メカロクの写真日記 3

花/虫/鳥 を 中心に据えた 写真日記で 「メカロクの写真日記 2」 の 後継ブログです

170603_北の丸公園-4 <紋白蝶>

2017年07月04日 | BORG 作例(昆虫)
「170603_北の丸公園」シリーズ、今日は「紋白蝶」の特集で、全て「プロキャプチャー」モード(ProCap H/S-AF/30fps)で撮っています。
なお、本日分の撮影地も「北の丸公園」としていますが、正確には田安門外の靖国通沿いです。

1.千代田区・北の丸公園 170603
  飛翔 <モンシロチョウ(紋白蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
1枚目と2枚目は同じ回の「プロキャプチャー」モード撮影分で、2枚目は3枚目の次のコマです。


2.千代田区・北の丸公園 170603
  飛翔 <モンシロチョウ(紋白蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
現在の私の「ProCap H」の設定(30fps/全押し前の保存枚数 14 枚/撮影枚数制限 30 枚)では、シャッター全押し後の撮影枚数は 16 枚(0.5 秒強)となるため、余程近づいて大きく撮らない限り、昆虫の場合は「飛んだ!」と確認してシャッターを全押ししても、(飛び出す方向の予測が外れなければ)画面左右からはみ出すほど遠くまで飛ぶことは殆どなく、撮影時のアスペクト比(画面の横と縦の比=4:3)のままではメイン被写体が小さ過ぎることも多いので、現像時に正方形にトリミングすることも多くなっています。


3.千代田区・北の丸公園 170603
  飛翔 <モンシロチョウ(紋白蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
ただし、この通り上にはみ出す虞はかなりあるため、余り近づいて撮ることもできません。


4.千代田区・北の丸公園 170603
  飛翔 <モンシロチョウ(紋白蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
4~7枚目は別の回の「プロキャプチャー」モード撮影分で、5・6枚目は4枚目から夫々3コマ目・5コマ目です。


5.千代田区・北の丸公園 170603
  飛翔 <モンシロチョウ(紋白蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
4枚目のように、2頭の紋白蝶にピントが来るような位置で半押しして待っていたら、右側の子が飛び出して、左側の子も飛びそうな動きを見せましたが・・・


6.千代田区・北の丸公園 170603
  飛翔 <モンシロチョウ(紋白蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
撮影枚数 30 枚の制限内では、左側の子が飛び立つ瞬間は撮れていませんでした(涙)
全押し前の保存枚数を 9 枚(0.3 秒)程度に抑えても、神経を集中している時なら飛び出す瞬間を捉えた上で、全押し後の撮影枚数も増やすことができるのですが、ちょっとでも気を抜くと間に合わなくなるし、そうかといって撮影枚数制限(30 枚の上は 40 枚)を上げると、今でも大変な撮影後の選択が更に大変になるので、悩ましいところです。
尤も、今回の場合は、この2~3枚後には右の子が画面上にはみ出し始めていますので、枚数制限を多くしても意味がなかったことになりますが・・・


7.千代田区・北の丸公園 170603
  飛翔 <モンシロチョウ(紋白蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
7枚目と8枚目は更に別の回の「プロキャプチャー」モード撮影分で、8枚目は7枚目の次のコマです。


8.千代田区・北の丸公園 170603
  飛翔 <モンシロチョウ(紋白蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
コメント

170413_篠原の里-3 <岐阜蝶-1>

2017年05月18日 | BORG 作例(昆虫)
「170413_篠原の里」シリーズ、今日から3回は、この日のメインターゲットである「岐阜蝶」の特集で、全てサンヨン撮ったもので、今日の前半4枚は留まっているところ、今日の後半は飛んでいるところです。

なお、今日の1枚目だけは通常の連写だった可能性大ですが、他は全て「プロキャプチャーモード(ProCap H/30fps)」で撮ったもので、昨年までは飛んでいるところが2~3枚も撮れれば御の字だったところ、ことしはこのモードのお蔭で、留まっているところにレンズを向けてシャッターボタンを半押しするところまで行け、かつ、それから1分以内に飛んで呉れれば、ピントが合うかどうかは時の運(どちらに飛び出すかで決まる)ではあるものの、一度に複数枚の飛翔写真が撮れてしまうので、「170409/10_小出川とその周辺-8 <小鷺-1>」でも触れている通り、撮影後に RAW 現像する画像やブログに掲載する画像を選別する作業が、大変なことになっているんです(笑)

