝の白駒池を撮って見よう!」と思い立って、麦草苑地での撮影を諦めて白駒池直行、6:00 少し前に到着して見ると、既に 20~30 人のカメラマンが・・・
でも、一面の霧で殆ど撮れず、夜が明けても曇りで空は真っ白!
結局、早朝撮影分は色が出ず、全てボツとなりました(汗)
紅葉は、今年も既に少し遅過ぎた感じで、風もあったのでアップは殆ど撮らず、私としてはロング気味の写真が多くなりました。
とはいっても、90mm MACRO を車に残して出掛ける心算が間違って 12-40mm ZOOM を置いて来たため、魚眼レンズの上は 60mm MACRO となってしまって、「紅葉風景」も広角レンズでは撮れず、 60mm MACRO や サンヨンを多用(殆どが「深度合成」撮影)する破目に陥りました(汗)
5枚目は、霧が一旦晴れた後、再度出て来たときのもので、白い空が霧に隠れて白飛びしにくくなり、水面から水蒸気いが上がっていたので、今まで撮れていない写真になりました。


6.長野県小海町・「ふるさと」~松原湖間 171004
  紅葉 <ツタウルシ(蔦漆)>
レストラン「ふるさと」は今回も工事中で、遅い昼食を摂って直ぐに出発、松原湖までの間で時々車を停めて、蔦漆/山葡萄(?)/桜などの紅葉を撮り捲りました。


7.長野県小海町・松原湖 161005
  イヌサフラン(犬~/コルチカム/コルヒカム/コルキカム)
松原湖の大駐車場は今回も工事中でしたが、警備員に別の駐車場を教えて貰ったので撮ることができたものの、紅葉は未だ未だという感じでした。
7枚目の犬サフラン、昨年は風で倒れていましたが、今年は大丈夫でした。


8.山梨県北杜市・明野ひまわり畑周辺 171005
  ススキ(薄/芒/振袖草)
5時半には現地に到着しましたが、朝露が殆どない上に、花水木の実が全く成っていないなど、撮りたいと思うような植物などが少なく、開園(9:00)の1時間半前には、「ハイジの村」の駐車場に入っていました(笑)
8枚目の背景は、八ヶ岳の山々です。


9.山梨県北杜市・山梨県立フラワーセンター「ハイジの村」 171005
  ヒガンバナ(彼岸花/石蒜/カミソリバナ/シビトバナ/トウロウバナ/曼珠沙華/
   曼殊沙華/捨子花/天蓋花)
今年は、姫林檎は大豊作のようでしたが、山法師(ヤマボウシ)や肝木(カンボク)は凶作といってイイほどでした。
薔薇はそれなりに咲いていて、苦手な花ながらもかなりの枚数撮りましたが、今年は彼岸花の撮影枚数が少なかったこともあり、思いがけず見掛けた彼岸花の群生に、一番嵌りました。
コメント

「秋の甲信撮影行」に 出掛けます

2017年09月29日 | 予告/速報/案内
今年も、恒例の「秋の甲信撮影行」に行って参ります。

大まかな予定は次の通りですが、天候や体調などによって、前後を入れ替えたり、一部省略したり、追加したり、さらに1日くらい早めに切り上げたり・・・の可能性もあります。
 *安上がりなのは勿論ですが、宿の予約の必要がないため臨機応変に変更できるのも、
  車中泊の大きな利点ですので、積極的に利用しなきゃ!(笑)
 *別の予定がある 10/6 まで延長することはありません。

 10/1:茅ヶ崎 → 山梨県北杜市・長坂オオムラサキ自然公園(泊)
 10/2:長坂オオムラサキ自然公園 → 北杜市・白州・尾白の森名水公園「べるが」 →
    長野県富士見町・井戸尻史跡公園 → 富士見町・道の駅「信州蔦木宿」(泊)
 10/3:井戸尻史跡公園 → 箕輪町・信州伊那高原・赤そばの里 → 茅野市・麦草峠駐車場(泊)
 10/4:麦草峠・麦草苑地 → 小海町・白駒池 → 小海町・レストハウス「ふるさと」 →
    小海町・松原湖 → 山梨県北杜市・道の駅「にらさき」(泊)
 10/5:北杜市・明野ひまわり畑周辺 →北杜市・山梨県立フラワーセンター「ハイジの村」 →
    茅ヶ崎


なお、このブログの記事は、今回も、「ようこそ!」だけでなく通常写真記事も、「予約投稿」機能を使って、毎日更新することとします。
コメント

170814-0818_夏の甲信撮影行-0 <速報>

2017年08月24日 | 予告/速報/案内
「「夏の甲信撮影行」に 出掛けます」の通り、8月13日(日)の夕方から8月18日(金)の夜までの5泊5日で、恒例の「夏の甲信撮影行」に出掛けました。