1.相模原市緑区・篠原の里 170413
  ギフチョウ(岐阜蝶/錦蝶)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
今年は菫の花がかなり少なかった所為もあって、菫で吸蜜しているところは殆ど撮れませんでした(涙)


2.相模原市緑区・篠原の里 170413
  ギフチョウ(岐阜蝶/錦蝶)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
2枚目は躑躅(ツツジ)の蕾に留まっているところですが、躑躅に留まっているところもこの時撮ったものだけでした(涙)


3.相模原市緑区・篠原の里 170413
  ギフチョウ(岐阜蝶/錦蝶)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
3枚目と4枚目は豆桜(?)の花で吸蜜しているところです。


4.相模原市緑区・篠原の里 170413
  ギフチョウ(岐阜蝶/錦蝶)
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像


5.相模原市緑区・篠原の里 170413
  飛翔 <ギフチョウ(岐阜蝶/錦蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
5枚目以降は、明日明後日の分を含め全て、豆桜(?)の花から飛び出したところと、その後の飛んでいるところです。
飛び出す時には、5枚目のように後に向かって飛び出すことが多いようです。


6.相模原市緑区・篠原の里 170413
  飛翔 <ギフチョウ(岐阜蝶/錦蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像


7.相模原市緑区・篠原の里 170413
  飛翔 <ギフチョウ(岐阜蝶/錦蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
薄曇りで綺麗な青空でなかったのは、残念でした。


8.相模原市緑区・篠原の里 170413
  飛翔 <ギフチョウ(岐阜蝶/錦蝶)>
  OLYMPUS E-M1 MarkII
  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 7 にて現像
コメント

2015 年の彼岸花」撮影日の他被写体-13 <150919/22/24_芹沢-5>

2015年11月04日 | BORG 作例(昆虫)
「「2015 年の彼岸花」撮影日の他被写体」シリーズ、今日も「150919/22/24_芹沢」の特集で、「蝶」を集めました。

ところで、私のパソコンだけかも知れませんが、ここ10日間くらい、サムネール画像をクリックしても「フォト蔵」の画像が表示されない(*1)ことが、度々あります。
 *1:私の場合、これも困りますが、それよりも「フォト蔵」内の移動で画像が表示されないことが
   頻発していて、ブログ記事作成に余分な手間が掛かるので、もっと困っています(涙)

もし、何も表示されなかったり、画像が表示される筈の部分に「×印」が表示されたりしたら、ブラウザの「更新ボタン」を押して見てください。
 *大抵は一度で表示されますが、たまに2回以上押さなければならないこともあります。

1.茅ヶ崎・芹沢 150919
  ヒメアカタテハ(姫赤立羽/姫赤?)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
韮の花に吸蜜に来ていた姫赤立羽が、暫くの間撮らせて呉れました。


2.茅ヶ崎・芹沢 150919
  ヒメアカタテハ(姫赤立羽/姫赤?)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3.茅ヶ崎・芹沢(柿の木畑) 150919
  モンキアゲハ(紋黄揚羽)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
柿の木畑では、紋黄揚羽が、暫く付き合って呉れました。


4.茅ヶ崎・芹沢(柿の木畑) 150919
  モンキアゲハ(紋黄揚羽)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
もう少し近くまで寄って来て呉れたら良かったんですが・・・、最も近づいた時でも、この程度の大きさにしか撮れませんでした(涙)


5.茅ヶ崎・芹沢(柿の木畑) 150919
  モンキアゲハ(紋黄揚羽)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


6.茅ヶ崎・芹沢(柿の木畑) 150924
  着露虫 <ヤマトシジミ(大和小灰蝶/大和蜆) ?)>
  OLYMPUS E-M5
  BORG 50mmF2.8(引き伸ばしレンズ) 逆付け+Wヘリコイド <F8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
ちょっと判りづらいのですが、良く見ると翅の全面に水滴が着いているし、拡大すると鱗粉も見えます。
コメント