実際の行程は次のようなもので、ほぼ予定通りでした。
 8/13(日) 茅ヶ崎 → 長野県富士見町・道の駅「信州蔦木宿」(泊)
 8/14(月) 富士見町・入笠山 → 同・井戸尻史跡公園 → 道の駅「信州蔦木宿」(泊)
 8/15(火) 井戸尻史跡公園 → 霧ヶ峰・踊り場湿原 → 同・八島湿原(同駐車場泊)
 8/16(水) 霧ヶ峰・八島湿原 → 霧ヶ峰・踊り場湿原 → 茅野市・河童の湯(入浴)
      → 茅野市・麦草峠駐車場(泊)
 8/17(木) 麦草峠周辺 → 小海町・レストハウス「ふるさと」 → 南牧村・野辺山宇宙電波
       観測所 → 山梨県韮崎市・道の駅「にらさき」(泊)
 8/18(金) 北杜市・明野ひまわり畑周辺 → 山梨県立フラワーセンター「ハイジの村」
      → 茅ヶ崎
出発から帰宅までの総所用時間は約 123 時間、走行距離は約 556 km、帰宅時点での画像ファイル数は約 19,970 個、画像ファイル名(拡張子が違っても同一と見做す)の数は約 17,130 個(E-P5:約 70 個 E-M1:約 1,930 個 E-M1 MarkII:約15,130 個)でした。
 *今回は、大半を「深度合成」モードか「プロキャプチャー」モード(ProCap H/30fps)で
  撮影しているため、ファイル数が異常に多くなっています。

今回は、雨が降らなかったのは 8/17 の1日だけで、8/15 の八島湿原ではかなり激しい雨が降った時間もあって、防水力の弱った雨合羽では防ぎ切れず、下着や長靴の中までびしょ濡れになり、車に帰って暖を取り出してから震えが来た・・・なんてこともありましたが、元々水滴撮影が好きなこともあって、結構楽しく過ごしました。
夏に限れば、このような雨がちの撮影行も、ときには良さそうです(笑)

なお、「速報」は「170814-0818_夏の甲信撮影行」としますが、本番は、次の8シリーズに分割してお届けする予定です。
 「170814_入笠山」シリーズ
 「170814/15_井戸尻史跡公園」シリーズ
 「170815/16_踊り場湿原」シリーズ
 「170815/16_八島湿原」シリーズ
 「170817_麦草苑地」シリーズ
 「170817_野辺山宇宙電波観測所」シリーズ
 「170818_明野ひまわり畑」シリーズ
 「170818_ハイジの村」シリーズ

今日は「速報」のため、撮って出し JPG を単純縮小した画像(RAW 画像を現像時に調整して自分好みに仕上げることを宗とするメカロクにとっては、いわば未完成写真)ですので、サムネールをクリックしても大きな画像は開きません。

1.長野県富士見市・入笠山・入笠湿原 170814
  飛翔 <アサギマダラ(浅黄斑/浅葱斑)>
今年の夏の撮影行は例年よりも少し遅めだった所為か花は少なかったし、初めの内は霧が出ていたくらいで昆虫も殆ど見掛けなかったため、少々手持無沙汰でしたが、その内に霧が晴れて昆虫も少しずつ飛び始め、途中、多少の雨はあったものの、ここでの最大の目標であった浅黄斑(アサギマダラ)も何頭か姿を見せて呉れました。
ただ、例年は多く見掛ける彪紋蝶(ヒョウモンチョウ)の仲間が殆ど姿を見せなかったのは、残念であり寂しかったですね。


2.長野県富士見市・入笠山・入笠湿原 170814
  飛翔 <キアゲハ(黄揚羽)>
ここでも、曇り空だった所為か、例年は多く見掛ける彪紋蝶の仲間は殆ど姿を見せませんでしたが、比較的綺麗な数頭の黄揚羽(キアゲハ)が、何回も相手をして呉れました。


3.長野県富士見市・井戸尻史跡公園 170815
  着露花 <ハス(蓮/藕/ハチス) 「漁山紅蓮」>
14日の午後4時頃に到着したときは、天気が悪くて薄暗かったこともあり、この日は殆ど何も撮りませんでした。
15日は朝から小雨でしたが、時に雨宿りをしながらも、雨露を纏った花や昆虫に、結構夢中になれました。


4.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 170816
  ヒメシジミ(姫小灰蝶/姫蜆)
15日の昼頃に到着した時は小雨で、豹紋枝尺(ヒョウモンエダシャク)という蛾以外の昆虫は殆ど見掛けませんでしたが、その内に雨が止んで薄日が射し始めると、ここでのメインターゲットである姫小灰蝶(ヒメシジミ ?)も姿を見せるようになりました。
16日の午後も到着した時は小雨でしたが、雨が止んで明るくなると、姫小灰蝶(?)が相手をして呉れたし、遠いながらも、野鶲(ノビタキ)や鶯(ウグイス)も撮ることができました。


5.長野県・霧ヶ峰・八島湿原(八島ヶ原湿原) 170815
  飛翔 <ノビタキ(野鶲)>
15日の午後3時頃に到着した時はかなり激しい雨だったので、車の中で暫く待ち、小雨になってから出掛けたところ、途中で雨が激しくなって下着までずぶ濡れになってしまいましたが、雨露を纏った花を中心に楽しみました。
16日の朝は念のため4時半に起床して見ましたが、予想通りの雨と霧だったので八島湿原の朝の風景は諦め、小雨になるまで待ってから、前半は雨露を纏った花を中心に、後半は昆虫や野鶲を中心に撮影しました。