150826/27_小出川-3 <昆虫-1>

2015年10月21日 | BORG 作例(昆虫)
「150826/27_小出川」シリーズ、今日と明日の前半は「昆虫」の特集です。

1.茅ヶ崎・小出川 150826
  イチモンジセセリ(一文字挵) ?
  OLYMPUS E-M5
  BORG 50mmF2.8(引き伸ばしレンズ)+新ヘリコイド <F4>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


2.茅ヶ崎・小出川 150827
  イチモンジセセリ(一文字挵) ?
  OLYMPUS E-M5
  BORG 50mmF2.8(引き伸ばしレンズ)+Wヘリコイド <F8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
逆付けしなくても、Wヘリコイドなら、かなり小さい蝶でも充分に大きく撮れそうです。


3.茅ヶ崎・小出川 150827
  イチモンジセセリ(一文字挵) ?
  OLYMPUS E-M5
  BORG 50mmF2.8(引き伸ばしレンズ)+Wヘリコイド <F8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


4.茅ヶ崎・小出川 150826
  ベニシジミ(紅小灰蝶/紅蜆)
  OLYMPUS E-M5
  BORG 50mmF2.8(引き伸ばしレンズ)+新ヘリコイド <F4>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


5.茅ヶ崎・小出川 150826
  ベニシジミ(紅小灰蝶/紅蜆)
  OLYMPUS E-M5
  BORG 50mmF2.8(引き伸ばしレンズ)+新ヘリコイド <F4>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


6.茅ヶ崎・小出川 150827
  ベニシジミ(紅小灰蝶/紅蜆)
  OLYMPUS E-M5
  BORG 50mmF2.8(引き伸ばしレンズ)+Wヘリコイド <F8>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

150801_麦草苑地-10 <蜻蛉 と 虻>

2015年09月22日 | BORG 作例(昆虫)
「150801_麦草苑地」シリーズ、今日は最終回で、「蜻蛉(トンボ) と 虻(アブ)」の特集です。

なお、これで、8月21日に開始し、無休でお届けした「夏の甲信撮影行」関連シリーズは、1ヶ月と2日で無事完結したことになりますので、明日は、この「150801_麦草苑地」シリーズの記事枠だけお休みを頂き、新シリーズは9月23日に開始します。

1.長野県茅野市・麦草苑地 150801
  アキアカネ(秋茜蜻蛉) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
ピントを合わせる前は、手前の翅の反射が暈けて、キラキラと綺麗だったのですが、眼にピントを合わせたら、翅のボケも小さくなって、魅力は半減どころか殆どなくなってしまいました(涙)


2.長野県茅野市・麦草苑地 150801
  アキアカネ(秋茜蜻蛉) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
2枚目と3枚目で蜻蛉が留っている花は、棕櫚草(シュロソウ)のようです。


3.長野県茅野市・麦草苑地 150801
  アキアカネ(秋茜蜻蛉) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


4.長野県茅野市・麦草苑地 150801
  アキアカネ(秋茜蜻蛉) ?
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F2.81>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
こちらは、靫草(ウツボグサ)ですね。


5.長野県茅野市・麦草苑地 150801
  ホソヒラタアブ(細扁虻) ?
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F2.81>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
BORG 50mm 引き伸ばしレンズに虻が留って、なかなか離れようとしないので・・・
コメント

150801_麦草苑地-9 <黄揚羽>

2015年09月21日 | BORG 作例(昆虫)
「150801_麦草苑地」シリーズ、今日は、麦草苑地の中を忙しなく飛び回っていた、同一個体と思われる「黄揚羽」の特集です。

1.長野県茅野市・麦草苑地 150801
  キアゲハ(黄揚羽)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
撮影時には「拡大表示」して目にピントを合わせようとしているので、全く気付きませんでしたが、後で見たら、飛んでいる花蜂の仲間(?)が写っていました。


2.長野県茅野市・麦草苑地 150801
  キアゲハ(黄揚羽)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3.長野県茅野市・麦草苑地 150801
  キアゲハ(黄揚羽)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
翅をこの程度に開いているところが、最も颯爽とした姿に見えるようですね。


4.長野県茅野市・麦草苑地 150801
  キアゲハ(黄揚羽)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
時にはロングで、情緒的に・・・(笑)
コメント

150801_レストハウス「ふるさと」-2 <緑豹紋-3>

2015年09月17日 | BORG 作例(昆虫)
「150801_レストハウス「ふるさと」」シリーズ、今日も「緑彪紋」の特集です。

1.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


2.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


4.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


5.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


6.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

150801_レストハウス「ふるさと」-1 <緑豹紋-1>

2015年09月16日 | BORG 作例(昆虫)
昨日は書き漏らしましたが、「150730/31_八島湿原」シリーズは昨日で完結しましたので、こちらの枠では、「夏の甲信撮影行」最後の訪問地を扱う「150801_レストハウス「ふるさと」」シリーズを始めます。

「速報」の通り、この日は天気が良かっただけに、(立羽蝶類が沢山居ることを)大いに期待したのですが、(主戦場となる)レストラン裏の下り斜面では立ち木の伐採や下草刈りが行われた直後のようで、期待した浅葱斑/孔雀蝶/雌黒彪紋は全く見掛けず、今年も空振りに近い状況でした(涙)

ただ、蝶類では緑彪紋だけはある程度撮れましたので、今日から2回は「緑彪紋」の特集とします。

1.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
この1枚だけは、後翅裏面の模様が確認できないのですが、緑彪紋でまず間違いないものと思います。
だって、明日の掲載予定分を含む、他の11枚が全て緑彪紋なんですから・・・(笑)


2.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
明日の掲載予定分を含む12枚全てで、蝶が吸蜜している花は、たった数株だけ下草刈りを免れていた四葉鵯(ヨツバヒヨドリ)です。


3.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


4.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


5.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


6.長野県小海町・レストラン「ふるさと」 150801
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

150730/31_踊り場湿原-6 <蜻蛉 と 野鳥>

2015年09月12日 | BORG 作例(昆虫)
「150730/31_踊り場湿原」シリーズ、今日は最終回で、「蜻蛉(トンボ)と 野鳥」の特集です。

1.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  ムツアカネ(陸奥茜蜻蛉) のオス ?
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F8.0>
多分初見初撮りの「黒い赤とんぼ」、帰宅してネット検索した結果、どうやら陸奥茜蜻蛉のオスのようです。


2.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  ムツアカネ(陸奥茜蜻蛉) のオス ?
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F8.0>


3.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150731
  ムツアカネ(陸奥茜蜻蛉) のオス ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>


4.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150731
  アキアカネ(秋茜蜻蛉) ?
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F4.0>


5.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  ウグイス(鶯/春鳥/春告鳥/花見鳥/歌詠鳥/百千鳥)
  OLYMPUS E-M1
  BORG 50FL 400mmF8 <F8>
今年も鳴き声だけは始終聞こえていましたが、中々姿を見せて呉れない鶯、やっと撮れたものの、大幅トリミングしてもこの大きさ(涙)


6.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  ウグイス(鶯/春鳥/春告鳥/花見鳥/歌詠鳥/百千鳥)
  OLYMPUS E-M1
  BORG 50FL 400mmF8 <F8>


7.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  ホオアカ(頬赤)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
頬赤も、余り近くには寄って呉れません(涙)
コメント

150730/31_踊り場湿原-5 <豹紋枝尺>

2015年09月11日 | BORG 作例(昆虫)
「150730/31_踊り場湿原」シリーズ、今日は、糊空木(ノリウツギ)で一心不乱に吸蜜する「豹紋枝尺(ヒョウモンエダシャク)」という蛾の特集です。

1.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  ヒョウモンエダシャク(豹紋枝尺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
豹紋枝尺は蛾ということで、多少は気持ち悪く感じることもあり、蝶のように指を差し出す気にはなりませんが、結構綺麗で、お気に入りの蛾ではあります。


2.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  ヒョウモンエダシャク(豹紋枝尺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>


3.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  ヒョウモンエダシャク(豹紋枝尺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>


4.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  ヒョウモンエダシャク(豹紋枝尺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>