6.長野県茅野市・麦草苑地 170817
  水滴 <イブキジャコウソウ(伊吹麝香草)>
朝起きて見ると予想に反して晴れており、余り冷え込まなかったものの前日の雨のお蔭か、水滴は多めだったので、前半はメインターゲットである水滴を纏った伊吹麝香草(イブキジャコウソウ)を、「深度合成」モードで激写しました。


7.長野県茅野市・麦草苑地 170817
  飛翔 <クジャクチョウ(孔雀蝶)>
水滴が少なくなった後半は、昆虫の飛翔場面を中心に、「プロキャプチャー」モードで激写しましたが、今回は他の場所で出逢うことができなかった孔雀蝶を、今まで出逢ったことのないここで撮影できたのは、何ともラッキーでした。


8.長野県南牧村・国立天文台 野辺山宇宙電波観測所 170817
  電波望遠鏡
麦草苑地の後で訪れたレストラン「ふるさと」の裏庭は、増設(?)工事のため半分ほど塀で囲まれていた上に、残った部分にも花が全くなく、従って期待した蝶類も全く居なかったので、レストランで遅い昼食を摂って直ぐに出発、ここの代わりと目論んだ松原湖は工事のため駐車場が閉鎖されていたので、こちらも断念(涙)
そのまま凄く暑い筈の韮崎に出る気にはなれなかったので、35年くらい前に家族で行った記憶がある野辺山宇宙電波観測所に立ち寄って見ました。


9.長野県北杜市・明野ひまわり畑 170818
  ヒマワリ(向日葵/日回り/日輪草/ヒグルマ)
駐車場下の主会場ともいうべきひまわり畑の向日葵は既に盛りを過ぎていて、アップで撮る気にはなれませんでしたが、長い間楽しめるように時季をずらせて栽培されているため、ちょうど見頃の畑も何枚かあり、それなりに楽しむことができました。
ただ、次の訪問地である隣接の山梨県立フラワーセンター「ハイジの村」に移動する直前には小雨が降り出したものの、それまでは水滴が少なめだったのは残念でした。


10.山梨県北杜市・山梨県立フラワーセンター「ハイジの村」 1760818
  着露花 <バラ(薔薇/ショウビ/ソウビ/ローズ)>
こちらは、到着した時から引き上げるまで、小雨/大雨/曇りなど、天気は次々に変化したので、雨宿りを交えながらも、水滴を纏ったバラの花を中心に、結構楽しんで撮影できました。
午後1時頃には薄日が射し始め、昆虫も飛び始めましたが、特に富士山周辺の渋滞が心配だったため、昆虫撮影は少しだけで切り上げて、帰路につきました。

コメント

「夏の甲信撮影行」に 出掛けます

2017年08月13日 | 予告/速報/案内
本日より、5泊5日(8月13日(日)夕方~18日(金)夜)の予定で、恒例の「夏の甲信撮影行」に行って参ります。

当初は7月30日(日)~8月4日(金)の予定でしたが、天候不順のため2回延期し、今回の予定期間も晴れる日は少なそうで、更に1週間延期も検討しましたが、他の行事との重複が生じたため、已むなくこの予定で実施することとしました。
大まかな予定は次の通りですが、天候や体調などによって、前後を入れ替えたり、一部省略したり、追加したり、さらに1日早めに切り上げたり・・・の可能性もあります。
 8/13(日) 茅ヶ崎 → 長野県富士見町・道の駅「信州蔦木宿」(泊)
 8/14(月) 富士見町・入笠(にゅうがさ)山 → 富士見町・ 井戸尻史跡公園 →
       道の駅「信州蔦木宿」(泊)
 8/15(火) 井戸尻史跡公園 → 霧ヶ峰・踊り場湿原 → 霧ヶ峰・八島湿原(同駐車場泊)
 8/16(水) 霧ヶ峰・八島湿原 → 霧ヶ峰・踊り場湿原 → 茅野市・麦草峠駐車場(泊)
 8/17(木) 麦草峠周辺 → 小海町・レストハウス「ふるさと」 →
       山梨県韮崎市・道の駅「にらさき」(泊)
 8/18(金)北杜市・明野ひまわり畑 → 北杜市・山梨県立フラワーセンター → 茅ヶ崎

なお、このブログの記事は、今回も、「ようこそ!」だけでなく通常写真記事も、「予約投稿」機能を使って、毎日更新することとします。
コメント

写真展のご案内 <鶴嶺写真クラブ ブランチ茅ヶ崎2 写真展>

2017年08月12日 | 予告/速報/案内
「鶴嶺写真クラブ」では、次の通り写真展を開催します。

お近くの方、ご都合がつくようでしたら、ご覧ください。
 *開催期間:8月21日(月)~8月27日(日)
 *開催時間:10:00~18:00 <初日は 13:00 から>
 *開催場所:ブランチ茅ヶ崎2 (2F「まちスポ茅ヶ崎サンノイチ」)
  ・フロアガイド 2F の ⑪ です。
 *私の当番日時は、24日(木)の 10:00~14:00 です。