5.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  ヒョウモンエダシャク(豹紋枝尺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
偶々ですが、飛び立った赤立羽が写っています。
そうなんです! この糊空木は、一昨日掲載の赤立羽が吸蜜していた樹と同じ樹なんです。


6.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150731
  ヒョウモンエダシャク(豹紋枝尺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
31日は、赤立羽は全く見掛けませんでしたが、豹紋枝尺も激減していたので、ブログへのアップは1枚だけです。
同じように晴れ上がった暑い日で、訪問した時刻も2時間ほどしか違わないのに、不思議ですね。
コメント

150730/31_踊り場湿原-3 <赤立羽>

2015年09月09日 | BORG 作例(昆虫)
「150730/31_踊り場湿原」シリーズ、今日は、姫小灰蝶(?)の手載りに癒されて元気を取り戻した後に撮った、糊空木(ノリウツギ)の花で吸蜜中の「赤立羽(アカタテハ)」の特集で、全て、BORG 36ED での作例です。

なお、翌日も同じ場所に行って見たのですが、赤立羽の姿はありませんでした(涙)

1.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  アカタテハ(赤立羽/赤蛺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


2.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  アカタテハ(赤立羽/赤蛺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
1枚目を除き、かなりの仰角で撮っていますので、曇り空なら真っ白に飛ぶところ。
暑くて熱中症には罹り掛けたけど、青空で良かった!


3.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  アカタテハ(赤立羽/赤蛺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


4.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  アカタテハ(赤立羽/赤蛺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


5.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  アカタテハ(赤立羽/赤蛺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


6.長野県・霧ヶ峰・踊り場湿原(池のくるみ) 150730
  アカタテハ(赤立羽/赤蛺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

150730/31_八島湿原-1 <浅黄斑>

2015年09月08日 | BORG 作例(昆虫)
「夏の甲信撮影行」関連シリーズは、昨日で「150729/30_井戸尻史跡公園」シリーズが完結、その次の撮影地の「150730/31_踊り場湿原」シリーズは別枠で掲載中ですので、この枠では、次の次の訪問地である「150730/31_八島湿原」シリーズをお届けします。

7月30日(木)は、踊り場湿原の後で八島湿原を訪問したのですが、暑くて余り撮影意欲が湧かず、何も見ずに思い出すのは、薄暗い場所での浅葱斑(アサギマダラ)と、夕立の後での露を纏った紅輪花(コウリンカ)くらいなので、初回の今日は、その浅葱斑を含む「昆虫」の特集とします。

1.長野県・霧ヶ峰・八島湿原(八島ヶ原湿原) 150730
  アサギマダラ(浅黄斑/浅葱斑)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
夕立前の木蔭とあって、ISO を 1000 まで上げても SS は 1/80sec と、35mm 判換算 440mm の超望遠レンズでの手持ち撮影には、かなり苦しい条件でした。


2.長野県・霧ヶ峰・八島湿原(八島ヶ原湿原) 150730
  アサギマダラ(浅黄斑/浅葱斑)
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F3.2>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3.長野県・霧ヶ峰・八島湿原(八島ヶ原湿原) 150731
  アサギマダラ(浅黄斑/浅葱斑)
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F4.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
八島湿原の浅黄斑は、木道の直ぐ近くに留って、直ぐ近くまで寄っても逃げない個体も多いので、60mm MACRO でも充分な大きさで撮れることがあるのですが、この日見掛けたのは、翅が薄汚れていたこの1頭だけ!(涙)


4.長野県・霧ヶ峰・八島湿原(八島ヶ原湿原) 150730
  ヒメシジミ(姫小灰蝶/姫蜆) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
八島湿原では姫小灰蝶(?)に出逢うことは少ないのですが、この時は、踊り場湿原でも見た記憶のない、四葉鵯(ヨツバヒヨドリ)に留ったところが撮れました。


5.長野県・霧ヶ峰・八島湿原(八島ヶ原湿原) 150730
  ミドリヒョウモン(緑彪紋) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
後翅の裏側、見えそうで見えず種名は判らないけれど、一番多く見掛ける「緑彪紋」としておけば、半分以上の確率で中りそう!(笑)


6.長野県・霧ヶ峰・八島湿原(八島ヶ原湿原) 150730
  アキアカネ(秋茜) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