私は、次の写真を出展する予定です。

「Let's Go !」
  横浜市鶴見区・鶴見川 170429
  飛翔 <ユリカモメ(百合鴎)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像
コメント

写真展 の ご案内 (茅ヶ崎市立図書館 上映会 協賛写真)

2017年07月17日 | 予告/速報/案内
次の要領で、映画「3泊4日、5時の鐘」上映会をサポートするための写真を展示します。
 期間:7月18日(火)~8月5日(土)
 場所:茅ヶ崎市立図書館 2F展示ホール
 主催:茅ヶ崎市立図書館
 協賛:鶴嶺写真クラブ
 展示写真枚数:64枚

お近くの方、ご都合がつくようでしたら、是非ご覧ください。

私の出展写真は次の3枚で、このブログにも既にアップしたものばかりですが、全て再現像し、統一仕様(A4/フチなし)に合わせてプリントしています。
 *展示写真には画題はなく、作者名も表記されていません。

1.茅ヶ崎・西久保 150923
  ヒガンバナ(彼岸花/石蒜/カミソリバナ/シビトバナ/トウロウバナ/曼珠沙華/曼殊沙華/
   捨子花/天蓋花)
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <18mm/F5.6>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像


2.茅ヶ崎海岸 170522
  ハマヒルガオ(浜昼顔)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <12mm/F4.5>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像


3.茅ヶ崎海岸 170522
  茅ヶ崎サザンC & スズメ(雀)
  OLYMPUS E-P5
  M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mmF2.8 PRO <40mm/F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 8 にて現像


以下、参考資料

映画「3泊4日、5時の鐘」
 監督・脚本:茅ヶ崎育ちの新鋭、三澤拓哉。
 出演:小篠恵奈 杉野希妃 堀夏子 栁俊太郎 二階堂智 中崎敏 福島珠理
 概要:湘南・茅ヶ崎に集まった男女7人の恋模様をアイロニーたっぷりに描いた青春群像劇。
 茅ヶ崎館:舞台の中心となる茅ヶ崎館は日本を代表する映画監督、小津安二郎が脚本執筆の
   ため定宿とした、創業115年の歴史を持つ風格漂う旅館。
   本作は当館において全面的な撮影が許可された初めての映画となった。

展示写真
 上記映画「3泊4日、5時の鐘」の舞台となった場所を中心に、市内各所を撮影したもの。
 主な撮影地は次の通り。
  茅ヶ崎館  市立図書館  文化資料館  梅田収蔵庫  テニスコート
  宝生寺  中央公園  高砂緑地  烏帽子岩等茅ヶ崎海岸
コメント

写真展 の ご案内 (OLYMPUS コミュ写真展)

2017年07月13日 | 予告/速報/案内
次のスケジュールで、OLYMPUS の「コミュ写真展」が開催されます。

お近くの方、ご都合がつくようでしたら、是非ご覧ください。

<オリンパスギャラリー東京>
 2017年 7月21日(金)~ 26日(水)
 営業時間 11:00 ~ 19:00(最終日は 15:00 まで) 木曜 休館

<オリンパスギャラリー大阪>
 2017年 8月25日(金)~ 31日(木)
 営業時間 10:00 ~ 18:00(最終日は 15:00 まで) 日曜・祝日 休館

この写真展は、OLYMPUS の「コミュ」所属(*1)会員を対象に「コミュ写真展 募集フォトコン」が実施され、入選した 200 点が展示されるもので、テーマは「多彩な表情」となっています。
 *1:私は「ズイコークラブ湘南支部コミュ」所属で申請しました。

私の出展写真の素材は、このブログにも既にアップしたものですが、カメラ内「深度合成」ではなく、「深度合成」モードで撮影した8枚の内6枚の RAW を [SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で現像(出力:TIFF)してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理し、「PyramidWeightedAverage」で合成(出力:JPEG/*2)後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で TIFF に変換してから再現像(再現像/出力:JPEG)しています。
 *2:[CombineZP] に不具合があるようで、TIFF で出力すると他のソフトで開くことが
   できないため。
なお、プリントは OLYMPUS で纏めて外注されるため、どんな仕上がりになるかは「見てのお楽しみ」となります。

  山梨県北杜市・白州・尾白の森名水公園「べるが」 161003
  濡れ茸 <種名不明>
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F3.2>
  YN160s(LED ライト)
  「深度合成」モード/フォーカスステップ5
コメント

写真展のご案内 <鶴嶺公民館祭り>

2017年02月28日 | 予告/速報/案内
地元茅ヶ崎の鶴嶺公民館で開催される「公民館祭り」に、同公民館で例会を行っている「鶴嶺写真クラブ」のメンバーとして、写真を出展します。

お近くの方、ご都合がつくようでしたら、ご覧ください。
 *開催期間:3月3日(金)~3月5日(日)
 *開催時間:9:00~17:00 <初日は 13:00 から/最終日は 15:00 まで>
 *開催場所:鶴嶺公民館 

私は、次の写真を出展する予定です。

「アッ 飛んだ!」
  茅ヶ崎・小出川 170215
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
コメント

170130-0201 冬鳥撮影行(埼玉/群馬)-0 <速報>

2017年02月03日 | 予告/速報/案内
風邪なのかインフルエンザなのか、鼻水と咳が酷くて、「冬鳥撮影行(埼玉/群馬)」に行って参ります」より1日早く切り上げる破目に陥り、1月29日(日)の夜からの「3泊3日」になってしまいましたが、東京都・埼玉県・栃木県・群馬県を巡る、白鳥中心の「冬鳥撮影行」に行って来ました。
 *東京都や栃木県でも撮ってはいますが、前者は日帰りも容易なこともあり、私にはオマケ感が
  強いし、後者は鳶しか撮れていないし、昨年までの慣例もありますので、タイトルは
  「170130-0201 冬鳥撮影行(埼玉/群馬)」とします。

実際の行程は次の通りで、2月2日に予定していた「烏川の岩倉橋下流での撮影」と追加候補としていた「国営武蔵丘陵森林公園での撮影」を断念した以外は、予定通りでした。
 1/29(日):茅ヶ崎 > 道の駅「八王子滝山」泊
 1/30(月):多摩地区某所で撮影 > 埼玉県川島町・越辺(おっぺ)川で撮影 > 臨時駐車場泊
 1/31(火):川島町・越辺川で撮影 > 渡良瀬遊水地で撮影) > 群馬県館林市・多々良沼で撮影
        > 館林市・多々良沼公園駐車場泊
 2/01(水):多々良沼(邑楽町分を含む)および周辺で撮影 > 茅ヶ崎

出発から帰宅までの総所用時間は約 72 時間、走行距離は約 320 km、撮影枚数は約 3,200 枚(多摩地区某所:約 410 枚/越辺川:約 1,970 枚/渡良瀬遊水地:約 20 枚/多々良沼とその周辺:約 800 枚)でした。
 *カメラは、E-M1 や E-P5 も持参したのですが、飛びもの中心とあって、使ったのは AF 性能に
  格段の進化が見られる E-M1 MarkII だけでした。
 *レンズは、サンヨン/60mm MACRO/12-40mm ZOOM/BORG 36ED 200mmF5.6(+1.1xDG)
  /BCL-0980 も持参したのですが、使ったのはサンヨンと 12-40mm ZOOM だけでした。

なお、この「速報」は、「170130-0201_冬鳥撮影行(埼玉/群馬)」として全ての訪問地を纏めましたが、本番では、訪問地別に分けて次の3シリ-ズとする予定です。
 「170130_多摩地区某所」シリーズ
 「170130-31_越辺川とその周辺」シリーズ
 「170131-0201_多々良沼とその周辺」シリーズ
  *渡良瀬遊水地では鳶しか撮れていないので、パスします。

今日は「速報」のため、撮って出し JPG を単純縮小した画像(RAW 画像を現像時に調整して自分好みに仕上げることを宗とするメカロクにとっては、いわば未完成写真)ですので、クリックしても大きな画像は開きません。

1.多摩地区某所 170130
  ルリビタキ(瑠璃鶲)の オス
駐車場が開くまでは路上駐車して、公園内を駆け回ったのですが、ここでのメインターゲットである瑠璃鶲には出逢えず、おまけに、寒いと思って沢山着込んで出たのに馬鹿陽気なって汗をかいたのが悪かったようで、この後から鼻水が、続いて咳も、止まらなくなりました(涙)
しかし、駐車場が開くのを待って車を移動、上下とも1枚ずつ脱いで出直したところ、今度は瑠璃鶲が何回も相手をして呉れ、時には「そんなに近寄らないで!」なんて場面も!(笑)


2.多摩地区某所 170130
  ルリビタキ(瑠璃鶲)の オス
「深度合成」を2回遣って2回ともボツにせざるを得ない出来だったことと、枝留まりが撮れなかったことは残念ですが、「プロキャプチャ」モード(*1)では、ピントは甘いものの、こんな場面も撮れました。
 *1:E-M1 MarkII に搭載された新機能で、シャッター半押しでキャプチャを始め、全押しで
   撮影開始、全押し後の全コマ保存とともに、半押し時のキャプチャ分も全押し直前の 14 コマ
   まで(変更可能)保存可能なモード。
   このため、その道のプロのように被写体の動きを予測することができなくても、決定的瞬間を
   比較的容易にゲットできます。
なお、瑠璃鶲以外の鳥に出逢うことは今までになく稀で、殆ど撮れていません(涙)


3.埼玉県川島町・越辺川 170131
  飛翔 <コハクチョウ(小白鳥)>
白鳥の助走から離水後暫くの間は逆光で撮れるのが、ここで撮る最大のメリットですね。


4.埼玉県川島町・越辺川 170131
  飛翔 <コハクチョウ(小白鳥)>
上記の通り、助走から離水後暫くの間は逆光ですが、その後は、サイド光 > 順光と変化します。