7.長野県・霧ヶ峰・八島湿原(八島ヶ原湿原) 150730
  コマルハナバチ(小丸花蜂) ?
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F4.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
赤花下野(アカバナシモツケ)で吸蜜する小丸花蜂です。


8.長野県・霧ヶ峰・八島湿原(八島ヶ原湿原) 150730
  ヒメギス(姫螽蟖)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
この後、MZD 60mm MACRO で撮ろうと近づいたら逃げられてしまったため、取り敢えずこのレンズで押さえて置いたのは「成功」ということになりますね(笑)
コメント

150729_入笠山-8 <蜻蛉>

2015年09月03日 | BORG 作例(昆虫)
「150729_入笠山」シリーズ、今日は「蜻蛉(トンボ)」の特集です。
・・・といっても、何種類もの蜻蛉を撮った訳ではなく、多分、6枚全てが秋茜だと思います(汗)

1.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  アキアカネ(秋茜) ?
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
蜻蛉が留っているのは、九蓋草(クガイソウ)の蕾ですね。


2.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  アキアカネ(秋茜) ?
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F9.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
こちらは、小葉擬宝珠(コバギボウシ)の蕾のようです。


3.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  アキアカネ(秋茜) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
こちらは、咲き終わった野花菖蒲ですね。


4.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  アキアカネ(秋茜) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
これも、小葉擬宝珠(コバギボウシ)の蕾のようです。


5.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  アキアカネ(秋茜) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
こちらは、野原薊(ノハラアザミ)の蕾かな?


6.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  アキアカネ(秋茜) ?
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
こちらは、枯れた吾亦紅(ワレモコウ)のようです。
コメント

150729_入笠山-7 <蛾>

2015年09月02日 | BORG 作例(昆虫)
「150729_入笠山」シリーズ、今日は「蛾」の特集です。

1.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  ヒョウモンエダシャク(豹紋枝尺)
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
豹紋枝尺が吸蜜している花は、四葉鵯(ヨツバヒヨドリ)かな?


2.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  ヒョウモンエダシャク(豹紋枝尺)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
こちらの花は、糊空木(ノリウツギ)ですね。


3.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  ガ(蛾) の仲間(種名不明)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
薄い翅の儚げな蛾でしたが、種名は判りません(汗)


4.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  キシタギンウワバ(黄下銀上羽 ?)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
この黄下銀上羽(漢字表記はこれでイイのかな?)、ここでは毎年見掛けます。


5.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  キシタギンウワバ(黄下銀上羽 ?)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


6.長野県富士見町・入笠山・お花畑 150729
  キシタギンウワバ(黄下銀上羽 ?)
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <F8.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
コメント

150729_入笠山-5 <豹紋蝶 の仲間-2>

2015年08月31日 | BORG 作例(昆虫)
「150729_入笠山」シリーズ、今日も「豹紋蝶 の仲間」特集で、昨日とは異なり、BORG 36ED 以外で撮った「緑彪紋」以外の作例もあり、吸蜜対象も、九蓋草(クガイソウ)以外の花が混じっています。

1.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


2.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  ミドリヒョウモン(緑彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像


3.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  ミドリヒョウモン(緑彪紋) & ヒメキマダラヒカゲ(姫黄斑日陰)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
念のため、左下の姫黄斑日陰は、「豹紋蝶 の仲間」ではありません。


4.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  ウラギンヒョウモン(裏銀彪紋)
  OLYMPUS E-P5
  BORG 36ED 200mmF5.6+1.1xDG(補正レンズ) <220mm/F6.1>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
4・5枚目の主役は「裏銀彪紋」に変わり、4枚目の花は小鬼百合に変わっています。


5.長野県富士見町・入笠山・入笠湿原 150729
  ウラギンヒョウモン(裏銀彪紋)
  OLYMPUS E-M1
  M.ZUIKO DIGITAL ED 60mmF2.8 MACRO <220mm/F9.0>
  SILKYPIX Developer Studio Pro 6 にて現像
5枚目だけは、MZD 60mm MACRO で撮ったもので、花は野原薊(ノハラアザミ)だと思います。
コメント