5.埼玉県川島町・越辺川 170131
  飛翔 <オオバン(大鷭)>
突然走り出して直ぐに飛翔に移り、しかも飛翔時間の短い大鷭の助走や飛翔は、今まで、私の所有するカメラと私の腕では全く歯が立たず、最初から撮影を諦めていましたが、E-M1 MarkII なら、走り出したのを確認後にレンズを向けても、運が良ければこの程度には撮れます。
なお、ここでも白鳥/カモ類/大鷭/セキレイ類以外の鳥は殆ど見掛けませんでした。


6.栃木県藤岡町・渡良瀬遊水地 170131
  飛翔 <トビ(トンビ/鳶/鴟/鵄)>
渡良瀬遊水地は、埼玉・群馬・栃木・茨城の4県に跨り、しかも境界線が複雑に入り組んでいるので、非常に分かりづらいのですが、この写真の撮影場所は、どうやら上記のようです。
さて、駐車場に着いたときに、帰宅しようとしていた方に「ここでの鳥撮りは初めてなんですが、お勧めの場所をご紹介頂けませんか?」とお願いしたら、ご親切に案内所までご同行頂いた上に、案内所内に掲示してあった鳥(チュウヒ/ハイイロチュウヒ/コミミズクなど)の出没地点についてご説明頂くとともに、備え付けの園内マップまで取って頂きました。
しかし、私が現在地を間違えて園内マップを見ていた(汗)のが原因で、最初に目指したチュウヒなどの出没地点に辿り着けず、初心者用として教えて頂いた紅猿子(ベニマシコ)や花鶏(アトリ)の出没地点ではこれらに逢うことができず・・・で、撮れたのは何処にでも居る鳶だけでした(涙)
ここには、私が見たこともない珍しい鳥を含め、かなり沢山の種類の鳥が居るようですが、兎に角広大なのに駐車場は2ヶ所だけ(?)なので、今回のような時間調整のための「ちょっとだけ撮影」は、場所にも鳥の出没地点にも精通している方を除き先ず不可能で、「撮るなら1日掛けてじっくり撮る必要がある!」と感じました。


7.群馬県館林市・多々良沼 170131
  飛翔 <コハクチョウ(小白鳥)>
日の入り時に到着したため、夕焼け空に浮かぶ影絵の白鳥を撮ることができました。


8.群馬県館林市・多々良沼 170201
  飛翔 <コハクチョウ(小白鳥)>
越辺川とは異なり、助走や離水の場面を近距離で撮るのは難しいのですが、ブレーキ目的なのか、両足を拡げた面白いポーズを採る着水場面は、こちらの方が撮り易いですね。


9.群馬県館林市・多々良沼 170131
  飛翔 <ハシブトガラス(嘴太烏/ヤマガラス) ?>
給餌時間には、烏も集まって来ます。
なお、以前は給餌作業を1~2人で遣っていて、時間もそれほど長くなかったのに、今年は3人でかなり長時間遣っていたために、鳥たちの方は食傷気味なのか、以前のように先を争って餌に群がることはなく、餌遣りの人を中心とした半径数メートルの半円状の間を取っていたのが印象的でした。
そんなこともあってか、今年は餌遣り場所の岸は立ち入り禁止になっていましたが、餌遣りの方にも寄り付かないことから考えると、これは間違い(過保護)ではないかなぁ~!?
「飽食するほどの餌遣りや過保護は鳥のためにもならない!」ことに、早く気付いて欲しいものです。
さて、ここで一番残念だったのは、昨年初見初撮りした、あの愛くるしい姿の巫女秋沙(ミコアイサ)が昨年よりも更に遠くにいて近付いて呉れず、一応撮っては見たものの、証拠写真にさえならない結果だったことですね。

コメント

「冬鳥撮影行(埼玉/群馬)」に行って参ります

2017年01月29日 | 予告/速報/案内
今夜から2月2日(木)夜までの4泊4日の予定で、恒例の「冬鳥撮影行(埼玉/群馬)」に行って参ります。

大まかな予定は次の通りですが、天候や体調などによって、前後を入れ替えたり、一部省略したり、追加したり・・・の可能性もあります。
 *安上がりなのは勿論ですが、宿の予約の必要がないため臨機応変に変更できるのも、
  車中泊の大きな利点ですので、積極的に利用しなきゃ!(笑)

 1/29(日):茅ヶ崎 > 道の駅「八王子滝山」泊
 1/30(月):多摩地区某所で撮影 > 埼玉県川島町・越辺川および周辺で撮影 > 臨時駐車場泊
 1/31(火):川島町・越辺川および周辺で撮影 (> 渡良瀬遊水地で撮影) >
        群馬県館林市・多々良沼公園駐車場泊
 2/01(水):多々良沼および周辺で撮影 >
        群馬県玉村町・烏川河川敷総合レクリエーション公園駐車場泊
 2/02(金):烏川の岩倉橋下流で撮影 (> 埼玉県滑川町・国営武蔵丘陵森林公園)で撮影) >
        茅ヶ崎
 *( )内は、時間の余り具合によっては追加するかも・・・の撮影地です。

なお、このブログの記事は、「ようこそ!」と1日1本に減らした通常写真記事を、「予約投稿」機能を使って、毎日更新することとします。
コメント

写真展のご案内 <ゴミゼロ倶楽部写真展>

2017年01月26日 | 予告/速報/案内


  (上のダイレクトメール画像も クリックすると大きな画像が開きます)

次の通り、「第9回ゴミゼロ倶楽部写真展」が開催されます。
 *開催日と開催時間
   2月09日(木) 14:00~18:00 (従来の例では、予定より早くオープンできています)
   2月10日(金) 10:00~18:00
   2月11日(土) 10:00~18:00
   2月12日(日) 10:00~16:00
 *開催場所:エコギャラリー新宿 展示ホール A・B
   東京都新宿区西新宿2-11-4 新宿中央公園内


お近くの方、ご都合がつくようでしたら、是非ご覧ください。

「ゴミゼロ倶楽部」とは、「E-System(Four Thirds System、Micro Four Thirds System)ユーザーの集まりで、「写真」や「写真ライフ」を楽しむ方々の集まり」<「ゴミゼロ倶楽部・新部員の入部方法」 より> です。
つまり、ネット上の集まりで、入会資格は「(マイクロ)フォーサーズシステムのユーザーであること」だけですから、メンバーは若者から老人まで、初心者や私のような年季の入った未熟者(少数)から多くの上級者、さらにプロカメラマンまで多彩で、お住まいも全国に散らばっているようです。

今回も、プロカメラマンを含む多数の会員が、約100点の作品を出展され、ジャンルは 風景/花・植物/昆虫・動物/スナップ/ポートレート/その他/組写真 と多岐に渉っています。
キャプションボードは統一様式のもの <画題/HN(原則本名併記)/使用カメラ/使用レンズなどを表示> が用意されますが、写真のサイズも額縁も、殆ど制約なしですので、出展者同様、かなり多彩なものが並ぶものと考えられます。

私は9日(木/14:00~18:00)と12日(日/10:00~16:00)は、会場に居る予定です(正式な「当番」という訳ではないので、席を外すこともあると思います)。
なお、上記日時はもちろん、9日(金)でも12日(日)でも 11日は所要があり無理ですが、9日/10日/12日の何れかに ご足労頂ける場合は、ここのコメント欄/右側欄最下段の「メッセージを送る」(メールアドレスが公開される心配はご無用です)/電子メールなどで、日時をご連絡くだされば、その時刻には、できる限り会場に居るようにいたします。
 (170126) 11日は鶴嶺写真クラブの例会日であることを思い出し、修正しました(汗)

私の出展写真のジャンルは「組写真」(「その他」になっている可能性あり)で、画題は「「深度合成」で遊ぶ」としています。

出展写真は、「メカロクの写真日記 3」にも既にアップしたものばかりですが、全て「カメラ内合成」(JPEG)ではなく RAW から現像して再合成していますし、ご覧頂くサイズ(今回は 420mm×315mm)も異なりますし、モニタとプリントという大きな違いもありますので、ご覧頂いたものと展示品とでは、印象がかなり違う筈です。

では、今回の私の出展写真です。

1枚目(左) 「深度合成」で遊ぶ-1 <南天>
 茅ヶ崎・芹沢 161221
 水滴 <ナンテン(南天/南天竹/南天燭)>
 OLYMPUS E-M1
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO) <F4.0>
 「深度合成」モード/フォーカスステップ5
 「深度合成」モードで撮影した8枚の内7枚の RAW を [SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で
   現像してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理し、
   「PyramidWeightedAverage」で合成後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で再現像。


2枚目(中) 「深度合成」で遊ぶ-2 <薄氷>
 裏高尾・木下沢 161218
 薄氷 <落葉>
 OLYMPUS E-M1
 M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO) <F5.0>
 「深度合成」モード/フォーカスステップ5
 「深度合成」モードで撮影した8枚の内5枚の RAW を [SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で
   現像してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理し、
   「PyramidWeightedAverage」で合成後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で再現像。


3枚目(右) 「深度合成」で遊ぶ-3 <青鷺>
 藤沢・引地川親水公園 1701121
 アオサギ(青鷺)
 OLYMPUS E-M1 MarkII
 M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+MC-14(1.4 倍テレコン) <420mm/F8.0>
 「深度合成」モード/フォーカスステップ1
 「深度合成」モードで撮影した8枚の内5枚の RAW を [SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で
   現像してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理し、
   「PyramidWeightedAverage」で合成後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で再現像。
コメント

写真展のご案内 <OZC 湘南支部 写真展>

2016年12月14日 | 予告/速報/案内
今年度も、次の通り、「オリンパス ズイコークラブ 湘南支部 写真展」が開催されますが、会場の都合で新年早々の開催になりますので、例年よりも早めにご案内します。
お近くの方、ご都合がつくようでしたら、是非ご覧ください。
 *初日は 13:00~16:50、最終日は 9:30~15:00 ですので、お間違えのないように!



私の当番日は1月6日(金)と8日(日)で、この2日間は、終日会場に居る予定です。
また、最終日の9日(月)は当番日ではありませんが、少なくとも 13:00 頃には会場入りします。
これ以外の日時にご足労頂ける場合は、ここのコメント欄/ここの右欄最下段の「メッセージを送る」/電子メールなどで、日時をご連絡ください。
ご指定日時には、できる限り会場に居るようにいたします。

私の出展写真の素材は、このブログにも既にアップした5点ですが、全てを再現像しますし、ご覧頂くサイズも異なります(自由の部:A3ノビ変形/課題の部:四切変形/何れもアスペクト比 4:3)し、モニタとプリントという大きな違いもありますので、展示品と、今までにご覧頂いたものとでは、印象がかなり異なる筈です。

<自由の部> 画題:「深度合成」習作 Part 2 (3枚組写真)
 1枚目(左)
  茅ヶ崎・浄見寺周辺 160617
  水滴 <クモの糸>
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO) <F5.6>
  「深度合成」モード/フォーカスステップ5
  「深度合成」モードで撮影した8枚の内6枚の RAW を [SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で
   現像してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理し、
   「PyramidWeightedAverage」で合成後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で再現像。


 2枚目(中)
  山梨県北杜市・白州・尾白の森名水公園「べるが」 161003
  濡れ茸
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO+YN160s(LED ライト) <F3.2>
  「深度合成」モード/フォーカスステップ5
  「深度合成」モードで撮影した8枚の内4枚の RAW を [SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で
   現像してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理し、
   「PyramidWeightedAverage」で合成後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で再現像。


 3枚目(右)
  長野県富士見町・井戸尻史跡公園 161003
  着露花 <ツリフネソウ>
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F4.0>
  「深度合成」モード/フォーカスステップ5
  「深度合成」モードで撮影した8枚の内6枚の RAW を [SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で
   現像してから、[CombineZP] の「Alingn and Balance Used Frames」で前処理し、
   「PyramidWeightedAverage」で合成後、[SILKYPIX Developer Studio Pro 7] で再現像。


<課題の部> 課題:こころ揺れるもの
 1枚目
  キャプション:黄色雀蜂だ! 恐怖と千載一遇の撮影機会、さてどうする?
   *昨年度までは支部役員が作っていたキャプションを、今年度は撮影者自身が作ることに
    なりました。
  長野県箕輪町・信州伊那高原・赤そばの里 161004
  手乗り <キイロスズメバチ>
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F8.0>
  [SILKYPIX Developer Studio Pro 7] にて現像


 2枚目
  キャプション:鋭くて透明感のある目に 参った!
  茅ヶ崎里山公園 160226
  ネコ
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F4.0>
  [SILKYPIX Developer Studio Pro 7] にて現像


会場:平塚市美術館 市民アートギャラリーA室
   (今年も大きい方「A室」です/ここは入場無料です)
所在地:神奈川県平塚市西八幡1-3-3 Tel:0463-35-2111
近隣地図:下図をご覧ください(この地図も、クリックで大きくできます)
 *車でお越しの際には、駐車場入り口の無人機で駐車券を受け取り、
  お帰りの際に、美術館の受付に提示して頂ければ、無料で駐車できる筈です。
  ・変更になった可能性もないではないですが、昨年度は、こんなシステムでした。
 *バス乗り場については、現地で再確認してください。
   

徒歩・タクシー・バス・車での詳しいアクセス方法は、次をご覧ください。
 http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/info1.htm
コメント

写真展の ご案内

2016年10月30日 | 予告/速報/案内
直前のご案になってしまいましたが、「鶴嶺写真クラブ」を通じて、「茅ヶ崎市まなびの市民講師による まなびフェスタ展」に出展します。
 *開催期間:11月1日(火)~5日(土)
 *開催時間:10:00~17:00 <初日は 13:00 から 最終日は 15:00 まで>
 *開催場所:茅ヶ崎市民ギャラリー
 *紛らわしい名称ですが、「茅ヶ崎市まなびの市民講師」に登録している講師が指導するクラブの
  作品展で、今年が2回目の開催です。
  ・さまざまなジャンルの作品が展示されるようですが、「写真」の展示は「鶴嶺写真クラブ」
   のみだそうです。
  ・今年は、参加されるクラブが減ったお蔭で、「鶴嶺写真クラブ」に割り当てられた壁面は、
   昨年の2倍強になったそうです。
 *交通案内は、こちら。
  ・判り難い地図ですが、茅ヶ崎駅ビルの西隣で、「文化」という文字を丸で囲んだ表示のある
   建物の3階で、建物の外観は、こちら

私は、次の1点を出展する予定です。

「朝陽に透けて」
  茅ヶ崎・芹沢 160825
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F4.0>
  「深度合成」モード/フォーカスステップ5
  カメラ内で「深度合成」した JPEG 画像を TIFF 画像に変換後、
   SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像


お近くの方、ご都合がつくようでしたら、ご覧ください。

コメント